WWDC09まとめ

WWDC09_01.jpg

WWDC09の興奮もすっかり治まったのでまとめたいと思います。
iPhone OS 3.0の時みたいに詳細に書いていたのですが、これではリリースに間に合わないなと考え直して簡易的なまとめに。

今回は大きく分けて4つの発表がありました。
MacBookの刷新。iPhone OS 3.0。Mac OS 10.6 Snow Leopard。そしてiPhone 3G S。
順番にまとめていこうと思います。

WWDC09_02.jpg

いきなりで驚いたのがこれ。ユニボディのMacBookはMacBook Proに統合されました。Airもスペックアップ。
これにより、MacBookはポリカーボネート仕様の1機種となり、逆転現象が発生。Proって何?と思ってしまった。

目玉はバッテリー品質の向上とSDカードリーダー搭載。それにFireWire 800の搭載でしょう。

iPhoneにも言えること。どれだけ素晴らしくてもすぐに電池切れしていては使えない。
今回のMacBook刷新でバッテリーが最大で8時間(17インチモデル)駆動。充電回数が1000回。1000回って凄いな。
バッテリーを内蔵することで着脱に必要なパーツを廃し省スペースを計り、空いたスペース分バッテリー自体のサイズを大きくして対応したとのこと。
バッテリーの保ちに関しても工夫がされているようです。

SDカードリーダー搭載。これどうなんだろう。無駄では無いし、あれば嬉しいけど。
カメラで撮影したデータを取り込んでその場で手軽に編集したり共有したりする為のものらしい。
仕様を見てもSD cardスロットとしか書いてありませんがSDHC対応です。SDXCには非対応。

面白いのがSDカードからMac OSをブートできるということ。緊急用に用意しておくといいですね。
Boot Campで起動したWindowsでもSDカードリーダーが使用できるようです。

About the SD card slot in MacBook Pro (15-inch, 2.53GHz, Mid 2009), MacBook Pro (15-inch, Mid 2009), and MacBook Pro (13-inch, Mid 2009)

感想としては今更。でもブート可能であればかなり嬉しい。あって困るものでも無いし。

FireWire 800に関しては嬉しいですがもう必要無かったかなというのが印象。USBポートをもう1つ増やして欲しかった。

今回も友達とSkypeを繋いでわいわいやっていたのですが、そこで意見が一致した。
「MacBook Proは今回買いでは無い気がする」ということ。Late 2009かEarly 2010辺りでまた変更がありそう。欲しいと思った時が買い時ですけどね。
衝撃的なリリースだったユニボディMacBookがここまで早く刷新されるとは考えもしなかった。

以上目に付いた所をピックアップ。詳しくはアップル – ノートパソコン – MacBook Pro – 特長 – さらにたくさんのイノベーションを盛り込んだMacBook Pro。をどうぞ。

WWDC09_03.jpg

次はiPhone OS 3.0。来ましたよ。とうとう使える。6/18からDL可能です。
iPhoneは無料。touchはいつも通り9.95ドルなので日本では1200円になるんでしょうね。
以前書いた記事から大した変更は無いので、詳しくはiPhone 3G次世代機を買うぞ – iPhone OS 3.0激遅情報をご覧ください。

加えてgoodeggさんの記事が素晴らしいのでリンクしておきます。
iPhone OS 3.0とiPhone 3G Sのメモ。 – iPhone.goodegg.jp
iPhone OS 3.0に関するまとめ – iPhone.goodegg.jp

友人がGM版を使っているので少し触らせてもらいました。仕事で使っているのであまり使わせてもらえなかった。
なので以下少しメモ。

やはりコピペのUIが秀逸です。しかし意図しない所でコピペのバルーンが表示される事が多々ありました。ちょっと慣れが必要かもしれない。
Spotlightは日本語UIでは「検索」という名称になっています。検索対象を選択でき、優先度も変更可能。レスポンスが早かったです。
メモの同期がかなり便利(友人談)。
Shake to Shuffle操作は慣れがいるかも。傾けるんじゃなくて本当に振る感じ。思っていたよりしっかり振らないといけない。
iPodではシャッフル再生に使います。画面をスリープするとこの機能は動作しない。
ロック画面やホーム画面でホームボタンをダブルクリックした時とiPodを表示している時だけ。
iPod機能に関してShake to Shuffleを使う事はあまり無さそう。
この機能に関しては感度が悪いと言われそうな予感。機種にもよるのかな。試したのはtouch 2Gです。

