Nebulous Notes Ver.6.0 – URLスキーム、マクロ同時実行対応

Nebulous Notesがメジャーバージョンアップ。大幅な変更がされています。特にURLスキームの実装と、マクロの同時実行が便利。

Nebulous Notes (for Dropbox) 6.0

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 450円(サイズ: 10.8MB)
販売元: Philip Dhingra
リリース日: 2010/08/09

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

Nebulous Notes Lite 6.0

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 10.8MB)
販売元: Philip Dhingra
リリース日: 2010/09/26

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

引用元:App Store -Nebulous Notes (for Dropbox)

バージョン 6.0 の新機能
Lots of goodies in this update. Please update your reviews, as 5-stars help keep indie devs like myself working!

☁ 6.0

UPDATES
– UI Facelift
– Search Dropbox
– Live Word/Char/Line Count
– Copy Dropbox Link
– Save to Evernote
– One-click access to Markdown, Close File and others
– Scratch Pad
– Chain Macros together (i.e. $top$date\n\n)
– “Open Folder” added to file actions
– Set Margins on iPad
– RTF Editing is back
– Layout optimized for next iPhone
– New Macros: $copy, $cut
– New Launch Center Pro Commands:
. nebulous://
. nebulous://new
. nebulous://new?contents=some%20string
. nebulous://path/to%20file.txt
. nebulous://path/to%20file.txt?append=some%20string
. nebulous://path/to%20file.txt?prepend=some%20string

UI変更

nns60_01

見た目が新しくなりました。

Dropbox内の検索

nns60_02

新たにSearchタブができました。検索対象は以下の3つ。

  • ファイル名
  • フォルダ名
  • ファイル内

ファイル内検索の対象は、同期しているファイルに限られます(ローカルのファイルを含む)。全ファイルのファイル内を検索しようとすると、Dropbox APIでは無理なので、全ファイルのキャッシュでも作らないとまともに使えません。諦めるしかないんだろうか。

検索結果をタップすると、ファイルを開き、ファイル内一致の時は、その位置に移動します。

単語、文字、行数がリアルタイムでカウントされるようになった

nns60_03

設定のMore OptionsからLive Statsの項目をオンにする必要があります。

ドロップボックスの共有リンクをコピーできるようになった

キーボードを非表示にして、左下のアクションボタンからShare→Copy Linkをタップ。Dropboxの共有リンク(URL短縮されたもの)がコピーされます。

Evernoteに保存できるようになった

キーボードを非表示にして、左下のアクションボタンからShare→Save in Evernoteをタップ。認証を済ませていないと、Evernoteの認証画面が表示されます。設定のMore OptionsのSecurity OptionsからもEvernoteの認証ができます。

保存先はデフォルトノートブックです。タイトルは拡張子を抜いたファイル名。タグの設定はありません。また、保存する度に新しいノートが作られ、上書き保存できません。

下部メニューにワンクリックボタンが追加できるようになった

nns60_04

設定のMore OptionsのOne-Click Iconsから。追加できるボタン機能は4つ。

nns60_05

  • スクラッチパッド
  • プレビュー
  • Evernoteに保存
  • ファイルを閉じる

スクラッチパッドをタップしてアプリが落ちる時は、Dropboxのルートにscratch.txtを作成しておけば落ちなくなるかもしれません。俺はiOS6で落ちたので、iOS5.1.1の端末で作成しました。

その後落ちなくなったので、おそらくファイル作成の時にエラーが発生してるんだと思います。

スクラッチパッド

で、そのスクラッチパッドは何かというと、1タップで呼び出せるメモ書き用のファイルです。ただ1タップで呼び出せるというだけで、他のファイルと変わりありません。

マクロを繋げて同時に実行できるようになった

これは嬉しい。$top$dateなんてやると、一番上の行に日付を入れてくれる。一行を括弧で括りたい時は、行選択して括弧で括る($line「$sel」)操作が1タップで完了。

