後で調べたいキーワードを保存するMyScripts用スクリプトSearch it Later

何の説明もなく公開しているので使い方を書きました。

よくある朝の俺

早めに起きて朝食の準備前にネット。RSSやTLをチェックしてそろそろ仕度しないとな、という時間。(ああこれ調べたい)と思っても時間が無い。仕方なくタスク管理ツールにキーワードだけ書いておいて、時間のある時に調べる。早朝にネットしていると大体こうなる。朝に限らず出先でちょっとRSSチェックしている時にもありがち。

タスク管理ツールのメモを開いてキーワードをコピーしてブラウザのアドレスバーにペーストしてエンター。もうこれが面倒で仕方なく思えてきたので楽にする為に作りました。

これはなに?

コピーしたテキストを検索サイトのURLにしてRead it Laterに追加するものです。

http://www.google.com/search?q=キーワード
というURLが追加される。検索サイトは書き換え可能です。

インストール・設定

スクリプトのインストールはforMyScriptsからどうぞ。

使うにはRead it Laterのユーザー名・パスワード・API Keyが必要です。API KeyはRead it Laterのサイトから取得できます。API Keyは個人での利用もOKなのでフォームに適宜入力して発行してください。悪用されないように誰にも教えないでください。

SiL4MyScripts_01

Search it Laterをインストールして、中を見ると入力項目が3つあるので書き換えて保存してください。準備はこれだけです。

使ってみる

SiL4MyScripts_02

ネットを見ていたら気になるキーワードが。でも時間が無いから後で調べよう。

SiL4MyScripts_03

コピーしてMyScriptsを開き、Search it Laterをタップ。Safariが開いて[200 OK]と表示されたら完了。

SiL4MyScripts_04

失敗するとこう表示される。ユーザー名・パスワードが間違っていないか見直しましょう。

もっと簡単な方法

コピー→Search it Later実行までのステップ数を減らす。

MyScriptsのクリップボード監視。

SiL4MyScripts_05

MyScriptsでSearch it Latorにチェックを入れておくとバックグラウンドで10分間クリップボード監視をしてくれます。コピーすると通知があるのでタップして即Read it Laterに追加。これが一番早い。

通知センターを利用したランチャーアプリを使う

SiL4MyScripts_06

FlashLaunchとか。この手のアプリはもうApp Storeからことごとく削除されているので持っている人しか使えません。

Launch Centerを使う

SiL4MyScripts_07

コピーしてLaunch Centerを起動→登録しておいたSearch it Laterをタップ。MyScriptsの一覧から探すよりは早いかもしれません。

他アプリからMyScriptsスクリプトを実行する方法

実行用のURLがMyScriptsからコピーできます。

SiL4MyScripts_08

編集ボタンをタップしてからスクリプトをタップすると編集画面になる。

SiL4MyScripts_09

保存ボタンの隣の四角いボタンをタップしてスクリプト実行用(クリップボード)をタップすると、実行用のURLがコピーされます。これを貼り付けたらOK。もちろんSafariからもアドレスバーに貼り付けたりブックマークから実行できます。

広告

後で調べたいキーワードを保存するMyScripts用スクリプトSearch it Later」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中