Drafts Ver.4.5.5 – 拡張キーからアクション実行

Draftsがアップデート。拡張キーボードからアクションを実行できる等、いくつかの機能追加・修正があります。

Drafts 4 – Quickly Capture Notes, Share Anywhere!

バージョン: 4.5.5
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 1200円(サイズ: 12.3MB)
販売元: Agile Tortoise
リリース日: 2014/10/15

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

引用元:App Store -Drafts 4 – Quickly Capture Notes, Share Anywhere!

バージョン 4.5.5 の新機能
#### Visit our blog for more detailed release notes: agiletortoise.com/blog

– [New] Apple Watch Complications! Keep up with your inbox from your watch face.
– [New] Apple Watch Glance with quick access to inbox information.
– [New] Keyboard command key types for toggling the visibility of the drafts and/or actions list and creating a new draft. Great for use in combination with external keyboard shortcuts.
– [Fix] Current cursor position could be lost if Drafts was sent to background.
– [Fix] Backup settings would not properly report error if Dropbox was not linked.
– [Change] Restore Google+ posting, which was temporarily disabled while working around upload issues.

Help & Support: info@agiletortoise.com
News and Tips: @draftsapp on Facebook and Twitter

Review and ratings are always appreciated!

拡張キーボードからアクション実行

拡張キーボード右端の鉛筆アイコン→+→Run Actionからアクションを追加。キートップのラベル名と、実行するアクション名。Voice Overは読み上げ用。キーボードショートカットは外部キーボード用です。

これで1タップでアクションを実行できるようになります。

拡張キーボードの追加コマンド

  • 新規ドラフト作成
  • ドラフト一覧を開く
  • アクション一覧を開く

が追加されました。これによりDrafts 3のような使い勝手に、なるのかわかりませんが。4でメニューを上部にまとめたのは何だったのかと思わなくもない。

その他

Apple Watch関連と不具合修正がされています。詳しくは公式サイトをどうぞ。

あとがき

拡張キーボードからアクション実行はリリース当初から欲しかった機能です。

Draftsはアクションと拡張キーそれぞれで使える関数が違うという仕様なので、まとめて一箇所で使えるようになったのは便利ですね。

例えば拡張キーでテンプレートを貼り付けて、本文を書いた後Evernoteに保存する。なんて事が画面遷移無くできるようになりました。カスタマイズ次第でEvernoteクラアイントにもなりますね。

アップデートを重ねるごとにごちゃごちゃしてきた感はありますが、シンプルにも複雑にも使えるのは相変わらずです。

Drafts Ver.4.3

Draftsがアップデート。フィルターの保存、Share extensionの追記機能等、いくつかの機能が追加されています。

Drafts 4 – Quickly Capture Notes, Share Anywhere!

バージョン: 4.3
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 1200円(サイズ: 11.6MB)
販売元: Agile Tortoise
リリース日: 2014/10/15

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

引用元:App Store -Drafts 4 – Quickly Capture Notes, Share Anywhere!

バージョン 4.3 の新機能
#### Visit our blog for more detailed release notes: agiletortoise.com/blog

#### Saved Filters

The Inbox/Archive/Flagged tabs at the top of the drafts list can now be customized and additional saved filter tabs added to the list. Saved filters can be configured to show drafts from the inbox or archive, include or exclude flagged drafts, apply a sort order and have a text query string. You can add filters for common searches to have additional views of your drafts, or customize the existing ones – for example to exclude flagged drafts from the inbox list.

#### “Select All” and “Run Action” operations for multiple drafts

When using the “Select” and “Operations” options below the drafts list, there is now a “Select All” option to quickly select all drafts in the current tab, and a “Run Action” operation to apply an action to multiple drafts. “Select All” is particularly useful to quickly archive all drafts in the inbox, for example. The “Run Action” operation lets you quickly select multiple drafts and run an action on them. When selecting this operation, the action list will be shown to select the action to run. Some actions (such as ones that leave Drafts) are not supported for multiple selections and will be grayed out in the list.

#### Share extension can now Append/Prepend

The Drafts Share extension (used from the Share sheet in other apps) now supports appending and prepending to inbox drafts as well as capture of new drafts. To use these options in the share sheet, tap the “Append” or “Prepend” buttons at the bottom of the window and select the draft to add the text to.

