Workflow Ver.1.2 – Apple Watch対応他

Workflowがアップデート。Apple Watchに対応しました。その他追加機能があります。

Workflow: Powerful Automation Made Simple

バージョン: 1.2
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 400円(サイズ: 29.9MB)
販売元: DeskConnect, Inc.
リリース日: 2014/12/11

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

引用元:App Store -Workflow: Powerful Automation Made Simple

バージョン 1.2 の新機能
Workflow 1.2 introduces Workflow for Apple Watch, giving you the power of Workflow from your wrist!

Here are a few other changes we made:
• Added eight new actions, including Get Playlist, Post to Slack, Get Name of Emoji, and Generate QR Code
• Added AIFF option to Encode Media
• Added support for the Transit app to Show Directions
• Added sentence case to Change Case
• Improved Dropbox actions
• Fixed issues with Make Video from GIF
• Fixed making PDFs from files in Dropbox
• Fixed an issue with opening multiple URLs from the action extension on iOS 8.2+

See the full changelist at workflow.is/whatsnew. Syncing workflows between devices is coming soon!

Love Workflow? Write us an App Store review!

Have an idea? Something not working? Shoot us an email at support@workflow.is.

Looking for more workflows? Visit our subreddit community at workflow.is/community!

新規追加アクション

以下は新規で追加されたアクションです。

Get Playlist

音楽ライブラリのプレイリストを取得します。ホーム画面にアイコンを作成すれば1タップでプレイリスト再生できるようになりますね。

Generate QR Code

QRコードを作成します。誤り訂正能力を4段階から選べるようになっています。受け取れるのはテキストのみ。

誤り訂正についてはデンソーの記事をどうぞ。

Get Name of Emoji

絵文字の名前を取得します。日の丸ならRegional Indicator Symbol Letter Jという名前が取得できます。何に使うんでしょうかこれ。

Post to Slack

開発者向けのコミュニケーションツールSlack – Team Communicationに投稿します。

Add Due Reminder

Due 〜 リマインダー、タイマー、アラームにリマインダーを追加します。リピートまで設定できて中々便利そう。

Add 2Do Task

2Doにタスクを追加します。細かいオプションも網羅していて使いやすそうです。

Run Schemes Workflow

iPad専用の自動化ツールSchemes – the drag-and-drop URL builderのワークフローを実行します。余談ですがiPhone向けの連携アプリも近々リリースされるようで、どんなものなのかちょっと楽しみです。

Continue on iPhone

Apple Watch用のアクション。Apple Watchでワークフローを実行して続きはiPhoneで、みたいなものなのかな。ちなみにWorkflowのApple Watch専用ページができています。

機能追加・改善

以下は既存のアクションに機能追加したもの。

フローの種類がすぐに選べるようになった

Normalか、共有メニューから実行できるAction Extensionかを編集画面で選べるようになりました。以前は設定から切り替える必要があった。

Encode MediaのフォーマットにAIFF形式を追加

AIFF形式への変換が追加されました。Audio Onlyをオンにすると選択できます。Encode Mediaは再生速度を調節できたり色々便利。

Post to Instagramに動画投稿機能を追加

Select Photos等から動画を取得してInstagramへ投稿できるようになりました。

Change Caseにsentence case追加

センテンスごとに先頭の文字を大文字にできるようになりました。hal’s playgroundはHal’s Playgroundになります。

Get Details of Calendar Eventsの種類にorganizerを追加

カレンダーイベントの作成者を取得できるようになりました。

Append to Dropbox FileにPrependオプション追加

Dropbox上のファイルに前方追記できるようになりました。

Save to Dropboxに上書き確認機能を追加

Ask Where to SaveをオフにするとOverwrite If File Existsというオプションが表示されます。オンなら上書きします。

Get Files from Dropboxでファイルが見つからない場合のエラー出力を選択する機能を追加

Show Dropbox Pickerをオフにすると表示されます。Erorr If Not Foundをオンにするとエラーが表示されます。オフなら表示せず次の処理へ。出力結果によって分岐させたりできますね。

その他

いくつかの不具合があります。長いワークフローが途中で切れるのは直っていないようです。

あとがき

Apple Watchとの連携はちょっと想像が付きませんが、Continue on iPhoneは単にiPhoneで応答待ちするだけなのかな。これまでのアプリ連携からデバイス間の連携という選択肢も出来てもっと面白い事ができるようになるといいですね。まあ今の所Apple Watchを買う予定はありませんが。

