Nebulous Notes Ver.5.1 – 行間隔の変更・プレビューにCSSが適用できるように

Nebulous Notesがバージョンアップしています。今回の主な更新内容は、行間隔の変更と、ローカルファイルのソート機能追加です。行選択機能やMarkdownプレビューにCSSが適用できるようになったり気の利いた機能もあります。

Nebulous Notes (for Dropbox) 5.1(¥350)

Nebulous Notes (for Dropbox) 5.1(¥350)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: ¥350
発売日: 2010/08/09
+ iPhone/iPadの両方に対応

Nebulous Notes Lite 5.1(無料)

Nebulous Notes Lite 5.1(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: 無料
発売日: 2010/09/26
+ iPhone/iPadの両方に対応

引用元:App Store – Nebulous Notes (for Dropbox)

バージョン 5.1 の新機能
Holidays are usually when iOS developers earn the most. So please update your reviews, as fresh, 5-star reviews on iTunes keep indie developers like myself working all-year-round! – Phil

★ 5.1

MAJOR UPDATES
– Now you can change line spacing
– Now you can sort local files (I know, long time coming)

MINOR UPDATES
– Added Gentium Plus (Full Unicode) Font
– Added Inconsolata Font
– All connections use HTTPS
– Tapping the line number in the pop-up selects the line
– Added $line macro to select the line

UPDATES TO PREVIEW MARKUP
– Now you can use custom css for Markdown Previews
– Preview Markup now clears its cache before loading
– Addresses and links are automatically detected in Preview Markup

行間の幅が変更できるようになった

変更は設定から。

nnote510_01

nnote510_02

この機能は意外と珍しく、他には知る限りiText PadとWriteRoomぐらいしかありません。

ローカルファイルのソートができるようになった

Nebulous NotesはDropbox同期だけでなくローカル(iPhone内)でもファイル管理できます。これまではDropboxのファイル一覧でしかできなかった。

フォント追加:Gentium Plus・Inconsolata

プロポーショナルフォントのGentium Plusと等幅フォントのInconsolataが追加されました。

接続にHTTPSを使用するようになった

安心のHTTPS接続。特に意識することはありません。

コピペバルーンから行選択ができるようになった

コピペのバルーンにLINE xxという項目があるので、タップすると一行まとめて選択状態になります。これは便利。

nnote510_03

行選択する$lineマクロ追加

マクロにも行選択が追加されました。マクロ一覧に$lineが追加されています。

MarkdownプレビューにCSSが適用できるようになった

プレビューにカスタムCSSが使えるように。お気に入りのブログやCSSテンプレートからコピペして使ったり、ブロガーは自サイトのCSSをそのまま貼りつけたら同じ見た目にできます。これは良いですね。

まずはプレビューを表示。下部メニュー中央のボタンからMarkdownを選択すると右にCSSボタンが表示されるのでタップ。

nnote510_04

CSS編集画面が開く。編集に役立つカスタムキーが用意されています。右上のトグルでオフにできる。

プレビュー時、アドレス・URL等が自動でリンクされるようになった

もう一つプレビュー時の改善。電話番号やメールアドレス、URLを自動でリンクするようになりました。

あとがき

行間隔の変更とカスタムCSSを適用させてのプレビューは良いですね。欲を言えばCSSを切り替えられたら良いなと思います。読書用、ブログ用とか。

妄想:リードオンリー機能なんてどうだろうか

急に思いついたのでメモ。

プレビュー機能が強化されて、人によっては文章を読む環境にもなり得るんじゃないかと思った。だったらファイル一覧からリードオンリー(編集不可)状態にできたらいい。リードオンリー状態のファイルを開いたら即プレビューに移行。もちろん編集画面と同様に表示位置は保存される。あとはフルスクリーン表示があれば最高だ。

うん。もはやテキストエディタへの要望じゃないな。

妄想2:PDF、ePubエディタとしてのNebulous Notes

急に思いついたのでメモ2。

プレビューにCSSが適用できるようになって、表示を好きに弄れるようになった。プレビュー画面からメールにHTML形式でファイル添付できるのですが、これをPDFでできたら良いなと思った。CSSが適用された状態でPDF化できたらネットから持ってきた文章をかんたんに書籍化できるんじゃないか。ePubなんか中身はただのHTMLだし。

使うかどうかは別としてできたら面白そう。

Nebulous Notesについては過去に書いた記事をまとめているので、基本的な使い方はそちらをどうぞ。
Nebulous Notesまとめ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中