[小ネタ]Wikipediaでランダムにページを表示し続ける

Wikipediaの楽しみ方といえばランダム表示です。ランダムで当たりページを引いてからのリンク辿りが醍醐味です。そう言い切ってしまいたい。以下のURLでランダム表示ができるようになっていて、暇つぶしに見ています。

これをiWorkspaceに登録してLibingで開きます。登録するURLは以下のように。アイコンはWikipedia公式アプリのものを使っています。その他Googleで画像検索でもなんでも。

  • libhttp://ja.wikipedia.org/wiki/Special:Randompage?callback=クリップアイコンをタップしてURLをコピーしたもの

wp_loop

callbackに登録したランダム表示のURLをセットするとLibingで開いて、コールバックを実行するとまたiWorkspace→Libingでランダムでページを開いてくれる。俺は↓→のジェスチャに登録しています。

専用アプリかブックマーク、というかLibingだけでやれって話ですが、これだとアプリがくるりと切り替わって良いインターバルになります。要は好みの問題です。

まあ当たりページを見つけたらブックマークレットからWikipanion Plusで開くんですけどね。キュー機能が便利。

あとがき

iWorkspaceで通知メッセージに自分自身を入れてループ処理連携。これ他にも使えそうなのでネタを貯めようと思っていたんですが、案外思いつかなかった。

昔Wiki2Touch(詳しくはこのブログを検索してください)という脱獄アプリに手を加えてランダムボタンを作ってよく見ていたのを思い出しました。簡易サーバにDLしたWikipediaデータを表示するものでしたが、当時は脱獄でしかありえない手段でした。考えてみれば今は同様のアプリがApp Storeにあるんですね。いい時代になったもんです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中