#### Other Changes

– [New] Sort by Text option in the draft list.
– [Change] Update TextExpander SDK 3.5, to work with the latest and greatest from the good folks at Smile Software, including Javascript snippets.
– [Fix] If newer version of currently edited draft comes in from sync, the “Discard” option might fail.
– [Fix] Flashing issue reseting draft list scroll view.
– [Fix] Possible crash saving command key.
– [New] Added “Email support” and “Mailing List” options in settings.
– [Fix] Layout issue in keyboard shortcut assignments.
– [Fix] When changing action groups directly via the new “groups” button, only the first change would take effect.
– [Change] /inbox, /archive, /flagged URLs deprecated
– [New] /drafts?filter=Name&query= URL to navigate directly to a filter in the drafts list.

Help & Support: info@agiletortoise.com
News and Tips: @draftsapp on Facebook and Twitter

Review and ratings are always appreciated!

フィルターが保存できるように

これまでドラフト一覧のタブはInbox、Archive、FlaggedとAllの4つでしたが、今回から検索結果をタブとして保存できるようになりました。同時に既存のタブを削除できるようになっています。

これにより柔軟にリストが作成できるようになります。作成・更新日時も検索条件にできるといいな。

ドラフトを選択してアクションを実行

こちらもドラフト一覧から。ドラフトを選択してOperationsメニューからアクションを実行できるようになりました。複数のドラフトを選択して一気に処理できるのはかなり便利です。

非対応アクションはグレーアウトされて実行できないようになっています。例えばドラフトを複数選択した時に[[selection]]は取得できないので非対応です。取得できない場合は全文を取得するので使えても良い気がしますが。

Share extensionから特定のドラフトに追記

DraftsはShare extension機能を使って、Safari等他のアプリから取得したテキストをドラフトとして保存できますが、今回からは既存のドラフトに追記できるようになりました。

Prepend(前方)、Append(後方)追記を選択すると、追記するドラフトを一覧から選択できます。アーカイブ済みのドラフトは一覧に表示されません。

アーカイブ&フラッグでフィルタリングしていた人は、今後フィルターを保存して新たにタブを作った方が良さそうですね。Inboxの設定をNot Flaggedにして、アーカイブしなくてもフィルタリングできるようにするとか。

URLのアクション変更・追加

ドラフト一覧のタブが変更できるようになった事で、これまであったInbox、Archive、Flaggedアクションが削除されました。今回からはdraftsアクションが追加されて以下のようになります。{}内は要エンコード。

  • drafts4://x-callback-url/drafts?filter={フィルター名}&query={検索語}

既存のInbox、Archive、Flaggedアクションを使うとアラートが表示されるのですが、注意文言が間違っているようです。navigateアクションの名前が出てきますが、存在しないアクションなのでアクセスしても動作しません。

TextExpanderのJavaScriptスニペットに対応

変更点は他にもありますが、このバージョンではTextExpander SDK 3.5に対応してJavaScriptスニペットが使えるようになっています。

あとがき

下書きアプリというより、Drafts単体でメモアプリとしても十分に使えるようになった感じです。Share extensionからの追記は嬉しい機能追加でした。

Drafts Ver.4.2.1 – 拡張キーからアクション実行

Draftsがアップデート。拡張キーボードからアクションを実行できるようになりました。その他機能追加があります。

Drafts 4 – Quickly Capture Notes, Share Anywhere!

バージョン: 4.2.1
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 1200円(サイズ: 11.1MB)
販売元: Agile Tortoise
リリース日: 2014/10/15

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

引用元:App Store -Drafts 4 – Quickly Capture Notes, Share Anywhere!

バージョン 4.2.1 の新機能
#### Visit our blog for more detailed release notes: agiletortoise.com/blog

#### The Big Stuff

– [New] New in 4.2: Apple Watch Support.
– [New] “Run Action” keyboard key type. You can now create keys on the enhanced keyboard row which fire actions from the action list.
– [New] Enhanced keyboard keys can now be marked as hidden and will not be shown in the keyboard row (Why? See next new item).
– [New] Enhanced keyboard keys can now have keyboard shortcuts for use with external Bluetooth keyboards. These can be any combination of Shift-Control-Option-Command and a key and will trigger the key’s function. Keys that are marked hidden can still have their keyboard shortcut available.
– [Changes] Significant VoiceOver improvements for working with drafts and action lists and in the Apple Watch app. These now rely on custom actions, not funky adjustable traits. Feedback is welcome.
– [New] “draft.processTemplate(template)” function in script action steps. This allows you to evaluate a drafts template (including all tags, fenced TextExpander snippets, etc.) just as it would be in a normal action step. Example: draft.processTemplate(“[[date]] – [[title]]”);
– [New] New “Groups” button to more easily edit group assignments for actions. Appears next to “duplicate” button if you swipe to right on action in list. Jumps directly to group assignments without the need for tapping through the edit screens.
– [Change] Improved action step descriptions in an actions list of steps for many types of steps. So, in the list of action steps when editing an action, a Dropbox step will now say “append, Path: /, File: test.txt”, as an example.

