Instapaper 2.2.4リリース – 新機能Pagination

Ip_224_01.png

Instapaperがアップデートしています。バージョンは2.2.4。今回からInstapaper ProはInstapaperと名前が変わりました。Instapaper Freeは変わらず。今回のアップデートはInstapaper(Pro)のみです。

新機能がちょっと面白いです。

Paginationとは

設定にPaginationが追加されています。オンにすると、チルトスクロールという本体を傾けてページをスクロールする機能と置き換わります。

Ip_224_02.jpg

未読アイテムを開いて、下部ツールバー真ん中のアイコンをタップするとPaginationが有効になります。
左にスワイプすると次のページ。右なら前のページに移動する。
または、画面右側をタップすると次のページ。左側をタップすると前のページに移動します。

Ip_224_03.jpg

Paginationが有効になっている時にスクロール操作をすると、Paginationをやめて通常のスクロール操作に戻すか確認が出てきます。

Ip_224_04.jpg

面白い機能ですね。チルトスクロールも疲れなくて好きですがこっちもいい。
Instapaperは読む事に焦点を当てて開発を続けていますね。Read It Laterとの方向性の違いが見えてきて面白いです。

今回の更新内容を以下に引用します。

バージョン 2.2.4 の新機能

  • Renamed “Instapaper Pro” to “Instapaper”. (Don’t worry, it’s still the pro app.)
  • Added swipe-left/swipe-right for page-turning (iOS 4 and iPad only) and improved page-turn performance.
  • Added optimizations for iOS 4 and iPhone 4. More are coming.
  • Fixed minor interface bugs related to the actions menu, the folder list, and zooming text.
  • Switched to OAuth for Twitter. You’ll need to log into Twitter in the app again.

“evil and flowers” (Bonnie Pink)


“FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500” (富士通)

如月日記’10 – 御無沙汰日記

feb10_d.jpg

ご無沙汰しておりました。Twitterでは日々独り言をツイートしていたので、生きてるなと確認された方がいらっしゃるかもしれません。
先月の中旬から出張していました。2,3日の予定がトラブルの為に約20日間に長引き、帰ってきてからも自宅に戻らず、全部で一ヶ月間家を空けていました。
現在はうまいこと代休が取れたので骨休めしています。年明けから慌ただしかった。

バタバタしている間にiPadが発表されましたね。発表はiPhoneのみでチェックしていました。ジョブズの登壇が嬉しかった。
所感はまとまったらその内ブログにアップしようかと思っています。何だか整理のつかない点が一つあるので。まあFlash絡みですが。ちなみに書いません。

トップの画像はiPad GUI PSDを使って作りました。iPhone GUI PSDを制作されたのと同じ方の作品です。Flashのプラグインアイコンが含まれていて笑った。

一ヶ月iPhoneだけで生活していました

題記の通り、出張先ではホテル住まいで、最初は2,3日の予定だったのでノートPCを持っていかなかった。
ホテルには無線LAN環境無し。LANケーブルはあったけど使い道が無い。滞在は伸びるばかり。イーモバの契約かMacBookの購入を何度か考えました。
元々テレビを見ない、ここ数年雑誌を読まなくなった。本を買おうにも徒歩圏内に書店が無い。となると3G回線でiPhoneを使うしか無い。
まあ早朝に出て夜遅くホテルに戻る生活なので、あまり自分の時間はありませんでしたが。

とにかく家でやっているような事ができればいいので、RSSリーダーとTwitterクライアントとウェブブラウザとメーラーとSkypeチャットと通話ができれば良かった。
となるとiPhoneのみで問題無いわけで、拍子抜けする程不便を感じなかった。
もちろん帰宅してみてMacで作業していると比べ物にならない効率でした。でも特別ストレスが溜まるような事は無かった。
強いて言えばSkypeで通話できない事ぐらいだろうか(今はfringで3G回線上でのSkype通話ができるようになりました)。

iPadの発表時はMobile Safariでmacwebcaster.comさんの同時通訳チャットを見ていました。Appleの公式サイトが更新されて、iPadの動画もiPhoneから見られた。問題無し。

RSSリーダーは相変わらずBylineを使い、Twitterクライアントも変わらずTwittelator Pro。ブラウザはMobile Safariを。メーラーは純正アプリともう一つ(全くおすすめしないので何かは書きません)を使っていました。SkypeはオリジナルのSkypeアプリ。

