夏が来れば思い出す – 嘘みたいな本当の話だけど結局何も無かった話

某店長さんのブログを発見して読んでいたら、”ブログって最初のうちは調子乗って毎日のように更新するよね”というタイトルがあった。
あるあると思いながら今日も書くわけです。毎日あっついですねー。

以下完全な一人語り。

2年前のお盆の事。京都に一人旅に行きました。
渡月橋付近で桂川を撮影。日陰で鮎の塩焼きを食べていると一人の女性が近づいてきた。

京都_嵐山_鮎塩焼き屋台

嵐山名物(なのか?)鮎の塩焼きの屋台。美味しかった。

「すいませーん。写真を撮って頂けませんか?」と女性。
「いいですよ」一人旅で寂しかったので声をかけられて満更でもない俺。
カメラを受け取る為に手を出す俺。見れば女性はカメラを持っていない。
連れの人がいるんだろうか。男だったらテンション下がるな。
女性は恥ずかしそうに言った。
「カメラを盗まれてしまって…持ってないんです…」おいおい…
女性は心細かったんだろう。だから自分と同じく一人旅らしい俺に声をかけたのだ。

とりあえず隣に座ってもらい、話を聞く事に。鮎の塩焼きの味はこの時点でもうよくわからなくなっていた。

女性は今朝京都に来て、嵐山には鈴虫寺(華厳寺)目当てで来た。
「俺もさっき行きましたよ」と言ったら「そうなんですか」と流された。
で、バスに乗って渡月橋へ。食事をしてちりめん細工やらなんやらを見て回って、さあ写真を撮ろう。と思ってバッグを見たら、どこかの店にカメラを置き忘れた事に気付いた。
これは大変だ、と今まで入った店にカメラの忘れ物が無いか聞いて回った。
カメラの忘れ物はあったが女性のものでは無かった。
落胆した彼女はしかし、自分がここに来た証を残したかった。
あらあの人一人だわ。一人旅かしら。時間を持て余して何か食べているわ。と思ったかどうかわからないが、とにかく俺に声をかけた。
何て言ったらいいのかわからなくて、写真を撮ってくれと言ったらしい。何とも気の毒な話。

「まだ1枚も撮ってないんですよ…」女性は切ない声で言う。
「携帯のカメラは?」無視される。俺KY
「じゃあ撮りましょう。暇だったしw」
何だか面白くなってきたな。と思った。これが世に言うフラグという奴か。

歩き回ってロードムービー風に女性を撮った。さながらデートのようだった。
ホテルは京都駅近くのアパホテル。俺祇園のアパホテル。
彼氏と別れて一人になりたくて。うはw俺と一緒ww
てな具合で別れ話で盛り上がり。これはいよいよフラグだと確信した頃。
「今日はありがとうございました。写真メールで送ってもらっていいですか?」楽しい時は清涼寺の茶店で終わった。
PCのメールアドレスを書いた紙を渡される。ミッフィーのメモパッド。字が可愛い事。
じゃあ、と俺も書いて渡す。破いたチラシの裏。何この角張った字。
あぶり餅を食べ食べグリーンティを飲む。この時ばかりは真夏の日差しが心地よかった。
これから龍安寺に行くという彼女とは帷子ノ辻で別れた。俺は祇園に戻って観光して買い物。翌日は奈良に行くのだ。

旅行から帰り、早速女性に送る写真を整理する。総量500MBぐらいあって途方に暮れる。4時間ぐらいで200枚も撮ったのか。
ネットストレージを借りてアップロード。女性にはここからダウンロードしてねとメールを送る。

返信は3日後。タイトルは【本当にごめんなさい】

“帰ったらカメラありました(滝汗)
置き忘れたみたいです(T_T)”

えええええええええええ

これには笑った。天然にも程がある。

でも楽しかったよ。誰かと喋りたい時だったし良かった。と返信。

返信は30分後。

“私も楽しかった(何かの顔文字)
でももう一人は嫌です(泣き顔の顔文字)”

この女性とはその後も何度かメールをやりとりした。
何のタイミングだったか忘れたけどメールのやりとりは終わった。

結局フラグは立っていたのだろうか。何にも無かったけど。
夏になるとあのどじっこを思い出す。
写真はHDDが壊れた時に無くなってしまった。
今はもうおぼろげな女性の顔は笑顔だ。

Technorati Tags: , ,

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中