Editorial Workflow – 20のWorkflowの簡単な紹介

作成したワークフローがたくさんあるので、とりあえず簡単な説明と共に公開します。いつか詳しい説明を書きたい。

Editorial


カテゴリ: 仕事効率化
販売元: Ole Zorn
リリース日: 2013/08/15

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

Create New File

ファイルを新規作成します。

Source viewer

ウェブページからソースを取得してファイルを作成します。

MMD Table Generator

セパレータで区切ったテキストをMultiMarkdownのTableに変換します。

セル(セパレータ)セル
セル(セパレータ)セル

これがこうなる。

セル セル
セル セル

セパレータは設定可能です。初期値はタブになっており、Google スプレッドシート等からコピーしてきて貼り付け→範囲選択→ワークフロー実行でテーブルのできあがり。

Affix

任意のテキストを選択テキストの行ごとに前方・後方に追記します。

追記するテキストにはマクロが一つあり、{1}と書くと、1から始まる連番になります。開始する数字は変更可能です。

Dropbox Utility

以前公開したもののバージョンアップ版です。詳しくはEditorial Workflow – Dropbox Utilityをどうぞ。App key等もKeychainに保存するようにしました。

AppendNote

日別の追記型メモ帳を作成します。

Dropbox Utilityでアプリを認証してから使用してください。

Embed Image

画像をアップロードしてMarkdown形式の貼り付け用コードを取得します。Editorialは画像の貼り付け機能が無いので、このワークフローで補完しています。

Dropbox Utilityでアプリを認証してから使用してください。

Day One Webclip

ウェブページをMarkdown形式に変換してDay Oneに保存します。変換にはウェブサービスを利用しているので、サーバがダウンしている等、使えない事もあります。

Dropbox Utilityでアプリを認証してから使用してください。なお、このワークフローはDay OneをDropbox同期で使用している環境限定です。iCloudには対応していません。

Day One Entry

開いているファイルの内容をDay Oneに保存します。

Dropbox Utilityでアプリを認証してから使用してください。なお、このワークフローはDay OneをDropbox同期で使用している環境限定です。iCloudには対応していません。

Day One Photo Entry

Day Oneに画像付きエントリーを作成します。

Dropbox Utilityでアプリを認証してから使用してください。なお、このワークフローはDay OneをDropbox同期で使用している環境限定です。iCloudには対応していません。

Evernote Create Note

MarkdownファイルをHTMLに変換してノートを作成します。

以下のURLからログインしてデベロッパートークンを取得してください。

Evernote Search

Evernoteを検索してノートのURL(evernote://…)を取得します。コピーするかEvernoteアプリで開くか選択可能。

以下のURLからログインしてデベロッパートークンを取得してください。

Evernoteデベロッパトークンについて

デベロッパトークンの有効期限は1年間です。それ以降は再発行が必要になりますが、上記2つのワークフローには再発行処理がありません。

期限切れでエラーになる場合は、以下のワークフローでKeychainから期限切れのトークンを削除した後、トークンの再発行が可能です。

エラー処理はしっかり作るべきでした。

Pocket Authentication

Pocketのアプリを認証します。

以下のURLから新規アプリを作成(要ログイン)してコンシューマキーを取得してください。

  • Application Name: 適当な名前。簡単な名前だと重複で再入力になります
  • Application Description: アプリの説明。何でもいいです
  • Permissions: 3つともチェックを入れてください
  • Platforms: 使用するプラットフォームにチェックを入れてください

  • Pocket: Developer API

アプリを作成したら、使用するプラットフォームのコンシューマキーをコピーして、このワークフローを実行。Editorialで使うのでiPhoneかiPadのものです。

Add Pocket

URLをPocketに登録します。

Pocket Authenticationで認証してから使ってください。

Get Pocket items

Pocketの登録アイテムからリンクを作成します。

Pocket Authenticationで認証してから使ってください。

Workflow Launch URL

ワークフローの実行用URLを取得します。

TP Add task

TaskPaperドキュメントに新規タスクを追加します。追加するプロジェクトも指定可能。

Image Downloader

画像をダウンロードします。改行区切りの複数URLも一気にダウンロード。

Create link from URLs

URLからタイトルを取得して、各形式のリンクを生成します。URLは複数でも処理可能です。コピーまたは選択テキストと置換を選べます。

リンクの書き出し形式はワークフローの編集画面から設定できます。

Short URL decoder

短縮URLを展開してオリジナルのURLを取得します。URLは複数でも処理可能です。コピーまたは選択テキストと置換を選べます。

あとがき

このままだと公開しないと思ったのでまとめてみました。APIキー等、説明が必要なものもありますが、検索したら詳細に解説してくれるページがあるので丸投げします。

iOS8でも安定して使えるようになったEditorialですが、Keychainのマスターパスワードの入力の所でよく落ちたりと、まだいくつかバグがあります。Ver.1.3がいつリリースされるかはわかりませんが、また気長に待つことにします。