行を複製したい時は$line$cut$paste$pasteでいけます。行頭行末のマクロが欲しいところ。随分使い勝手が良くなりました。

ファイルアクションにOpen Folderが追加された。

nns60_06

タイトル部分をタップすると出てくるメニューからフォルダが開けるようになりました。

iPad版にマージンがセットされた

iPhone版と同じく編集画面の端に余白が用意された(はず)。これがあると範囲選択が楽です。

RTF編集が復活した

プレビューにリッチテキストモードが復活しています。

iPhone5用にレイアウトを調整

いわゆるiPhone5対応。

マクロに$copyと$cutが追加された

名前の通りコピーとカットをするマクロです。ペースト($paste)は過去のバージョンアップで追加されています。

URLスキームが実装された

遂にきました。最近大流行のURLスキーム対応。Launch Center Pro Commandsなんて書いてありますが、他のアプリからも当然起動できます。

その前に、これ書こうと思っては忘れていたのですが、fixnebulous:は、状態をリセットして起動するスキームです。長大なファイルを開いてアプリが落ちた時などに使う為のスキーム。単にアプリを起動するものではありません。

今回実装されたのはnebulousスキーム。パラメータを追加するなどして、6種類の起動ができます。

nebulous://
起動するのみ。
nebulous://new
起動して新規ファイルを作成して開く。newパラメータで作成したファイルはローカルに保存されます。ファイルアクションからSave Asボタンをタップして好きなフォルダに保存できる。
nebulous://new?contents=some%20string
新規ファイルに文字列を追加。文字列はURLエンコードが必要です。
nebulous://path/to%20file.txt
指定したファイルを開く。フォルダ、ファイルが存在していること。無い場合はエラーになります。新規作成はしてくれない。
nebulous://path/to%20file.txt?append=some%20string
指定したファイルを開き、後方に文字列を追加。アプリ内にキャッシュしているファイルのみ
nebulous://path/to%20file.txt?prepend=some%20string
指定したファイルを開き、前方に文字列を追加。アプリ内にキャッシュしているファイルのみ

その他

新機能は以上です。その他バグ修正あり。詳しくは公式のマニュアル(英語)をどうぞ。

Nebulous Notesについては過去に書いた記事をまとめているので、基本的な使い方はそちらをどうぞ。

あとがき

メジャーバージョンアップで随分と機能強化されています。Twitterでユーザーとやり取りしているのを何度か見かけていたので、URLスキームが実装されると知って期待していました。

個人的には複数のマクロを一度に実行できるのが嬉しい。URLスキームは、指定したファイルが無ければ新規作成が良かったなあ。ちなみにTextforceはその仕様です。

広告

Evernote Devcupが面白い

タイトルの通り。今日は仕事が暇だったので、あまり大きな声では言えませんが、空いた時間にEvernote Devcupを見漁っていました。

数十ページ見たので、どうせならメモを残しておこうと思います。面白いアプリやサービスがたくさんありました。


KustomNote

Evernoteノートのテンプレートエディタ。作ったテンプレートを適用したノートを作成できる。テンプレートは公開したり、他のユーザーが作成したものも使える。少し使ってみたらエラー頻発。日本語がダメなのかも。あと日本語化しているけど機械翻訳。



ViDia | The Evernote Devcup¬es=

ダイアグラム作成ツール。ノートも置けるのでわかりやすく図示したリンク集が作成できる。



Evernotify¬es=

ノートの内容を指定日時にメールで知らせてくれるサービス。



Snappi | The Evernote Devcup¬es=

スクリーンショットやファイルを素早く共有するMac用アプリ。専用の短縮URLが生成される。



EverPlayer | The Evernote Devcup¬es=

ノートの本文を読み上げるAndroidアプリ。他事してる時、音楽を聴くように記事を聴くとかなんとか。ウェブページをクリッピングしている人向け。



Eversong – Remember your music moments | The Evernote Devcup¬es=

再生している曲情報を元にノートを作成するiOSアプリ。Last.fm的な事ができるわけではない。メモを書けるようにしてくれると便利そう。



Geeknote – a command line client for Evernote | The Evernote Devcup¬es=

コマンドラインで操作するEvernoteクライアント。連携させる時にあると便利そう。



Ilya Stepanov | The Evernote Devcup¬es=

SMSをEvernoteにバックアップ(自動でできる)するAndroidアプリ。Evernoteでなくていいんだけど、iPhoneでSMSを自動バックアップする仕組みは欲しいな。



