EverClipperがステータスバーの切り抜きに最適

EverClipperとは

EverClipperは写真を簡単にリサイズ&切り抜きしてEvernoteへ送信するiOSアプリ。

EverClipper 2.3(無料)

EverClipper 2.3
仕事効率化
価格: 無料
2011/01/03

基本的な使い方は公式サイトで説明されています。

モブログ用途に便利な理由

EverClipperはリサイズ・切り抜き共にプリセットを作成できます。何より良いのは、アスペクト比を保持したままリサイズできる所。数値決め打ちでこれができるアプリを他に知りません(スライダ調節ならある)。

everc_01

そして数値決め打ちで切り抜きができて、選択範囲をドラッグするのが簡単。

everc_02

そしてダブルタップで確定。これだけ。画像の端で止まってくれる。上下左右にはみ出さないよう神経を使わなくても大丈夫。

ささっと切り抜いてリサイズしてエクスポート。すごくスムーズです。

メールからDropboxへアップロード

作成した画像はメールに添付できます。設定に送信先アドレスを入力しておける。

everc_03

ここにDropboxにアップロードする専用のメールアドレスを入れておきます。使うのはメールでDropboxへアップロードするSend to Dropboxというサービスです。

Send to Dropboxの登録手順を簡単に説明します。まずはSend to Dropboxへアクセス。Connect to Dropboxをクリック。

everc_04

Dropboxの認証ページが開くのでログインして認証します。

everc_05

認証が済むとSend to Dropboxに戻ってきます。上の方に専用のメールアドレスが表示されているのでコピーしてEverClipper設定のメールの初期値に貼り付けます。

everc_06

これで作成した画像をメールでDropboxにアップロードする事ができます。Evernoteの転送量が気になる人はこちらを使うといいでしょう。Attachmentsというフォルダにアップロードされます。

補足

こういう用途で使わない人には何だか面倒くさいアプリに見える説明になってしまいました。普通にドラッグして範囲選択ももちろんできます。

everc_07

リサイズは最初からプリセットが用意されていて、10%単位で縮小できるようになっている。画像の回転もできるし、Evernoteの送信先ノートブックとタグも設定できます。
簡単に加工してEvernoteへ送る便利なアプリです。

無料版は広告が表示されます。アプリ内購入で広告を削除できる。最初から広告の表示されない有料版(EverClipper Plus)と機能は同じ。

あとがき

以前こんな記事を書きました。

書いてから約1年、やっと見つかりましたよ!
実際はもっと前に見つけたけど書いてませんでした…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中