Pwnagetool 3.0リリース

pwnagetool30.png

今の所Mac版だけ。Mac版QuickPwnやWindows版はもうすぐリリースするとのこと。
詳しくはDev-Team Blog – trois, drei, три, három!をどうぞ。これまでと注意事項に差は無いようです。
特記しておくべきは、iPhone 3G Sでは使えないということ。

追記:もう一つ。touch 2Gはサポートしていないとのこと。iPhone 2Gと読み間違えてました。

iPod Touch 2G (New iPod Touch)

Sorry, no support at this time within PwnageTool, use Redsn0w for an earlier (pre 3.0) firmware release instead.

更に追記:redsn0wもリリースされました。QuickPwnの後継。
こちらはtouch 2GもOK。Windows版もあります。SIMロック解除はEDGE iPhone(iPhone 2G)のみ。
3G向けのSIMロック解除機能を持ったツールはultrasn0wと呼ばれるとのこと。今後リリース予定。ややこしい。

Dev-Team Blog – redsn0w in june

Read the whole post in full before attempting anything!

redsn0w is an easy to use, multi-platform, multi-device jailbreaking and unlocking tool for the iPhone 2G (original iPhone), the iPhone 3G (but not the 3GS) and also the iPod touch (first and second generation). Currently it is available for Windows and Mac OS X (there are some issues using redsn0w with OS X PPC, please use an Intel Mac until we have this problem resolved).

俺はアプリ自体はダウンロードしましたが今回は見送り。
何か面白いJailbrokenアプリが出てきたら試すかもしれません。

Clippy再レビュー – 要Jailbreakカット,コピー&ペーストツール

以前Clippyが他のアプリを不安定にすると書いて放ったらかしでした。
このままではよろしくないので、現行バージョンのレビューがてらhClipboardから再度移行しましたよというお知らせ。

Clippyは以前と比べて格段に使いやすくなっています。
多少は影響を及ぼす事がありますが、もう気にする程では無いと思います。

Clippy_097-4_01.jpg

現行最新バージョンは0.97-4です。
何だかんだでまだベータ版なので、過度な期待は禁物です。どんな不具合が潜んでいるかわかりません。
Appleがコピペを中々実装しなかった理由の一つにセキュリティ対策がありました。

設定

まずは設定を見ていきましょう。設定→Clippyをタップします。

Clippy_097-4_18.jpg

設定のタイトルが0.97-3のままですが気にしない。

Enabled ApplicationsはClippyを適用するアプリの選択。
メールやメモ等ネイティブアプリ(キーアプリ)とapp storeアプリでClippyを使うかどうかの切り替え。

Post-selection Activation Sourceは編集可能・不可の領域で文字列を選択できるようにするかどうかの切り替え。

Hold Activation Sourceは長押しした時にバルーンを表示するかどうかの切り替え。
HTMLのtable -> tr -> td(th)要素を長押しした時や、テキスト編集可能・不可領域やキーボードの123を長押しした時。

Hold Timeはその通りの意味で、長押しする時間の設定。初期値は1秒です。
Animatedはバルーン表示の切り替え。

Enabled Pluginsはプラグイン(後述)の切り替え。

設定を変更したらSpringBoardを再起動。

正直設定はほぼ触っていません。全部オンにしています。Hold Timeも触っていない。
とりあえず今は安定しているから触らないようにしています。キーボードの123長押しはいらない気がする。

編集可能テキストのカット・コピー

Clippy_097-4_02.jpg

早速コピーしてみます。
最近のバージョンではダブルタップ→ドラッグで範囲選択ではなくなりました。
選択開始位置にキャレットを合わせて長押ししてドラッグ。ルーペツールが半透明になるのでわかりやすいと思います。
指を離すとバルーンが表示されます。カットかコピー。他の項目は後述。