Evermarks | The Evernote Devcup¬es=

ブラウザブックマークをEvernoteノートと同期するChrome拡張。



Evernote Analytics | The Evernote Devcup¬es=

ノートを解析してワードクラウドを表示する等してくれるウェブサービス。これはアプリが欲しい。結果をノートに書き出してくれるといいな。



EverCode | The Evernote Devcup¬es=

ソースコードをシンタックスハイライトしてノートに保存するMac用アプリ。検索も可能。



Explain a Website | The Evernote Devcup¬es=

スクリーンキャストを作成するiPadアプリ。撮影はアプリ内ブラウザのみ。書き込みできるので、ハイライトや説明を入れたりできる。



Enwiki | The Evernote Devcup¬es=

Evernote内にWikiを作る。Windows用



NowNotes | The Evernote Devcup¬es=

クリップした元のコンテンツが更新されたらノートも書き換えてくれるウェブサービス。クローズドベータだけど、公式サイトを見た感じではスマートフォン向けのレイアウトもあるみたい。これ早く使ってみたいな。



Event noted. | The Evernote Devcup¬es=

ノートのタイトル末尾に日時、タグにeventを付けたらカレンダーに登録してくれる。メールで通知もあるらしい。これは便利。



Eveblo | The Evernote Devcup¬es=

evebloタグを付けたノートをBloggerにアップロードするウェブサービス。これいいな。WordPressにも欲しい。



Clarify | The Evernote Devcup¬es=

スクリーンショットに注釈を付けてノートに保存。Mac、Windows専用アプリ。


あとがき

まだ全部見たわけじゃないですが、使ってみたいものがたくさんありました。Evernoteでタスク管理できるアプリで有力なのが今無いので、盛り上がってほしい所です。今日見た中に2つほどありました。

他にはEvernoteをブログエディタ。またはブログとして公開するサービスがあったりで面白い。既に公開されているものがたくさんあるので興味のある方はどうぞ。

なお、この記事はDeliciousHtmlで作成しました。とても便利。これで生成したHTMLをエディタでプレビューしたものをコピーしてMS2ENでEvernoteに保存したりしています。

Happy-Go-Lucky: [iPhone][MarsEdit] 今週末は Dpub だから DeliciousHtml を Webアプリにした
これ使う為にDeliciousのアカウント作った。

MyScriptsでZen-Codingできるスクリプトを作った

iPhoneでもZen-Codingを使いたかった

これに尽きる。iPhoneのモブログ環境はかなり充実している。こんなに充実している環境は他に無いんじゃないかと思う。でも、望み過ぎとは思えど、Zen-Codingみたいなものがずっと欲しかった。簡単だもの。

前置き終わり。基本的にHTMLのマークアップ用途を考えて作りました。もちろん他にも使えますが、以下もHTMLが基準で説明しています。

Zen-Coding for MyScripts

というわけで作りました。今は亡きDisplay Recorder for App Storeで動画を撮ったので御覧ください。


Zen-Coding for MyScripts

よく使うだろう2種類だけ使えるようになっています。

導入

Zen Coding for textareaが必要です。公式サイトからダウンロードできます。

zc4ms_01

日本向けに編集したものをDropboxに置いたのでよろしければどうぞ。html:5jqmというHTML5 + jQuery Mobileのテンプレートをスニペットに追加しておきました。(zen_textarea.js)。

解凍してzc-powered.pngとzen_textarea.jsをiTunesのファイル共有からMyScriptsにコピーしてください。

完了したら(MyScriptsを起動している場合は再起動)、Zen-Coding for MyScriptsをインストールします。ItemExporterも必要なので両方インストールしてください。