RSSリーダーはGoogle Readerを使っていて、iPhoneアプリでは読みたい記事にスターをつけるだけ。その場で読みたければ読める。共有とかこの時点ではしない。
Bylineは他のアプリと比べて機能的に見劣りしますが必要十分です。一年以上使っているので手に馴染んでいるというのもある。
今からRSSリーダーアプリを選ぶなら他のアプリにするでしょう。

インプットからアウトプットまでのフローはその内まとめたいと思っています。他のブログの記事を見て触発された。

他はiPhoneにいくつか映画を変換して入れていたし、読みかけの本もあって暇つぶしには事欠かなかった。
充電にはeneloopのバッテリーを。


“SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2AS” (三洋電機)

ただ、


“SANYO NEW eneloop スティックブースター USB出力専用ブースターセット(単3形2個セット) KBC-D1AS” (三洋電機)

出張中にこれが出て何ともいえない気持ちになりました。いいですねこれ。これ単体でeneloopの充電ができないのがネック。だからこその省スペース。日帰りや一泊ならこれで決まりでしょう。

iPhoneはアプリが豊富で良いです。アプリを探す事すら楽しい。
重度のネット依存症なので、今でも普通の携帯電話を使っていたら、ちょっと耐えられなかったかもしれない。

MotherAppに依頼していたアプリが審査で弾かれました

MotherAppに依頼していたアプリがApp Storeの審査に弾かれました。
MotherAppによると、ブログのアクセス数が関係しているとのことでしたが、他のMotherAppのブログアプリを見るとそうでも無かった。
何が問題だろうと考えて、すぐに思いついた。

feb10_01.png

赤丸の記事はJailbreak関連記事です。これに限らず過去記事にもたくさん。多分これが一番の問題なんだろうなと思いました。
そういえば半年ぐらい前まではほぼJailbreakネタメインのブログだったなと思い出した。

こんな記事も。
米Apple、JailbreakハッカーたちのApp Storeアカウントを一斉排除か | パソコン | マイコミジャーナル

仕方ないかなと思いました。考えたらわかりそうなものです。MotherAppには余計な仕事をさせてしまったと思います。ごめんなさい。

このMotherAppですが、ブログをiPhone等のモバイル向けアプリ化してくれるサービスです。手続きをするとこんなメールが届く。必要なものを提出するとApp Storeへサブミットして公開まで全部やってくれる。

以下はメールの一部引用。

このiPhoneブログアプリは、無料で広告バナーが付いています。広告システムが立ち上がりましたら、バナー表示にかかる収益はお客様と弊社にて配分致します。 広告を非表示に設定することも可能ですが、この場合は年1万円の手数料を頂戴しております。

広告バナー表示/非表示を選択してください。

お客様のアプリを生成するには下記が必要です;
1)57×57サイズのpngフォーマットのiPhoneアイコン
2)512×512サイズpngフォーマット画像(AppStore用)
3)320×460サイズのアプリ起動時pngフォーマット画像
4)お客様のブログのRSS
5)お客様のブログの説明文
6)ブログのタイトル(漢字五文字もしくはアルファベット10文字)
7)twitterとyoutubeアカウント(お持ちであれば)
8)他ブログのRSS(お持ちであれば)

よろしくお願い致します。

という感じ。ちなみに、

feb10_02.png

アイコンはこんなのでした。

このサービス。結局は一般向けとしては広告収入・手数料収入・宣伝目的で、本命は企業向けなのでしょう。それ自体は面白い試みだと思います。
俺が知りたかったのは、こうして個人のブログアプリが増える事で、何かが変わるのかという事でした。
超有名なブログではなく、普通のブログが次々アプリ化される事によって、何か新しい変化が起きないかなと期待していました。
どう変わるのか。上記した目的以外に何があるのか。いまいち想像が付かないので俺も参加してしまえと思いました。自分のアプリが公開されたら、それだけでも嬉しいし。

