Draftsにmndksを移植する方法

Draftsアクションの組み合わせでmndksを使いたくなったので移植しました。iPhone標準機能として欲しいぐらい便利。XLinkのtype=extendedなリンクが諦められない俺には最適な機能です。まあそれはそれとして、

mndksをDraftsで使いたい

最近あっちこっちアプリを遷移させるのが嫌になってきました。Draftsでもスクリプトが動く事だしmndksを移植してしまおうと思います。

Drafts Ver.3.5.5
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 300円(サイズ: 10.6MB)

やり方

まずはmndksのスクリプトを入手します。使うのはiWorkspace用です。

次にこのアクションをDraftsにインポート。

あとはiWorkspace用のmndksをコピーしてDraftsに貼り付けて、mndks4Draftsを実行してください。mndksがDraftsにインポートされます。

使い方

DraftsにテキストやURLを書いてmndksを実行するだけ。

Photo

問題点

実行後Markdownプレビューがそのまま残っていること。x-successに新規作成でも指定しておけば解決できるでしょうが。

Photo

他にはInboxにスクリプトが残る等あります。これはMarkdown: Previewアクションを利用してテキストを処理する時の共通の問題です。

あとがき

海外のブログを見るとDraftsのアクションがたくさん見つかります。アプリにこだわらず、目的ごとにワークフローとして紹介している記事が多い。複数のアプリを組み合わせて一気に処理するのがトレンドのようです。x-callback-url大活躍。

中々新鮮なアイデアが見つかったりで面白いので、最近よく”アプリ名 workflow”とかで検索しています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中