2014年よく使ったアプリまとめ

そういえば去年書いたなと思い出したので今年も書きます。

Editorial

バージョン: 1.1.1
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 700円(サイズ: 38.6MB)
販売元: Ole Zorn
リリース日: 2013/08/15

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

今年はやっぱりこれ。Pythonの開発実行環境を内蔵したテキストエディタアプリ。たくさん記事を書きました。

EditorialのWorkflowを連日作っていた頃はワールドカップ開催中で、日中欲しい機能をメモっておいて、夜中試合の合間に作るのが日課になっていました。

残念ながらiOS8には未対応でかなり不安定です。その為現在はメモ書きを他のアプリでやっています。

同開発元のPythonistaや、まだリリースされたばかりですが、それらと連携の取れるWorkflowも最近よく使っています。PythonistaはiOS8対応版が現在ベータリリースされていてTestFlightでテスト中。新機能より早く動作を安定させて欲しい。通信をするスクリプトを実行すると3回に1回は落ちます。

Pythonista Ver.1.5
カテゴリ: 仕事効率化, 教育
現在の価格: 700円(サイズ: 124.7MB)

Workflow: Powerful Automation Made Simple Ver.1.0.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 300円(サイズ: 17.8MB)

公開したワークフローは先日ツイートしたのが2つだけ。まだ人が作ったものを試すのが楽しい段階です。モジュール化してワークフローを繋げたりとか色々やりたい。基本的にソースを簡単に処理してエクスポートするだけのものなので、込み入った事は連携可能な外部アプリに任せる形になっています。

Drafts 4 – Quickly Capture Notes, Share Anywhere!

バージョン: 4.0.6
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 1000円(サイズ: 10.1MB)
販売元: Agile Tortoise
リリース日: 2014/10/15

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

去年一番使ったアプリDraftsのリニューアル版。別アプリとしてリリースされています。期待値が高すぎた為に、その制限の多さにがっかりする所もありました。なんだかんだとアクションを作っていったらやっぱり便利なアプリではあるのですが。

Draftsは以前からURL経由のアクション実行にパスワード制限をかけられたり、セキュリティ対策に気を使ってきました。考えてみればDrafts 4の制限は自然なことなのかもしれませんね。もしアクションのScriptから通信できたら個人情報を奪う事も可能です。便利な機能の裏で通信すれば気付かれる事も無いでしょう。App Storeと違って審査もありません。

EditorialがiOS8で不安定なので、現在はこれでメモ書きをしています。アクションは通信が使えないのでPythonistaに頼ることが多いです。そのPythonistaも不安定でストレスが溜まる。

スクリプトで処理できるメモアプリというのが少しずつ増えてきています。日本だとDraftPadの後継アプリのTextwellがある。

あとは1Writerが最近のアップデートでアクションにJavaScriptを使えるようになりました。UIまで作れるし、XMLHttpRequest的なものも用意されていて面白そうです。Drafts 4にはできないアクション実行後に範囲選択されたテキストを置換することも可能。独自拡張でTodo機能も付いています。ほとんど使っていないので使用感は書けませんが中々面白そうです。

拡張キーボードからアクションの実行ができるので、面倒なアクション実行までの操作も気になりません。アクションから内蔵ブラウザにアクセスする事もできます。Drafts 4みたいに公式サイトにアクションディレクトリもある。あまり賑わってませんが。

Editorialのアップデートがまだ先なのは目に見えているので移行するのもありかなと。独自拡張のオブジェクトがあってアクションのベタ移植ができず、移行が面倒ではあります。

その他定番アプリ

Fantastical 2 for iPhone – Calendar and Reminders Ver.2.2.2
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
現在の価格: 500円(サイズ: 20.9MB)

去年に引き続きカレンダーアプリはこれ。今年も色んなアプリがリリースされたと思うのですが、変わることはありませんでした。アプリの連携に組み込んでいるので変え難いというのもありますが。URL経由で連続登録が便利です。

自然言語入力できるものが増えたので選択肢は広がりましたね。Calendars 5はかなりお勧めです。

Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム Ver.1.10.5
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 500円(サイズ: 21.8MB)

