MarkdownをNotesyでHTMLに変換してウェブページを作成する

1ボタンで。出力するアプリによってはファイル作成からプレビューまでできます。

やり方

Notesyが必要です。トリガーはMyScriptsでもMyShortcutsでもLaunch Center Proでもブックマークレットでも何でもいい。出力するアプリもURLスキーム経由でテキストが渡せたらOK。

NotesyにはMarkdown文書をHTML文書に変換する機能があります。編集画面下メニューのmdボタンをタップしたらプレビューが表示される。よくある機能です。少し違うのは、その変換機能をURLスキームから実行した時。変換したHTMLソースをペーストボードにコピーしたり、他のアプリに出力できる所。

URLスキームはこちら。render-markdownはペーストボードにコピーしたMarkdown文書をHTML形式に変換して、ソースをペーストボードにコピーする。

  • notesy://x-callback-url/render-markdown

Markdown文書をコピー→URLスキームでNotesyを起動して変換&コピー。確認してみるとヘッダ付きのHTML文書に変換されている。NotesyのMarkdown設定にあるCSSが埋め込まれているので装飾もOK。

notesy-rm_01

ペーストボードアイテムではなく、テキストを渡したい時はtextパラメータを付けます。テキストはURLエンコードが必要です。

  • notesy://x-callback-url/render-markdown?text=テキスト

ヘッダまで付いてくるのでブログ用途には邪魔ですが、これはこれでメールの本文にもできるし、独立したウェブページとして扱えるメリットがあります。

応用編

本編です。とてもややこしい。

変換したHTML文書をアプリに渡してファイル作成からプレビューまで。これを一気にやりましょう。使うアプリはTextforceです。URLスキームはこちら。

  • notesy://x-callback-url/render-markdown?output-param=text&x-success=textforce%3A%2F%2Ffile%3Fpath%3D%2Fblog.html%26method%3Dwrite%26mode%3Dw%26after%3Dquick_look

Markdown文書をコピーしてURLスキームからNotesyを起動して変換。成功したらTextforceを起動してblog.htmlに上書きしてプレビュー。もちろんtext=テキストを付けた形でもいい。

  • notesy://x-callback-url/render-markdown?text=テキスト&output-param=text&x-success=textforce%3A%2F%2Ffile%3Fpath%3D%2Fblog.html%26method%3Dwrite%26mode%3Dw%26after%3Dquick_look

URLを書き換える時はよく確認してください。Textforceのブックマークが空になったり、アラートが止まらなかったり、色々と激しいエラーが発生しました。タスク切り替えからアプリを終了させたら止まります(再起動後一度だけエラー表示あり)。

一つだけ注意したいのがoutput-paramです。出力用のパラメータ名を指定するもの。Textforceならtextです。Nebulous Notesならいくつかありますが、既存のファイルに後方追記するならappendです。いくつか例を挙げてみます。

メール本文に貼り付け
mailto:?body=テキスト
notesy://x-callback-url/render-markdown?output-param=body&x-success=mailto%3A
DraftPadに置換
draftpad://insert?text=テキスト
notesy://x-callback-url/render-markdown?output-param=text&x-success=draftpad%3A%2F%2F%2Finsert
Bywordにファイル作成して貼り付け
byword://new?text=テキスト
notesy://x-callback-url/render-markdown?output-param=text&x-success=byword%3A%2F%2Fnew

こんな感じ。Nebulous NotesはどうやらURLスキームで受け取れる文字数が少ないようで、この用途には向いていません。どうしてもNebulous Notesに渡したい時はMyScriptsにでも渡してOpen in経由ですね。TEXTとだけ書いたスクリプトを用意したらいいです。

notesy-rm_02

…output-param=text&x-success=myscripts://run?スクリプト名とやったらMyScripts起動でアプリが落ちました。エンコードしても同じ。x-success=myscripts://run?スクリプト名と、単にクリップボードにコピーしてスクリプトを実行しても落ちた。x-success=myscripts:だと落ちない。アプリを切り替えて即Open in実行だと落ちるのかな。

以上。コピーして1ボタンで完了するMarkdown→HTML変換でした。元ネタはTwitterのNotesy公式アカウントから。

記事中に出てきたアプリ

Notesy for Dropbox 2.2
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 450円(サイズ: 14.3MB)

MyScripts 2.5
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 350円(サイズ: 2.3MB)

MyShortcuts+Viewer 1.4
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
現在の価格: 85円(サイズ: 0.4MB)

Launch Center Pro 1.0.4
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 450円(サイズ: 18.2MB)

Dropboxテキスト編集 Textforce – (ブックマーク, 正規表現検索) 2.10.0
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
現在の価格: 350円(サイズ: 2MB)

DraftPad 1.6.2
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 0.6MB)

Nebulous Notes (for Dropbox) 6.0.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 450円(サイズ: 10.8MB)

Byword 1.1.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 250円(サイズ: 4MB)

あとがき

ここまでやってくれるアプリは珍しいですね。メール貼り付けを見つけた時はよく考えられてるなと思いました。できればbodyタグ内だけ出力するパターンも欲しい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中