iPhone 3G次世代機を買うぞ – iPhone OS 3.0激遅情報

発表はリアルタイムでチェックしていたんですけどね。新機能が多すぎて飲み込めていなかった。

プッシュ通知にコピペにMMS。しかもSpotlightまで標準搭載。
コピペは実装手段が気になる所でしたが、 これなら満足です。
コピーしたアイテムを複数保存できたら最高でしたが、Macにも無い機能なので望みすぎでしょうね。

以下件の発表の自分用まとめ。勘違いが色々ありそうですが、リリースは夏らしいのでそれまでに勉強する事にします。

ipos30_sdk01.jpg

まずはSDKですね。新たに1000ものAPIが追加されたとか。

ipos30_iap01.jpg

アプリ内でコンテンツの購入ができるようになったのは良い事。
これまではアプリ内でapp storeへのリンクをタップしてapp storeを起動して購入する手順なので無駄が多かった。
他の携帯電話もこの方法ばかりでしたが、購入までのフローがスムーズになる事で消費も増加するのではないでしょうか。

フリーのお試し版アプリを試して、そのまま有料のフル版を購入する時や、アプリ内コンテンツの追加購入、オンラインゲームのアイテム購入等、使い方は様々ですね。
クーリエなんかはこれでスムーズに運営できそう。
それ以前にVoyagerがT-TIMEアプリを無料でリリースして電子書籍を個別販売なんて事もできそう。

ipos30_p2p.jpg

次はP2P。接続はBluetoothでBonjourを使って相手を見つけます。
これを使ってiTunesと無線同期なんて事ができるようになってほしい。
って、それは↓か。

ipos_ac01.jpg

ドックの解放。これは嬉しかった。
iPod 5.5GでiPod Radio Remoteを使っていたので、同じような製品が3rd Partyからもリリースできるようになった。
もやしさんが作っていたiPhone用外付けキーボードなんかも今後リリースされそうです。

Bluetoothが使えるので、やはりiTunesとの無線同期は可能になりそう。

ipos03_maps01.jpg

マップアプリ関連APIの強化。アプリにGoogle Mapを組み込めるようになった。
ナビアプリが進化しますね。不意にNAVITIMEを思い出しましたが、懲りずにやってくれるだろうか。

ipos30_pns01.jpg

SDK関連で一番嬉しかったのがこれ。
開発者の要望に応えるべくサーバのアーキテクチャから組み直したらしい。

日本の携帯電話に慣れているのでプッシュメールは最低限欲しい機能でした。
この機能を使って他にどんなアプリが出てくるのか楽しみです。
Appleも想定外だった使い方とはどんなものなのか。

実用的なアプリが増えそうな予感。ゲームばかりのapp storeではつまらない。

AppleはどうやらiPhoneにバックグラウンドでのタスクを許可する気は無いらしい。
理由はバッテリーの保ちが悪くなるからだそうです。
AIMクライアントを走らせただけで待ち受け時間が80%も減った。プッシュサービスを使えば20%に抑えられたそうです。

今使っている携帯電話にはマルチタスクが搭載されていて、ウェブを見ている時にメールを受信したらタスクを切り替えてメールを閲覧するという操作をよくやります。
Safariは最後に開いたページのURLを保持するので、この用途ならば必要ありません。
元々音楽を聴きながらSafariでウェブを見る程度の事はできるので、確かにあまり必要は無いのかもしれない。
俺のこれまでの携帯電話の用途ならプッシュサービスがあれば必要十分です。

バックグラウンドで色々動かしても実用に耐えうる程大容量で安価なバッテリーがあったら、どうするんでしょうね。
本当はマルチタスクを搭載したいのか、本当に必要ないと思っているのかははっきりしません。できるならやるんだろうけど。

ipos30_ila01.jpg

アプリからiPodライブラリへのアクセスが許可される。
友達が大喜びしていたのがこれ。ちなみに音ゲーマニアです。

これもアイデア次第でヒットアプリが生まれそうですね。

ipos30_sdkof01.jpg

他にもたくさんあります。Shake APIでiPod nanoみたいに曲をシャッフル再生できるでしょうし、コピペのUIにも使われていますね。

これらの機能を使って何ができるか開発者に聞いたら、正直想定できるアプリがずらずらと。この辺は割愛。

ipos30_ccap01.jpg

で、やっぱりこれ。待っていたコピペ機能。
実装が気になる所でしたが、俺はこれで満足です。

簡単に画像を作ったので説明していきます。

まずはテキスト入力域での動作。

ipos30_ccp01.jpg

ダブルタップで単語が選択され、バルーン表示でカット・コピー・ペースト。

ipos30_ccap02.jpg

空欄をダブルタップでインラインテキスト(おそらく画像含む)を選択・全選択・ペースト。

ipos30_ccap03.jpg

長押しで選択・全選択して、

ipos30_ccap04.jpg

テキストの範囲選択も当然できます。

ipos30_ccap05.jpg

ダブルタップしてコピー表示に、始点と終点をドラッグすると範囲を変更可能。
上部にルーペのような吹き出しが出てくるので細かい字でも選択しやすくなっている。

選択を終えて指を離すとカット・コピー・ペーストのバルーンが表示されます。

次はWebページ等の編集不可なテキストのコピペ手順。

ipos30_ccap06.jpg

ダブルタップしてテキストをズームした所。
長押しすると範囲選択してコピーのバルーンが表示されます。

どうやらHTMLのブロック要素で区切っているみたいですね。

ポイントをドラッグすると範囲を拡大できます。
おそらくブロック要素未満の単位では選択できない。
その後範囲選択して文字列ごとに範囲選択できるかは不明。

選択範囲をドラッグすると、選択範囲をブロック要素ごとに移動できます。

ipos30_ccap07.jpg

面白いのが、HTMLのままコピーしてくれるということ。という事は画像もコピーできるはず。
リッチテキストを扱えるエディタならそのままコピーしてウェブアーカイブを作れますね。
おそらくメモアプリにペーストすればテキスト形式でペーストされる。HTMLのソースがペーストされたらがっかりですが、まあ無いでしょう。