なお、過去に作成したスクリプトと一緒にforMyScriptsでも公開しています。

使い方

ヘルプを用意しました。スクリプトを実行すると、下に丸いiのアイコンがあるのでタップすると開きます。

Expand Abbreviationとは

TextExpanderを使っている人は想像しやすいと思います。省略語を入力すると予め用意されているスニペットを展開する。

例えば、入力欄に div と入力してExpand Abbreviationを実行すると、 <div></div> と展開されます。

もう一例。 #main>h1{見出し}+ul>li*3>a[href=“link$”] と入力したらこうなる。(説明用の画像は別のアプリで撮影しています。)

zc4ms_02

これが基本です。それを応用したのが以下。

Wrap With Abbreviationとは

動画でもやっているので簡単に説明します。例えば4行の箇条書きがあったとする。これをULでマークアップしたい。その場合は箇条書きを範囲選択してWrap With Abbreviation実行。すると入力欄が出てくるので省略語を入力。

za4ms_03

こうなります。柔軟ですね。文章をマークアップするというHTML本来の書き方を実践できます。

あとがき

今の所2つの機能だけです。他の機能は使えないのかというと、そんな事は無く、Zen Coding for textareaで使える機能は全て使えるんじゃないかと思います(確認してません)。

やった事はググってコピペがほとんどです。もっと効率よく書けるようになりたい。

最近のホーム第一画面アプリ 2012-06-27版

日々の記録です。長いことまとめていなかったのでささっと。

20120627

相変わらずメモを取るアプリが多い。全部使い分けてると言っても誰も信じない。

1段目

バッジをまとめる1段目。

電話・メールフォルダ

Skype 4.0.1325
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
現在の価格: 無料(サイズ: 18.7MB)

最近流行りのLINEも使ってみたいですが、周りが誰も使い始めない。ただiPhoneで使う回数は減った気がする。俺にかけても出ないからだろうか。

FlickAddress – 連絡先のグループ管理 1.0.7
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
現在の価格: 170円(サイズ: 3.8MB)

連絡帳アプリ。ブックマーク機能とアドレスのインクリメンタルサーチが便利。

Mebia FTP 2.15
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
現在の価格: 170円(サイズ: 2.9MB)

カメラロールの画像・動画をFTP経由で送信するアプリ。MacはLionからFTP設定が無くなったので、使う時はターミナルからFTPサーバを起動して使っています。たまにしか使わないので特に不満は無し。年フォルダ/月フォルダに分けています。

写真管理 SuperAlbum 1.2.0
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
現在の価格: 250円(サイズ: 8.8MB)

カメラロール、SNS等の画像をまとめて閲覧できる正にスーパーなアルバムアプリ。リリース当初はイマイチ良さがわからなかった。Evernote対応した頃から使っています。簡単な画像編集もできて重宝します。

PictShare – multiple photos/movies uploader 3.1.1
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 写真/ビデオ
現在の価格: 250円(サイズ: 2.9MB)

画像の送信は全てこれ。解像度やファイル形式等の設定はプリセットにして保存できるといいな。

Sparrow 1.3
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
現在の価格: 250円(サイズ: 10.3MB)

プッシュ通知問題が未だ解決しないメーラーアプリ。有料でプッシュ通知とか使う気にならないのでどうするかなーと思いつつ、使いやすいので主にこれを使っています。

1段目その他

TapCal (sync with Google Calendar™) 2.2.1
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
現在の価格: 600円(サイズ: 6.7MB)

カレンダーアプリ。アイコンもUIも全て好きです。次のバージョンでGoogle Tasksの階層表示に対応するらしいので楽しみ。

WriteRoom 3.1.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 450円(サイズ: 4.4MB)

テキストエディタアプリ。シンプルなUIながら機能もしっかりしています。MacでWriteRoomと同じ作者のTaskPaperというテキストベースのタスク管理アプリを使っていて、WriteRoomはiPhoneでTaskPaperドキュメントを閲覧、編集する為に使っています。

