Editorial Workflow – TP Note

EditorialのTaskPaperモードで使うWorkflowです。

@note(ノート名)のタグを持つタスクにキャレットを合わせて実行すると、ノート名のファイルを開きます。無ければ作成します。

Photo

単純なメモ書きにも使えるし、サブタスクみたいにも使えます。

参考にしたもの

このWorkflowは以下のスクリプトを参考に作成しました。他の機能も移植したい。

準備

ルートにあまりたくさんのファイルを作りたくないので、サブフォルダの中にファイルを作成するようにしてあります。

しかしEditorialの仕様でWorkflowからフォルダの作成はできないようです。そのため事前にフォルダを作成しておく必要があります。

デフォルトではTP Noteというフォルダ名になっているので作成しておいてください。フォルダ名を変更したい場合はWorkflowを開いて書き換え(下の画像参照)て、その名前のフォルダを作成してください。

Photo

インストール

他のWorkflowは以下にまとめてあります。

広告

Editorial Workflow – TP Note” への1件のフィードバック

コメントは停止中です。