Workflowで[Input]の存在チェックをする方法

Workflowのアクションにifがあります。プログラムではお馴染みの条件分岐ですが、外部から受け取った[Input]の中身が空の時、[Input] equal ""(空白)という条件が真になりません。ちょっと躓いたのでメモ。

空文字ではなくnull

外部から受け取った[Input]がnullだからif == ""が真にならない。おそらく。ifアクションの値は文字列として扱われるのでnullと入力してもダメです。想定できる条件なのでこれぐらい上手いこと処理してほしい。というのは暴論だろうか。

解決

ifアクションの前にtextアクションを追加。値に[Input]を入れて空文字に変えたら真になります。

Photo

Workflow: Powerful Automation Made Simple Ver.1.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 300円(サイズ: 22.9MB)

あとがき

外部からなのかクリップボードからなのか。受け取り方はいくつかあるので、条件分岐して1つのワークフローで対応できるようにすれば数が減らせますね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中