Nebulous Notes Ver.5.1.2 – アイコン変更等

Nebulous Notesがバージョンアップしています。今回の主な更新内容は、アプリアイコンの変更と同期時のコンフリクトの解決です。

有料版の価格はよく変わるので、購入時に確認してください。

Nebulous Notes (for Dropbox) 5.1.2

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 450円(サイズ: 5.9MB)
販売元: Philip Dhingra
リリース日: 2010/08/09

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

Nebulous Notes Lite 5.1.2

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 5.9MB)
販売元: Philip Dhingra
リリース日: 2010/09/26

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

引用元:App Store -Nebulous Notes (for Dropbox)

バージョン 5.1.2 の新機能
You’re gonna love the new icon! Please update your reviews. 5-star reviews help keep the updates coming! – Phil

★ 5.1.2

MAJOR UPDATES
– Dropbox-like conflict resolution (should make syncing more stream-lined)
– New App Icon

MINOR UPDATES
– Performance tuning, should be faster for everybody
– Retina graphics for iPad
– Fixed color picker
– Better crash-protection and crash-reporting
– Copy-paste pastes plain text in emails (like it used to)
– Brightness-control is system-wide
– Added “American Typewriter” font

注:今回修正関連のアップデート内容については説明を省きます。不正終了を発生させる手段が見つからないので確認できませんでした。

アプリアイコンが新しくなった

nnote_icons_20120602

アプリアイコンが新しくなりました。右が新アイコン。Twitter(@nebulousapps)では少し前からこのアイコンが使われていました。好みの分かれる所なのでなんとも。ステッチが無くなってシンプルになりましたね。以前のアイコンは少し白く飛んでいる気がしたので、この色身は好きです。

iPadのRetina対応

約3ヶ月振りのアップデートなのでようやく対応。

クラッシュレポート追加

nnote01

設定のAdvanced→More Optionsにクラッシュレポートを送るかどうかの設定が追加されています。デフォルトはオフ。過去バージョンでも確実に落ちるような所は2ヶ所ぐらいしか無かったので(修正済)あまり使う事は無さそう。

明るさの設定をiOSの設定に

明るさの設定範囲が、アプリ内限定からiOS全体に変更されました。アプリ内の設定で明るさを調整するとiOS設定にも反映されます。逆も同様。個人的にはiOSの設定より少し暗くしていたので、この変更はいらなかった。

フォントにAmerican Typewriterを追加

nnote_02

American TypewriterとAmerican Typewriter Boldが追加されました。

あとがき

正直アイコンが変わった以外で特に意識する所はありませんね。これまで以上に余計な事を気にせず使えるようになったという所でしょうか。

Nebulous Notesについては過去に書いた記事をまとめているので、基本的な使い方はそちらをどうぞ。量が多くなってきたのでいつかまとめたい。
Nebulous Notesまとめ

公式のマニュアルはこちら。バージョンごとの変更もまとめてあります。
nebulousapps.net/manual/

Nebulous Notes Ver.5.0 – 自動同期・マクロバー多段表示等

Nebulous Notesがバージョンアップしています。今回の主な更新内容は。バグ修正とマクロの追加です。矢印キーの長押しで連続移動も便利。

Nebulous Notes (for Dropbox) 5.0(¥350)

Nebulous Notes (for Dropbox) 5.0(¥350)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: ¥350
発売日: 2010/08/09
+ iPhone/iPadの両方に対応

Nebulous Notes Lite 5.0(無料)

Nebulous Notes Lite 5.0(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: 無料
発売日: 2010/09/26
+ iPhone/iPadの両方に対応

レビュー前の説明書き

今回のアップデートの前にVer.4.8がリリースされていました。マクロバー(キーボードユーティリティーバー)の多段表示や大幅なUIの変更はその時に実装されていました。ただバグが多く動作が不安定なのでレビューしませんでした。
今回はVer.4.8と5.0両方のアップデート内容を同時にレビューしていきます。