残念なのがテザリング機能。日本では使えません。本当に残念。そろそろデータ通信定額プランが欲しいけどそんな帯域余ってないんだろうなあ。
JailbreakしてPdanetとか考えてしまう所ですが、iPhone 3G SでJailbreakする気は無いのでこれは諦めるしか無さそう。
その内対応してくれる事を願ってます。

あと変更点は紛失したiPhoneを探す機能とリモートワイプだろうか。遠隔操作の機能。
iPhoneをどこかに忘れてしまった時にMobileMe経由でiPhoneにメッセージを送信したり音声を再生する事ができる。
MobileMe側ではiPhoneが今どこにあるのかを地図表示してくれる(MobileMe側で設定が必要)。

リモートワイプはデータを遠隔消去して初期設定に戻す機能。

アップル – MobileMe – 新しい機能により、MobileMeはこれまで以上にiPhoneに欠かせない存在になります。

これはセキュリティ的にMobileMeでないといけないんでしょうね。あとはプッシュ機能も必要だからかな。
MobileMeはフリートライアルで利用していましたが、お世辞にも快適では無かったので考え物です。
利用している友人にメッセしてみたら「遅延はまだあるけど昔程じゃない」との事。
携帯電話を落とした事は無いし、とりあえずiPhone 3G Sを買ってから考えます。

WWDC09_04.jpg

次はMac OS X Snow Leopard。Leopardのブラッシュアップ版ともいえるOSです。

随所に高速化が計られ、DockからアプリごとのExposéができるようになったりStack内でフォルダを辿ったりと嬉しい新機能もあり。

アップル – Mac OS X Snow Leopard – ユーザーエクスペリエンスに、さらなる磨きを。
アップル – Mac OS X Snow Leopard – Enhancements and Refinements
これでアップグレードが29ドルだから驚きです。Keynoteでは新規129ドルから1が跳ねてどこかへ行ってしまう演出が受けていました。

iPhoneにばかり目が行ってしまいますが、こちらも楽しみにしています。

WWDC09_05.jpg

そして待ちかねた次世代iPhone。iPhone 3G Sです。
正直iPhone OS 3.0とiPhone 3G Sのメモ。 – iPhone.goodegg.jpこの記事以上に上手くまとめられる自信は無いので詳しくはgoodeggさんの記事を参照してください。
あとはやっぱり公式サイト。アップル – iPhone – iPhone 3G S 新機能のすべて
発売が近いので詳しいことは買ってからやろうと思います。もうそんな時期です。もうじきお目見えですよ。発売は秋予想だったので早い早い。

実の所、新機能の動画やボイスメモやデジタルコンパス等、俺はおそらく使いません。
マップアプリとコンパスの連携も機能を停止できたらいいなと思っています。方向音痴なので北が上じゃないと逆に迷ってしまう情けなさです。

iPhone 3Gを買わなかった理由は大きな所で3点ありました。コピペができないこと。プッシュメールに対応していなかった事。他社携帯との互換性。
コピペは解決。プッシュメールも解決。互換性(というかメールがPCメール扱いになっていた点)は既に解決している。
他にも不満な点を挙げたらいくつも出てきます。しかし、今回の一連の発表で、それらを無視してでも欲しいと感じました。
あとは割賦が残り3ヶ月なので、機種変更の頃合いだったのも大きいです。

すぐに手に入るといいけど、予約した方がいいんだろうか。米AT&Tでは初回出荷分の予約が終了したらしい。
そもそも予約なんて受け付けてるのかな。近い内にSoftBankショップに行かないと。

という事で私的まとめ。久しぶりに興奮したWWDCでした。

広告

外付けDVDドライブを買ってきた。

Eee PCを購入したので、小さい外付けのDVDドライブが欲しかった。
どれにしようかと調べていたら、MacのDVDドライブが故障している事に気付いた。
リードはもたつくものの大丈夫。ライトはデータを書き込む辺りでドライブがエラーを返すようになった。

