バッファローの外付けHDD「HD-CEU2」シリーズに不具合があるそうです

バッファローの外付けHDDに不具合:ITpro

バッファローは2009年1月22日、2008年7月から販売している外付けハードディスク製品の一部に不具合があったと発表した。不具合が判明したのは「HD-CE500U2」「HD-CE640U2」「HD-CE750U2」「HD-CE1.0TU2」の4製品。同社では該当製品を所有するユーザーに対して、対策アップデートを実施するよう呼びかけている。

この問題はWindows利用時に限られるそうですが、バッファローではMac OSユーザーに対してもアップデートの適用を推奨しているとの事。

b_hd-ce10tu2_01.jpg

ええええええええぇぇぇ…

バッファローの公式発表はこちら。
 外付けハードディスク「HD-CEU2」シリーズについて大切なお知らせとお詫び

で、本件のQ&Aの中に「Mac OSは、不具合はおきないのですか?」という質問がありました。

b_hd-ce10tu2_02.jpg

Macではよくあること。今更むかついたりしない。
この外付けHDDに関してはWin&Mac両対応を謳っているんだから対応するべきだと思いますけどね。

ファームウェアのDLページはこちら。

 対策アップデート方法とファームウェアバージョンの確認方法

投げ売りのごとく山と積まれていたのでつい買ってしまいました。iTunesのライブラリを移して、古いのはどうしようか考えていた所です。

中のHDDでは無くガワの話なので、データが消えたりする事は無いようです。心配な人はバックアップを。
HDDのフォーマットがWindowsでは読めない形式でも、HDD自体は認識するのでファームウェアのアップデートは可能です。

早速やってみました。事前にHDDを接続しておいてください。接続するのはこのHDDだけ。
なお、実行環境はvmware fusion上のWindows XP SP3です。

b_hd-ce10tu2_03.jpg

FWをダウンロードして、hd-ceu2_rev300jp.exeをダブルクリック。フォルダが出来るので開く。

b_hd-ce10tu2_04.jpg

CEU2_FWUP_30.exeをダブルクリック。

b_hd-ce10tu2_05.jpg

HD-CEU2シリーズF/Wアップデートが起動します。WindowsがHDDを認識していればF/Wのアップデート対象は自動で選択されているはずです。
選択されていたら更新をクリック。

b_hd-ce10tu2_06.jpg

完了のダイアログが表示されたらOKをクリックして終了。ポインタ表示せずにスクリーンショット撮影したら良かった。
公式の手順ではWindowsも終了してくれとありました。そうするとHDDの電源も落ちて再起動するからだろうか。
俺はvmwareでやったので、メニューバーからHDDを切断してそのままMac側に認識させました。問題なく使えています。

このHDDはTime Machine用に購入したので、Windowsで使う事はまず無いんですけどね。何だか気になるので一応やっておきました。

追記

何だか前後で用途が食い違っているので一応追記。なんたる気恥ずかしさ。
iTunesライブラリとTime Machine両方で使っています。Time MachineはLANディスクを買ってTime Capsuleっぽく使えるようになったら移行する予定です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中