というとiPhoneにはTaskPaperアプリが無いように聞こえますが、普通にリリースされています。じゃあ何故使わないのか。大した理由ではありませんが、せっかくのテキストベースなのに専用アプリってどういう事だよとちょっと考えたんです。絶対普通のテキストエディタで管理できるだろうと。

実際やってみたらTextExpanderさえあれば十分に管理できています。ざざっとメモしておいて、タスク化するなら頭に”- “と付けるだけ。WriteRoomよりカスタムキーを自由に設定できるNebulous Notesがピッタリかもしれません。

こんな簡単なアプリはありません。テキストベースなのでテキストの編集できるアプリなら何でもよし。バグが多かったり更新が遅かったりするのですが、システムとしてはシンプルであるが故に堅牢。オススメです。という事でWriteRoom関係なくTaskPaperとして使っています。バッジとかいらないんですよ。どうせ何がしか用事はあるし、何気ない事も次々とメモしていくので毎日見ます。

Cue: Know What’s Next 2.0.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 10.2MB)

横断検索サービスGreplinのiPhoneアプリ。サービス名が変わってCueになりました。アプリも大幅にリニューアル。アップデートする時何のアプリかわからなかった。日出日没や気温、天気、カレンダーに登録したその日の予定なんかを1ページに表示してくれます。もちろんメイン機能の横断検索も健在。面白いのでお試しで使っています。

2段目

使用頻度が高い日もあれば、全く使わない日もある。

Camera+ 3.0.2
カテゴリ: 写真/ビデオ, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 85円(サイズ: 21.9MB)

定番カメラアプリ。Ver.3でClarityの色味が変わってがっかり。今後はOneCamのようにボリュームシャッター機能が削られるはずですが、最近アップデートが無いのでまだ使える。

Pocket (Formerly Read It Later) 4.1.1
カテゴリ: ニュース, 仕事効率化
現在の価格: 無料(サイズ: 7.4MB)

完成されていたRead it Laterを捨て、ベータ版だったWebレイアウトや、有料アプリ専用のBookmarkletやモバイルアプリの機能等、諸々全部放り投げて刷新したPocketです。挙句の果てにURLに%が含まれる(日本語がURLエンコードされている時とか)とうまく展開できないバグあり。無駄にURLを短縮する為にストレスがあったりします。

ATOK Pad 4.4.0
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
現在の価格: 800円(サイズ: 35.5MB)

賛否両論あったATOK Padのデザイン刷新も落ち着いてきた感がありますね。これまではアプリ連携で呼び出すだけなので後ろの方にあったのですが、最近は主にEvernoteの特定タグを閲覧する為に使っています。あとはデバイス間でテキストを渡すのに使ったり、一時的な保存に使ったり。

Textforce – Dropbox text editing 2.7.1
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
現在の価格: 350円(サイズ: 1.8MB)

このブログといえばNebulous Notesですが、現在はこれ。よく使うフォルダが2つになったので、ブックマーク機能が必要になったのが一番の理由です。あとはアプリ連携を考えてもTextforceが使いやすい。Nebulous Notesは編集する時だけ使っています。

3段目

これが無いとiPhoneが不便。

Pastebot — コピー&ペースト強化ソフト 1.4.2
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 350円(サイズ: 6.9MB)

コピペユーティリティ。iPhoneの不満の多くをカバーしてくれる。

Evernote 4.2.2
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 20.5MB)

iPod touch 1Gの頃から使っているアプリ。主に検索タブから保存された検索を使っています。これでノートを作成することはまず無い。

GoodReader for iPhone 3.14.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 450円(サイズ: 24.2MB)

ファイラアプリ。とりあえずGoodReaderに入れておけばいいという安心感。いつまで経ってもアイコンが嫌い。

Outliner 3.0.1
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
現在の価格: 450円(サイズ: 1.3MB)

アウトラインエディタ。値頃で一番良いのはこれだと思う。アーカイブしたノートを非表示にできるといいな。フォルダ分けでもいい。アイデア出しに箇条書きみたいに使うこともある。