Editorial Workflow – Master Password

EditorialのWorkflowです。KeychainのMaster Passwordを設定するユーティリティです。

マスターパスワードは特定のWorkflowがKeychainを読み書きする時に、パスワード認証を必要とするもの。Keychainにウェブサービスのログインパスワードなんかを保存している人は設定しておいた方が良いです。

インストール

使い方

IMG_3078

マスターパスワードの設定・変更。マスターパスワードを忘れてしまった時にKeychainを丸ごと削除。この2つの機能があります。どちらか選択してから実行してください。

他のWorkflowは以下にまとめてあります。

あとがき

昨日公開したDropbox用のWorkflowで取得するトークンなんかはKeychainに保存した方がいいんだろうなと思います。Keychainをリセットしたら認証し直さないといけないのが面倒でテキストファイルに保存したんですが。色々作っているとよくリセットするので。

セキュリティ的によろしくないのでその内Keychainに保存する方式に改善します。

2015-07-02追記

Keychainへ保存するように変更しました。

Editorial Workflow – Dropbox Utility

EditorialのWorkflowです。Dropboxアプリの認証、ファイルのアップロード、認証の解除をするカスタムアクションのセットです。

2015-07-02追記

トークンをKeychainへ保存するように変更してアップデートしました。以前のバージョンを使用している方は再認証が必要です。

Keychainのマスターパスワード設定をおすすめします。

インストール

使い方

IMG_3075

カスタムアクションが3つあるので、使うものを1つだけStopアクションの上に並び替えて実行してください。

Dropbox Authentication

Dropboxアプリを認証します。App Console – Dropboxでアプリを作成してApp keyとApp secretを取得してください。アクセスタイプはFull Dropboxの方が好きなフォルダにアクセスできて良いでしょう。

IMG_3065

取得したKeyとSecretを入力。設定したアクセスタイプを選択してから実行します。

IMG_3068

確認ダイアログが表示されるので、OKをタップするとコンソールが開きます。

IMG_3071

内蔵ブラウザに認証ページが開かれているので、ログインしてアプリを認証してください。認証が完了したらコンソールに戻り、何も入力せずにEnterを2回タップします。認証完了と表示されたら完了です。

Dropbox Deauthentication

認証を解除します。

Dropbox Upload Sample

IMG_3073

開いているテキストファイルをアップロードします。アップロード先のフォルダを指定してから実行してください。未入力の場合はルートフォルダの直下に保存します。

参考

このWorkflowは以下の記事を参考にしています。参考というか、これをベースに書き換えただけです。

他のWorkflowは以下にまとめてあります。

あとがき

他のアプリを介せば親切なUIで簡単にできる事ですが、Editorial一つで完結するならこっちの方がいいかなと。これならテキスト以外のファイルもアップロードできます。

Dropbox上のファイルをダウンロードするならこのWorkflowがおすすめです。

Editorial Workflow – Evernote日付検索

EditorialのWorkflowです。Evernoteを日付で検索します。検索するアプリはClevereverPostです。

インストール

使い方

IMG_3045

まずは検索するアプリを設定します。Workflowを開いてください。「Evernote日付検索」というアクションが一つあるのでタップ。アプリを選択できます。Cleverで検索する時はユーザー名を入力する必要があります。

IMG_3046

Workflowを実行すると日付の選択ダイアログが開くので、指定してOKをタップするだけです。

ノートの作成日でなく更新日で検索したい場合は「更新日で検索する」にチェックを入れてください。

他のWorkflowは以下にまとめてあります。

あとがき

Evernoteを日付で検索するWorkflowは以前作りました。今回のはdialogs.form_dialogを使ってみたかっただけ。

こっちの方が見た目は良いです。

Ver.1.2で追加されたdialogsモジュールはかなり便利です。フォームを組み合わせて一画面にまとめられ、UIを作る必要も無し。

もうよっぽどの事が無い限りカスタムUIやuiモジュールを使う必要は無さそう。セグメントコントロールやスライダーも追加してほしい。

Editorial Workflow – Create Snippet in TE

EditorialのWorkflowです。選択したテキストをTextExpanderのスニペットとして登録します。

インストール

使い方

実行するとAbbreviationを入力するダイアログが表示されるので、入力してOKするとTextExpanderが起動してスニペットを登録してEditorialに戻ります。

TextExpanderキーボードなら一度キーボードを切り替えるだけでスニペットとして使用可能です。他のキーボードで使う場合はEditorialの設定からスニペットを更新してください。