今回の更新内容

引用元:iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 Nebulous Notes (for Dropbox)

バージョン 4.8 の新機能
Please update your reviews, as fresh, 5-star reviews on iTunes keep indie developers like myself working! – Phil

MAJOR UPDATES
– Sync multiple files at once
– Automatic syncing
– More intuitive file manager
– Rename/move files
– Now you can have multiple lines of Macros with $separator

MINOR UPDATES
– Now you can use TextExpander and Macros in the file name box
– MarkDown previews are in the same formatting as your editor
– More intuitive full-screen buttons

引用元:App Store – Nebulous Notes (for Dropbox)

バージョン 5.0 の新機能
Please update your reviews, as fresh, 5-star reviews on iTunes keep indie developers like myself working! – Phil

★ 5.0

– Pinch-to-zoom now works consistently
– Multi-line macros work consistently
– Added $select macro for keeping selection in tact while using arrow macros
– You can now press and hold arrow keys
– Added more Retina graphics

Dropboxと自動で同期するようになった

これまではSyncボタンから同期をしていました。

ファイルマネージャが改善された

より直感的に、と書いてありますが最初は戸惑いました。理解すると便利です。

nns50_01

編集画面からFilesボタンタップでファイルマネージャが開きます。ファイル名の右端に同期状態を表したアイコンが表示されています。

  • ?はアプリ内にはダウンロードされているけど、扱いが決まっていないファイル。
  • くるくるした矢印は同期されているファイル。
  • 雲に下向き矢印はダウンロードされていないファイル。

「扱い」というのは、ファイルを同期する時に、Dropboxサーバ上か、アプリ内に保存されたファイルのどちらを最新とするかを決める事。以下のようなダイアログが表示される。

nns50_02

Uploadならアプリ内のファイルをDropboxサーバへ上書き。DownloadならDropboxサーバにあるファイルでアプリ内のファイルを上書きします。この操作はやり直しできません(Dropbox側で書き戻しはできます)。

この操作は初回同期時と、Nebulous Notes以外でファイルが編集された時にも表示されます。

ファイルの名称変更や移動ができるようになった

nns50_03

ファイルマネージャでEditボタンをタップするとRename/Moveというボタンが出てくるのでタップすると、

nns50_04

ファイル名の変更ができます。名前を変更してOK。ちょっとわかりにくいのですが、この状態でファイルの移動もできます。

nns50_05

移動したいディレクトリを表示した状態でOKボタンをタップするとファイルが移動されます。キーボードが表示されているのでとてもわかりにくいし操作し辛い。iOS5.0では日本語キーボードに予測変換バーが常時表示される上に、マクロバーを表示しているともう何が何だかわかりません。
キーボードは一度左上ボタンで上のディレクトリに移動したりすると非表示になります。

マクロバーの多段表示に対応した

新たに$separatorというマクロが追加されました。Ver.4.4までの$hop()マクロの代替です。マクロ一覧で改行したい所に$separatorを追加できます。複数追加可能。編集画面でマクロバーを上下に動かしてみると、

nns50_06

マクロが多段表示されます。上下に動かして使いたいマクロのある行に合わせて指を離す事で移動ができる。慣れたら$hop()より早いかもしれませんね。

なお、この$separatorマクロの実装によって$hop()マクロは削除されました。わかりやすさやメンテナンス性では$separatorの方が上だと思います。エイリアスを命名できるので、設定のマクロ一覧でも探しやすくなりました。

ファイル名編集にもTextExpanderとマクロが使えるようになった

TextExpander連携とアプリ独自のマクロ機能がファイル名の編集中にも使えるようになりました。

文字列を選択状態にする$selectマクロ追加

新たに$selectというマクロが追加されました。マクロというより、タップすると文字列を選択状態にするユーティリティーです。矢印キーで移動して$select実行、矢印キーで選択範囲の移動ができる。
$selectはマクロ一覧から追加できます。

