iTunes8リリース – Geniusは面白い

iTunes8がリリースされています。目玉機能はGenius。
iTunes8_01.jpg
インストールすると最初にアルバムアートワークを再作成。
Genius機能をオンにする為にiTunesライブラリの情報を収集してアップルに送信します。ここ重要。これを踏まえた上でご利用ください。Geniusをオンにすると、アップルに個人情報を送信する事になります。ミニストアの時も送信していました。
ライブラリの量にもよりますが、かなり時間がかかります。

Geniusには2種類の機能があります。Genius SidebarとGeniusプレイリスト。

Genius Sidebar

iTunes8_02.jpg

GeniusがオンになるとGenius Sidebarが表示されます。
曲を選択すると、その曲に近い曲をサイドバーにリストアップしてくれます。選択したアーティストの曲でライブラリに無い曲もリストアップされます。

iTunes8_04.jpg
選択してみた所。iTunes8_14.png をクリックすると視聴できる。おすすめ筆頭がROSSOなのがよくわからんぞ。

iTunes8_05.jpg
アーティストが違うよGeniusさんな所。

iTunes8_06.jpg
「ねーよ」な所。この後SuperflyのHow Do I Survive?を購入しました。無駄遣いが増えそう。

ミニストア+Just for youという感じですね。

Geniusプレイリスト

Geniusプレイリストは選択した曲に近い曲を集めて自動的にプレイリストを作成してくれる機能。

iTunes8_07.jpg
ベースになる曲を選択してiTunes8_03.jpg をクリックするか、右クリックメニューから”Geniusを開始”をクリックします。
ベースになる曲というのはiTunes Storeにある曲に限定されます(あってもベースにできない曲がある)。という事はタグを書き換えたら実際には持っていない曲をベースにしたGeniusプレイリストも作成できるという事か。

iTunes8_08.png

iTunes8_10.png
プレイリストの一覧にGeniusが追加されます。

iTunes8_09.png

上限は25〜100曲まで。更新をクリックするとライブラリからプレイリストを選び直します。プレイリストを保存をクリックするとプレイリスト一覧に追加されます。
iTunes8_12.png

GeniusプレイリストにはGeniusのアイコンが付きます。
iTunes8_11.png

iTunes8_13.png
Cloudberry JamのElavator 2008をベースにしたGeniusプレイリストが完成しました。プレイリスト保存後も曲数の上限を変更できるし、更新をクリックするとプレイリストを選び直します。 何という雑食プレイリスト。洋楽が少ないのは日本のiTunes Storeにログインしているからかな?

やった事は曲を選択してGeniusを開始しただけ。実際に聴いてみると選曲が良いです。
スマートプレイリスト条件に[作成したGeniusプレイリスト+名前にinstを含まない]なんてやればインストバージョンの曲を取り除く事もできます。
聴きたい曲は日によって変わるので、その時聴きたい曲に近い曲のプレイリストが簡単に作成できるのは良い機能だと思います。常用する機能では無いと思いますが、あると便利。

ただ、プレイリストにピックアップされるのがiTunes Storeにある曲のみというのが難点ですね。どうにかならないかな。

余談

ミニプレーヤーっていつ無くなったんだろう。もしかしてJust for youも無くなってる?
2008/9/14追記:ミニプレーヤーありました。ウィンドウメニューから拡大/縮小で切り替わります。もしかしてずっとこうだった?Windows版と混同しているかもしれない。
Just for youはGenius Sidebarに吸収されたようです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中