メモ用途に使えるDrafts 4用アクション各種&おまけ

メモ用途に使えるDrafts 4専用アクションをいくつか作ったので公開します。

Drafts 4 – Quickly Capture Notes, Share Anywhere! Ver.4.0.3
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 500円(サイズ: 9.8MB)

AppenEver

Evernoteに日別の追記型メモ帳を作成します。Markdown対応。位置情報無しと有りを用意しました。

Photo

書いて実行するだけ。本文の下に追記した年月日、時間を挿入します。位置情報付きの場合、Googleマップへのリンクとして挿入します。

Drafts 4からENML形式の書き出しに対応したので対応してみました。CSSで簡単に装飾しているので、わかる方はアクションを編集して好みのスタイルに変更してください。

チェックボックスも使えます。行頭に☑□を付けるだけ。
それ用の拡張キーを用意したのでご利用ください。タップするとカーソル行の文頭に□を挿入。既に☑□がある場合はそれぞれを入れ替えます。

Send to Evernote

AppendEverは追記型でした。Send to Evernoteは単一のノートを作成します。

Photo

同じくMarkdown形式に対応しています。1行目をタイトルにセット。1行目が見出し(例: # 見出し)の場合は記号を削除します。1行目は本文にも使われますが、こちらは記号を削除しません。

AppendNote

Dropboxに日別の追記型メモ帳を作成します。以前公開したものと同じですが、AppendEverと同じく位置情報付きバージョンも用意しました。

Photo

Create Day One Entry

注意: このアクションはDay OneをDropbox同期で使っている人専用です。iCloud同期の場合は使えません。

Day Oneにエントリーを作成します。Day Oneは起動せずDrafts内で完結。

Photo

タグはあらかじめ1つ入力できます。デフォルトではMemoになっているので書き換えて下さい。複数タグには対応していません。

おまけ

拡張キーを2つ作りました。

1つは上でも紹介したチェックボックスを挿入するキー。もう1つはMarkdown形式のTableを簡単に作成するキーです。範囲選択してキーをタップするだけ。

Photo

セルの区切りは半角スペース2つです。

この拡張キーは以下を参考に作成しました。

あとがき

Drafts 4使いやすいです。やっと一通りの使い方を把握できました。アクション等、想像していたより制限はありますが、何でもできるアプリが何でも出来過ぎなだけでしょう。セキュリティを考えたら仕方ないかと思います。

気に入らない所もいくつかあります。アクションは実行したら閉じてくれる方が使いやすいと思う。

先日のアップデートでかなりの不具合が修正されました。たまにドラフトがロールバックされていたり、アクション実行後の処理(アーカイブとか)が上手く動かなかったり、挙動がおかしくなる事はまだありますが。この辺はiCloud絡みの不具合になるんだろうか。iOS8.1で何かあるそうですが詳細は知りません。

これを書いている2014/10/28現在、Drafts 4はリリースセールで50%オフの500円になっています。

広告