[Link] 2015-01-22

Create Reminders for Due – without Due

Dueの編集画面をウェブで再現したもの。入力したリマインダーは実際にDueへ送ることができます。

Using Drafts with Evernote Guides – Agile Tortoise

Drafts 4のEvernote連携についての解説。公式サイトは度々こういう解説記事を公開していますね。IntroductionとAdvancedの2本立てです。手前味噌ですがこの記事もどうぞ。

Draftsを使ったWorkflowでのURLエンコードが出来なくなったので代わりにMyScriptsでエンコードさせることにした。 | 工学博士のLifelog Diary

試しにURLエンコードしてクリップボードにコピーするDraftsアクションを作って連携してみたら本当に失敗しました。Draftsのクリップボード更新タイミングが変わったっぽい。コールバック実行時にdraft.contentが取得できない等と同じような制限なのかな。意図的な変更でしょうし今後も使えない可能性が高そうですね。

記事ではMyScriptsでやっていますが、Launch Center Proがあればこっちの方が簡単です。

Workflowといえば注意したいのが一点。アクションメニューにあるコピーボタンや、他のアプリへのシェア機能はShare Workflowと同じものです。ワークフローの内容がサーバに送信され、共有用URLが生成されます。ID/PW等知られたくない内容が含まれる場合はご注意を。まあURLがわからないとアクセスできませんが。

サッカー

Arsenal complete Krystian Bielik deal | News Archive | News | Arsenal.com

アーセナルの今冬補強一人目は、ポーランドの17歳MFクリスティアン・ビエリク。数シーズン後の戦力としての獲得なんですかね。ポーランドの期待の若手として以前プレー動画を見た事があります。レギア・ワルシャワでは既にトップチームでプレーしていました。

セスクが出てきたのは17歳。ウィルシャーがバルセロナ戦で活躍したのは18歳。ルーニーがアーセナルの無敗記録を止めたのは16歳。リバプールのスターリングがトップチームでデビューしたのは17歳の頃です。ビエリクがトップチームでプレーするのもそう遠い話では無いのかもしれませんね。期待しています。

ベンゲル監督は今冬1人か2人の補強を明言しており、探しているのは守備の選手だそう。いくつか噂のある中でリーガエスパニョーラ、ビジャレアルのCBガブリエル・パウリスタが一番具体的ですかね。他にはカルバーリョやリード等もいます。既に否定したものも含め、今回の移籍市場も噂話には事欠きません。

[Link] 2015-01-15

本当に実現した(しそうな)映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーⅡ』の各種テクノロジー10個まとめ : ニューヨークの遊び方

バック・トゥ・ザ・フューチャー2の舞台が2015年なのは意外と知られた話。◯◯年後の未来を予想した話はジャンル問わずネット上にもたくさんありますが、未来の話として有名なのはこれとドラえもんでしょう。

この中で完全に現実の方が先を行っているのは8つ目の生体認証システムでしょうか。指紋、網膜、虹彩、手のひら静脈、指静脈と色々実用化されてきました。個人的に欲しいのは自動乾燥とアジャスト機能付きのジャケットです。あとお爺さんを逆さ吊りしていたドローンみたいなやつ。

アプリ

Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム

バージョン: 2.0
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 500円(サイズ: 18.4MB)
販売元: Phocus LLP
リリース日: 2010/09/15

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

メジャーバージョンアップ。デザインが一新されました。iOSリマインダーからのインポート機能も追加。他には有料アドオンでいくつかの新機能が追加されています。

アドオン購入でアンロックされる新機能は、45種類の通知音、自動スヌーズ、タイマーの一時停止・再開、Dropbox同期のバックグラウンド更新機能があります。特に欲しい機能ではありませんが、アップデート記念にアンロックしました。

使ってみた所、上部の検索&新規作成ボックスの使い勝手がかなり良いです。やっぱりオムニバーって便利。

ただ、これまでアイコンをタップで完了処理してきたものがスワイプになっているのは違和感がありました。タイマーなんかは酷くて、一時停止アイコンをタップしたらアドオン購入画面が開きます。アンロックしてもスワイプで停止するのは変わらないのですが、ちょっと紛らわしい。

フォントサイズはiOS設定に従って変更されます。Dynamic Typeというやつです。

Google翻訳

バージョン: 3.1.0
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 旅行
現在の価格: 無料(サイズ: 24.4MB)
販売元: Google, Inc.
リリース日: 2011/02/08

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

画像からテキストを抽出して翻訳する機能が追加されました。Android版には既にあった機能のようです。このバージョンでは更に、カメラで映した映像からテキストを検出して翻訳する機能も追加。Googleは以前Word Lensというアプリを買収していて、その機能がやっと搭載されたということです。