#### Other Changes

– [Fix] Some actions which used popovers (like Share on iPad) called from URL could be unreliable.
– [Change] Remove emoji option from Watch app capture to get to direct to dictation.
– [Change] Adjust size of iPad popover for selecting action step types when adding to an action.
– [Fix] In “Social” syntax highlighting incorrect underlines could appear.
– [Change] Remove “Inbox zero” message from Today widget, just compact the widget height if it’s empty.
– [Change] Flip directions of tab swipes at buttom of drafts/actions lists.
– [Fix] Set accessed time when importing drafts captured from Share extension.
– [Fix] Possible crash generating inbox summary with certain data sets.
– [Change] Improve background handling for Watch app.

Help & Support: info@agiletortoise.com
News and Tips: @draftsapp on Facebook and Twitter

Reviews and ratings are always appreciated!

拡張キーからアクションを実行できるように

Photo

拡張キーの作成メニューにRun Actionが追加されています。ラベルとアクションの名前だけ入力すれば拡張キーからアクションを実行できます。

拡張キーからのアクション実行は1Writerにもある機能で、中々便利に使えます。

拡張キーの表示・非表示を切り替えられるように

拡張キーの設定にVISIBILITYが追加されています。Hide Keyのトグルをオンにすると拡張キーボードからキーが非表示になります。

外部キーボード用のショートカット

単純に使わないけど残しておきたいものを非表示にしておくだけでなく、ショートカットを設定して外部キーボードでのみ使用することもできます。

iOSデバイスのキーボードを使う時はアクション一覧から実行。外部キーボードを使う時はショートカットから。使い方を切り替えられますね。

拡張キーの使い方は公式のスクリーンキャストがあるのでご覧ください。

アクションのグループ設定をより簡単に

Photo

アクションのスワイプメニューからグループ設定ができるようになりました。なぜここまでグループ設定方法を増やすのかちょっとわかりませんが、要望が多かったんですかね。

アクションのScriptにprocessTemplate()を追加

例えば以下のように使います。

tag = draft.processTemplate("[[date]] - [[title]]");
draft.defineTag("template", tag);

日付 – タイトルを含んだtemplateタグを作成しています。Draftsタグだけでなく、TextExpanderスニペットも使えます。<>で囲む。

タグを一つにまとめて使い回しやすくする関数だと考えたらいいのではないかと。使わなくても同様のことはできます。

大して検証していませんが、型がよくわからず。commit()setClipboard()なんかにはエラーが出て使えません。型判定してalert()で表示させる事もできません。タグにセットして使えという事でしょう。ちなみにdefineTag()で定義したタグも同様にgetTag()で取得しても使えません。

Drafts Ver.4.2 – Apple Watch対応

Draftsがアップデート。Apple Watchに対応しました。その他機能追加があります。

Drafts 4 – Quickly Capture Notes, Share Anywhere!

バージョン: 4.2
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 1200円(サイズ: 13.4MB)
販売元: Agile Tortoise
リリース日: 2014/10/15

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

引用元:App Store -Drafts 4 – Quickly Capture Notes, Share Anywhere!

バージョン 4.2 の新機能
#### Visit our blog for more detailed release notes: agiletortoise.com/blog

#### Apple Watch App

New Apple Watch app with support for capturing text via dictation, browsing your inbox drafts, archiving, deleting and even appending/prepending drafts!

#### Other Changes

– [New] Swipe gestures in bottom/top areas of actions pane to switch action tabs.
– [New] Swipe gestures in bottom/top areas of drafts pane to switch between inbox/archive/flagged/all tabs.
– [Change] Remove “All” option for “Expand Text Expander snippets in actions” setting.
– [Fix] Typo in groups selection dialog on action import.
– [Fix] Update “from” address help text in email step configuration.
– [Fix] Exit link mode if a new drafts is selected.
– [Fix] Rework attribute assignment in syntax highlighting to avoid disabling post-dictation correction suggestions.
– [Fix] Possible crash importing an action with an invalid tintColor parameter.
– [Fix] If action groups were edited while editing an individual action, the tabs would not refresh until actions were hidden.

Help & Support: info@agiletortoise.com
News and Tips: @draftsapp on Facebook and Twitter

Review and ratings are always appreciated!