矢印キーが長押しに対応

マクロ一覧から追加できる矢印キー($left/$right等)が長押しで連続移動できるようになりました。

UIの変更点

Ver.4.8からUIが大きく変わっています。「慣れたら早く操作できるけど独特なUI」から誰にもわかりやすくなったのではないかと思います。

nns50_07

下部ツールバーの3つのアイコンはVer.4.4以前までオーバーレイ表示でした。これからはキーボードアイコンをタップしてキーボードを非表示にしてから操作します。
これまでもオーバーレイ表示させてからアイコンをタップしていたので、操作のステップ数は変わりません。

nns50_08

内蔵辞書に対応

文字列を選択して出てくるバルーンの右向き三角をタップ→defineをタップすると内蔵辞書で検索します。日本語で検索できるのはiOS5からだろうか。

余談ですが、iOS4の頃もInstapaperで英語だけでしたが辞書検索できましたね。内蔵辞書は前から入っていたんだろうか。

その他修正等

  • 編集画面でピンチ/ピンチアウトでフォントサイズの変更ができるように、はこれまでもできましたが、不安定だったのを修正。
  • Ver.4.8で実装された$separatorマクロがとても不安定で、追加してマクロバーを触るとアプリが頻繁に落ちていました。今回リリースのVer.5.0で修正。
  • Retinaディスプレイ対応のUIグラフィックを追加。

あとがき

Ver.4.8から随分変わりましたね。他のテキストエディタアプリに近くなって乗り換え易くなったのではないかと思います。

Nebulous Notesについては過去に書いた記事をまとめているので、基本的な使い方はそちらをどうぞ。
Nebulous Notesまとめ

Nebulous Notes Ver.4.4 – ローカルファイル検索他

Nebulous Notesがバージョンアップしています。今回の主な更新内容は。ローカルファイルの検索と、マークダウンプレビューをメールに貼付けか添付できるようになった点。

この記事を書いている現在無料になっています。
価格はすぐに変更されるので、ダウンロードする時は注意してください。

Nebulous Notes (for Dropbox) 4.4(無料)

Nebulous Notes (for Dropbox) 4.4(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: 無料
発売日: 2010/08/09
+ iPhone/iPadの両方に対応

Nebulous Notes Lite 4.4(無料)

Nebulous Notes Lite 4.4(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: 無料
発売日: 2010/09/26
+ iPhone/iPadの両方に対応

今回の更新内容

引用元:iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 Nebulous Notes (for Dropbox)

バージョン 4.4 の新機能
Please update your reviews, as fresh, 5-star reviews on iTunes keep indie developers like myself working! – Phil

★ 4.4

– Search all local files at once
– Send Markdown as attachments or inline emails
– Removed RTF Preview

ローカルファイルの検索ができるようになった

nnote440_03

Dropbox内ではなくローカルに保存されたファイルの検索ができるようになりました。ファイル内テキストの検索もできます。

プレビューからメールが送れるようになった

nnote440_01 nnote440_02

プレビューから本文をメール送信できるようになりました。メール本文に貼り付けか、HTMLファイルを添付するか選択できます。

また、今回からRTF形式のプレビュー機能が削除されています。前回のバージョンでMathMLも削除されました。

Dropbox内ファイル一覧のソートができるようになった

更新が新しい、古い、A-Z順からソートできるようになっています。

Nebulous Notes関連記事一覧

Nebulous Notesに関して詳しくは以下をどうぞ。

Nebulous Notes Ver.4.3.2 – テーマとマクロのインポート・エクスポートに対応

Nebulous Notesがバージョンアップしています。今回の主な更新内容は表示設定をテーマとして保存と、マクロのインポート・エクスポート機能です。

Nebulous Notes Lite 4.3.2(無料)

Nebulous Notes Lite 4.3.2
仕事効率化
価格: 無料
2011/05/10
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.2 以降が必要