SMSもコメントごとにコピー可能です。

One More Thingとして紹介されたのが複数画像のコピー。

ipos30_ccap08.jpg

写真アプリからアルバムをタップしてアクションボタンをタップ。

ipos30_ccap09.jpg

ShareとCopyボタンが出てくる。
Shareは多分iPhotoみたいにFlickr等共有サイトにアップロードするものだと思います。

ipos30_ccap10.jpg

画像をタップすると選択される。
Copyボタンをタップするとクリップボードにコピーされます。
メールアプリ等にペースト可能。

これまでも画像1つならメールに添付できましたが、複数選択のUIが追加されたのは便利ですね。
用途はメールアプリに限らないでしょうし、できる事が増えるのは良い事です。UIもまだシンプルといえる範囲内。

ipos30_ccap11.jpg

また、コピペはUndo / Redoができます。前述したShake APIを使って、iPhoneを振るとダイアログが出てくる。

追記:
入力したテキストのUndo / Redoもできるようです。

以上が、とりあえずわかる限りのCut, Copy and Pasteの機能です。
ここまでしっかり作ってくれるなら大満足です。

ipos30_landscape01.jpg

お次はランドスケープモードの改善。

これまでできなかったメールアプリやメモアプリ等でランドスケープモード・ランドスケープキーボード表示が可能になります。

ON / OFF機能も欲しかった。

SMSの機能改善は割愛。

次はアイコンが無いので適当に。

ipos30_MMS01.jpg

MMSですよ。やっぱり欲しかった。SoftBankが対応してくれるかどうかが問題ですが。

写真・アドレスブックのアイテム・音声ファイル・位置情報の添付が可能。
アドレスブックから添付が可能になるのはいいですね。連絡先を伝える手段として使える。
報せたくない項目もあるでしょうから、添付用の自分の連絡先を作っておくといいかもしれません。

ipos30_vm01.jpg

ボイスメモ。ふーんと思いましたが、何と音声のクロップ機能あり。これは使える。
これファイル形式は何になるんでしょうね。MMSに添付して送ったとして、他社携帯で再生できるんだろうか。

外付けのマイクでも録音できます。Accessoriesで紹介しましたが、ドックが解放されたので3rd Partyの周辺機器も期待できます。

ipos30_cal01.jpg

CalDAVとSubscriptions対応。カレンダー共有が可能に。
SubscriptionsはSafariでカレンダーデータ(.ics)をDLしたらカレンダーに読み込むという事かな。
どうせならこれもMMSに添付できたら便利ですね。

カレンダー共有はこれまでMacのiCalで共有しているデータをiTunes経由で同期していたので、これからはリアルタイムで共有が可能に。
標準機能として搭載されるのは良い事だ。

Stocksは割愛。今まで使ってこなかったのでよくわからないというのもあります。
機能改善が主なようです。

ipos30_search01.jpg

個人的に今回一番の衝撃。iPhoneにSpotlight搭載。連絡帳・iPodライブラリ・メモ・メール等キーアプリの横断的な検索が可能
既存機能の大きなブラッシュアップになったと思います。

ホーム画面の第一画面から右にフリックするとSpotlight画面に移行するようです。
検索履歴も残るし、これはかなり便利。

ipos30_nk01.jpg

駆け足で紹介してきましたが、これでもまだまだ紹介しきれていません。
1000の追加API。100の新機能。iPhone OS 3.0は何だか凄いですよ。

Shake to shuffleはiPod nanoに搭載された機能と同じもの。
Wifi auto loginも便利ですね。

それからAD2P対応。Bluetooth経由で音楽が聴けるようになります。

後はYoutubeのアカウントにログインできるようになったり、Safariにフィッシング防止機能やペアレンタルコントロールが搭載。

各社の対応が気になるテザリング機能の公式搭載。
SoftBankは以前NetShareの時に「app storeのアプリなら可」とテザリングを認可した事があったはず。
また別の回答ではアクセスインターネット扱いで定額外と回答した事もあったり。

SoftBankの3G携帯の定額プランはモバイルブラウザのみ使用とフルブラウザ使用で上限が変わる。
これを応用してテザリングの時は上限が上がるようにしてくれてもいいかな。
何だかんだ使って月1万円なら出します。

iPhone OS 3.0へのアップグレードは、iPhoneは無料。iPod touchはお馴染み会計上の都合で9.95ドルです。

ipos30_sts01.jpg

iPhone OS 3.0は夏にリリース予定。

期待するのは同時にiPhone 3Gの次世代機発表。
そして元気になったジョブズの姿ですかね。

楽しみにしてます。

広告

iPhone 3G次世代機を買うぞ – iPhone OS 3.0激遅情報」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中