IMG_3038

登録するグループを指定できるようになっています。Select From Listアクションを追加して選択できるようにしてもいいかもしれません。

他のWorkflowは以下にまとめてあります。

あとがき

TextExpanderのスニペットがURLから登録できることを知ったので作ってみました。登録の他に、スニペットを展開するコマンドもあるようです。

Editorial Workflow – Add Reminder

EditorialのWorkflowです。テキストをリマインダーに登録します。

インストール

Editorial Ver.1.2で追加されたremindersモジュールを使用しています。

使い方

初めて使う場合はリマインダーアクセスの許可を求められます。

実行するとタイトル入力ダイアログが表示されるので入力してください。iOSリマインダーに登録されます。その他URL経由や選択テキストからもタイトルを取得できます。

IMG_3025

登録するリストを入力できるようになっています。既存のリストならそこへ、無ければ作成します。空欄の場合はリマインダーのリスト一覧から選択するようになっています。

中身はテキスト取得の為のアクションをまとめたものと、リマインダーを登録する為のカスタムアクションです。2つともプリセットに登録しておくと便利です。プリセットへはアクションを長押し→Option→Save Action as Presetで保存できます。

他のWorkflowは以下にまとめてあります。

あとがき

remindersモジュールの試作です。日時やアラームのオプションもありますが省きました。

Editorialは不具合修正したVer.1.2.1が現在審査中のようです。フォーラムにはいくつか不具合が報告されていました。

Editorial Ver.1.2

Editorialがアップデート。たくさんの機能追加があります。iOS8でも動作が安定していますし、日本語環境でも安心して使える初めてのバージョンと言っても過言ではありません。

Editorial

バージョン: 1.2
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 840円(サイズ: 57.3MB)
販売元: Ole Zorn
リリース日: 2013/08/15

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

引用元:App Store -Editorial

バージョン 1.2 の新機能
* Folding – This allows you to hide sections of a document while writing – just tap the triangle next to a header; this works for Markdown, TaskPaper, and Fountain documents.

* Customizable document templates – this allows you to add entries to the “new file” menu. Each template is a full-fledged workflow, so it’s possible to choose the filename and contents of a new document based on a text input dialog, the current date, etc.

* Quick settings – Tap the “Aa” button to adjust editor-related settings while writing. This includes a new “Text Zoom” option to make changing the overall font size easier. The new “Arrange Paragraphs” mode allows you to move lines in a document via drag’n’drop, just like in TaskPaper mode, but for all kinds of documents. By popular demand, there’s also an option to turn off the extra on-screen keyboard row, in case you prefer writing with a hardware keyboard.

* Improved support for iPhone 6 and 6 Plus

* Improved in-editor search, including a “Highlight All” option in the editing menu that allows you to highlight occurrences of a word within the document without typing anything into the search bar

* Multiple tabs and various other improvements in the web browser, e.g. support for filling in passwords using the 1Password app extension (if installed)

* Multiple preview themes and improved editing for themes with HTML/CSS syntax highlighting

* CriticMarkup syntax highlighting in Markdown mode

* TaskPaper checkboxes are now also available on iPhone

* New Fountain mode for writing screenplays

* New interactive workflow building tutorial

* New Python modules for accessing Twitter accounts and reminders

* More bundled workflows

* Significantly improved accessibility for VoiceOver users

* Improved support for third-party browsers (e.g. Chrome, Opera Mini)

紹介しきれないのでアップデート内容からと、その他いくつか。

アップデート前に

更新日から数日経つので、ユーザーの大半はアップデートしたでしょう。まだの方は一応ご注意を。大きな変更により一部のWorkflowが動作しなくなるかもしれません。

というのも、今回からパネル型のプレビューや内蔵ブラウザ等が全てタブブラウザ形式に変更されています。その為なのか、ただの不具合なのか、ui.View.presentのスタイルpanelが動作しません。

iPadでは未確認ですが、他の選択肢があるので困らないでしょう。ただiPhoneだと代わりがありません。ScratchPadというWorkflowを愛用していたので困ったもんです。

iOS8だと安定性を考えてアップデートするしかありませんが、こういう事もあります。tabスタイルとかできないものか。

見出し単位の折り畳みができるように

IMG_3014

Markdown、TaskPaper、Fountain形式の文書で、テキストを見出し単位で折り畳んで非表示にできるようになりました。Markdownは見出し、TaskPaperはプロジェクト、FountainはEXTだのINTだのさっぱりわかりませんが、見出し単位なのでしょう。

折り畳みを展開するには、頭にある右向き三角か、ワードカウントをタップ。全てを展開するには左上の三角をタップです。

畳まれた部分は文書内検索でヒットしません。下の方で紹介するQuick settingsの段落の並べ替えでは、折り畳んだままセクション単位で並べ替える事もできます。