Nebulous Notes (for Dropbox) 4.3.2(¥230)

Nebulous Notes (for Dropbox) 4.3.2
仕事効率化
価格: ¥230
2011/05/10
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.2 以降が必要

Nebulous Notesについては以前にいくつか書いているので、基本的な使い方はそちらをご覧ください。

今回の更新内容

引用元:iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 Nebulous Notes (for Dropbox)

バージョン 4.3.2 の新機能
Please update your reviews, as fresh, 5-star reviews on iTunes keep indie developers like myself working! – Phil

★ 4.3.2

MAJOR UPDATES
– iPad users now have a left-column split-view in Landscape to look at their files
– Replaced Download/Upload buttons with Sync
– You can import/export your macros
– You can save themes

MINOR UPDATES
– Improved the Help system
– Your cursor position is now remembered in each file
– You can tap “Open in” from Dropbox to open documents in Nebulous
– You can choose a custom background color from a color picker
– This now uses Apple’s built-in preview system for a handful of file types, like PDFs and Word docs
– Neue Helvetica is the default font now
– Added Noteworthy font to options if available
– Macros now work on iPhone in Landscape
– Duplicate names in your auto-saves have subtitles showing the directory

NEW MACROS
– $lword and $rword let you jump words
– $selword selects current word
– $del deletes the next character

iPad用UIで左カラムにファイル一覧が表示できるように

なったのかな?いきなり曖昧ですいません。iPadを持っていないので確認できない。

Download/UploadボタンをSyncボタンに変更

名前が変わりました。機能的には同じ。

nnote432_01

マクロのインポートとエクスポートができるように

これは嬉しい。DropboxのルートにNebulousMacros.txtという名前でエクスポートされます。インポートも同じく。中身はApple標準のplistと同じ書式です。文字コードUTF-8。タグは実体参照。
インポートすると全てのマクロが置き換わります。一度エクスポートして、ファイルを複製してから編集すると良いですよ。

nnote432_02

表示設定がテーマとして保存できるように

これも欲しかった機能。編集するファイルによってテーマを簡単に変更できるようになりました。既存のテーマを上書きで3つまで保存できます。

保存する時は右側のアイコンをタップ。現在の設定を保存するか、デフォルト値にリセットするかを選択できます。

nnote432_03 nnote432_04

各ファイルでカーソル位置が保存されるようになった

編集時に最後にカーソルがあった位置を保存してくれる。他のファイルを編集して、また開き直した時にカーソル位置の場所に移動してくれる。ファイルを開いてスクロールしただけでは保存されまないようです。

Open inに対応

Open inに対応した他のアプリからNebulous Notesで開けるようになりました。俺の環境ではテキストファイルだと一覧に出てこず(他の対応アプリが多すぎるからか)。XMLファイルなら出てきました。

nnote432_05

前景色・背景色をカラーピッカーから設定できるように

テキストと背景の色をカラーピッカーから設定できるようになりました。

nnote432_06

Apple純正のプレビュー機能を仕様するように

特に変化が無いのでよくわからず。

Neue Helveticaがデフォルトフォントになった

見出し通り。

Noteworthyフォントが追加された

Noteworthy-LightとNoteworthy-Boldフォントが追加されました。

ランドスケープモードでもマクロが実行できるように

見出し通り。これは個人的にはいらなかった。長文を書く時はランドスケープモードでフルキーボード表示にして両手でガシガシ書いていたので、この変更でとても書きづらくなった。

ランドスケープモードの時はマクロバーを非表示にするオプションが欲しい。

マクロが追加された

マクロが4つ追加されています。Reference Macrosから1タップで追加可能。

$lword/$rword
単語の先頭か末尾に移動。スペースと改行を認識して移動するので、日本語だとうまく動作しません。
$selword
単語を範囲選択する。同じく日本語だとうまく動作しません。一行を範囲選択するマクロも欲しい。
$del
後方削除。deleteキーと同じ。ちょっと動作が遅い。

