Wiki2Touchでいつでもランダム記事表示

Wiki2Touch_random_link.jpg

小ネタです。トップページのWikipediaのアイコンをタップするとランダムでページを表示してくれるのですが、これが暇潰しにとても便利なので、どのページでも使えるようにしました。

やったのは /var/mobile/wikisrvd/daemon/webcontent フォルダの中にあるPreArticle.htmlの13行目を以下のように書き換えただけ。
見た目的にソースを改行してありますが、実際は改行していません。

<div class="wkTitle">
<a href="/ajax/RedirectToRandomArticle">
<img src="/images/globe.png"/>
</a>
<span onclick="window.location.href='/';">
<img src="/images/icon_search.png"/>&nbsp;%ArticleTitle%
</span>
</div>

アイコンは以下を使いました。やっつけなのでもう少し凝りたい所。
globe.png

ページのタイトルは上部に表示されるし、この部分はナビ的に活用するのも手ですね。

広告

Wiki2Touchでいつでもランダム記事表示” への4件のフィードバック

  1. >halさん
    expand templateの切り替えですが、スクリプトを作成してなんとか使えそうな感じになったので報告に来ました。
    長くなりそうなんですが、ここに書いてしまっても大丈夫ですか?
    もし大丈夫であれば、後ほど書かせていただきます。

  2. > hideさん

    大丈夫ですよ。良い情報なので「Wiki2TouchをFirmware 2.1で使う」のコメントに書いてくれた方がいいかもしれません。検索からのアクセス時に役立つと思うので。

    コメントは制限が多いので、書きづらいようでしたらメールをください。夜中になると思いますが記事に反映させて頂きます。
    hals_pgアットヤフー.co.jpです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中