WorkflowのFold系アクションを使うと好きな範囲で折り畳む事もできます。サンプルを用意したのでどうぞ。テキストを選択してから実行すると、選択範囲が折り畳まれます。

文書のテンプレート機能

IMG_3015

テンプレートを適用して文書を作成できるようになりました。ファイル一覧の+ボタンから。中身はWorkflowと同じもので、アクションを組み合わせて使えます。

事前にファイル名を入力してからファイルを作成してもいいし、ファイル名を日付にする事もできます。サンプルを用意しましたが、テンプレートとしてはインストールできないようです。

以下はテンプレートとして作成して、編集画面から共有したものです。インストールするとWorkflowに追加されます。テンプレートで使う場合はコピペで移植するのがいいですね。sub-workflowとして読み込めばWorkflowとも共有できます。sub-workflowは親になるWorkflowと同じ名前にはできないのでご注意を。

Quick settings追加

IMG_3016

編集中に文字入力周りの設定にアクセスできるようになりました。タイトルをタップ→右側のAaをタップ。テーマや文字サイズ、段落の並べ替えやシンタックスハイライトのモード切り替えができます。

IMG_3017

便利なのが段落の並べ替え機能。段落というか行単位の並べ替えですが。以前はWorkflowでやっていた事が標準機能になりました。折り畳んで見出し単位での並べ替えも可能です。

タブブラウザ

IMG_3005

今回からプレビューやヘルプドキュメント、コンソールに内蔵ブラウザ含め、全てタブブラウザでアクセスするようになりました。以前のパネル式もアクセスが容易で好きだったのですが、コンソールとか使わない人は全く使わないので良い変更だと思います。

その他内蔵ブラウザ関連では共有メニューや、1Passwordに対応しています。

プレビューのテーマ切替・作成

IMG_3018

テーマを作成して切り替えられるようになりました。Documents直下に.PreviewThemesという不可視フォルダがあり、そこにHTML形式のテーマがあります。プレビュータブのプルダウンメニューからアクセスして編集可能です。新規作成も可能。

IMG_3003

また、編集画面含め、プレビューはCriticMarkupに対応しています。結構使い勝手が良いので、それ用のWorkflowを作ろうかと思ったらもうあった。

TaskPaperモードでタスクにチェックボックスが付いた

IMG_3019

タスクの頭にチェックボックスが付きました。これまでのスワイプ形式は非常に使いにくかったので良い変更です。これまでと同じように@doneタグがフラグになっています。

内蔵ブラウザで開くURLスキーム

内蔵ブラウザで開くURLスキームが追加されています。以下の2つ。頭にeditorial-を付けるだけです。

  • editorial-http
  • editorial-https

Workflow作成チュートリアル

IMG_3013

新規Workflowを作成する時にチュートリアルが見られるようになりました。選択したテキスト(未選択ならテキスト入力)をパラメータとしてURLを開くWorkflowを作成できます。これでウェブ検索が作れますね。

アクションの一覧から選択→条件分岐→アクションをドラッグして入れ替え→変数のエンコードオプション→URLを開く。という基本的な使い方を学習できるようになっています。ただ解説文は英語です。

同じく新規作成時にヘルプドキュメントを開くボタンも用意されています。

Workflowの編集画面を最小化

IMG_3020

最小化して文書の編集画面に復帰できるようになりました。最小化状態でもWorkflowを実行できるし、1タップでWorkflowの編集画面に戻れます。この変更はかなりありがたい。

メモを見ながらだったり、特定のフォーマットに合わせてWorkflowを作成したり、テキストを変更して都度テストしたりと、編集中に文書を見たくなる事は多々あります。これまでは一度編集画面を閉じて、文書を確認して、また編集中のWorkflowを探して開いて、とかなり面倒でした。

あとがき

待望のアップデートです。Pythonistaが先だと思っていたのでびっくり。色々な機能追加がありますが、とにかくiOS8で安定して使えるのが一番嬉しい。更新してから新機能を試したり、この記事をEditorialで書いているのですが、一度もアプリが落ちません。以前のバージョンなら確実に10回以上落ちて書く気を無くしていた事でしょう。

リリースからずっと日本語入力には難のあるアプリでしたが、このバージョンはそこも安定しています。

iPhoneでも内蔵ブラウザのユーザーエージェントが相変わらずiPad1だったりしますが、かなり使い勝手の良いテキストエディタアプリになったと思います。

EditorialはWorkflow: Powerful Automation Made Simpleと同じくアクションを組み合わせて一つのWorkflowを作成できます。込み入った事はPythonのコードを書かないといけませんが、ビルトインのアクションだけでもかなりの事ができますよ。Workflowは公式サイトでたくさん公開されています。このブログでもいくつか作ったものを公開しているのでご覧ください。


  1. Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 6_1 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Mobile/10B141 (Editorial)