あとがき

マクロのインポート・エクスポートとテーマの保存が嬉しかった。マクロはデスクトップで編集して追加できる。TextExpanderのスニペットもデスクトップで編集しているので兼ね合いがしやすくなりました。

欲しかった機能が次々実装されていくのが嬉しいです。
あとは何でしょうね。検索・置換(正規表現)とマクロの拡張ぐらいしか思いつかない。iPad用UIに行番号表示があると良いか。

何だかんだと期待してしまいますね。今回も良いアップデートでした。

如月日記’10 – 御無沙汰日記

feb10_d.jpg

ご無沙汰しておりました。Twitterでは日々独り言をツイートしていたので、生きてるなと確認された方がいらっしゃるかもしれません。
先月の中旬から出張していました。2,3日の予定がトラブルの為に約20日間に長引き、帰ってきてからも自宅に戻らず、全部で一ヶ月間家を空けていました。
現在はうまいこと代休が取れたので骨休めしています。年明けから慌ただしかった。

バタバタしている間にiPadが発表されましたね。発表はiPhoneのみでチェックしていました。ジョブズの登壇が嬉しかった。
所感はまとまったらその内ブログにアップしようかと思っています。何だか整理のつかない点が一つあるので。まあFlash絡みですが。ちなみに書いません。

トップの画像はiPad GUI PSDを使って作りました。iPhone GUI PSDを制作されたのと同じ方の作品です。Flashのプラグインアイコンが含まれていて笑った。

一ヶ月iPhoneだけで生活していました

題記の通り、出張先ではホテル住まいで、最初は2,3日の予定だったのでノートPCを持っていかなかった。
ホテルには無線LAN環境無し。LANケーブルはあったけど使い道が無い。滞在は伸びるばかり。イーモバの契約かMacBookの購入を何度か考えました。
元々テレビを見ない、ここ数年雑誌を読まなくなった。本を買おうにも徒歩圏内に書店が無い。となると3G回線でiPhoneを使うしか無い。
まあ早朝に出て夜遅くホテルに戻る生活なので、あまり自分の時間はありませんでしたが。

とにかく家でやっているような事ができればいいので、RSSリーダーとTwitterクライアントとウェブブラウザとメーラーとSkypeチャットと通話ができれば良かった。
となるとiPhoneのみで問題無いわけで、拍子抜けする程不便を感じなかった。
もちろん帰宅してみてMacで作業していると比べ物にならない効率でした。でも特別ストレスが溜まるような事は無かった。
強いて言えばSkypeで通話できない事ぐらいだろうか(今はfringで3G回線上でのSkype通話ができるようになりました)。

iPadの発表時はMobile Safariでmacwebcaster.comさんの同時通訳チャットを見ていました。Appleの公式サイトが更新されて、iPadの動画もiPhoneから見られた。問題無し。

RSSリーダーは相変わらずBylineを使い、Twitterクライアントも変わらずTwittelator Pro。ブラウザはMobile Safariを。メーラーは純正アプリともう一つ(全くおすすめしないので何かは書きません)を使っていました。SkypeはオリジナルのSkypeアプリ。

RSSリーダーはGoogle Readerを使っていて、iPhoneアプリでは読みたい記事にスターをつけるだけ。その場で読みたければ読める。共有とかこの時点ではしない。
Bylineは他のアプリと比べて機能的に見劣りしますが必要十分です。一年以上使っているので手に馴染んでいるというのもある。
今からRSSリーダーアプリを選ぶなら他のアプリにするでしょう。

インプットからアウトプットまでのフローはその内まとめたいと思っています。他のブログの記事を見て触発された。

他はiPhoneにいくつか映画を変換して入れていたし、読みかけの本もあって暇つぶしには事欠かなかった。
充電にはeneloopのバッテリーを。


“SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2AS” (三洋電機)

