Editorialで簡易File Transclusion

File Transclusionは編集中のファイルに別のファイルの内容を挿入するもの。MultiMarkdownの機能の一つです。

以前Macで使っていたアプリにこの機能が実装されていて便利だったので、ごく簡単なものをEditorial用に作りました。

インストール

Editorial Workflow — Simple File Transclusion

使い方

別ファイルの内容を挿入したい行に以下のようにファイルのパスを記述してワークフローを実行するだけです。相対パスでOK。

{{./path/to/other_file.md}}

この行をファイルの内容と置き換えたテキストが生成されます。シェアシートが開くので後はお好みで。

できないこと

File Transclusionのその他全て。

あとがき

文章を書いてテンプレートに挿入して共有なんて使い方もできそうですね。

しばらく更新のないEditorialですがPython3の対応はいつだろうか。コードエディタの補完機能が上手く動いていないのでそこだけでもどうにかしてほしい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中