Google Book Searchを試す

googlebs_01.png

TechCrunchの記事より。バーコードスキャナを使って本を登録できるようになったようです。
バーコードスキャナなんて持ってませんが、これから登録される本が増えたりするのかなと思って今更試してみました。

googlebs_02.png

書籍のインポートページ。ここでISBNを入力してインポートするんですが、一冊一冊登録するのは面倒でした。
ここでスキャナを使ってISBNの読み取りができるのは便利ですね。他のユーザーが既に登録している本なら検索結果からマイライブラリに登録もできる。普段はこの登録方法がメインになると思います。
MacだとiSightでISBNを読み取って登録できるので、今までDelicious Library 2を使っていました。同種のアプリでオープンソースのBooks for MacOS Xもあります。貸し借りの管理もできたりして便利。俺はその本が家か実家かどこにあるのかをメモしてます。

Google Book Searchの良さは本の中身が検索できることでしょうか。

googlebs_09.png

例えばノルウェイの森で検索するとページ内を検索してくれる。使いようによってはとても便利。

googlebs_03.png

とりあえずマイライブラリに一冊登録してみました。

googlebs_04.png

googlebs_05.jpg

リスト表示とカバー表示。リスト表示では梗概を表示してくれたりして気が利いています。
カバー表示ではカバーにマウスを合わせると本のタイトルと著者名をポップアップしてくれます。

こうして登録したライブラリのエクスポートも可能。別のアカウントのライブラリにインポートもできる。

googlebs_06.png

エクスポートしたXMLファイルの一部。ISBNがわかれば特定できるからContributerとかは最低限でいいのかな。

googlebs_07.jpg

伊坂幸太郎で検索した所。色々被ってますがハードカバーと文庫というわけでは無い様子。
クリックすると詳細情報の表示と、Amazon等ネットショップでの購入リンクが用意されています。

googlebs_08.jpg

一通り使ってみて良い点がたくさんありました。俺はDelicious Library 2から乗り換えはしませんが、蔵書管理ツールが必要な方にはおすすめ。
用途は違いますが読みたい本リストを作るのにも使えるでしょう。

個人的にはここで電子書籍の販売をしてほしいんですが、やらないでしょうね(一部は米国でやっている)。
kindleとか専用ハードはいらないからAmazonでPDFか何かで販売してくれないものか。
そうして暇な時間に折り曲げられるディスプレイをポケットから出して読むのが1つの理想です。iPhoneでもいい。

本は紙媒体で読みたいとかそういうこだわりはもう無い(今やディスプレイ上で読む文量の方が遥かに多い)ので、どこかがやってくれないかな。
出版社が電子書籍の販売に関して積極的であれば嬉しいんですが、その辺りはよく知らないので割愛。
理想書店は読みたい本が見当たらないのが難点。角川書店の新刊とかは出ているみたいですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中