Editorial Workflow – 20のWorkflowの簡単な紹介

作成したワークフローがたくさんあるので、とりあえず簡単な説明と共に公開します。いつか詳しい説明を書きたい。

Editorial


カテゴリ: 仕事効率化
販売元: Ole Zorn
リリース日: 2013/08/15

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

Create New File

ファイルを新規作成します。

Source viewer

ウェブページからソースを取得してファイルを作成します。

MMD Table Generator

セパレータで区切ったテキストをMultiMarkdownのTableに変換します。

セル(セパレータ)セル
セル(セパレータ)セル

これがこうなる。

セル セル
セル セル

セパレータは設定可能です。初期値はタブになっており、Google スプレッドシート等からコピーしてきて貼り付け→範囲選択→ワークフロー実行でテーブルのできあがり。

Affix

任意のテキストを選択テキストの行ごとに前方・後方に追記します。

追記するテキストにはマクロが一つあり、{1}と書くと、1から始まる連番になります。開始する数字は変更可能です。

Dropbox Utility

以前公開したもののバージョンアップ版です。詳しくはEditorial Workflow – Dropbox Utilityをどうぞ。App key等もKeychainに保存するようにしました。

AppendNote

日別の追記型メモ帳を作成します。

Dropbox Utilityでアプリを認証してから使用してください。

Embed Image

画像をアップロードしてMarkdown形式の貼り付け用コードを取得します。Editorialは画像の貼り付け機能が無いので、このワークフローで補完しています。

Dropbox Utilityでアプリを認証してから使用してください。

Day One Webclip

ウェブページをMarkdown形式に変換してDay Oneに保存します。変換にはウェブサービスを利用しているので、サーバがダウンしている等、使えない事もあります。

Dropbox Utilityでアプリを認証してから使用してください。なお、このワークフローはDay OneをDropbox同期で使用している環境限定です。iCloudには対応していません。

Day One Entry

開いているファイルの内容をDay Oneに保存します。

Dropbox Utilityでアプリを認証してから使用してください。なお、このワークフローはDay OneをDropbox同期で使用している環境限定です。iCloudには対応していません。

Day One Photo Entry

Day Oneに画像付きエントリーを作成します。

Dropbox Utilityでアプリを認証してから使用してください。なお、このワークフローはDay OneをDropbox同期で使用している環境限定です。iCloudには対応していません。

Evernote Create Note

MarkdownファイルをHTMLに変換してノートを作成します。

以下のURLからログインしてデベロッパートークンを取得してください。

Evernote Search

Evernoteを検索してノートのURL(evernote://…)を取得します。コピーするかEvernoteアプリで開くか選択可能。

以下のURLからログインしてデベロッパートークンを取得してください。

Evernoteデベロッパトークンについて

デベロッパトークンの有効期限は1年間です。それ以降は再発行が必要になりますが、上記2つのワークフローには再発行処理がありません。

期限切れでエラーになる場合は、以下のワークフローでKeychainから期限切れのトークンを削除した後、トークンの再発行が可能です。

エラー処理はしっかり作るべきでした。

Pocket Authentication

Pocketのアプリを認証します。

以下のURLから新規アプリを作成(要ログイン)してコンシューマキーを取得してください。

  • Application Name: 適当な名前。簡単な名前だと重複で再入力になります
  • Application Description: アプリの説明。何でもいいです
  • Permissions: 3つともチェックを入れてください
  • Platforms: 使用するプラットフォームにチェックを入れてください

  • Pocket: Developer API

アプリを作成したら、使用するプラットフォームのコンシューマキーをコピーして、このワークフローを実行。Editorialで使うのでiPhoneかiPadのものです。

