アプリ連携 – 買い物メモ編

問題。ここに買い物メモがあります。

合い挽き肉 500g
牛乳
いんげん
コーン缶(クリーム)
生姜

改行しただけの箇条書きのテキストファイルです。Dropboxの特定の場所に保存してあります。毎回同じファイルを書き換えるので、ファイル名はいつも同じです。

さてこれを1ボタンでListacularにタスクリストとして表示させるにはどうしたらいいでしょうか。使うのはiOSデバイスのみです。

答え

Launch Center Proでテキストファイルを読み込み、TextToolで整形して、DraftsからDropboxのListacularフォルダにアップロードしてListacularアプリを起動する。(他にもやり方はあります)

今回はこんな趣旨です。やっていきましょう。

準備する

こういうアプリ連携は逆から作っていくのが簡単です。まずListacularのURLスキームはdb-eo6dojwhn042lh2です。オプションはありません。

Listacular for Dropbox – Rapid notes, lists and to-do’s with plaintext Ver.1.10
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 5.2MB)

次にDraftsからDropboxのListacularフォルダにアップロードするアクションを作ります。こんな感じ。ファイル名にタグを使って日毎にファイルを分ける時もWriteはReplace設定にしてください。後から修正があった時にも対応できます。

groceries_list_01

URLを組み合わせるとこうなる。便宜的にエンコードする部分を{{}}で囲ってあります。実際にDraftsでは{{}}内はURLエンコードされますが、後々ややこしくなって思わぬエラーの元になりがちなので、こういういくつもアプリを連携する時はあまり使わない方がいいかもしれません。慣れたら無駄にエンコードしなくて済むので助かりますが。

  • drafts://x-callback-url/create?text=&action={{買い物リスト作成}}&afterSuccess=Delete&x-success={{db-eo6dojwhn042lh2:}}
Drafts Ver.3.5.9
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 300円(サイズ: 10.6MB)

次にTextToolで整形します。Listacularでタスクとして認識させるには行頭に-を付けてやればいいので、

  • texttool://x-callback-url/transform?text=&method=affix&prefix=-%20&suffix=&scope=lines&clipboard=0

こうなる。suffixは空ですが必須です。こうしないと行末に(null)がセットされます。これもとりあえずtextは空で。TextToolのアウトプットは[[output]]に格納されます。先ほどのDraftsと組み合わせて、

  • texttool://x-callback-url/transform?text=&method=affix&prefix=-%20&suffix=&scope=lines&clipboard=0&x-success=drafts%3A%2F%2Fx-callback-url%2Fcreate%3Ftext%3D%5B%5Boutput%5D%5D%26action%3D%25E8%25B2%25B7%25E3%2581%2584%25E7%2589%25A9%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25A2%25E4%25BD%259C%25E6%2588%2590%26afterSuccess%3DDelete%26x-success%3Ddb-eo6dojwhn042lh2%253A

こうなります。

TextTool Ver.1.0.2
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 500円(サイズ: 2.8MB)

最後にLaunch Center ProでDropbox上のテキストファイルを読み込みます。dropbox-text:の後にファイルのパスを書くだけ。これを先ほどのTextToolのtextに入れる。

  • [dropbox-text:path/to.txt]

最終的にできあがったのがこちら。

  • texttool://x-callback-url/transform?text=[dropbox-text:path/to.txt]&method=affix&prefix=-%20&suffix=&scope=lines&clipboard=0&x-source=Drafts&x-success=drafts%3A%2F%2Fx-callback-url%2Fcreate%3Ftext%3D%5B%5Boutput%5D%5D%26action%3D%25E8%25B2%25B7%25E3%2581%2584%25E7%2589%25A9%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25A2%25E4%25BD%259C%25E6%2588%2590%26afterSuccess%3DDelete%26x-success%3Ddb-eo6dojwhn042lh2%253A

このURLをLaunch Center Proのアクションに登録します。そのままだとTextToolのアイコンになるのでListacularのものに変更しました。Listacularアイコン

groceries_list_02

Launch Center Pro Ver.2.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 500円(サイズ: 15.8MB)

これで完成です。

  1. Launch Center Proで作成したアクションをタップ
  2. Dropbox上のテキストファイルを読み込んでコピー
  3. TextToolに渡して行頭に-を追加
  4. Draftsに渡してListacularの同期フォルダに保存
  5. Listacularアプリを起動

さすがの俺もこれなら面倒じゃない。家で買い物メモを作成して保存しておけば、あとはiPhoneで1タップするだけ。

あとがき

この買い物メモ作成ワークフローは、実際に使っているものかといえばそんな事はありません。さっき思いついて作りました。こんなのは最初からリストを作ってListacularフォルダに保存したらいいだけですからね。

ソースになるテキストを取得して望む書式に編集して使う、というのはよくあるパターンです。MyScriptsPythonistaではそういうスクリプトがたくさん公開されています。今回は簡単なのでTextToolで済ませました。

Launch Center ProはDropbox機能とx-callback-url対応でさらに用途が広がりました。ランチャーは他のアプリを使っていますが、連携を考えると外せないアプリです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中