Clippy_097-4_03.jpg Clippy_097-4_04.jpg

次はスタック。カット・コピーしたアイテムを複数保存することができます。
ドラッグして保存順位を変更可能。アイテムをタップするとペースト。

Clippy_097-4_05.jpg

ーをタップするとアイテムを個別に削除。
Clear→Confirmタップで全てのアイテムを削除できます。

編集不可テキストのコピー

Clippy_097-4_06.jpg

次はウェブページ等、編集できないテキストのコピー。
これまではBookmarkletを使ったりしていましたが、Clippyはそのままコピーできます。
コピー範囲に難ありですが、もう少しという所。

方法はテキスト上で長押ししてバルーンを表示させてコピー。スタックでコピー内容を確認できます。

コピー範囲はHTMLのブロック要素を解析して欲しい所ですが、おそらく違う方法で判断しています。改行を見ているのかな。

他にも使えるアプリはたくさんあります。
俺が常用しているアプリだとEvernoteやInstapaper等。

Clippy_097-4_07.jpg Clippy_097-4_08.jpg

プラグインで便利に機能拡張

前回バージョン辺りからプラグインがリリースされています。現在は4つとSBSettings用トグル。順番に紹介していきます。

Clippy_097-4_17.jpg

Clippy_097-4_19.jpg

Clippy Dialは電話番号(らしき数字)を選択するとバルーンから電話をかけられるプラグイン。
Dial 090xxxxxxxxをタップすると電話をかける(はず)。
処理的にはどうやってるんだろうか。telスキームを付けて投げてるだけなのかな。

ま、何にしてもiPod touchで使う事はまず無いです。

Clippy Previewはコピー内容のプレビュー表示を追加してくれるプラグイン。

Clippy_097-4_10.jpg

Clippy SBSettings ToggleはSBSettingsからClippyのオンオフを切り替えるトグル。

Clippy_097-4_11.jpg

SBSettingsは詳しくはSBSettingsを今更導入してみたにまとめています。

Clippy Scrollは中々便利。
これまでは画面に表示されている範囲までしか範囲選択できなかったのですが、Clippy Scrollによって解消されました。

Clippy_097-4_12.jpg

これ以上選択できなかった。

Clippy_097-4_13.jpg Clippy_097-4_14.jpg

最初の一行辺りを選択してバルーンを表示させ、Scroll to Bottomをタップ。
すると最終行までスクロールするので、長押ししてコピー。
文末からScroll to Topでも同様です。

Clippy_097-4_15.jpg

これで全文がカット・コピーできるようになりました。Clippyを使う時キーボードは英語を使ってください。文字列を変換するキーボードだと英数文字を変換してしまいます。

コピーできる文字数には限度があるようです。この程度の文字数なら問題ありませんが、あまり多いと途中で切れます。
また、ペーストする時にしばらくフリーズします。たまに落ちます。
長すぎる場合は分けてコピーした方がいいかもしれません。

Clippy_097-4_20.jpg

Clippy Searchは選択した文字列をキーワードにGoogle検索できるプラグイン。
Searchをタップすると、

Clippy_097-4_21.jpg

Safariが起動する。これは便利。
だけどウェブページのコピーだとキーワードを思うように選択できないと思うので使ってません。

以前散々な扱いをしてしまったClippy。いかがでしょうか。かなり良くなっていると思います。
(それに比べてhClipboardが劣るだとかそういう事ではありません)

iPhone OS 3.0のCut, Copy and Pasteにはかないませんが、今できるコピペ手段としては一番好きです。

CydiaからDLしたアプリをホーム画面から削除するCyDelete

CyDelete01.jpg

これはすごく便利なのではないでしょうか。

CyDeleteはCydiaからダウンロードしたJailbrokenアプリを、app storeからダウンロードしたアプリと同様にホーム画面からアイコン長押しで削除できるというもの。

CyDelete02.jpg

×をタップするとロードアイコンが表示された後に削除確認のダイアログが表示されます。
レーティングはありませんが、app storeアプリと同じですね。

ご利用は自己責任でどうぞ。Cydiaを削除しないようにしましょう。

追記

Cydiaは削除できないようになっているみたいです。

Cydia Storeオープン – 決済までの流れ

Cydiaのアップデートがあり、Cydia Storeが始まりました。
Cydia StoreというのはCydia上からJailbrokenアプリの決済ができるもの。
決済にはAmazon Paymentsを使用するようです。詳しくは以下を参考に。