Add Pocket

URLをPocketに登録します。

Pocket Authenticationで認証してから使ってください。

Get Pocket items

Pocketの登録アイテムからリンクを作成します。

Pocket Authenticationで認証してから使ってください。

Workflow Launch URL

ワークフローの実行用URLを取得します。

TP Add task

TaskPaperドキュメントに新規タスクを追加します。追加するプロジェクトも指定可能。

Image Downloader

画像をダウンロードします。改行区切りの複数URLも一気にダウンロード。

Create link from URLs

URLからタイトルを取得して、各形式のリンクを生成します。URLは複数でも処理可能です。コピーまたは選択テキストと置換を選べます。

リンクの書き出し形式はワークフローの編集画面から設定できます。

Short URL decoder

短縮URLを展開してオリジナルのURLを取得します。URLは複数でも処理可能です。コピーまたは選択テキストと置換を選べます。

あとがき

このままだと公開しないと思ったのでまとめてみました。APIキー等、説明が必要なものもありますが、検索したら詳細に解説してくれるページがあるので丸投げします。

iOS8でも安定して使えるようになったEditorialですが、Keychainのマスターパスワードの入力の所でよく落ちたりと、まだいくつかバグがあります。Ver.1.3がいつリリースされるかはわかりませんが、また気長に待つことにします。

広告

Editorial Workflow – Dropbox Utility

EditorialのWorkflowです。Dropboxアプリの認証、ファイルのアップロード、認証の解除をするカスタムアクションのセットです。

2015-07-02追記

トークンをKeychainへ保存するように変更してアップデートしました。以前のバージョンを使用している方は再認証が必要です。

Keychainのマスターパスワード設定をおすすめします。

インストール

使い方

IMG_3075

カスタムアクションが3つあるので、使うものを1つだけStopアクションの上に並び替えて実行してください。

Dropbox Authentication

Dropboxアプリを認証します。App Console – Dropboxでアプリを作成してApp keyとApp secretを取得してください。アクセスタイプはFull Dropboxの方が好きなフォルダにアクセスできて良いでしょう。

IMG_3065

取得したKeyとSecretを入力。設定したアクセスタイプを選択してから実行します。

IMG_3068

確認ダイアログが表示されるので、OKをタップするとコンソールが開きます。

IMG_3071

内蔵ブラウザに認証ページが開かれているので、ログインしてアプリを認証してください。認証が完了したらコンソールに戻り、何も入力せずにEnterを2回タップします。認証完了と表示されたら完了です。

Dropbox Deauthentication

認証を解除します。

Dropbox Upload Sample

IMG_3073

開いているテキストファイルをアップロードします。アップロード先のフォルダを指定してから実行してください。未入力の場合はルートフォルダの直下に保存します。

参考

このWorkflowは以下の記事を参考にしています。参考というか、これをベースに書き換えただけです。

他のWorkflowは以下にまとめてあります。

あとがき

他のアプリを介せば親切なUIで簡単にできる事ですが、Editorial一つで完結するならこっちの方がいいかなと。これならテキスト以外のファイルもアップロードできます。

Dropbox上のファイルをダウンロードするならこのWorkflowがおすすめです。

リマインダーの完了履歴をDropboxに保存する

IFTTTネタです。iOSリマインダーでチェックを付けたアイテムをIFTTT経由でDropbox上のファイルに追記。完了したアイテムをListacularで閲覧できるようにしました。あとはTaskPaperでも処理できるようにタグをいくつか。

必要なアプリ、サービス

閲覧するアプリはテキストファイルが開けたら何でもOKです。俺はiPhoneではListacular、MacではTaskPaperアプリを使います。

Listacular for Dropbox – Rapid notes, lists and to-do’s with plaintext Ver.1.10
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 5.2MB)

TaskPaper Ver.2.3.2
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 1000円(サイズ: 1.2MB)

設定

IFTTTにレシピを登録するだけです。レシピを共有しようかと思いましたがフォーマットが人によって違いすぎるでしょうからやめました。俺は以下のように設定しています。ListacularもTaskPaperも使わない人はGoogleスプレッドシートに追記していくのもいいかもしれません。

ifttt_rm2db

先頭を*にしたのはListacularではリスト、TaskPaperではテキストと認識させる為です。お好みで変更してください。右端の+をクリックするといくつかの要素が用意されています。

これで設定は完了です。あとは普段通りにリマインダーを利用すれば、完了したアイテムが追記されていきます。ファイル名にはいくつかの要素が使えるのでリストごとにファイルを分けるのも良いですね。

