AppendNoteS – 追記型メモAppendNoteの高速化版

拙作MyScriptsスクリプト「AppendNote」がMyScriptsを介さずただのURLに生まれ変わりました。Twitterで謎のURLをメモしていたのを見かけた人がいるかもしれませんが、それのまとめと説明です。

MyScriptsを介さず高速化

AppendNoteは日毎に分けたファイルにメモを追記するMyScriptsスクリプトでした。画像添付のできないDropbox向けPostEverみたいなもの。この手のメモをEvernoteから切り離す為に作りました。プレーンテキストとして保存できるので、後で整理する為のメモとして使い勝手が良いです。詳しくは以下をどうぞ。

これまではLaunch Center Pro(以下launchpro)でメモを書いて、ファイル名や時間を生成する為にMyScriptsへ渡していましたが、launchproのアップデートにより、直接テキストエディタアプリに渡せるようになりました。これによりかなりの高速化となりました。今回からTextforceにも対応。

必要なアプリ

Launch Center Pro 1.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 250円(サイズ: 18.8MB)

TextExpander 1.2.7
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 450円(サイズ: 2.6MB)

テキストエディタアプリはTextforceがcallbackに対応したので選択肢が増えました。

Notesy for Dropbox 2.3.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 450円(サイズ: 14.3MB)

テキスト編集 Textforce for Dropbox 2.11.0
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
現在の価格: 350円(サイズ: 2MB)

使う

NotesyとTextforce版の2つ用意しました。launchproのアクションに登録してください。

aps_01

  • notesy://x-callback-url/append?name=<ddate>&text=%2A%2A<ttime>%2A%2A%0A%0A[prompt-return]%0A%0A&x-success=launchpro%3A
  • textforce://file?path=/notesy/<ddate>.md&method=write&text=%2A%2A<ttime>%2A%2A%0A%0A[prompt-return]%0A%0A&mode=a&callback=launchpro%3A

前述しましたがlaunchproのアップデートでURLに直接TextExpanderスニペットが記述できるようになりました。<>の中にスニペットを書いておくと、実行時に展開されます。URLエンコードもしてくれる。

パスは両方Notesyフォルダになっていますが、Textforce版は好きなフォルダを選べるので書き換えてください。それと、実行後launchproに戻るようになっていますが、他のアプリを起動したい時はURL末尾のlaunchpro%3Aを書き換えてください。Sylfeedならsylfeed%3Aです。

TextExpanderの設定

<ddate><ttime>というのはTextExpanderスニペットを直接記述しています。それぞれ年月日(%Y-%m-%d)と時分(%H:%M)を登録しています。ここは自分の設定と置き換えてください。書式は公式サイトのFAQに説明があるので参考にしてください。

使い方は前と同じです。launchproのアクションを実行するとプロンプトが表示されるので、メモをしてGoボタンをタップ。送り先のテキストエディタアプリが起動して貼り付けられます。Notesyは即lanuchproに戻ってきます。TextforceはCloseボタンをタップするまでcallbackが実行されません。

Notesyは早いけど同期処理が実行される前にcallbackが実行される。TextforceはCloseボタンをタップする手間があるけど、同期処理を待てる。一長一短ありますね。

注意

使う時はどちらか一つにした方が良いです。同期処理の関係で、Textforceで同期していても、Notesyは同期前の状態なのでよくコンフリクトします。

応用

launchproはペーストボードにも対応しているので、[prompt-return][clipboard]にすると、タップするだけでペーストボードアイテムをテキストエディタアプリに送れます。

TextExpanderを持っていない

これまでのAppendNoteはもう使えないのかというと、そんなことは無く、特にお知らせもしていませんがアップデートしています(機能追加も特にない)。今後特にアップデートする予定はありませんが、更新チェックが使えるのでたまにご利用ください。

launchproもTextExpanderも使わずDraftsを使う

Drafts 2.5.7
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 250円(サイズ: 7.8MB)

Draftsは下書き用メモアプリ。最近のアップデートでURLアクションの呼び出しに対応して面白い進化をしています。

AppendNoteはDraftsだと単体で実現可能です。前はファイル名prepend条件の時にテンプレートが使えなかったと思うのですが、いつの間に改善されたんだろうか。まあそれはいいとして、ササッと作ったら動いたのでツイートしたものが以下です。URLをタップするとDraftsのDropbox Actionにインポートされます。

あとがき

launchproのアクションが便利になりすぎて、アクションを実行するURLスキームが欲しくなってきました。アクションにテキストを送れたり。なんだか本末転倒なのでほどほどに留まって欲しい気もしますが。

年度末の忙しさも落ち着いたので、そろそろ放置したTodoを処理していきたいこのごろです。

広告

AppendNoteS – 追記型メモAppendNoteの高速化版」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中