4段目

下に行くほど日常的に使う。

Sylfeed 2.2.5
カテゴリ: ニュース, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 250円(サイズ: 3.5MB)

多機能Google Readerクライアント。とうとうメインのアプリとなりました。Sylfeed固有の機能が現在では必須になっています。ただ、Reederも好きです。悩ましい。

MyScripts 1.7
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 350円(サイズ: 2MB)

JavaScript開発、実行環境。もはや手放せないアプリとなりました。

【神ツールをうむ神アプリ】MyScriptsスクリプトまとめ【iPhone&iPad】 – NAVER まとめ
詳しくはこちら。俺が作ったものも載せて頂きました。ありがとうございます。

Flipboard: あなたのソーシャルニュースマガジン 1.9.3
カテゴリ: ニュース, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 無料(サイズ: 10.3MB)

SNSやRSSの複合リーダー。上下にフリックしてパラパラめくっていくのが気持ちいいです。出先で時間を潰す時によく起動する。この前のアップデートで日本語に対応しました。

ドック

できる限り私的な用途のアプリを置こうと心がけているドック。ここに電話、メール、スケジュールアプリを置くと、バッジを早く消さないといけないような気がしてくる。バッジの数が合わせて100を超えるとiPhoneを放り投げたくなります。

EverGear – 万能投稿ツール 1.4.0

カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
現在の価格: 170円(サイズ: 4MB)
販売元: Hiroshi Hashiguchi
リリース日: 2012/05/17

iTunesで見る

今回の注目アプリ。Evernote補助アプリです。単なるテキストや画像の保存だけでなく、一つのノートに次々とメモを書き足していける。ひな形を用意しておけば様々な用途に柔軟に対応できる。もちろんURLスキーム対応。ひな形を適用して即入力して送信なんて事もできます。TextExpander、ATOK Padにも対応。履歴もあり。

今回のアップデートでとうとう履歴の再編集機能が追加されました。最近イチオシのアプリです。ノート作成関連のアプリはこれ一つで十分。

Launch Center Pro 1.0.2
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 250円(サイズ: 12.5MB)

リマインダー機能付きのランチャーアプリ。アップデートで少し起動が遅くなってしまいましたが、Launch Centerよりもずっと早いので十分実用的です。これまでの機能に加えて、念願のグループ機能が追加。Promptを使えばテキスト入力のフロントエンドになります。Launch Centerを使っている人は40%オフの今の内に購入をおすすめします。

検索ハブ 2.4
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
現在の価格: 250円(サイズ: 2.3MB)

名前の通り検索のハブとなるアプリ。作者はMyScriptsと同じ@unitkayさんです。先日のアップデートで検索結果を内蔵ブラウザで開けるようになり、しかもブックマークレットが使えるようになりました。

MyScriptsと併せるともはやなんでもありです。アプリ間でデータを受け渡すのにまだまだストレスのあるiOSですが、この2つのおかげで随分自由になりました。

Tweetbot ― 個性派Twitterクライアント (for iPhone) 2.4
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ライフスタイル
現在の価格: 250円(サイズ: 11MB)

Twitterクライアント。アイコンもデザインも特別好きなわけではないのですが、使ってみたら手放せなくなっていました。さすがTapbotsとしかいいようがない。

あとがき

最近はこんな感じ。できれば毎月まとめていきたい。さすがにメモアプリ多すぎなのでどうにかしたい気もする。

メモ

以下自分用メモです。

iTunes Search APIの検索URLが変更された。今まで使っていたURLだとカテゴリ名以外英語で返ってくる。

その他、返ってくるデータにreleaseNotesがセットされていない事があるので判定が必要になった。

アイコンのURL変更がいい加減鬱陶しいので保存してDropboxに置いた。そもそも使っていい画像では無い気がするので、オリジナルで作った方がよさそう。

Nebulous Notes Ver.5.1.2 – アイコン変更等

Nebulous Notesがバージョンアップしています。今回の主な更新内容は、アプリアイコンの変更と同期時のコンフリクトの解決です。

有料版の価格はよく変わるので、購入時に確認してください。

Nebulous Notes (for Dropbox) 5.1.2

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 450円(サイズ: 5.9MB)
販売元: Philip Dhingra
リリース日: 2010/08/09