あとがき

iOSリマインダーとDropboxを連携させる最近よく見るレシピです。このレシピも元々他の人がシェアしたものを書き換えただけだったりします。

IFTTTはiOSアプリが出て自由度が格段に上がりました。ログを残す為のツールの1つとして考えるとこういうことができます。同じようにDropboxにログを貯めて、ローカルでスクリプトを走らせて一日分にまとめる。

また何か思いついたら書こうと思います。

EverClipperがステータスバーの切り抜きに最適

EverClipperとは

EverClipperは写真を簡単にリサイズ&切り抜きしてEvernoteへ送信するiOSアプリ。

EverClipper 2.3(無料)

EverClipper 2.3
仕事効率化
価格: 無料
2011/01/03

基本的な使い方は公式サイトで説明されています。

モブログ用途に便利な理由

EverClipperはリサイズ・切り抜き共にプリセットを作成できます。何より良いのは、アスペクト比を保持したままリサイズできる所。数値決め打ちでこれができるアプリを他に知りません(スライダ調節ならある)。

everc_01

そして数値決め打ちで切り抜きができて、選択範囲をドラッグするのが簡単。

everc_02

そしてダブルタップで確定。これだけ。画像の端で止まってくれる。上下左右にはみ出さないよう神経を使わなくても大丈夫。

ささっと切り抜いてリサイズしてエクスポート。すごくスムーズです。

メールからDropboxへアップロード

作成した画像はメールに添付できます。設定に送信先アドレスを入力しておける。

everc_03

ここにDropboxにアップロードする専用のメールアドレスを入れておきます。使うのはメールでDropboxへアップロードするSend to Dropboxというサービスです。

Send to Dropboxの登録手順を簡単に説明します。まずはSend to Dropboxへアクセス。Connect to Dropboxをクリック。

everc_04

Dropboxの認証ページが開くのでログインして認証します。

everc_05

認証が済むとSend to Dropboxに戻ってきます。上の方に専用のメールアドレスが表示されているのでコピーしてEverClipper設定のメールの初期値に貼り付けます。

everc_06

これで作成した画像をメールでDropboxにアップロードする事ができます。Evernoteの転送量が気になる人はこちらを使うといいでしょう。Attachmentsというフォルダにアップロードされます。

補足

こういう用途で使わない人には何だか面倒くさいアプリに見える説明になってしまいました。普通にドラッグして範囲選択ももちろんできます。

everc_07

リサイズは最初からプリセットが用意されていて、10%単位で縮小できるようになっている。画像の回転もできるし、Evernoteの送信先ノートブックとタグも設定できます。
簡単に加工してEvernoteへ送る便利なアプリです。

無料版は広告が表示されます。アプリ内購入で広告を削除できる。最初から広告の表示されない有料版(EverClipper Plus)と機能は同じ。

あとがき

以前こんな記事を書きました。

書いてから約1年、やっと見つかりましたよ!
実際はもっと前に見つけたけど書いてませんでした…

WriteRoomがDropbox同期に対応した

WriteRoom 3.0(¥600)

WriteRoom 3.0
仕事効率化
価格: ¥600
2008/09/08

App Store黎明期には最高のメモアプリと評されていたWriteRoomがメジャーアップデート。Ver.3からDropbox同期に対応しました。

同開発元のPlainTextの上位版といえる内容になっています。

PlainText – Dropbox text editing 1.5(無料)

PlainText – Dropbox text editing 1.5
仕事効率化
価格: 無料
2010/09/28

以前はSimpletext.wsと同期していました。Simpletext.wsはGoogleアカウントでログイン・ウェブから編集できる便利なWebアプリです。

Dropboxを使うようになってからは使わなくなっていました。

同開発元のTaskPaperをSimpletext.ws経由でWriteRoomと連携させている人がいると思いますが、TaskPaperのアップデートはまだありませんね。
公式サイトのFAQを見ると次のバージョンで対応すると明記されているのでアップデートを待ちましょう。

Dropbox同期対応メモアプリ比較に追加しました。

詳しくはDropbox同期対応メモアプリを詳細に比較してみたをどうぞ。

Dropbox同期に対応したメモ・エディタアプリの機能を比較して自分に合うのを探そうという記事です。

Dropbox同期対応メモアプリを詳細に比較してみた

自分に一番合うのはどれなのか

Dropboxと同期できるメモ・エディタアプリがApp Storeにはたくさんあります。気楽に試そうにも大体有料だし、どれがいいのかよくわからない。

俺はそもそも、見た目は置いておいて、どんな機能があれば満足なのか。漠然とした理想のアプリ像はあるのですが、今回はっきりさせる為に項目を書き出してみました。思いつくままに44項目。

