Editorial Workflow – Master Password

EditorialのWorkflowです。KeychainのMaster Passwordを設定するユーティリティです。

マスターパスワードは特定のWorkflowがKeychainを読み書きする時に、パスワード認証を必要とするもの。Keychainにウェブサービスのログインパスワードなんかを保存している人は設定しておいた方が良いです。

インストール

使い方

IMG_3078

マスターパスワードの設定・変更。マスターパスワードを忘れてしまった時にKeychainを丸ごと削除。この2つの機能があります。どちらか選択してから実行してください。

他のWorkflowは以下にまとめてあります。

あとがき

昨日公開したDropbox用のWorkflowで取得するトークンなんかはKeychainに保存した方がいいんだろうなと思います。Keychainをリセットしたら認証し直さないといけないのが面倒でテキストファイルに保存したんですが。色々作っているとよくリセットするので。

セキュリティ的によろしくないのでその内Keychainに保存する方式に改善します。

2015-07-02追記

Keychainへ保存するように変更しました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中