という、ちょっとした下心があったので当たり前の事に気付けなかった。

MotherAppのアプリはたくさん公開されているので、どんなものか確認したい方はMotherApp – App Storeからどうぞ。

あとがき

という事で、一ヶ月以上更新していない間はバタバタしていました。
代休はまだ続くのであと何度か更新したい。


“swingin’ street 4” (dorlis, dorlis × コトリンゴ, dorlis × chihiRo(JiLL-Decoy association), dorlis × 土岐麻子, dorlis × quasimode, dorlis × paris match, dorlis × Likkle Mai, dorlis × INO hidefumi, Likkle Mai)

dorlis – swingin’ street 4 – iTunes Store

最近のおすすめ。土岐麻子につられてiTunes Storeで購入。これは買って良かった。

WWDC09まとめ

WWDC09_01.jpg

WWDC09の興奮もすっかり治まったのでまとめたいと思います。
iPhone OS 3.0の時みたいに詳細に書いていたのですが、これではリリースに間に合わないなと考え直して簡易的なまとめに。

今回は大きく分けて4つの発表がありました。
MacBookの刷新。iPhone OS 3.0。Mac OS 10.6 Snow Leopard。そしてiPhone 3G S。
順番にまとめていこうと思います。

WWDC09_02.jpg

いきなりで驚いたのがこれ。ユニボディのMacBookはMacBook Proに統合されました。Airもスペックアップ。
これにより、MacBookはポリカーボネート仕様の1機種となり、逆転現象が発生。Proって何?と思ってしまった。

目玉はバッテリー品質の向上とSDカードリーダー搭載。それにFireWire 800の搭載でしょう。

iPhoneにも言えること。どれだけ素晴らしくてもすぐに電池切れしていては使えない。
今回のMacBook刷新でバッテリーが最大で8時間(17インチモデル)駆動。充電回数が1000回。1000回って凄いな。
バッテリーを内蔵することで着脱に必要なパーツを廃し省スペースを計り、空いたスペース分バッテリー自体のサイズを大きくして対応したとのこと。
バッテリーの保ちに関しても工夫がされているようです。

SDカードリーダー搭載。これどうなんだろう。無駄では無いし、あれば嬉しいけど。
カメラで撮影したデータを取り込んでその場で手軽に編集したり共有したりする為のものらしい。
仕様を見てもSD cardスロットとしか書いてありませんがSDHC対応です。SDXCには非対応。

面白いのがSDカードからMac OSをブートできるということ。緊急用に用意しておくといいですね。
Boot Campで起動したWindowsでもSDカードリーダーが使用できるようです。

About the SD card slot in MacBook Pro (15-inch, 2.53GHz, Mid 2009), MacBook Pro (15-inch, Mid 2009), and MacBook Pro (13-inch, Mid 2009)

感想としては今更。でもブート可能であればかなり嬉しい。あって困るものでも無いし。

FireWire 800に関しては嬉しいですがもう必要無かったかなというのが印象。USBポートをもう1つ増やして欲しかった。

今回も友達とSkypeを繋いでわいわいやっていたのですが、そこで意見が一致した。
「MacBook Proは今回買いでは無い気がする」ということ。Late 2009かEarly 2010辺りでまた変更がありそう。欲しいと思った時が買い時ですけどね。
衝撃的なリリースだったユニボディMacBookがここまで早く刷新されるとは考えもしなかった。

以上目に付いた所をピックアップ。詳しくはアップル – ノートパソコン – MacBook Pro – 特長 – さらにたくさんのイノベーションを盛り込んだMacBook Pro。をどうぞ。

WWDC09_03.jpg

次はiPhone OS 3.0。来ましたよ。とうとう使える。6/18からDL可能です。
iPhoneは無料。touchはいつも通り9.95ドルなので日本では1200円になるんでしょうね。
以前書いた記事から大した変更は無いので、詳しくはiPhone 3G次世代機を買うぞ – iPhone OS 3.0激遅情報をご覧ください。

加えてgoodeggさんの記事が素晴らしいのでリンクしておきます。
iPhone OS 3.0とiPhone 3G Sのメモ。 – iPhone.goodegg.jp
iPhone OS 3.0に関するまとめ – iPhone.goodegg.jp