手持ちの9種類のアプリをそれぞれ項目にあてはめて比較してみました。

機能比較

今後も増えていくと思うので、Googleドキュメントにまとめています。今回このリンク先がメインです。
Dropbox同期対応メモアプリ比較

2011-07-11
公開
2011-07-13
  • 一部修正
  • WriteRoom追加

Essayについては現在App Storeで公開されておらず、おそらく開発が停止しているものと思われます。ただとても良いアプリだと思うので入れておきました。復活希望。

それぞれの特色

機械的に比較するだけでは見えてこない、それぞれのアプリの特色もまとめました。どれも似たようなアプリに見えて違うものです。

注:以下このブログにしてはかなり辛口です。

Nebulous Notes (for Dropbox) 4.3.4(¥350)

Nebulous Notes (for Dropbox) 4.3.4
仕事効率化
価格: ¥350
2010/08/09

Nebulous Notes Lite 4.3.4(無料)

Nebulous Notes Lite 4.3.4
仕事効率化
価格: 無料
2010/09/26

特色

なんといってもコマンドとマクロ。iPhoneのソースコードエディタならこれで決まりです。TextExpanderでもできない選択範囲への適用が可能。

表示設定をテーマとして3つまで保存できるので、編集するファイルによってテーマを切り替えたりと柔軟にカスタマイズできる。

難点は設定やUIが独特で最初は理解するのに苦労しそうな所。マクロの概念はプログラムの知識がある人にしかわからないかもしれない。ある程度知識のある人向けです。

マクロバー(エクストラバー)はとても便利。でも設定でオンにしたら常に表示されるというのは邪魔。表示域が限られているので簡単に表示/非表示を切り替えられるようにしてほしい。

Textforce – Dropbox text editing 2.3(¥350)

Textforce – Dropbox text editing 2.3
仕事効率化
価格: ¥350
2010/10/23

特色

正規表現による検索・置換(通常の検索・置換ももちろん可能)。辞書検索。作者が日本人という事もあってATOK Padに対応している。

表示関連の設定のみをすぐに変更できるのもよく考えられている。

URLスキームに対応していて、好きなようにテキストを持ってこられる。

難点は設定やUIが独特で最初は理解するのに苦労しそうな所。一番の特色である検索・置換の入力エリアが小さい。等幅フォントが選択できない。

Textforce_find_replace.jpg

Droptext (A text editor for Dropbox) 1.2.1(¥115)

Droptext (A text editor for Dropbox) 1.2.1
仕事効率化
価格: ¥115
2010/07/07

特色

どのファイルを編集していても、別名で保存ができる。メモアプリとして最低限の機能はもっていて価格が安い。

難点としては自動保存がされない所。アプリが強制終了したら編集内容が失われる(使っていて落ちた事は無い)。機能がとても少ない所。これを書いている時点で半年ぐらいアップデートがされていない。

最大の欠点はオフラインで編集ができないこと。新規でファイルを作成しても保存ができない。

droptext_offline.jpg

Notesy for Dropbox 2.0.2(¥600)

Notesy for Dropbox 2.0.2
仕事効率化
価格: ¥600
2010/09/08

特色

編集画面で可変・等幅フォントを切り替えられる。設定もUIもわかりやすい。必要な機能は揃っていてバランスが良い。

難点は特に無いが、指定したフォルダ以外の階層に移動できない。

WriteUp – with Dropbox 1.3.1(¥350)

WriteUp – with Dropbox 1.3.1
仕事効率化
価格: ¥350
2011/04/06

特色

1ボタンでプレーンテキスト表示とMarkDownプレビューが切り替えられる。HTML形式でメールに貼りつけたりペーストボードにコピーできる。設定がシンプル。

誰にでもおすすめできるメモアプリだと思いました。迷ったらこれ。

難点は特に無いが、指定したフォルダ以外の階層に移動できない。

Note & Share 1.5.1(¥350)