(あんまり使ってないのに)寿命っぽいなと思い、DVDドライブを買ってきました。Eee PCでも使えるように小さいのを。
iMacは新型期待なので修理には出さずこのまま放置決定。スロットインはやっぱり壊れやすい印象だなあ。


“BUFFALO DVD-RAM/±R(1層/2層)/±RW対応 USB2.0用 外付けポータブルDVDドライブ DVSM-P58U2/B-WH” (バッファロー)

近所の電気屋で購入。バスパワーとACアダプタ両方で使える。

試しにDVDを2,3枚ライトしてみましたが動作良好です。リード/ライト共に速度に不満がありますが、こんなもんでしょう。

ライティングソフトもroxioの簡易版が付いてきました。実家にB’s GOLDがあるのでそっちを使う予定。MacはToastで。

外付けDVDドライブって初めて買いました。今まで内蔵のバルクしか購入した事が無かった。
電気屋に行った時、真っ先にバルクのドライブを物色して外付けケースを探していました。

俺は7980円で購入しましたが、amazonだと現在5980円です。大失敗。

バッファローの外付けHDD「HD-CEU2」シリーズに不具合があるそうです

バッファローの外付けHDDに不具合:ITpro

バッファローは2009年1月22日、2008年7月から販売している外付けハードディスク製品の一部に不具合があったと発表した。不具合が判明したのは「HD-CE500U2」「HD-CE640U2」「HD-CE750U2」「HD-CE1.0TU2」の4製品。同社では該当製品を所有するユーザーに対して、対策アップデートを実施するよう呼びかけている。

この問題はWindows利用時に限られるそうですが、バッファローではMac OSユーザーに対してもアップデートの適用を推奨しているとの事。

b_hd-ce10tu2_01.jpg

ええええええええぇぇぇ…

バッファローの公式発表はこちら。
 外付けハードディスク「HD-CEU2」シリーズについて大切なお知らせとお詫び

で、本件のQ&Aの中に「Mac OSは、不具合はおきないのですか?」という質問がありました。

b_hd-ce10tu2_02.jpg

Macではよくあること。今更むかついたりしない。
この外付けHDDに関してはWin&Mac両対応を謳っているんだから対応するべきだと思いますけどね。

ファームウェアのDLページはこちら。

 対策アップデート方法とファームウェアバージョンの確認方法

投げ売りのごとく山と積まれていたのでつい買ってしまいました。iTunesのライブラリを移して、古いのはどうしようか考えていた所です。

中のHDDでは無くガワの話なので、データが消えたりする事は無いようです。心配な人はバックアップを。
HDDのフォーマットがWindowsでは読めない形式でも、HDD自体は認識するのでファームウェアのアップデートは可能です。

早速やってみました。事前にHDDを接続しておいてください。接続するのはこのHDDだけ。
なお、実行環境はvmware fusion上のWindows XP SP3です。

b_hd-ce10tu2_03.jpg

FWをダウンロードして、hd-ceu2_rev300jp.exeをダブルクリック。フォルダが出来るので開く。

b_hd-ce10tu2_04.jpg

CEU2_FWUP_30.exeをダブルクリック。

b_hd-ce10tu2_05.jpg

HD-CEU2シリーズF/Wアップデートが起動します。WindowsがHDDを認識していればF/Wのアップデート対象は自動で選択されているはずです。
選択されていたら更新をクリック。

b_hd-ce10tu2_06.jpg

完了のダイアログが表示されたらOKをクリックして終了。ポインタ表示せずにスクリーンショット撮影したら良かった。
公式の手順ではWindowsも終了してくれとありました。そうするとHDDの電源も落ちて再起動するからだろうか。
俺はvmwareでやったので、メニューバーからHDDを切断してそのままMac側に認識させました。問題なく使えています。

このHDDはTime Machine用に購入したので、Windowsで使う事はまず無いんですけどね。何だか気になるので一応やっておきました。

追記

何だか前後で用途が食い違っているので一応追記。なんたる気恥ずかしさ。
iTunesライブラリとTime Machine両方で使っています。Time MachineはLANディスクを買ってTime Capsuleっぽく使えるようになったら移行する予定です。