Workflow Ver.1.1

What’s New in Workflow 1.1

Workflow: Powerful Automation Made Simple

バージョン: 1.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 300円(サイズ: 22.9MB)
販売元: DeskConnect, Inc.
リリース日: 2014/12/11

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

引用元:Workflow

New Features

  • Quickly run workflows from My Workflows by double tapping on them
  • Use the selected text from Safari as input to an action extension workflow
  • Actions to filter and get details of all the content on your device
  • Duplicate workflows to make your own versions
  • Create a custom home screen icon for your workflow using photos from your library
  • Now accessible for VoiceOver users
  • Added Apps section for easy discovery of actions that interact with your other apps
  • Added the ability to mark actions as favorites to quickly use them later
  • Improved the Workflow URL scheme — see documentation here
  • Improved overall responsiveness, speed, and launch time

その他かなりの数の追加・変更・修正があるので、詳しくはリンク先をどうぞ。紹介しきれないので、ざっと試して気に入った所をご紹介。

ダブルタップでワークフローを実行できるように

ワークフロー一覧からダブルタップで実行できるようになったようです。「ようです」というのは、上手く動かなかったから。ダブルタップしてもワークフローが開くだけ。連打してたら一回だけ実行できたのがなんとも。これができると楽で良いんですが。

Photo

Safariで選択したテキストを取得

前はGet Text from Inputを使わないといけなかったのかな。いまいち記憶が定かではありませんが。以下のように選択テキストを[Input]として使えるようになりました。

Photo

ワークフローの複製

ワークフロー一覧から編集、複製、削除操作ができるようになりました。個別の編集画面にも、共有メニューに複製ボタンが追加されています。

これができるとワークフローを作るのが楽になります。複製用のワークフローなんかもありますが、サーバにアップロードする必要がありました。

Photo

URLエンコード・デコード

待望の機能なんですが、一つ注意があります。

このエンコードはURIの予約文字をエンコードしません。JavaScriptで言う所のencodeURI()です。encodeURIComponent()ではありません。

Workflowで使うURLエンコードとしては予約文字までエンコードする方が使い道が多いと思うんですが、両方あるならともかく、なぜこっちだけなんだろうか。

Pocketアクション2種

新たにPocket用のアクションが追加されています。Pocketに追加と、Pocketの登録アイテムを取得するアクションの2つ。

試しに登録アイテムを取得してMarkdownリンクを作成するワークフローを作ってみました。検索やタグで絞り込めたり中々使えそう。

Dropbox上のファイルに追記

以前からあったアクションですが、バグ修正されて使えるようになりました。前は追記するファイルがDropboxのルートに無いとエラーになっていました。

Pythonistaスクリプトが実行できるように

これもバグ修正。URLを指定すれば前から使えていましたが、Run Scriptアクションでファイル名を指定して実行できるようになりました。

ただEditorialと違ってWorkflowに戻ってきてくれない。コードにコールバック機能を付けないといけないので、アップデート前と大差無し。Run Scriptの説明と動きが違うので、説明か挙動のどちらかがまだ間違っているようです。

短縮URLの展開

新たに追加されたExpand URLアクションで実行できるようになっています。これまではClean Links用のアクションが用意されていましたが、今回のアップデートで削除されています。

できるのは短縮URLの展開のみです。Clean Linksのようなutmトークンの削除機能はありません。

日付のフォーマットがカスタムできるように

これは嬉しい。

Photo

Day Oneエントリーを作成

Day Oneにエントリーを作成する専用アクションが追加されました。画像の添付もできます。アクションの組み合わせで以前からできましたが、簡単になったのは良いこと。

画像は[Input]に格納する必要があるので、テキストも書きたい場合は適当な変数を作って以下のようにすると写真+テキストのエントリーを作成できます。Take Photo→Edit Image→Create Day One Entryなんてやるのも良いですね。

TextTool連携

Transform Text with TextToolでTextToolと簡単に連携できるようになりました。URLエンコード(含予約文字)なんかはこれでやるのが一番早いかもしれません。

簡単なものはSplit Text→Repeat with Each→Combine Textなんかでできましたが、やっぱり専用アプリは楽で良いです。

登録済タイトルのワークフローをインポートする時の処理

置き換えるか名前を変更して登録するかを選べるようになっています。事故防止ですね。以前は問答無用で置き換えられてしまい、せっかく作ったワークフローが上書きされてしまいがっかりなんて事がありました。

Photo

あとがき

まだ挙動が微妙に不安定なのですが、前バージョンとは比べ物にならないほど快適です。作ったワークフローが増えてきたのでそろそろまとめページを作りたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中