Editorial Workflow – 20のWorkflowの簡単な紹介

作成したワークフローがたくさんあるので、とりあえず簡単な説明と共に公開します。いつか詳しい説明を書きたい。

Editorial


カテゴリ: 仕事効率化
販売元: Ole Zorn
リリース日: 2013/08/15

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

Create New File

ファイルを新規作成します。

Source viewer

ウェブページからソースを取得してファイルを作成します。

MMD Table Generator

セパレータで区切ったテキストをMultiMarkdownのTableに変換します。

セル(セパレータ)セル
セル(セパレータ)セル

これがこうなる。

セル セル
セル セル

セパレータは設定可能です。初期値はタブになっており、Google スプレッドシート等からコピーしてきて貼り付け→範囲選択→ワークフロー実行でテーブルのできあがり。

Affix

任意のテキストを選択テキストの行ごとに前方・後方に追記します。

追記するテキストにはマクロが一つあり、{1}と書くと、1から始まる連番になります。開始する数字は変更可能です。

Dropbox Utility

以前公開したもののバージョンアップ版です。詳しくはEditorial Workflow – Dropbox Utilityをどうぞ。App key等もKeychainに保存するようにしました。

AppendNote

日別の追記型メモ帳を作成します。

Dropbox Utilityでアプリを認証してから使用してください。

Embed Image

画像をアップロードしてMarkdown形式の貼り付け用コードを取得します。Editorialは画像の貼り付け機能が無いので、このワークフローで補完しています。

Dropbox Utilityでアプリを認証してから使用してください。

Day One Webclip

ウェブページをMarkdown形式に変換してDay Oneに保存します。変換にはウェブサービスを利用しているので、サーバがダウンしている等、使えない事もあります。

Dropbox Utilityでアプリを認証してから使用してください。なお、このワークフローはDay OneをDropbox同期で使用している環境限定です。iCloudには対応していません。

Day One Entry

開いているファイルの内容をDay Oneに保存します。

Dropbox Utilityでアプリを認証してから使用してください。なお、このワークフローはDay OneをDropbox同期で使用している環境限定です。iCloudには対応していません。

Day One Photo Entry

Day Oneに画像付きエントリーを作成します。

Dropbox Utilityでアプリを認証してから使用してください。なお、このワークフローはDay OneをDropbox同期で使用している環境限定です。iCloudには対応していません。

Evernote Create Note

MarkdownファイルをHTMLに変換してノートを作成します。

以下のURLからログインしてデベロッパートークンを取得してください。

Evernote Search

Evernoteを検索してノートのURL(evernote://…)を取得します。コピーするかEvernoteアプリで開くか選択可能。

以下のURLからログインしてデベロッパートークンを取得してください。

Evernoteデベロッパトークンについて

デベロッパトークンの有効期限は1年間です。それ以降は再発行が必要になりますが、上記2つのワークフローには再発行処理がありません。

期限切れでエラーになる場合は、以下のワークフローでKeychainから期限切れのトークンを削除した後、トークンの再発行が可能です。

エラー処理はしっかり作るべきでした。

Pocket Authentication

Pocketのアプリを認証します。

以下のURLから新規アプリを作成(要ログイン)してコンシューマキーを取得してください。

  • Application Name: 適当な名前。簡単な名前だと重複で再入力になります
  • Application Description: アプリの説明。何でもいいです
  • Permissions: 3つともチェックを入れてください
  • Platforms: 使用するプラットフォームにチェックを入れてください

  • Pocket: Developer API

アプリを作成したら、使用するプラットフォームのコンシューマキーをコピーして、このワークフローを実行。Editorialで使うのでiPhoneかiPadのものです。

Add Pocket

URLをPocketに登録します。

Pocket Authenticationで認証してから使ってください。

Get Pocket items

Pocketの登録アイテムからリンクを作成します。

Pocket Authenticationで認証してから使ってください。

Workflow Launch URL

ワークフローの実行用URLを取得します。

TP Add task

TaskPaperドキュメントに新規タスクを追加します。追加するプロジェクトも指定可能。

Image Downloader

画像をダウンロードします。改行区切りの複数URLも一気にダウンロード。

Create link from URLs

URLからタイトルを取得して、各形式のリンクを生成します。URLは複数でも処理可能です。コピーまたは選択テキストと置換を選べます。

リンクの書き出し形式はワークフローの編集画面から設定できます。

Short URL decoder

短縮URLを展開してオリジナルのURLを取得します。URLは複数でも処理可能です。コピーまたは選択テキストと置換を選べます。

あとがき

このままだと公開しないと思ったのでまとめてみました。APIキー等、説明が必要なものもありますが、検索したら詳細に解説してくれるページがあるので丸投げします。

iOS8でも安定して使えるようになったEditorialですが、Keychainのマスターパスワードの入力の所でよく落ちたりと、まだいくつかバグがあります。Ver.1.3がいつリリースされるかはわかりませんが、また気長に待つことにします。

