お菓子作り教室

最近iPhone関連のネタが無くて申し訳ないです。正直あんまり興味のあるアプリがありません。Read It LaterPro版を購入したぐらい。
Firefoxのアドオンを使っていたのでスムーズに連携が取れる。あとはアドオン版のログ管理機能を改善してほしい。
Instapaperはフリー版を機能制限するという事で使うのを止めました。
ほとんどがフリー版のユーザーだから儲からないらしい。有料版は高い。ちょっと計画性が無いな。

という事で今日も今日とて日記。タイトル通りです。
お菓子作り教室の講師をやる事になりました。すごい焦ってます。何故なら料理の中でお菓子作りが一番苦手だから。

事の経緯は、去年3回程料理教室の講師をやったことがあって、中々評判が良かったらしい。参加者のお宅のキッチンを借りた簡単なものですが。
もう一度やりましょうと言われて、何を作ろうかと考えた所リクエストを受け付ける事になった(これが間違いのもとだった)。

ちなみに今まで作ったのは和食・イタリアン・カレー(カレーはジャンルだ)。
和食ではお造りと汁物と小鉢を作った。イタリアンはカプレーゼとピザとペペロンチーニ。カレーはスパイスから作るインドカレー。かなり基本です。
ここまで3回やってみて、4回目やりましょうとなってリクエストを受け付けたらお菓子…

決まったものは仕方ない。俺の知る中で一番料理の上手い洋食屋の跡取りの奥さんに何がいいか電話をする。
何系の菓子を作れば喜ばれるか。焼き菓子とか色々ある。色々って何だ。詳しくないのがバレバレだ。

で、奥さんの返事が「ごめんなさいって言ったら?」ドSめ。

ニーズには応えるべきで、求められているものは何なのか考える。
料理教室の参加者は9割主婦だ。何だかんだで料理は毎日作っているし、ある程度はできる。
だったら珍しいものを作ろうか。コンベルサシオンとかピティビエとか。ピティビエは時間かかりすぎるか。

近頃流行ってるらしいマカロンも考えましたが、温度管理がシビアなので止めました。自分のキッチンでも成功する自信が無い。

じゃあコンベルサシオンか。何かというと結局アーモンドクリームのタルトなんですが。
でも俺はタルト型を持ってない。実家で何度か作っただけ。

料理教室はゴールデンウィークに開催。悩み所です。コツがいるけど簡単に作れて旨い菓子は無いものか。
オーソドックスにプリンアラモードでいいかな。デコレーションで魅せる的なアプローチで。フルーツ一杯で賑やかに。

とりあえず今日仕事から帰ってきて勢いでスコーンとクッキーを焼きました。スコーン(甘くない)はケンタッキーフライドチキンと一緒に夕食に。
ケンタッキー久しぶりに食べたら旨いこと。諭吉のからあげ最強説を提唱していたんですが、たまり醤油チキンも中々。

甘い物の事ばかり考えていたら唐揚げが作りたくてたまらない。ごめんなさいって言おうか…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中