Note & Share 1.5.1
仕事効率化
価格: ¥350
2010/09/21

特色

1タップで即共有できる。ササッと書いてアウトプットするのに適したメモアプリ。画像のアップロードやURLの短縮もできる。ATOK Padにも対応。

目的がはっきりしているアプリなので、難点は特に無し。iPhoneで長文を書く人は他にメモアプリを探したほうがストレスが無いです。

PlainText – Dropbox text editing 1.5(無料)

PlainText – Dropbox text editing 1.5
仕事効率化
価格: 無料
2010/09/28

特色

シンプルで邪魔なものが無い(キーボード表示中は広告が表示されない)。設定もUIもシンプル。それでいて必要な機能は備えている。

ずっと広告が表示されると謳われていましたが、実際に表示されるようになったのは最近の事。Twitterやブログを見ている限り愛用者は多い。アップデートも頻繁にされています。

広告はアプリ内購入で消せます。これを書いている現在は230円。

難点も特に無し。現在無料のDropbox同期対応のメモアプリならこれをおすすめします。

Elements – Dropbox Powered Text Editor 1.7.1(¥600)

Elements – Dropbox Powered Text Editor 1.7.1
仕事効率化
価格: ¥600
2010/08/17

特色

特筆すべき点は無いが設定やUIがスッキリとまとまっている。スクラッチパッドに一時的にメモを保存して使い回す事もできる。

難点はフルスクリーン表示・編集ができないのと、指定したフォルダ以外の階層に移動できない所。

一覧にファイル名しか表示されないので不便に思う人がいそう。

WriteRoom 3.0(¥600)

WriteRoom 3.0
仕事効率化
価格: ¥600
2008/09/08

特色

Ver.3からDropbox同期に対応。Simpletext.wsはどうしたんだというのは置いておいて、これは単純に考えてPlainTextの上位版で間違いない。

本文の行間を設定できるのが嬉しい。アプリの起動パスワードを設定できる。

設定もUIもシンプルなのはPlainTextと同じ。PlainTextを使っている人でWriteRoomを持っている人はこっちに切り替えた方がいい。持っておらず、PlainTextを使っている人は、アプリ内購入で広告を消すか上位版のWriteRoomを購入するか考えた方がいいと思う。

難点は指定したフォルダ以外の階層に移動できない所。

個人的なおすすめ

9種類挙げました。

簡単なコード書きやマークアップをするならコマンドやマクロの入力補助があるNebulous Notesをおすすめします。
ATOK Pad対応テキストエディタならTextforceを。この2つはDropbox内のどのフォルダにもアクセスできます。
込み入った事をせず単に文章を書くだけならWriteUpが最もバランスが良いです。値段も平均的。

物足りない所

セキュリティ設定

起動やDropboxアクセスにパスワードを設定できるものが少ない。今回諸事情で外したけど、書く(Write)というアプリ以外で起動パスワードが設定できるものが無かった。

日記絡みのアプリ(Awesome Noteとか)だとパスワード設定ができるものは珍しくない。必要な機能だと思っています。iOSデバイス自体でパスコードロックができるので要らない人もいるでしょうが。

MarkDown編集機能

EssayやNotebooksのようなMarkDown編集機能を持ったエディタが少ない所。記号を入力するのは面倒だし、あまりコードを意識するものでは無いので、Essayのようなリアルタイムで表示してくれる方式が良いと思う(長文だと重くなるけど)。

これだというのが中々出てきませんね。ウェブのブログエディタは大体これができるので親しみのある人は多いと思う。

リビジョン管理

リビジョン管理と書きましたが、SimplenoteやDraftPadが持っているヒストリー機能の事です。もちろん明示的にリビジョンを設定できてもいい。これがあると書き戻しができるのでとても便利。Droptextのように別名で保存できるアプリは他に見当たらないし、コピーして新たにファイルを作成して、というのも面倒です。

履歴・ブックマーク機能

Textforceのこの機能は素晴らしいと思いました。最近使ったファイルの一覧と、よく使うファイル(フォルダ)の一覧は欲しい。特にDropboxの全階層にアクセスできるアプリには必要な機能だと思います。