友人がGM版を使っているので少し触らせてもらいました。仕事で使っているのであまり使わせてもらえなかった。
なので以下少しメモ。

やはりコピペのUIが秀逸です。しかし意図しない所でコピペのバルーンが表示される事が多々ありました。ちょっと慣れが必要かもしれない。
Spotlightは日本語UIでは「検索」という名称になっています。検索対象を選択でき、優先度も変更可能。レスポンスが早かったです。
メモの同期がかなり便利(友人談)。
Shake to Shuffle操作は慣れがいるかも。傾けるんじゃなくて本当に振る感じ。思っていたよりしっかり振らないといけない。
iPodではシャッフル再生に使います。画面をスリープするとこの機能は動作しない。
ロック画面やホーム画面でホームボタンをダブルクリックした時とiPodを表示している時だけ。
iPod機能に関してShake to Shuffleを使う事はあまり無さそう。
この機能に関しては感度が悪いと言われそうな予感。機種にもよるのかな。試したのはtouch 2Gです。

残念なのがテザリング機能。日本では使えません。本当に残念。そろそろデータ通信定額プランが欲しいけどそんな帯域余ってないんだろうなあ。
JailbreakしてPdanetとか考えてしまう所ですが、iPhone 3G SでJailbreakする気は無いのでこれは諦めるしか無さそう。
その内対応してくれる事を願ってます。

あと変更点は紛失したiPhoneを探す機能とリモートワイプだろうか。遠隔操作の機能。
iPhoneをどこかに忘れてしまった時にMobileMe経由でiPhoneにメッセージを送信したり音声を再生する事ができる。
MobileMe側ではiPhoneが今どこにあるのかを地図表示してくれる(MobileMe側で設定が必要)。

リモートワイプはデータを遠隔消去して初期設定に戻す機能。

アップル – MobileMe – 新しい機能により、MobileMeはこれまで以上にiPhoneに欠かせない存在になります。

これはセキュリティ的にMobileMeでないといけないんでしょうね。あとはプッシュ機能も必要だからかな。
MobileMeはフリートライアルで利用していましたが、お世辞にも快適では無かったので考え物です。
利用している友人にメッセしてみたら「遅延はまだあるけど昔程じゃない」との事。
携帯電話を落とした事は無いし、とりあえずiPhone 3G Sを買ってから考えます。

WWDC09_04.jpg

次はMac OS X Snow Leopard。Leopardのブラッシュアップ版ともいえるOSです。

随所に高速化が計られ、DockからアプリごとのExposéができるようになったりStack内でフォルダを辿ったりと嬉しい新機能もあり。

アップル – Mac OS X Snow Leopard – ユーザーエクスペリエンスに、さらなる磨きを。
アップル – Mac OS X Snow Leopard – Enhancements and Refinements
これでアップグレードが29ドルだから驚きです。Keynoteでは新規129ドルから1が跳ねてどこかへ行ってしまう演出が受けていました。

iPhoneにばかり目が行ってしまいますが、こちらも楽しみにしています。

WWDC09_05.jpg

そして待ちかねた次世代iPhone。iPhone 3G Sです。
正直iPhone OS 3.0とiPhone 3G Sのメモ。 – iPhone.goodegg.jpこの記事以上に上手くまとめられる自信は無いので詳しくはgoodeggさんの記事を参照してください。
あとはやっぱり公式サイト。アップル – iPhone – iPhone 3G S 新機能のすべて
発売が近いので詳しいことは買ってからやろうと思います。もうそんな時期です。もうじきお目見えですよ。発売は秋予想だったので早い早い。

実の所、新機能の動画やボイスメモやデジタルコンパス等、俺はおそらく使いません。
マップアプリとコンパスの連携も機能を停止できたらいいなと思っています。方向音痴なので北が上じゃないと逆に迷ってしまう情けなさです。

iPhone 3Gを買わなかった理由は大きな所で3点ありました。コピペができないこと。プッシュメールに対応していなかった事。他社携帯との互換性。
コピペは解決。プッシュメールも解決。互換性(というかメールがPCメール扱いになっていた点)は既に解決している。
他にも不満な点を挙げたらいくつも出てきます。しかし、今回の一連の発表で、それらを無視してでも欲しいと感じました。
あとは割賦が残り3ヶ月なので、機種変更の頃合いだったのも大きいです。

すぐに手に入るといいけど、予約した方がいいんだろうか。米AT&Tでは初回出荷分の予約が終了したらしい。
そもそも予約なんて受け付けてるのかな。近い内にSoftBankショップに行かないと。

という事で私的まとめ。久しぶりに興奮したWWDCでした。