これからブログを書く時に気を付けようと思った事 (動画のリンク)

たまにはこんなのも書こうかと。大した事では無いんですけどね。

ブログ記事に埋め込まれた動画は見ない

出先でRSSチェックしている時に、記事内に動画があってもまず見ません。読み込むのも見るのも時間がかかるから。帰ってRead it Laterからページを開いて動画を見る事になるんですが、俺は結局記事内に埋め込まれた動画を見ずに動画サイトを開いて見ます。

なぜかというと、関連動画が見られるからです。例えばアプリの宣伝動画なら、関連する動画にユーザーのレビューがあったりする。音楽なら同じアーティストの曲が聴けたりする。

関連動画は埋め込みの動画プレイヤーでも見られるけどショボい。あくまで簡易的なので動画サイトを開いた方が効率が良い。

気を付けたい事

それで何に気を付けるのかというと、ブログに動画を埋め込む時は動画ページへのリンクを併記するということ。そうすればiPhoneからでも簡単に動画ページをRead it Laterに追加できる。

ちなみに埋め込みプレーヤー内に大体ある動画サイトのロゴをクリックすると大体動画ページを開けます。大体デスクトップもiPhoneからもできる。だいたい。

in_embed_movie_link

これずっと不満に思っていたのに自分もやっていなかった。気を付けたいと思う。

hàl – happy to say – YouTube

hàlの自選ベスト「self selection」

hal_selfsellection.jpg

ゴールデン☆ベストの発売が目前ですが、hàlの自選ベストアルバムself selectionが配信限定でリリースされています。

hal自選ベスト「self selection」9/9配信スタート!|hal official blog

収録曲は以下の10曲。()内は収録アルバム・シングル。

  1. SPACE NEEDLE (二十歳のころ)
  2. Always You (オートバイ)
  3. trampoline (all kind of crayon)
  4. P.Sの後で~made up your mind~ (another side of life)
  5. 人魚 (blue)
  6. angel’s Ladder (way of my attitude)
  7. ひとあしおくれの春 (ラブレター)
  8. 独占欲 (低温火傷)
  9. テノヒラ (終わった恋の唄)
  10. I wanna tell you (color as beginning)

とりあえずアーティスト名が「Hal」になっていたので「hàl」に修正。
読みが「あ」になっていたので「はる」に修正。iTunes Storeではよくあること。

シングルの表題曲が無く、アルバム収録曲とシングルのカップリングのみ。カバー曲もあり。渋いセレクトという感じ。
ジャケットに使われている写真の頃とは違ってスウェディッシュポップの印象はありませんね。
clichesが入らないのは意外でした。好きなミックスでは無いのでいいんですが。

ネット以外でhàlファンという人に会った事が無いのですが、こんなセレクトされたら惚れますよ。
今では入手困難な曲がいくつかある(というかほとんど)ので好きな方はぜひどうぞ。
9/16に発売されるゴールデン☆ベストと被る曲はangel’s Ladderだけです。

俺はiTunes Storeで購入。ちなみにレビューを書いているNehalemさんは俺ではありません。

hal selfselection – iTunes Store

その他Victorレコチョクでも購入できるようです。

hàlとは

hal001.jpg

そういえば一回目の記事でhàlが好きだからHNをhalにしたと書いたのに、hàlについて一度も触れていない。何とまあ。

hàlの曲を初めて意識して聴いたのは1998年でした。もう青い鳥は飛ばないという曲。
元々hal INNER SPACEというラジオを聴いた事があって、知ってはいた。モデルをやっていたので、存在自体は当時の女友達の方が詳しかったぐらいだ。

当時SPACE SHOWER TVでこのPVを見ました。この曲にはまってラブレターというアルバムを購入。
これでhàlのファンになった。なんて事は無く、正直いまいちな内容でした。でも今聴くと良いという不思議。
もう青い鳥は飛ばないのアレンジは好きじゃない。シングル版の方が好き。
ちなみにシングルはまだ8センチCDの時代です。

いまいちなので旧作を聴いてみる事にした。今思うと発想がおかしい。

買ったのはアルバム1作とミニアルバム2作。

halwoma.jpg

“Way of my attitude” (hal)

halasol.jpg

“Another side of Life” (hal)

“all kinds of crayon” (hal)

ちなみに、カスタマーイメージを投稿している人はhàlのファンサイト管理人さんです。

この3作で思いっきりはまった。Cloudberry Jamを知ったのもこの辺りから。

その後、二十歳のころにどっぷりはまり、低温火傷に大人の女を感じ、集大成のブルーまでずっとリアルタイムで聴いた。
一番有名な曲は何だろうか。今だともしかしたら6階の少女かもしれない。リンク先の動画はCSでリアルタイムで見ました。
当時ナンバーガールが結構好だったので嬉しかった覚えがあります。アルバムを通して聴くとこの曲は異端なんですが。
ベースの田渕ひさ子は発育ステータスで椎名林檎とバンドを組んでましたね。

現在も作品自体は割とコンスタントに発表しています。
見ていたのに気付きませんでしたが、ドラマのガリレオにも出演していたそうです。3話の飲み屋のママ役らしい。
去年ビクターのコンピにもう青い鳥は飛ばないが収録されたそうです。知らなかった。
あとはマクロスFというアニメで使われた曲の作詞をしたそうです。
他にはイデハルという名義で活動していたり。メジャーで活動していた頃よりニュースが多いんじゃないかと思ってしまう。

その他詳しくはhal – Wikipediaや公式サイトの☆hal オフィシャルホームページ☆hal official blogで。
ライブには中々行けないのでCDが欲しいなあ。

halといいます。よろしく

halと申します。
名前の由来はhàlというアーティストから。

テーマは自分の数ある趣味を特技に引き上げようという前向きなもの。
まずは動画編集でもやってみようと思っています。
皆様よろしくお願いします。

Technorati Tags: