SBSettingsのアドオンを導入してみた – JPMemoDic

この記事はSBSettingsを今更導入してみたの続きです。引き続きSBSettingsのアドオンを追加していきます。

まずは導入のきっかけになったmoyashiさん作のアドオンからJPMemoDicを。

ひとりぶろぐ: [iPhone]i.softbank.jpドメインのメール着信通知時に着信音とバイブレーションを鳴動させる「SBankNotify」のインストールを参考にリポジトリを追加しておいてください。

JPMemoDic

メモアプリに書式に沿って入力した単語を辞書登録してくれるアドオン。
インストールはmoyashiさんの野良リポジトリから。

インストール後はSpringBoardの再起動が必要です。SBSettingsから実行しましょう。

sbs_addon_jpmemodic01.jpg sbs_addon_jpmemodic02.jpg

再起動が済んだらメモアプリを起動しましょう。
1行目にJPMemoDicと入力して改行。大文字小文字も正しく。

2行目から変換候補を入力していきます。書式は、
登録したい単語◉よみ
です。改行して続けて入力ができます。
◉はiPhone / iPod touch上で「まる」と入力すると出てきます。
Mac/PCでの入力方法はわかりませんでした。というか、こんな記号初めて見ました。◉ฺとも違うし(特殊文字コード表)。

以前のJPDicManと要領は一緒です。JPDicManのGUI版を製作中との事でしたが、これがその代替になるでしょうか。

登録したい単語には、
\n -> 改行
\t -> タブ
\bq -> バッククオート(`)
の入力が可能。

入力が済んだら保存して、SBSettingsを起動してJPMemoDicをタップ。
もし追加されていない場合は、MoreをタップしてSet TogglesからONにしてください。

JPMemoDicをタップするとロードアイコンが数秒程クルクル回ります(登録件数による)。消えたら登録完了。
日本語入力可能なアプリケーションを起動します。この記事ではランドスケープモードが丁度良かったのでFiremailで説明します。

sbs_addon_jpmemodic03.jpg

これは嬉しい。iPhone / iPod touchのみで辞書登録できる世界初のアプリケーションです。って未確認ですが。

登録可能な単語は199個。普通に文字入力しているとところてん方式で古い単語が押し出されて消えるので、実用できるのは100個ぐらいとのこと。
まめにJPMemoDicを起動しておくといいですね。

PalmのTrainTimeみたいな感じの仕組みだそうです。学生の頃CLIEと携帯電話で使ってました。
TBL形式の時刻表データの中身はカンマ区切りのCSVデータで、Train TimeやNEXT TRAINにそれを読み込んで時刻表を表示するアプリケーションです。
想像してみると確かに近いものを感じます。仕組みはわかりませんが。

JPMemoDicに関しては併せてチェックしておきたいのがiPodayさんのこの記事。
JPMemoDic – Sbsettings toggle – iPoday
Mac / PCで単語データを編集してiPhone / iPod touchのメモアプリにペーストする手順が説明されています。
Windowsで◉が出ないような。。とありますが、Macでも入力方法がわかりません…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中