Apple Watchに対応

Inboxの閲覧や簡単な操作ができるようです。音声入力でドラフトに追記も可能。

スワイプでタブ切り替え

ドラフトやアクションの一覧で上下のツールバーを左右スワイプしてタブを切り替えられるようになりました。以前のDraftsにもあった機能ですね。

TextExpanderの設定からAllを削除

アクション内でTextExpanderスニペットを展開する設定に以前はいくつかオプションがありました。展開しないNoneと、スニペットを<<>>で括るFencedと、全文からスニペットを検索して展開するAll。今回からはFencedに統一され、設定自体が無くなっています。

Allは重くて使い物にならなかったので特に気にならない変更ですが、使っていた人はアクションの変更が必要でしょう。

不具合修正

その他いくつかの不具合が修正されています。

リンクモード(左下のクリップアイコン)のまま新規ドラフトを作成した時にリンクモードが解除されない不具合は結構前からありましたね。

あとがき

使っているアプリが続々とApple Watchに対応していきます。iPhoneのSiriで検索している人はたまーに見かけますが、今後は街中で時計に話しかける人が出てくるのでしょう。未来感ありますね。

Drafts Ver.4.1.2 – Run Workflowアクション追加

Drafts 4 – Quickly Capture Notes, Share Anywhere!

バージョン: 4.1.2
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 1000円(サイズ: 13.2MB)
販売元: Agile Tortoise
リリース日: 2014/10/15

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

引用元:App Store -Drafts 4 – Quickly Capture Notes, Share Anywhere!

バージョン 4.1.2 の新機能
#### Visit our blog for more detailed release notes: agiletortoise.com/blog

– [New] “Run Workflow” action step. Provides easy integration with Workflow app from Desk Connect. This step makes it easy to fire an workflow in Workflow app with a single tap. The action step can be configured with the name of a workflow, has a template to construct the text sent to the workflow and optional flag for whether to return to Drafts after execution. Under the hood, Drafts is constructing x-callback-url URLs to trigger the workflow, but this makes it much easier for the novice user than constructing them yourself in Open URL action steps.
– [New] When importing an action, ask to assign it to an action group, up to the first six action groups defined.
– [Fix] Fix ordering of command options in command key configuration.
– [Fix] Pinch zoom on HTML Preview could show through to view behind.
– [Fix] Modifications to background sync to squash a relatively harmless but annoying crash log.
– [Change] Add more UTIs to document type registry.
– Misc. minor fixes and tweaks.

Help & Support: info@agiletortoise.com
News and Tips: @draftsapp on Facebook and Twitter

Review and ratings are always appreciated!

Run Workflowアクション追加

Workflow: Powerful Automation Made Simpleのワークフローを実行するアクション。これまでもURLを書けば使えましたが、今回から専用のアクションが追加されました。このアクション項目はアクションの最後でしか実行できません。

ワークフロータイトルと、フローの終了後にDraftsに戻ってくるかのトグル。Input TEMPLATEはワークフローに渡すテキストの指定です。デフォルトは全文を渡す[[draft]]。Promptアクションを使えば実行するワークフローの選択ができますね。

Photo

また、Workflowアプリ側でもAdd to Draftsという項目が追加されています。

注意:旧Draftsと現行のDrafts 4を両方インストールしている環境ではこの項目が表示されないかもしれません。俺の環境では旧版を削除しないと表示されませんでした。

アクションのインポート時に追加するグループを選べるように

アクションをインポートする時に最初から追加するグループを選べるようになりました。以前は追加してからアクションの設定を開いてグループを指定しないといけなかった。

Photo

iCloud Drive/Social Sharing Dialogアクション追加

それぞれiCloud Driveにファイルを作成・追記/iOS純正のSNS共有ダイアログにテキストを送るアクションです。

Photo

あとがき

その他不具合修正です。主な変更点はWorkflow連携ですね。もうSafari Extentionからアクションを実行できるようになればいいのに。

[Link] 2015-03-02

One Tap Less | Taming the Prompt on Drafts 4.1.1

DraftsのPromptアクションの解説。英語ですが、画像だけでもかなりわかりやすいです。

One Tap Less | Aware of my Addiction with Tally 2.0.1

上と同じブログから。たばこを吸った本数をTallyでカウントして、日毎の本数を記録するワークフローを作っています。Tallyの活用例を初めて見た気がします。なるほどこう使えば十分役立ちますね。ウィジェットからカウント取れるし楽で良い。

タバコ吸わないのでコーヒーを飲んだ杯数でも記録してみようか。Tallyで数を取得して、IFTTT経由で日付と共にGoogle Docsのスプレッドシートに追記するとか。iWorkspaceでやっている日次処理に追加すればストレスにもならない、かもしれない。まあルーチンワークを記録するアプリは他にたくさんありますが。

iOS status bar cleaning one year later – All this

このブログでもよく使っているステータスバーを任意の画像に置き換えるPythonスクリプトがPythonista用モジュールになっていました。ルートやsite-packagesフォルダにCleanbar.pyとして保存すれば使えます。

