花見に行ってきたけどその準備で疲れた – 卯月日記

hanami090412.jpg

花見に行ってきました。総勢13名でわいわい食べて飲んで喋り続けた。楽しかった。
そんな今日の日記。結構な葉桜でした。画像無し。撮る暇も無かった。

さて、まだ酔っぱらってますが書いていきます。

AM0:00〜8:00

仮眠を取って弁当作り。何せ13人分なので女の子に助けを求めるもさすがにこの時間には来てくれない。
という事でいつもの洋食屋の跡取りに来てもらう。正直こいつより奥さんの方が料理が上手い。

結果からいうと、作りすぎた。レシピを大まかにしか決めずに食材を買い込んだのが悪い。
また作る事もあるだろう、と自分が見てわかる程度のレシピを列挙。

まずはごはんものでしょうという事で、跡取りの持ってきた炊飯器を合わせて3台で米を炊きまくる。
春らしいのがいいなと思ってまず作ったのがさくらずし。

作り方

  • 赤ワイン(赤酢でもいい)を入れてご飯を炊く
  • 炊きあがったら酢飯にする
  • 桜の花びらの形に整形
  • 塩漬けの桜の花をのせたい所が、無かったのでサーモンをマリネして花びらに切ってのせる
  • 完成

どんどん作る。画像なし。撮れば良かった。
ごはんものもう一品。リクエストのあったいなり寿司。

作り方

  • 酒・砂糖・醤油で油揚げを煮る
  • 白米と五穀米をそれぞれ別で炊く
  • 白米・五穀米を酢飯にする
  • 白米に適度に塩抜きして刻んだしば漬けを混ぜる
  • 油揚げを開いて酢飯を詰める。口を上にして御飯が見えるように
  • 完成

これで3段重が埋まる。これで十分だろうと二人で満足。おかずにとりかかる。
しば漬けごはんと五穀米は色が似ているので、色味で失敗した。気にしない。
さくらずしは跡取りの持ってきた赤いバラン(初めて見た)で巻いて、五穀米のいなりずしには木の芽をのせて白米と区別した。

おかず。まずは唐揚げでしょうとひたすら鶏もも肉を切る

作り方

  • 酒・みりん・醤油・しょうが・塩・にんにく(ごく少量)と鶏もも肉を和えて1時間冷蔵庫
  • 溶いた卵に片栗粉を加えながら泡立てないように混ぜ込んでいく
  • 衣を付けてひたすら揚げる。面倒だけど三度揚げ。仕上がりが違う。量が多すぎるので6回に分けて計18回
  • 完成

跡取りが油の匂いに負けてリビングへ逃亡。何をしているかと思ったら殊勝にも花見団子のレシピをぐぐっている。それぐらい知ってろ。

作り方

  • 白玉粉に水と食用紅と食用緑を加えた水をそれぞれ入れて混ぜる
  • まとまったらラップをしてそれぞれレンジへ
  • 適当に熱を加えて確認しながら丁度良い固さまで繰り返す。毎回練る
  • バットに打ち粉をしてのせて冷やしておく
  • 冷えたら団子にして、さらに冷やして串に刺す
  • 完成

シナモン大好きですが三色団子にニッキは入れません。
水の段階で食紅・緑を分けて入れていますが、分量・水加減を合わせるのが面倒な場合は白玉粉に水を入れて混ぜ、三等分してから食紅・緑を入れるといいです。この段階ではどちらの方法でもムラにはならないでしょう。

というのを跡取りに作らせて、俺は小休止。冷蔵庫にある食材であと何が作れるかぐぐる。
二色玉子なるもの発見。簡単なので早速跡取りにゆで卵を作らせよう、と思ったが留まる。
キッチンに戻って思いつくまま作った卵料理。

作り方

  • 全卵と卵白と卵白に食用紅を加えた三種の卵を炒り卵にする
  • 冷ましてバットにそれぞれの炒り卵を整形して冷凍庫へ。完全に凍らせる
  • 粉寒天とだし汁を混ぜるケーキ用の型に少量流し込む
  • 固まった炒り卵を下から卵白のみ・全卵・卵白食用紅の順でのせる。それぞれの間に寒天汁を注ぎ足す
  • 冷え固まったら逆さにして取り出す
  • 好きな形に切って完成