こちらも去年から引き続き。リマインダーアプリです。今ではEditorialでやるようになったタスク管理。Workflowを使ってタスクから登録しています。繰り返しのタスクに対応していないので作りたい気もする。一度設定したらもう触る事は無いので優先度はかなり低いですが。

タスクの実行時に必要な処理を行う為の仕組みを作るというのが最近やりたい事です。例えば毎晩日記を書くなら、タスクを実行すると天気やその日の主な出来事等をネットから取得して、日記アプリを起動して貼り付けるとか。終了時には所要時間を記録できるようにしてもいいですね。日記書きませんが。

こういうアプリは探せばあるんでしょうが、自分で作るのが楽しかったりもします。

Unit Kayアプリ

去年も書きましたがUnit Kayさんのアプリが好きです。MyShortcuts+ViewerのTodayウィジェット対応からのMyMemoへの転身なんかは頼もしい限りでした。iWorkspaceやMyFindを含め、残念ながら今後のアップデートは期待薄ですが今後も使える限りは使います。新規アプリとしてリリースしたら案外簡単に審査通ったりして。

MyMemo – メモウィジェット Ver.1.0
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
現在の価格: 100円(サイズ: 444KB)

Todayウィジェットにメモを表示するアプリ。HTMLが使えるのでやりたい放題。重宝しています。Appleがどう言おうが、ずっと以前からこういう使い方をiPhoneでしたかったんですよ俺は。

MyFind – 大辞林/ウィズダム/Oxford Ver.1.3
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 仕事効率化
現在の価格: 無料(サイズ: 1.5MB)

検索アプリ。もちろんただの検索アプリではありません。iOS8では多少の不具合がありますが十分に使えます。

iWorkspace Ver.1.9
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
現在の価格: 300円(サイズ: 840KB)

ランチャーアプリ。もちろんただアプリを起動するだけではありません。通知センターを使った擬似的なコールバックはアプリ連携の選択肢を大幅に増やしてくれました。アプリの連続起動は素晴らしいアイデアです。

あとがき

今年はEditorialとDrafts 4がメインでした。欲しいものをPythonで作れるようになったのが成果です。効率はともかく、とりあえず動くものが書けるようになった。

App Storeの審査基準の迷走はまだ続いています。削除要請を受けてTodayウィジェットを削除したDrafts 4が翌日新たなウィジェットを搭載してアップデートしたりで、もうよくわかりません。以前との違いは、単にアプリを起動するopenボタンが無くなったのと、最近編集したドラフトが3件開けるようになった所。単にアプリを起動する機能が禁止になるだけなんだろうか。drafts4://drafts4://createにそこまで違いがあるとは思えませんが。

来年はまずWorkflow1Writerを快適に使えるようにしようかと思っています。EditorialやPythonistaのアップデートがあればそちらに戻るでしょう。

広告

Editorial Workflow – TP to Fantastical

EditorialのTasPaperモードで使うWorkflowです。例えばこんなタスクにキャレットを合わせて実行すると、

- ワールドカップ決勝 @due(2014-07-14) @start(03:00) @1

Photo

Fantasticalを起動してリマインダーをセットします。タスクの末尾に@Added(Fantastical)というタグが追加される。

Photo

上記のタスクに@end(時間)タグも付いている場合はスケジュールで登録します。

Photo

Fantastical側で追加されたスケジュールやタスクのURLを開くとEditorialが起動して、@Added(Fantastical)が@done(完了日付)と置き換わるようになっています。

インストール

他のWorkflowは以下にまとめてあります。

Editorial Ver.1.1
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 700円(サイズ: 38.7MB)

Fantastical 2 for iPhone – Calendar and Reminders Ver.2.0.7
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
現在の価格: 800円(サイズ: 17.6MB)