最近よく使う処理をまとめた自分用モジュールを作り始めました。作りかけですがこんなの。使うかどうかわかりませんが、中々楽しい。

アプリ

domo ToDo2 (ToDo & カレンダー) Ver.1.0.0
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 100円(サイズ: 2.5MB)

カレンダー上でスケジュールとして管理するTodoアプリ、domo todoのリニューアル版。カレンダーと同期するものであって、iOSリマインダーとは連携しないアプリなので注意してください。

これを書いている現在リリースセール中です。昔愛用していたアプリなので懐かしくなってすぐに購入しました。

Photo

Twitterを見る限り、どうやら最小構成のリリースのようで、今後機能を追加していくとのことです。正直な話、DAYLINEやdomo Cueなんかはすぐに更新が止まってしまったので信用できません。が、期待はしています。何だかんだでこの人のアプリは使いやすいんですよ。

Drafts Ver.4.4.1 – Prompt action, Multi Markdown対応等

Drafts 4 – Quickly Capture Notes, Share Anywhere!

バージョン: 4.1.1
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 1000円(サイズ: 13.2MB)
販売元: Agile Tortoise
リリース日: 2014/10/15

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

Draftsがアップデート。たくさんの機能追加と修正があります。

マニアックな使い方をしている人にとって嬉しいのはPromptアクションの追加と、Scriptアクションを複数使えるようになったことでしょう。Multi Markdown対応やHTMLエスケープ等、今回は一歩踏み込んだ機能追加が多いです。

Promptアクション追加

アクションにPromptが使えるようになりました。PromptのKeyの値がタグになります。値がPromptなら、タグは[[Prompt_text]]と[[Prompt_button]]の2つ。どちらもテキストをそのまま取得します。

サンプルでアクションを作りました。

最後に追加した項目-21

同じアクションが複数使えるようになった

Scriptで処理してPromptで選択してScriptでまた処理して出力、なんて事ができるようになりました。Scriptでプロンプトを出せるようにしてほしいものですが、Scriptだけに使うものでもないのでPromptアクションの追加自体は歓迎です。URLにセットするパラメータを変更できるので。

最後に追加した項目-22

ScriptにgetTag()関数追加

上記の機能追加に伴い、ScriptアクションにgetTag()関数が追加されています。既に追加されたタグの値を取得する関数です。

Scriptアクションにはその他いくつか追加があるので、詳しくは公式サイトをどうぞ。

Multi Markdown対応

Markdownでやれる事がかなり増えます。どこまで対応しているかは確認しきれていません。ネットからサンプル文書を持ってきて試した所、メタデータ、ID、定義リスト、テーブルのセル結合とキャプション、画像のサイズ指定等大体使えました。

他の文書を読み込んだりはできないようです。UUIDでドラフトが特定できるので使えるようになるといいな。Macで使っているMarked 2はこれができてかなり便利です。

URLのアクションにmarkdown追加

MarkdownをHTMLに変換するアクションです。プロセッサは設定に準拠しますが、processorパラメータで指定もできます。以下は例です。{}は要エンコード部分。

drafts://x-callback-url/markdown?text{Markdown text}&amp;processor=githubflavored&amp;retParam=text&amp;x-success={callback}

MarkdownのOLリストマーカーのオートコンプリートに対応

HTMLで言う所のOL要素はMarkdownだと以下のように記述します。別にずっと1.のままでも構いませんが、この頭の数字を自動でカウントアップして付けてくれるようになりました。

1. リスト1
2. リスト2
3. リスト3

OLというのは順序のあるリストという意味で、リストマーカーの数字は視覚的な情報以上の意味を持ちません。順序があるというだけで、1.なら一番目だとコンピュータが理解してくれるわけでは無いです。こんな書き方でも順序付きリストです。

3. リスト1
5. リスト2
1. リスト3

何が言いたいかというと、以下はバグではありません。融通が利かない感じではありますが。

最後に追加した項目-14

Pathアクション追加

Pathにポストするアクションです。テキストと、投稿の公開/非公開が選択できるようになっています。Path自体使った事が無いので詳細はわかりません。

あとがき

ざっと確認しただけなので見落としがあると思いますがVer.4.4.1はこんな感じ。リストから選択して処理を分岐する手段が欲しかったので、Promptの追加は嬉しかった。