Word Lensは以前話題になった時に試しました。カメラ映像内のテキストが翻訳されてリアルタイムに置き換えられるんですよ。日本語には未対応でしたが中々未来感があって感激した覚えがあります。テキスト検出精度はGoogle翻訳アプリの方が高いので、いずれ同機能が実装されたらかなり実用的になりそうです。

Hallo, hola, olá to the new, more powerful Google Translate app – Google Translate Blog

Music Launcher Ver.1.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 17.4MB)

Todayウィジェット用音楽ランチャー。iOS8リリース時話題になったTodayウィジェット用ランチャーアプリLauncherの作者がリリースしたアプリです。アドオン購入で登録数が増えたりウィジェット上で再生操作ができるようになります。またiOSアプリをリリースする気になってくれて良かった。

サッカー

名古屋 清水からFWノヴァコヴィッチ獲得濃厚!近日中にも発表へ ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

まだ決まってませんが清水のノヴァコヴィッチが名古屋へ移籍してくるそうです。清水を退団してどこかへ移籍するのは確実で、噂されている移籍先で可能性が高いのが名古屋だそう。「契約は大筋で合意」とか書かれても信じない。

シーズン中に36歳になるベテラン選手の獲得には賛否両論あるでしょうが、実力はある選手なので期待したい。ケネディの後釜というにはタイプが違うので、どう使っていくのか気になります。今名古屋にいるFWの中なら川又に近いんだろうか。コンビを組むなら永井が良さそうです。

ニュース : 近賀ゆかり選手・大野忍選手、2015シーズンプロ契約選手加入のお知らせ – INAC神戸 レオネッサ

近賀と大野が復帰です。昨シーズンチームの若返りに失敗したINACですが、今季はベテランの復帰でどうなるんだろうか。はっきりいって昨季より随分と監督が良いので期待しています。田中陽子を始め、若手が数人移籍してしまったのが気になる所。まあ今季も期待の若手が入団していますが。

昨季のなでしこリーグを見ていると、有望な若手を獲得して起用してきた浦和が力を付けたのは事実で、今季は更にレベルアップしているでしょう。ベレーザも若手の台頭もあり、安定した成績を出しています。今季もこの2クラブが中心になるでしょう。INACは以前のような強豪クラブに返り咲けるだろうか。優勝争いはせめて3,4クラブぐらいでやってほしい。

あとがき

1月も既に半ば。皆様新年あけましておめでとうございます。正月は挨拶をしてサッカーをしてサッカーを見て食べて寝たら終わりました。あまりにあっさり時間が過ぎて休んだ気がしません。

2014年よく使ったアプリまとめ

そういえば去年書いたなと思い出したので今年も書きます。

Editorial

バージョン: 1.1.1
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 700円(サイズ: 38.6MB)
販売元: Ole Zorn
リリース日: 2013/08/15

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

今年はやっぱりこれ。Pythonの開発実行環境を内蔵したテキストエディタアプリ。たくさん記事を書きました。

EditorialのWorkflowを連日作っていた頃はワールドカップ開催中で、日中欲しい機能をメモっておいて、夜中試合の合間に作るのが日課になっていました。

残念ながらiOS8には未対応でかなり不安定です。その為現在はメモ書きを他のアプリでやっています。

同開発元のPythonistaや、まだリリースされたばかりですが、それらと連携の取れるWorkflowも最近よく使っています。PythonistaはiOS8対応版が現在ベータリリースされていてTestFlightでテスト中。新機能より早く動作を安定させて欲しい。通信をするスクリプトを実行すると3回に1回は落ちます。

Pythonista Ver.1.5
カテゴリ: 仕事効率化, 教育
現在の価格: 700円(サイズ: 124.7MB)

Workflow: Powerful Automation Made Simple Ver.1.0.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 300円(サイズ: 17.8MB)

公開したワークフローは先日ツイートしたのが2つだけ。まだ人が作ったものを試すのが楽しい段階です。モジュール化してワークフローを繋げたりとか色々やりたい。基本的にソースを簡単に処理してエクスポートするだけのものなので、込み入った事は連携可能な外部アプリに任せる形になっています。

Drafts 4 – Quickly Capture Notes, Share Anywhere!