2013年よく使ったアプリまとめ

2013年も残す所今日1日になりました。今年よく使ったアプリをまとめてみようとさっき思い付いたのでまとめます。

Drafts

バージョン: 3.5.8
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 200円(サイズ: 10.6MB)
販売元: Agile Tortoise
リリース日: 2012/04/08

iTunesで見る

下書きアプリ。まずはやはりこれ。今年一番起動した回数の多いアプリです。ブログでも取り上げた回数が一番多い。

Fantastical 2 – Calendars and Reminders Done Right Ver.2.0.3
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
現在の価格: 200円(サイズ: 16.4MB)

カレンダーアプリ。このジャンルは数十種類試してきましたが、結局はシンプルなものに落ち着きました。最近のバージョンアップでリマインダーに対応。

案外気づかない機能あれこれ。

  • 横向きで週表示
  • ステータスバータップで今日に移動
  • 年月の長押しで指定年月へ移動
  • スケジュール長押しで複製、移動、共有
  • 日付長押しでその日にスケジュール作成
Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム Ver.1.9.9
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 300円(サイズ: 22.6MB)

リマインダーアプリ。定期的なタスクは全部これに登録。元はTaskPaperに書いてスクリプトで処理してDueへ登録。この辺は年が明けてからまとめられたらと思っています。

Dispatch: アクションベースのEメール Ver.1.3.5
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
現在の価格: 500円(サイズ: 10.4MB)

メーラーアプリ。アイコンからもわかる通り、アクションベースと謳っているだけあって処理先が豊富です。Due、リマインダー、Fantastical、Evernote、Drafts、その他俺がよく使うアプリのほとんどに対応しています。

メーラーアプリといえばMailboxも良いですね。最近のアップデートでiCloudとYahoo!メール(Yahoo! Japanではない)にも対応。POPメールにも対応予定なはずですが、イマイチ動きが遅い。

その他はSparrowで処理。これは正直もうアップデートが期待できないので他のを探したい所です。メーラーアプリは結構たくさんリリースされています。IMAPとPOP両対応だとこれというのが無い状況ですが。

標準のメールアプリはPOPメールにアーカイブ機能が無いので全く使わなくなりました。他のアプリからメールを送る時に起動するぐらい。まあアーカイブといってもアーカイブ用のフォルダに移動するだけですが。

よく使うといえば以上です。あとは当然電話やSMS、SNS等メッセージアプリにブラウザアプリ。裏方的な連携アプリとしてUnit Kayさんのアプリをよく使っています。MyScriptsとMyShortcuts+Viewerのアップデートはまだでしょうか。

その他も含め、ざっと紹介。

MyScripts Ver.2.5
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 400円(サイズ: 2.3MB)

JavaScript開発実行環境。

iWorkspace Ver.1.9
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
現在の価格: 300円(サイズ: 840KB)

通知センターを利用した連続起動が魅力のランチャーアプリ。

MyShortcuts+Viewer Ver.1.6
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
現在の価格: 100円(サイズ: 333KB)

通知センターから起動できるランチャーアプリ。ファイルビューアとしても。色違いのMS2もあります。URLスキームが違うので共存可能。

MyFind – 大辞林/ウィズダム/Oxford Ver.1.3
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 仕事効率化
現在の価格: 無料(サイズ: 1.5MB)

検索アプリ。検索ハブの後継でなんと無料。

Pythonista Ver.1.4
カテゴリ: 仕事効率化, 教育
現在の価格: 700円(サイズ: 39.4MB)

Python開発実行環境。

IFTTT Ver.1.3.0
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 17.1MB)

If This Then That
トリガーからアクションを実行する自動化ツール。最近のアップデートで場所をトリガーとして利用できるようになりました。

あとがき

まとめてみたら手堅いアプリが多く面白みの無い構成に。実際にはもっとたくさんのアプリを日常的に使っているし、iPhoneにはこの数十倍のアプリがインストールされています。使用頻度が低いだけで、使いたい時に無いと困るものがかなり多い。

年々Macを触る時間が減っています。後でiPhoneで見る為の前処理みたいなことをたくさんやっていた気がします。以前はiPhoneがその前処理役でした。変われば変わるもんです。コーヒー飲みながらiMacでフィードチェックして(これ後で読もう)と。