あなたのサイトでAmazonの決済機能が使える『Amazon Payments』がこっそりリリースされているらしい – IDEA*IDEA

記念に第一号アプリを購入してみたので、購入までの流れを説明します。
全ての工程はCydiaで行いましたが、Amazon Paymentsの登録はCydiaからでなくても可能です。

決済にはクレジットカードが必要です。

注意

注意事項は色々あります。Jailbreak必須である事と、クレジットカードを使用するという事。
全ては自己責任で行ってください。

Cydia_Store_01.jpg Cydia_Store_02.jpg

Cydiaをアップデートして起動。青字になっているのが有料アプリのようです。
PurchaseボタンかPurchase Packageのリンクをタップ。

Cydia_Store_03.jpg

Cydiaにログインします。アカウントはFacebookかGoogleアカウント。

Cydia_Store_04.jpg Cydia_Store_05.jpg

Facebookは使っていないのでGoogleアカウントでログインします。

Cydia_Store_06.jpg Cydia_Store_07.jpg

Googleアカウントを使用してcydia.saurik.comにログインします。
アカウントと購入したいアプリを使用するiPhone / iPod touchをリンクする。

Cydia_Store_08.jpg Cydia_Store_09.jpg

決済方法は近々PayPalにも対応するようですね。とりあえずPay $1.00 Nowをタップしました。
上限金額を設定してからPay $1.00 Nowをタップします。

Cydia_Store_10.jpg Cydia_Store_11.jpg

あまり使う予定は無いので上限は$10.00に。
ちなみに設定せずにPay $1.00 Nowをタップするとアラートが表示されます。

Cydia_Store_12.jpg Cydia_Store_13.jpg

Amazon Paymentsは現在日本のamazonには対応しておらず、日本のアカウントを持っていても使えません。
いい機会なのでアカウントを作成する事にしました。
メールアドレスを入力してI am a new user.にチェックを入れてSign in…(黄色いアイコン)をタップ。
フルネームとメールアドレス・任意のパスワードを入力して次へ。

Cydia_Store_14.jpg Cydia_Store_16.jpg

住所とクレジットカード情報の入力。
Postal Codeは間にハイフンを入れないとアメリカのZIP Codeでチェックが入るようです。
入れずに入力したらエラーが出ました。

Cydia_Store_17.jpg Cydia_Store_18.jpg

入力した住所を使うかどうか。問題無ければUse This Addressをタップ。
登録内容の確認画面が表示されるので間違いが無ければConfirmをタップ。
これで登録完了。

Cydia_Store_19.jpg Cydia_Store_20.jpg

決済が済むとPurchaseボタンがInstallボタンに変わり、Purchase PackageのリンクがPackage Officially Purchasedに変わります。

Cydia_Store_21.jpg Cydia_Store_22.jpg

後はインストールするだけ。

ちなみに今回購入したCyntactですが、連絡帳のコンタクトリストにプロフィール画像を表示するというもの。
touchユーザーの俺にはあまり役立たないかも。画像作ってみたら西岡が見えてますね。ごめん西岡。
値段は1ドルです。Amazon Paymentsの登録がてら購入してみてはどうでしょうか。

Jailbrokenアプリには便利なものがたくさんありますが、シェアウェアとなると決済が面倒だったりしました。
聞いた話だと作者と直接コンタクトを取らないといけないケースもあったりで敷居が高かった。
これで気軽に購入できるようになったので更に便利になりましたね。

オートコレクト機能をON/OFFするSBSetting用トグル「AutoCorrection」

iPhone / iPod touchの英語キーボードにはオートコレクト機能が搭載されていて、これが結構文字入力の邪魔になる事が多い。
設定から英語キーボードをオフにする事で回避できますが、現在は5-Row QWERTY Keyboardを使っているのでどうしたものかと思っていました。