バージョン: 4.0.6
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 1000円(サイズ: 10.1MB)
販売元: Agile Tortoise
リリース日: 2014/10/15

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

去年一番使ったアプリDraftsのリニューアル版。別アプリとしてリリースされています。期待値が高すぎた為に、その制限の多さにがっかりする所もありました。なんだかんだとアクションを作っていったらやっぱり便利なアプリではあるのですが。

Draftsは以前からURL経由のアクション実行にパスワード制限をかけられたり、セキュリティ対策に気を使ってきました。考えてみればDrafts 4の制限は自然なことなのかもしれませんね。もしアクションのScriptから通信できたら個人情報を奪う事も可能です。便利な機能の裏で通信すれば気付かれる事も無いでしょう。App Storeと違って審査もありません。

EditorialがiOS8で不安定なので、現在はこれでメモ書きをしています。アクションは通信が使えないのでPythonistaに頼ることが多いです。そのPythonistaも不安定でストレスが溜まる。

スクリプトで処理できるメモアプリというのが少しずつ増えてきています。日本だとDraftPadの後継アプリのTextwellがある。

あとは1Writerが最近のアップデートでアクションにJavaScriptを使えるようになりました。UIまで作れるし、XMLHttpRequest的なものも用意されていて面白そうです。Drafts 4にはできないアクション実行後に範囲選択されたテキストを置換することも可能。独自拡張でTodo機能も付いています。ほとんど使っていないので使用感は書けませんが中々面白そうです。

拡張キーボードからアクションの実行ができるので、面倒なアクション実行までの操作も気になりません。アクションから内蔵ブラウザにアクセスする事もできます。Drafts 4みたいに公式サイトにアクションディレクトリもある。あまり賑わってませんが。

Editorialのアップデートがまだ先なのは目に見えているので移行するのもありかなと。独自拡張のオブジェクトがあってアクションのベタ移植ができず、移行が面倒ではあります。

その他定番アプリ

Fantastical 2 for iPhone – Calendar and Reminders Ver.2.2.2
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
現在の価格: 500円(サイズ: 20.9MB)

去年に引き続きカレンダーアプリはこれ。今年も色んなアプリがリリースされたと思うのですが、変わることはありませんでした。アプリの連携に組み込んでいるので変え難いというのもありますが。URL経由で連続登録が便利です。

自然言語入力できるものが増えたので選択肢は広がりましたね。Calendars 5はかなりお勧めです。

Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム Ver.1.10.5
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 500円(サイズ: 21.8MB)

こちらも去年から引き続き。リマインダーアプリです。今ではEditorialでやるようになったタスク管理。Workflowを使ってタスクから登録しています。繰り返しのタスクに対応していないので作りたい気もする。一度設定したらもう触る事は無いので優先度はかなり低いですが。

タスクの実行時に必要な処理を行う為の仕組みを作るというのが最近やりたい事です。例えば毎晩日記を書くなら、タスクを実行すると天気やその日の主な出来事等をネットから取得して、日記アプリを起動して貼り付けるとか。終了時には所要時間を記録できるようにしてもいいですね。日記書きませんが。

こういうアプリは探せばあるんでしょうが、自分で作るのが楽しかったりもします。

Unit Kayアプリ

去年も書きましたがUnit Kayさんのアプリが好きです。MyShortcuts+ViewerのTodayウィジェット対応からのMyMemoへの転身なんかは頼もしい限りでした。iWorkspaceやMyFindを含め、残念ながら今後のアップデートは期待薄ですが今後も使える限りは使います。新規アプリとしてリリースしたら案外簡単に審査通ったりして。

MyMemo – メモウィジェット Ver.1.0
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
現在の価格: 100円(サイズ: 444KB)

Todayウィジェットにメモを表示するアプリ。HTMLが使えるのでやりたい放題。重宝しています。Appleがどう言おうが、ずっと以前からこういう使い方をiPhoneでしたかったんですよ俺は。

MyFind – 大辞林/ウィズダム/Oxford Ver.1.3
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 仕事効率化
現在の価格: 無料(サイズ: 1.5MB)

検索アプリ。もちろんただの検索アプリではありません。iOS8では多少の不具合がありますが十分に使えます。

iWorkspace Ver.1.9
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
現在の価格: 300円(サイズ: 840KB)

ランチャーアプリ。もちろんただアプリを起動するだけではありません。通知センターを使った擬似的なコールバックはアプリ連携の選択肢を大幅に増やしてくれました。アプリの連続起動は素晴らしいアイデアです。

あとがき

今年はEditorialとDrafts 4がメインでした。欲しいものをPythonで作れるようになったのが成果です。効率はともかく、とりあえず動くものが書けるようになった。

App Storeの審査基準の迷走はまだ続いています。削除要請を受けてTodayウィジェットを削除したDrafts 4が翌日新たなウィジェットを搭載してアップデートしたりで、もうよくわかりません。以前との違いは、単にアプリを起動するopenボタンが無くなったのと、最近編集したドラフトが3件開けるようになった所。単にアプリを起動する機能が禁止になるだけなんだろうか。drafts4://drafts4://createにそこまで違いがあるとは思えませんが。

