Launch Center ProがIFTTTに対応

中々面白そうなので使い方を簡単にご紹介。何か面白いレシピが出てくるといいな。

Launch Center Pro Ver.2.3
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 500円(サイズ: 29.5MB)

IFTTT Ver.2.0.0
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 19.5MB)

アカウント作成&チャンネルをアクティベート

まずはこれ。IFTTTアプリからLaunch Center Proチャンネルを選んでTriggerをタップすると、初回はチャンネルのサインイン画面が表示されます。SNS連携ならそのまま認証を済ませるだけ。

Photo

2014-06-16追記:
メールアドレスで認証するとプッシュ通知の許可ができず、通知が届かないようです。Twitterアカウントで認証すると上手く行きました。サーバ側の不具合だと思うのでその内修正されるかもしれません。

メールでアカウントを作成する場合は、サインインボタンのすぐ下にRegisterリンクがあるので、タップしてからアドレスとパスワードを入力。すぐに登録メールアドレスに確認メールが届くのでリンクをタップしてベリファイします。

アカウントの作成が済んだらもう一度IFTTTでレシピを作成。Launch Center Proチャンネルを選んでTriggerをタップするとチャンネルの認証画面が表示されるのでサインインして認証。そのままレシピを作りましょう。

レシピ作成

Trigger Nameの入力欄が表示されるので好きな名前を付けてNextをタップ。好きなアクションを選んでレシピ作成を完了します。IFTTT側は名前を付けてアクションを設定。これだけです。

俺は試しにリマインダーを作成するアクションを設定しておきました。

Photo

Value 1という変数がセットされているのを覚えておいてください。

Launch Center Proのアクションを作成する

Action Composer→System ActionsにIFTTT Triggerが追加されています。

Photo

下のwith Valuesはパラメータを付けてIFTTTに送るもの。今回はこちらを選択。

NameはLaunch Center Proアクションの名前。Trigger Nameは先ほどIFTTTで付けたのと同じものを入力。その下にValue 1〜5まであります。ここではValue 1にプロンプトからの入力を指定しました。

さっきIFTTTで作成したリマインダーのアクションにはValue 1がセットされていました。Launch Center Pro側からValue 1を指定してテキストを送ってやると、IFTTT側のValue 1がLaunch Center Proの入力テキストと置き換わるわけです。

使う

準備が終わったので使います。Launch Center Proで作成したアクションをタップ。初回はサインインが求められます。

先ほどプロンプトを指定したのでプロンプトにテキストを入力してLaunchボタンをタップ。これでIFTTTに送られました。IFTTT側でレシピが実行されると下のようにリマインダーに登録されます。

Photo

以上です。基本的にはIFTTTアプリを起動しておく必要はありませんが、リマインダー等、iOSの機能にアクセスするアクションの場合はアプリを起動しないと処理が実行されないので注意してください。そういうレシピは通知をオンにしておくといいかもしれません。

あとがき

送信さえしておけば後はIFTTTがやってくれるので楽で良いですね。今回Launch Center Proをトリガーにしか使っていませんが、アクション側でも使えるので試してみてください。こっちの方がアイデアは浮かびやすいかもしれません。

DropboxだけならLaunch Center Proだけでいいですが、IFTTTアクションを使えばEvernoteやGoogle Driveなんかとも連携できるようになります。

広告