炒り卵を固める必要があった為、断面に気泡が残った。面倒だしいまいち。他に上手いやり方があるはず。
この辺で午前四時過ぎ。ブログにコメントがあったので承認してコメントを返す。かなりのテンパリ気味。

前日に下ごしらえまで済ませたたけのこをだしで煮る。このたけのこで3種作る。

焼きたけのこ

  • ゆであがったたけのこを縦に六等分して魚焼きグリルで焼き目を付ける
  • 醤油と酒とごま油を混ぜたタレをハケで塗りながら照り焼きにする
  • 良い色になったら完成

土佐煮

  • ゆであがったたけのこを先の部分は縦に切り、胴の部分は輪切りにしていちょうの形に
  • だし汁に酒・砂糖・みりん・醤油を加えてたけのこを弱火で30分程煮る
  • 良きところで削り節をいれて混ぜる
  • 完成

若竹煮

  • だしで煮たたけのこに追い鰹をしてさらに煮る
  • 適当に切ったわかめを加えて色が変わるまで煮る
  • 完成

たけのこ料理って木の芽を添えると映えますね。色合いが良くなるからだろうか。いなりずしに使ったので無かったんですが。

この辺で料理熱に火が付く。もう作るのが楽しくてたまらない。跡取りはぐったりしながら重箱に詰めている。

かつおのたたき(買った方が早いです)

  • ゆずを叩いてぽん酢と混ぜる。だし汁で濃度を調整して調味液を作る
  • かつおをさばいて串を打ち、直火であぶる
  • あぶったかつおを冷水にとって冷ます
  • ねぎを小口に刻む。しそを千切りにする
  • 大根をかつらむきにして千切りにしてつまをつくり、水にさらして水気を取る
  • 重箱につまを並べ、かつおを切ってのせる
  • 薬味をちらして完成。即冷却

外で食べるのでつけだれは無い方が良いだろうと思って調味液に漬け込みました。
鮮度が気になる所ですが、クーラーボックスに入れて冷えたまま持っていったので問題無し。
あえてショウガを使いませんでしたが、しそとゆずで臭みは解消できていました。やっぱり少し薄味だったので改善要。

この辺でチーズやら何やら簡単なつまみ関係を用意。切り干し大根は某惣菜屋のが旨いので購入。あの味は超えられない。

ごぼうとにんじんのきんぴら

  • ごぼうをささがきにして水にさらしてアク抜き。色味的に酢水にさらした
  • にんじんはごぼうのサイズに合わせて切る
  • 白ごまとじゃこを炒る
  • ごぼうとにんじんをごま油で炒め、酒・砂糖・薄口醤油・みりんで炒る
  • 白ごまとじゃこと小口に刻んだ唐辛子を加えてさっと混ぜて完成

白っぽさを意識してみましたが、やっぱり醤油で結構色が付きました。一度白醤油で作ってみたい。

ここで初めて使う食材。菜の花。好きじゃないので使った事が無い。
からしと和える事が多いようで、何だかよくわからないけど、ここは跡取りの指示通り作る事に。

菜の花といかのからし和え

  • いかをさばく。胴は開いて細切りにする。皮は剥く
  • 菜の花を茹でる(鍋に塩を)堅い部分は切り落とす
  • いかを茹でる
  • 菜の花といかをだし醤油とからしを混ぜた調味液で和えて完成

「お前何でこんな料理知ってるの?」と聞いたらネタは菜の花といかの辛子あえ 料理レシピ/ホームクッキング【キッコーマン】のようです。

時間は6時過ぎ。ここで跡取りの携帯に着信。程なくして家のインターフォンが鳴る。
跡取りの奥さんキター。思わず抱きしめる。

奥さん料理の量の多さに絶句。あと西京漬けの焼き物と卵焼きも作るんですが。

とりあえず小休止。「お腹空いた」と言ってみたら5分ぐらいでいちごにぎりを作ってくれた。何て完璧な塩梅なんだ。

いちごにぎり

  • しそをイチゴのヘタの形に切る(イチゴのイメージですか可愛らしい)
  • 梅肉を叩いて白ごまと白米を混ぜる
  • イチゴの形に握ってしそをのせて完成
  • お茶まで入れてくれる親切心