広告

Workflow Ver.1.1

What’s New in Workflow 1.1

Workflow: Powerful Automation Made Simple

バージョン: 1.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 300円(サイズ: 22.9MB)
販売元: DeskConnect, Inc.
リリース日: 2014/12/11

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

引用元:Workflow

New Features

  • Quickly run workflows from My Workflows by double tapping on them
  • Use the selected text from Safari as input to an action extension workflow
  • Actions to filter and get details of all the content on your device
  • Duplicate workflows to make your own versions
  • Create a custom home screen icon for your workflow using photos from your library
  • Now accessible for VoiceOver users
  • Added Apps section for easy discovery of actions that interact with your other apps
  • Added the ability to mark actions as favorites to quickly use them later
  • Improved the Workflow URL scheme — see documentation here
  • Improved overall responsiveness, speed, and launch time

その他かなりの数の追加・変更・修正があるので、詳しくはリンク先をどうぞ。紹介しきれないので、ざっと試して気に入った所をご紹介。

ダブルタップでワークフローを実行できるように

ワークフロー一覧からダブルタップで実行できるようになったようです。「ようです」というのは、上手く動かなかったから。ダブルタップしてもワークフローが開くだけ。連打してたら一回だけ実行できたのがなんとも。これができると楽で良いんですが。

Photo

Safariで選択したテキストを取得

前はGet Text from Inputを使わないといけなかったのかな。いまいち記憶が定かではありませんが。以下のように選択テキストを[Input]として使えるようになりました。

Photo

ワークフローの複製

ワークフロー一覧から編集、複製、削除操作ができるようになりました。個別の編集画面にも、共有メニューに複製ボタンが追加されています。

これができるとワークフローを作るのが楽になります。複製用のワークフローなんかもありますが、サーバにアップロードする必要がありました。

Photo

URLエンコード・デコード

待望の機能なんですが、一つ注意があります。

このエンコードはURIの予約文字をエンコードしません。JavaScriptで言う所のencodeURI()です。encodeURIComponent()ではありません。

Workflowで使うURLエンコードとしては予約文字までエンコードする方が使い道が多いと思うんですが、両方あるならともかく、なぜこっちだけなんだろうか。

Pocketアクション2種

新たにPocket用のアクションが追加されています。Pocketに追加と、Pocketの登録アイテムを取得するアクションの2つ。

試しに登録アイテムを取得してMarkdownリンクを作成するワークフローを作ってみました。検索やタグで絞り込めたり中々使えそう。

Dropbox上のファイルに追記

以前からあったアクションですが、バグ修正されて使えるようになりました。前は追記するファイルがDropboxのルートに無いとエラーになっていました。

Pythonistaスクリプトが実行できるように

これもバグ修正。URLを指定すれば前から使えていましたが、Run Scriptアクションでファイル名を指定して実行できるようになりました。

ただEditorialと違ってWorkflowに戻ってきてくれない。コードにコールバック機能を付けないといけないので、アップデート前と大差無し。Run Scriptの説明と動きが違うので、説明か挙動のどちらかがまだ間違っているようです。

短縮URLの展開

新たに追加されたExpand URLアクションで実行できるようになっています。これまではClean Links用のアクションが用意されていましたが、今回のアップデートで削除されています。

できるのは短縮URLの展開のみです。Clean Linksのようなutmトークンの削除機能はありません。

日付のフォーマットがカスタムできるように

これは嬉しい。

Photo

Day Oneエントリーを作成

Day Oneにエントリーを作成する専用アクションが追加されました。画像の添付もできます。アクションの組み合わせで以前からできましたが、簡単になったのは良いこと。

画像は[Input]に格納する必要があるので、テキストも書きたい場合は適当な変数を作って以下のようにすると写真+テキストのエントリーを作成できます。Take Photo→Edit Image→Create Day One Entryなんてやるのも良いですね。