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

Nebulous Notes Lite 5.1.2

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 5.9MB)
販売元: Philip Dhingra
リリース日: 2010/09/26

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

引用元:App Store -Nebulous Notes (for Dropbox)

バージョン 5.1.2 の新機能
You’re gonna love the new icon! Please update your reviews. 5-star reviews help keep the updates coming! – Phil

★ 5.1.2

MAJOR UPDATES
– Dropbox-like conflict resolution (should make syncing more stream-lined)
– New App Icon

MINOR UPDATES
– Performance tuning, should be faster for everybody
– Retina graphics for iPad
– Fixed color picker
– Better crash-protection and crash-reporting
– Copy-paste pastes plain text in emails (like it used to)
– Brightness-control is system-wide
– Added “American Typewriter” font

注:今回修正関連のアップデート内容については説明を省きます。不正終了を発生させる手段が見つからないので確認できませんでした。

アプリアイコンが新しくなった

nnote_icons_20120602

アプリアイコンが新しくなりました。右が新アイコン。Twitter(@nebulousapps)では少し前からこのアイコンが使われていました。好みの分かれる所なのでなんとも。ステッチが無くなってシンプルになりましたね。以前のアイコンは少し白く飛んでいる気がしたので、この色身は好きです。

iPadのRetina対応

約3ヶ月振りのアップデートなのでようやく対応。

クラッシュレポート追加

nnote01

設定のAdvanced→More Optionsにクラッシュレポートを送るかどうかの設定が追加されています。デフォルトはオフ。過去バージョンでも確実に落ちるような所は2ヶ所ぐらいしか無かったので(修正済)あまり使う事は無さそう。

明るさの設定をiOSの設定に

明るさの設定範囲が、アプリ内限定からiOS全体に変更されました。アプリ内の設定で明るさを調整するとiOS設定にも反映されます。逆も同様。個人的にはiOSの設定より少し暗くしていたので、この変更はいらなかった。

フォントにAmerican Typewriterを追加

nnote_02

American TypewriterとAmerican Typewriter Boldが追加されました。

あとがき

正直アイコンが変わった以外で特に意識する所はありませんね。これまで以上に余計な事を気にせず使えるようになったという所でしょうか。

Nebulous Notesについては過去に書いた記事をまとめているので、基本的な使い方はそちらをどうぞ。量が多くなってきたのでいつかまとめたい。
Nebulous Notesまとめ

公式のマニュアルはこちら。バージョンごとの変更もまとめてあります。
nebulousapps.net/manual/

MyScriptsからEvernoteへHTML形式で送信するスクリプト – MS2EN

Webページをコピーして貼り付け、メールできるMyScripts用スクリプトMS2ENを作りました。メール本文にはHTML形式で貼り付けられます。EvernoteにWebクリップを送信する時に役立つでしょう。

これはなに?

HTML形式でコピーした文章(画像含)をそのまま貼り付けられ、メール経由でEvernoteに送信するMyScripts用スクリプトです。

MyScripts 1.4
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 350円(サイズ: 0.8MB)

メリット

コピー→メールアプリに貼り付けだとフォントサイズが保持されません。MS2ENならそのまま貼り付けられます。また、スクリプトを書き足せばタイトルに日時を入れたり、工夫次第で柔軟に対応できます。貼り付けた内容はDOMで取得できるので、やり方次第で広告の削除を自動化できるかもしれません。

デメリット

コピー→他のアプリからメールアプリのショートカット起動(送信先やタイトルを入力した状態で新規作成)より手順が一つ増えます。この為最速の手順とはなりません。また、コピーしたページのURLやタイトルを取得できません。場合によってはSafariでコピー→リンクをメール→本文にペーストの方が良いです。