ただ、


“SANYO NEW eneloop スティックブースター USB出力専用ブースターセット(単3形2個セット) KBC-D1AS” (三洋電機)

出張中にこれが出て何ともいえない気持ちになりました。いいですねこれ。これ単体でeneloopの充電ができないのがネック。だからこその省スペース。日帰りや一泊ならこれで決まりでしょう。

iPhoneはアプリが豊富で良いです。アプリを探す事すら楽しい。
重度のネット依存症なので、今でも普通の携帯電話を使っていたら、ちょっと耐えられなかったかもしれない。

MotherAppに依頼していたアプリが審査で弾かれました

MotherAppに依頼していたアプリがApp Storeの審査に弾かれました。
MotherAppによると、ブログのアクセス数が関係しているとのことでしたが、他のMotherAppのブログアプリを見るとそうでも無かった。
何が問題だろうと考えて、すぐに思いついた。

feb10_01.png

赤丸の記事はJailbreak関連記事です。これに限らず過去記事にもたくさん。多分これが一番の問題なんだろうなと思いました。
そういえば半年ぐらい前まではほぼJailbreakネタメインのブログだったなと思い出した。

こんな記事も。
米Apple、JailbreakハッカーたちのApp Storeアカウントを一斉排除か | パソコン | マイコミジャーナル

仕方ないかなと思いました。考えたらわかりそうなものです。MotherAppには余計な仕事をさせてしまったと思います。ごめんなさい。

このMotherAppですが、ブログをiPhone等のモバイル向けアプリ化してくれるサービスです。手続きをするとこんなメールが届く。必要なものを提出するとApp Storeへサブミットして公開まで全部やってくれる。

以下はメールの一部引用。

このiPhoneブログアプリは、無料で広告バナーが付いています。広告システムが立ち上がりましたら、バナー表示にかかる収益はお客様と弊社にて配分致します。 広告を非表示に設定することも可能ですが、この場合は年1万円の手数料を頂戴しております。

広告バナー表示/非表示を選択してください。

お客様のアプリを生成するには下記が必要です;
1)57×57サイズのpngフォーマットのiPhoneアイコン
2)512×512サイズpngフォーマット画像(AppStore用)
3)320×460サイズのアプリ起動時pngフォーマット画像
4)お客様のブログのRSS
5)お客様のブログの説明文
6)ブログのタイトル(漢字五文字もしくはアルファベット10文字)
7)twitterとyoutubeアカウント(お持ちであれば)
8)他ブログのRSS(お持ちであれば)

よろしくお願い致します。

という感じ。ちなみに、

feb10_02.png

アイコンはこんなのでした。

このサービス。結局は一般向けとしては広告収入・手数料収入・宣伝目的で、本命は企業向けなのでしょう。それ自体は面白い試みだと思います。
俺が知りたかったのは、こうして個人のブログアプリが増える事で、何かが変わるのかという事でした。
超有名なブログではなく、普通のブログが次々アプリ化される事によって、何か新しい変化が起きないかなと期待していました。
どう変わるのか。上記した目的以外に何があるのか。いまいち想像が付かないので俺も参加してしまえと思いました。自分のアプリが公開されたら、それだけでも嬉しいし。

という、ちょっとした下心があったので当たり前の事に気付けなかった。

MotherAppのアプリはたくさん公開されているので、どんなものか確認したい方はMotherApp – App Storeからどうぞ。

あとがき

という事で、一ヶ月以上更新していない間はバタバタしていました。
代休はまだ続くのであと何度か更新したい。


“swingin’ street 4” (dorlis, dorlis × コトリンゴ, dorlis × chihiRo(JiLL-Decoy association), dorlis × 土岐麻子, dorlis × quasimode, dorlis × paris match, dorlis × Likkle Mai, dorlis × INO hidefumi, Likkle Mai)

dorlis – swingin’ street 4 – iTunes Store

最近のおすすめ。土岐麻子につられてiTunes Storeで購入。これは買って良かった。