TextTool連携

Transform Text with TextToolでTextToolと簡単に連携できるようになりました。URLエンコード(含予約文字)なんかはこれでやるのが一番早いかもしれません。

簡単なものはSplit Text→Repeat with Each→Combine Textなんかでできましたが、やっぱり専用アプリは楽で良いです。

登録済タイトルのワークフローをインポートする時の処理

置き換えるか名前を変更して登録するかを選べるようになっています。事故防止ですね。以前は問答無用で置き換えられてしまい、せっかく作ったワークフローが上書きされてしまいがっかりなんて事がありました。

Photo

あとがき

まだ挙動が微妙に不安定なのですが、前バージョンとは比べ物にならないほど快適です。作ったワークフローが増えてきたのでそろそろまとめページを作りたい。

Editorial Workflow – Day One Utility

以前作成したDay One用のMyScriptsスクリプトをEditorialに移植しました。以前より良くなったのはタグを複数指定できるようになった所です。

以前と変わらずDay OneをDropbox同期で使っている環境限定です。連携アプリにDraftsを使用します。事前にCreate Day One Entryアクションをインポートしておいてください。エントリーの保存場所を変更している場合はDrafts側で設定の変更が必要です。

Create Day One Entry

ファイルからDay Oneエントリーを作成します。ファイル名が見出しで、その後に本文が入ります。

Day One Webclip

URLからウェブクリップを作成します。

あとがき

これを書いている7/3現在Day Oneが無料セールをしているようです。おすすめなのでこの機会にぜひ。

Day One (日誌 / 日記) Ver.1.14.1
カテゴリ: ライフスタイル, 仕事効率化
現在の価格: 無料(サイズ: 25.5MB)

ワールドカップはベスト8が出揃い、昨日今日と試合はお休みです。夜ゆっくり寝られるのは良いもんですね。ベスト16は延長戦が多くて気が遠くなりました。

Day Oneを使わずにDraftsとMyScriptsでエントリーを作成する

先日のDay Oneにウェブページを保存するスクリプトの続き。

これコールバックが無くて自動化できないのが不満でした。どうにかならないものかと考えた案の1つが完成したので公開します。ゴリ押しです。

注: Day OneをDropbox同期で使っていることが前提です。

MyScriptsスクリプトCreate Day One Entry

まずはDraftsのアクションとMyScriptsスクリプトをインポートしてください。安直な命名で紛らわしくなりましたが、名前を意識して使うのは一つなので問題無いでしょう。

もしかするとパスが違うかもしれないのでDraftsアクションは確認してください。

使い方

  1. Draftsで好きなように文章を書く
  2. Create Day Oneアクションを実行
  3. MyScriptsが起動して処理後Draftsへ戻る
  4. DraftsでDropboxへアップロード

やることは1と2だけです。Day Oneアプリを起動するとDropboxからファイルをダウンロードしてエントリーが追加されます。

デフォルトでMemoというタグが付きます。変更するにはMyScriptsスクリプトを編集してください。tag="ここを書き換えます"。タグは1つです。複数の場合は色々追記する必要があるのでわかる方はどうぞ。

Day One Webclipと連携

先日のDay One Webclipも少し書き換えてこのスクリプトと連携できます。スクリプト内の、

  • dayone://post?entry=

これを、

  • myscripts://run?title=Create%20Day%20One%20Entry&text=

に書き換えるだけです。

Drafts – Quickly Capture Notes Ver.3.5.93
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 500円(サイズ: 10.6MB)

MyScripts Ver.2.5
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 400円(サイズ: 2.3MB)

Day One (日誌 / 日記) Ver.1.14
カテゴリ: ライフスタイル, 仕事効率化
現在の価格: 500円(サイズ: 24.4MB)

メモ:Day Oneの画像添付

Day Oneに添付した画像はエントリーのファイル名(UUID)と同じ名前が付けられる。工夫すればDay Oneを使わずに画像付きのエントリーも作成可能。

  1. MyScriptsでCreate Day One Entry実行
  2. Draftsでエントリーのアップロード。コールバックでPythonistaへ。予めUUIDをセットしておく
  3. Pythonistaでファイル名を変更して画像をアップロード
  4. Draftsへ戻る