いちご煮は知ってますがいちごにぎりとは。これは使える。ぐぐってみたらネタ元は味の素のレシピ大百科みたいですね。
いちごにぎり/【味の素KK】レシピ大百科/料理レシピ

さて心強いパートナーが来てくれたのでラストスパート。二人で頑張って13人を満足させよう。

鰆の西京焼き(下準備はとっくに済んでいる)

  • 西京味噌・酒・みりんを混ぜて合わせ味噌を作る
  • 鰆(切り身)に塩を打ち、身を締める
  • 鰆の水気を拭いてバットに並べ(サラシを敷くといいかも)、味噌を塗る
  • 2,3日漬けておく
  • 焼く。仕上げにみりんを塗って照りを出す

焼き物は奥さんに任せました。仕上げにみりんですか。やりよる。

だし巻き卵

  • 卵にだし汁を混ぜる
  • 卵焼き用鍋を強めに熱して油を多めにひく
  • 焼く。くるっとまわす
  • 繰り返す
  • 焼き上がったら整形して冷ます
  • 等間隔に切り分けて完成

これはもう慣れですね。うまくいかない人の大半は油が少ないのと温度が低い。
だし巻きは柔らかく崩れやすいので、多少破れてしまっても気にせず巻きましょう。
焼き上がったら即巻きすでくるんで冷えるまで放置。これで形はどうにかなります。
鬼すだれで巻いたりしても面白い形になります。

ラップで巻くとベタベタになるのでおすすめしない。それならサラシや帆布等毛羽立ちの少ない生地の方がいいです。
かなり自由な整形が可能なので、窪みを作ってそこに薬味をのせたりとか色々できます。

という事で花見弁当完成。うん。多すぎ。
他の人もお菓子とか作って持ってくるだろうに。まあ賑やかでいいかな。

とりあえず全部冷蔵庫に入れる。冷蔵庫の仕切りを取っ払ったらぎりぎり入った。

時間は8時。奥さんは「後でね〜」と、既に寝ていた跡取りを連れて帰っていった。

AM8:00〜11:00

とりあえずシャワーを浴びる。1時間ぐらい寝られるか、と寝に入ったら30分ぐらいで友達が来た。飲まない奴なので運転手。
友達弁当の量に大笑い。車まで二人で慎重に運ぶ。車には既にありえない量の酒が積んであった。

10時過ぎに現地へ出発。途中で二人拾う。場所取り班は明け方に場所を確保して寝ているらしい。

11時前に現着。仕事で一人来られなくなったと聞く。その代わりに3人来ると聞かされる。どんとこい。

AM11:00〜

花見スタート。中学の恩師を招いて挨拶してもらった。大人気の先生だったので同級生テンション上がりまくり。

花見弁当を披露。お前らなぜ笑う。
他にもおはぎがあったりスナック菓子につまみ類が豊富。酒は浴びる程ある。みんなストレス溜まってたのね。

のんびり桜を眺めながら仲間と語らい飲めや歌えの大宴会。後半がおかしい。

PM5:30終了

で、きっちり片付けて帰りました。片付けに10分ぐらいかかったかもしれない。
最終的に人数は入れ替わりもあって18人に。重箱は空になりました。良かった良かった。

PM7:30帰宅

ぐったり。でもテンションは高いままなのでブログを書き始める。
久しぶりに酔っぱらう程飲みました。ギネスと焼酎。あとシルクヱビス。

旨かったし楽しかった。ストレスが吹っ飛びました。明日からまた頑張れそうです。

今から四月物語を見ます。多分すぐに寝てしまうんだろうけど。いい映画です。


“四月物語 [DVD]” (ビデオメーカー)

この時期になると松たか子の歌が聴きたくなります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中