来年はまずWorkflow1Writerを快適に使えるようにしようかと思っています。EditorialやPythonistaのアップデートがあればそちらに戻るでしょう。

Editorial Workflow – TP to Due

EditorialのTasPaperモードで使うWorkflowです。例えばこんなタスクにキャレットを合わせて実行すると、

- ワールドカップ決勝 @due(2014-07-14) @start(03:00) @1

Photo

Dueを起動してタスクをセットします。タスクの末尾に@Added(Due)というタグが追加される。

Photo

Due側で追加されたリマインダーをチェックするとEditorialが起動して、@Added(Due)が@done(完了日付)と置き換わるようになっています。

2014-06-17追記:
バグ修正してアップデートしました。

おまけ

TaskPaperモードでdueやstartの日付けを入力するのが面倒だったので、それ用のWorkflowを作りました。

Photo

Time On|Offはstartタグを付けるかどうか。下の@nは優先度のタグです。あまり先の日付けを選択するのには向いていません。

Editorial Ver.1.1
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 700円(サイズ: 38.7MB)

Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム Ver.1.10.4
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 500円(サイズ: 21.8MB)

他のWorkflowは以下にまとめてあります。

あとがき

ワールドカップ中々良い試合が多くて面白いです。ここまで初戦とは思えない程の内容に満足。これを書いている今は16日の朝、フランス対ホンジュラスの後です。

日本対コートジボワールは色々思う所がありますが、結局は本田を活かし切るのが良いのかなと。あの内容なら本田の1トップの方が良かったのかもしれないですね。

Dueの日時指定が簡単になっていた

Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム

バージョン: 1.10.4
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 500円(サイズ: 21.8MB)
販売元: Phocus LLP
リリース日: 2010/09/15

Mac App Storeで見る + iPhone/iPadの両方に対応

例えば「ワールドカップ決勝 7/14 3:00」だけでよくなっていました。これをDueのリマインダータイトルに入力すると以下のようになる。

Photo

ローカライズのマズさは放っておいて、入力して上部の「に設定」をタップすると日時がセットされる。もう一度タップするとタイトルから日時の部分だけ削除してくれます。これは簡単。

タップして日時をセットする手間は増えますが、これまでみたいにエポック秒に変換する処理が必要無くなったし、こっちの方が連携しやすく柔軟だと思いました。

詳しくは以下をどうぞ。

最近TaskPaperをEditorialのTaskPaperモードで管理し始めたので、これをDueやFantasticalと連携させていこうかと。

具体的なアイデアはあるので、またWorkflowを作ったら公開しようと思います。

あとがき

毎日使っているのに案外気付かないもので、ついさっきリンク先を見て知りました。Fantasticalと同じテキストでDueにも登録できそうですね。

来年はこんなアプリが欲しい

Pocket (Formerly Read It Later)

バージョン: 5.0.1
カテゴリ: ニュース, 仕事効率化
現在の価格: 無料(サイズ: 21.5MB)
販売元: Idea Shower
リリース日: 2009/04/09

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

あとで読む系のアプリは後で読む為にURLを保存します。「後で」の中には「時間が空いたら」もあるし「何かのイベント前に」読みたいものもある。「一時的なブックマーク」として複数回読むのに使う場合もある。

一口に後でといっても種類が違う。それらが同じ未読リストに並んでいる。これは良い運用法とはいえない。後からPocketアプリでタグ付けするのは面倒だし、登録元のアプリは個別のタグ付けに対応していないものがほとんどです。タグではなくMailboxみたいな時間で振り分けるという考え方が欲しい。

保存先を分けるのはどうだろうか。時間が空いたら読むものはPocketへ。何かのイベント前に読むものはDueに。一時的なブックマークはDeliciousにでも。非常に面倒です。絶対やりたくありません。1つで簡単に振り分けできるアプリが欲しい。というかPocketにMailboxみたいな振り分け機能を追加してほしい。

Photo

これすごく便利。Later TodayとかSomedayとかは時間を決められます。Pick Dateで年月日や時間まで指定できる。何が何でもInboxをゼロにするように工夫されています。

あとがき

やり方次第で今でも実現できそうですね。リマインダーと振り分け機能のあるアプリならなんでもいけそう。共有や使い勝手を考えるとPocketが一番ですが。ハイライトやベスト機能よりもこっちが欲しかったなと思います。あのハイライト機能謎すぎてちょっと使いこなせる気がしません。