導入

NicEditというスクリプトが必要です。以下のサイトからダウンロードしてください。

NicEdit – WYSIWYG Content Editor, Inline Rich Text Application
中段右側のDownloadから。オプションはそのままでOKです。

ZIP形式でDLされるので解凍して、フォルダの中にあるnicEdit.jsというファイルをiTunesのファイル共有からMyScriptsにコピーしてください。WYSIWYGエディタとして使う人はnicEditorIcons.gifも入れておくと良いでしょう。iOSだとあまり相性がよくありませんが。

次に以下のリンク集からMS2ENをiPhoneでタップ。

forMyScripts

MyScriptsが起動します。そのまま保存ボタンタップでもいいですが、設定も済ませましょう。ゴチャゴチャした文の真ん中辺りに以下のような一文があります。

ms2en_01

mailto:メールアドレス?subject=タイトル @ノートブック #タグ

このメールアドレス、タイトル、ノートブック、タグを、それぞれEvernote送信用アドレス、ノートのタイトル、保存したいノートブック名、付けたいタグ名に書き換えてください。タイトルはスクリプトを書き足して日時を生成するようにしてもいいでしょう。

これらの入力を済ませておけば次回から入力の手間が省けます。というより、これをやっておかないとコピー→メールアプリ起動→新規作成→貼り付け→アドレス、タイトル入力と大差無くなります。コピー→MS2EN起動(ショートカット)→貼り付け→送信ボタンで完了と、実質コピペだけで完了させるのが趣旨です。

使い方

設定が済んだので使ってみましょう。適当なウェブページを開きます。ブラウザアプリ以外でもTwitterやRSSリーダーなどの専用アプリでも、本文がコピーできればどれでも使えます。

ms2en_02

コピーしたらMS2ENを起動。Touch Icon Creatorでもランチャー系のアプリでも、素早く起動できる手段があると良いです。俺はFlashLaunch(ストアから削除済)で通知センターから起動しています。

送信、削除と2つボタンがある下に入力欄があるので、そこにペーストします。入力欄は編集可能なので、いらない所は削除したり、メモを書き足したりもできます。削除ボタンで全て削除します。送信ボタンをタップするとメールアプリが起動して、入力欄の内容が本文に貼り付けられます。そのまま送信してください。

ms2en_03

以上です。

あとがき

当初作ろうとしていたものと全然違うものが出来上がりました(本当はリッチテキストエディタみたいなのを作っていた)。まあこれはこれでいいかなと思うので公開します。

スクリプトの成り立ち上、内容が非常に見づらく編集もしづらいので、書き換える時はこっちを使ってください。MyScriptsで使う時はエスケープ処理と冒頭に2行書き足す必要があります。

MS2ENソース

iCab MobileがReadabilityに対応

iCab MobileがアップデートでReadabilityに対応しました。お気に入りリスト以外はiCab Mobile内で完結するので使い勝手が良いです。

iCab Mobile (Web Browser) 5.5

カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
現在の価格: 170円(サイズ: 4.6MB)
販売元: Alexander Clauss
リリース日: 2009/04/21

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

IMG_0601

Readabilityアイコンが追加されました。上下ツールバーのアイコンは設定から好きなように配置できます。もちろん削除することもできる。

IMG_0602

タップするとメニュー表示。ここか設定からログインできます。ログインしなくてもリーダーで表示だけは使える。

IMG_0603

Readability機能は設定にも追加されています。ログアウトはここから。

IMG_0607

一度表示したページは既読タブに移動されます。Readabilityで言うところのアーカイブです。

あとがき

Readabilityアプリのリリースに合わせて連携機能追加です。全ての操作がアプリ内で完結するのは良いですね。同日リリースされたReadabilityアプリと違って全文ダウンロードはしてくれないので使い分けできそうです。

俺はiCab MobileのホームページをRead it Laterの未読リストにしていたのですが、この機能があるならReadabilityへの移行も考えられそうです。しばらく使い続ける事にしました。