FileShuttle+iComicが便利(Macのみ)

FS_iC_091005_01.jpg

Macのみ。iComic活用の小ネタです。

2010-05-15追記

簡単にアップロードが可能なOneWayとiComicの連携の記事を書きました。
OneWay+iComicが便利(Macのみ)

FileShuttleという便利なFTPクライアントがリリースされました。FileShuttleに関しては以下のリンクを参考にしてください。公式サイトの動画も併せて見るとわかりやすい。

この通り便利なFTPクライアントなのですが、FileShuttleには複数のファイルをZIP形式に圧縮してアップロードする機能があります。今回はここに注目。
これを利用すれば、今までMac上で圧縮してからアップロードしていた手順を1つにまとめられるようになります。
Finderから画像を複数選択してDockのFileShuttleアイコンにドロップするだけで圧縮してアップロードまで済ませてくれます。

まずはFileShuttleをDLしてインストールしておきましょう。起動すると設定画面が表示されます。
またはメニューのPreferencesから。

FS_iC_091005_02.jpg

Generalタブ。設定を済ませます。iComicはanonymousでログインするので、パスワードは大体メールアドレスを入れるのでしょうが、今回は何でも構いません。上の画像ではtestと入力しています。
他はiComicでFTPサーバを起動させた時のポップアップを見て適宜変更してください。俺の環境だとこの記事のトップ画像の様になっています。

FS_iC_091005_03.jpg

Advancedタブ。Upload screenshots automaticallyは要らないのでチェックを外しましょう。他はどちらでも影響はありません。

設定が済んだらFinderからファイルをDockのFileShuttleアイコンにドラッグアンドドロップ。
ファイル1つでは圧縮されないので複数選択してください。

FS_iC_091005_04.jpg

進捗はDockアイコンに表示されます。

FS_iC_091005_05.jpg

完了はGrowlで通知。シンプルで良いです。

FS_iC_091005_06.jpg

難点としては、アップロードするファイルの名前がarchive_****となるのでわかりにくい所。
長く残しておきたいファイルならばiComic上からファイル名を変更できます。

  1. Homeからファイルを追加する/削除するをタップ
  2. Edit画面に移動するので変更したいファイルをタップ
  3. ファイル名を入力してくださいの直下のファイル名をタップ
  4. 編集画面になるのでファイル名を変更してDoneをタップ

使いようによっては中々便利だと思います。俺はiPhotoのライブラリから直接ファイルを選択してFileShuttleにドロップしてアップロードしています。
俺のiComic用途にピッタリなのでこれから重宝しそうです。

以上小ネタでした。iComicは現在Ver.2.7の審査中だそうです。イメージの回転に対応するらしい。
v2.7審査開始: 日々コツコツセコセコ
楽しみにしております。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中