iOS設定の見直しをチェックリスト化してリマインダー登録する

こんな記事がありました。

これらの設定を定期的に見なおして、設定の大掃除をしようという記事です。

  • プライバシー
  • 通知
  • Appのバックグラウンド更新
  • ストレージ使用状況

既にやっているのですが、今の所思いついた時にしかやらないので、これを機にリマインダーに登録してきっちりやろうかと。よくアプリをダウンロードする人は特にやっておいた方が良いです。思わぬ所でリソースを食っている事があるので。

俺は特にやっていませんが通信量のチェックもやっておいた方が良いでしょう。大きな不具合で膨大な通信をするアプリが最近ありました。

こんな風に運用したい

  1. リマインダーはDueに登録
  2. DueからEvernoteに作成しておいたチェックリストを開く
  3. 設定チェック

こんな感じ。Dueはリマインダーアプリです。通知からURLを開けるならなんでもOKです。例えばiWorkspaceととか。

Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム Ver.1.9.7
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 500円(サイズ: 22.8MB)

iWorkspace Ver.1.7
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
現在の価格: 300円(サイズ: 839KB)

やり方

まずDueにリマインダーを登録します。使っている人はご存知の通り、Dueにはタイトルの後に入力したURLを開く機能があります。そこにEvernoteノートのURLをセットしておけば、Dueで項目をタップするとノートを開いてくれるわけです。

Photo

DueからURLスキームでTodoアプリにチェックリストを作成して、とかも考えましたが、チェックリストの更新があると登録し直すのが面倒です。編集しやすいEvernoteやメモアプリで作ったチェックリストを開くのが一番楽でしょう。もちろんタスク管理アプリに設定しておくのも良いと思います。この運用方法の場合はEvernoteのリマインダーが繰り返しに対応するのが一番なんですけどね。

EvernoteノートのURLはデスクトップアプリから取得できます。その他ClevereverPost等、iOSデバイスでも方法はあります。

あとがき

ストレージ使用状況のチェックはアプリ削除の機会にもなるので必ずやっていきたい。最近はお試しでインストールしても使わないものはすぐに削除するようにしているので増えなくなりましたが、以前は放っておくとホーム画面がよく一杯になっていました。アプリの起動回数や頻度がわかるといいんですけどね。

4sから5sになって、ホーム画面のアプリが5行+ドックになりました。1行増えたものの、現在は4sと同じく4行目までしか使っていない。2ページ目以降にもよく使うアプリはあるのでまた考えたい所です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中