来年も変わらずiPhoneを使い倒す毎日が続くのでしょう。

Evernoteのノートをスケジュールのメモに使う

everPostというiOSアプリがあります。Evernoteノートを検索して、ノートリンクやタイトルをURL経由で他のアプリに渡すもの。とっても便利。

everPost – Evernoteをノートを色んなアプリへ 0.9.8
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 85円(サイズ: 4.8MB)

例えば、everPostで検索してFantasticalに送ってスケジュール登録ができる。ノートリンクだけでなく、ノートのタイトルも使えるのが嬉しい。

everpost_01

everPostに登録しているURL Scheme

今の所everPostに登録しているURL Schemeは3つ。コールバックにiWorkspaceのよく使うアプリのショートカットを入れてあるので、適当に変えてください。x-callback-url対応のものはキャンセルした場合everPostに戻るようになっています。

アプリアイコンのリンクも用意したので登録する時に保存して使ってください。登録は今の所不具合があるので、URL Scheme欄をまず入力して、次にタイトル、最後にアイコンを設定するといいです。アイコンは三角マークを長押しすると選べるようになっています。

everpost_02

  • fantastical://x-callback-url/parse?sentence=@t @r &x-success=iworkspace://よく使うアプリへのリンク&x-cancel=everpost:
  • Fantasticalアイコン
  • domocue://add?title=@t&notes=@r&list=Inbox&callback=iworkspace://よく使うアプリへのリンク
  • domo Cueアイコン
  • due://x-callback-url/add?title=@t @r&x-source=iWorkspace&x-success=iworkspace://よく使うアプリへのリンク&x-cancel=everpost:
  • Dueアイコン
Fantastical 1.1.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 450円(サイズ: 7.8MB)

domo Cue – Todo・タスク・リマインダー(期日・優先度・位置情報) 1.2.2
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
現在の価格: 85円(サイズ: 2MB)

Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム 1.9.4
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 450円(サイズ: 22.7MB)

不満はある

このアプリは検索が弱い。履歴が保存されない。目当てのノートを探す手段としてキーワード検索だけでは辛いし、検索文法を毎度入力するのは面倒です。URLスキームに対応しているのでランチャーアプリからURLスキームにキーワードを入れて起動するとか、快適に使う為の工夫が必要になる。

解決する

最近お気に入りのiWorkspaceに検索文法を保存して、そこから起動することにします。

iWorkspace 1.2
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
現在の価格: 85円(サイズ: 0.8MB)

登録した検索文法

それぞれタップするとiWorkspaceにインポートされます。

検索文法についてはEvernoteで保存している検索まとめをどうぞ。上記2つは、memoというタグの付いたノートの検索と、一週間以内に作成したノートの検索です。インポートしてから適当に書き換えてください。

使う

iWorkspaceから登録した検索文法をタップするとeverPostが起動して検索が始まります。一覧から目当てのノートをタップなりフリックなりすると連携先へ渡される。連携先アプリまでは文字入力無しで操作が完了します。

everpost_03

他の手段

EverCalendarというアプリならアプリ内でスケジュール登録までできます。ノートのタイトルもリンクも自動で入力してくれる。ただし時系列でしかノートを探せない上に一日単位でしかノート一覧が表示されない。それはそれでわかっていれば特定しやすいですが。

連携先がiOSカレンダーしかないし、タグやノートブックで絞込みたい時もある。この辺は使い分けですね。

EverCalendar 2.4
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
現在の価格: 無料(サイズ: 2.6MB)

あとがき

Evernoteノートをスケジュールに貼り付けてメモに使う。よくやっている使い方ですがeverPostで簡略化できました。これまではCleverで検索→MyScriptsで連携先へ渡したりEverCalendarを使っていました。

今ならiWorkspaceからCleverを起動してノートリンクをコピー→通知から連携先アプリを起動してノートリンクを渡すなんてこともできます。

URLスキーム、というかアプリ連携の強化はずっと期待してきたので現状は嬉しいのですが、次第にやれることが高度になってきており、初心者お断り感が強くなっているのも確かです。これら全てのアプリにインポート機能があるわけでもないし、何か簡単な方法を考えたい所です。