やるならこんな感じだろうか。あんまり便利そうじゃないのでやりません。

あとがき

Draftsだけでやれないかと思いましたが、協定世界時(UTC)の取得と、ものによってはHTMLエンコードが必要になるので素直に他のアプリも使うことにしました。

やろうと思えばMarkdownプレビューを使ってDraftsだけで完了できます。後でInboxのゴミを削除するのが手間なので今回は却下しました。

Day Oneにウェブページを保存するMyScripts用スクリプト

タイトル通りDay Oneにウェブページを保存します。元ネタはこちら。ウェブサービスとDraftsを連携させてEvernoteにウェブページを保存するブックマークレット。

Save articles from the web on Evernote from iOS | Phillip Gruneich

リッチテキストを丸ごと保存してくれるわけではないんですけどね。ウェブページをMarkdown形式に変換してくれるHeck Yes Markdownを利用しています。

これをDay One用に書き換えたものがこちら。URLだけわかれば使えるようにMyScriptsスクリプトにしました。

使い方

URLをコピーしてスクリプトを実行するだけです。取得したMarkdownテキストがDay Oneへ送られてエントリーが作成されます。Day OneのCSSでそこそこの見栄えに。

Day Oneで共有してみた

Day Oneといえば先日のアップデートでエントリーのパブリッシュに対応しました。試しにやってみようということで、この記事とほぼ同内容のエントリーを共有しています。実はこれがやりたくて記事を書きました。

アカウントを作成したらエントリー左下のアイコンをタップしてパブリッシュボタンをタップするだけ。プレビュー機能とTwitter等への共有も指定できるようになっています。

同一ユーザーが共有した記事の一覧は、共有した本人にしかわからないようです。Posterous的な使い方は無理そう。とにかくサッと書いてパッと共有するものですねこれは。”dayone.me/”でTwitter検索すると出てきますが、まだ数は少ないようです。

あとがき

新たな動きにより今後も機能追加が期待されるDay Oneですが、今後はどうなるんでしょうね。動画とか撮れるようになったりして。今の所共有機能はiOS版のみです。

Day Oneがペーストボードからの画像添付に対応

今回のアップデートでペーストボードからの画像添付に対応しました。

Day One (日誌 / 日記)

バージョン: 1.14
カテゴリ: ライフスタイル, 仕事効率化
現在の価格: 500円(サイズ: 24.4MB)
販売元: Bloom Built, LLC
リリース日: 2011/03/02

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

やり方

ブラウザや写真アプリ等で画像をコピーしておきます。Day OneのメインメニューからカメラアイコンをタップするとメニューにPaste from Clipboardの項目があるのでタップするだけ。

IMG_0829

これだけではイマイチ使えない。URLスキームに専用のアクションが追加されたので、Launch Center Proで画像を選択してからDay Oneを起動して貼り付けまでを自動化します。

IMG_0828

画像の通りカメラやライブラリ等から選択できるようになっていますが、URLのattach=photoの部分を書き換えると、例えば一発でカメラを起動できたりします。

あとがき

Day Oneはエントリーの共有機能が追加されたり進化を続けていますね。コールバックに対応していないので自動化とはいきませんが、画像ログを作るのが楽になりました。

Launch Center Proを使ってDay Oneテンプレートを作成する

最近少し流行っているようなのでご紹介。Launch Center Proのリスト機能を使ってDay Oneのテンプレートを用意し、テーブル組み等のノートを簡単に作成する仕組みです。

多分ここが最初だと思いますが、飲んだコーヒーのログをDay Oneに貯める為のものです。順番に答えていくだけでログができあがり。少し書き換えてDrafts→Evernoteなんてやるのもいいかもしれません。送り先か元のアプリがMultiMarkdownに対応している必要があります。

こっちは飲んだビールのログ用。

こちらは日記やその他様々。

Launch Center Pro Ver.2.2.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 500円(サイズ: 18.2MB)

Day One (日誌 / 日記) Ver.1.12
カテゴリ: ライフスタイル, 仕事効率化
現在の価格: 500円(サイズ: 20.7MB)

PythonistaでMarkdown形式の表を作成する

これは便利。スペースの数で空セルも作れる

Pythonista Ver.1.4
カテゴリ: 仕事効率化, 教育
現在の価格: 700円(サイズ: 39.4MB)

あとがき

Launch Center Proのリスト機能が人気ですね。先日紹介したSafari Action Menu In Launch Center Proとか色んなアイデアが出てきています。