AutoCorrectionは英語キーボードでのオートコレクト機能の有無を切り替えるSBSettings用のトグルです。

例のごとくJailbreak必須なので自己責任です。

インストールはCydiaでAutoCorrectionで検索を。SBSettingsを導入していない人は事前にインストールしておいてください。
詳しい事はSBSettingsを今更導入してみた « hal’s Playgroundでまとめています。

autocorrection01.jpg autocorrection02.jpg

インストール後SpringBoardの再起動を促されないので、自分でRespringしてください。

autocorrection03.jpg autocorrection04.jpg

左がオートコレクトオンで、右がオフです。インストール時はオンになっています。

特に説明するまでもありません。とても便利だと思います。

ちなみに、SBSettingsのテーマはDeep HUDでキーボードは5-Row QWERTY Keyboardです。
どちらもCydiaからインストールできます。

iKeyExでGraffitiみたいなUIを実現したGesture.keyboard

ネタ元はiPhoneに手書き入力が来た?! – 『Graffitiっぽいキーボードモジュール 日本語2』(要脱獄) – iPhone.goodegg.jpからです。
帰ったら試そうと思ってわくわくしていました。元CLIEユーザーなのでGraffitiと聞いたら懐かしくて触りたくなる。

例のごとくJailbrokenアプリなので自己責任でどうぞ。保証しない。
また、ネタ元のgoodeggさんが手順を作成してくださるそうなので、それを待った方がいいかもしれません。
俺はとりあえず動かす以上の知識を持っていません。

まずはキーボードモジュールをダウンロード。Graffitiっぽいキーボードモジュール 日本語2からどうぞ。

追記

2009/2/10に辞書をSqliteデータベースにして起動が超高速化されました。待ち時間はキーボードを切り替える時間とほぼイコールです。
Graffitiっぽいキーボードモジュール 日本語4
これは良い。インストールしている人は是非アップデートを。

作者はgTxtEdit j-plusで有名なnochinaさん

まずはCydiaからiKeyExをインストールしておいてください。hClipboardを使っている人は既にインストールされているでしょう。

ダウンロードしたら解凍。hk.kennytm.Gestureというフォルダができるので開く。

GestureKBD01.jpg

その中のGesture.keyboardをiPhone / iPod touchの /Library/iKeyEx/Keyboards/ にコピー。
Gesture.keyboardフォルダの中のGestureのパーミッションを755にしてiPhone / iPod touchを再起動します。

再起動したら設定→一般→キーボード→各国のキーボードのiKeyExにGestureが追加されているのでオンにします。

GestureKBD02.jpg

これでOK。早速入力しましょう。
残念ながら全てのアプリで文字入力ができるわけでは無いようで、表示されるけど入力できないとか、読み込み途中にアプリが落ちる事が多々ありました。
色々試した所、最初に入力ができたEvernoteで説明します。

GestureKBD03.jpg

キーボードを切り替えてGestureを読み込み。初回起動は辞書データの読み込みに1分強かかります。気長に待ちましょう。
グレー部分が入力領域です。真ん中から左で文字入力。右で数字入力です。
入力方式はMouse Gesture Recognition [ by Didier Brun aka Foxy ] < ByteArray.orgを参考に。

認識にちょっとした癖があります。例えば a は∧みたいに入力するんですが、小さく入力しないと m と認識されます。
他は大体思った通りに入力できるはず。
大文字は下から上にフリックしてから文字入力を。小文字に戻すのも下から上にフリック。

いやー懐かしい。俺も思い出に一枚撮りました。CLIEのPEG-NX70Vです。まさかまだ動くとは思わなかった。

GestureKBD04.jpg

これは確かにスタイラスが欲しくなりますね。
ちなみに記号は・入力で○っぽい変換候補がずらっと出てきました。他はよくわかりません。

CLIEを再び使い始めそうです。すぐ飽きるでしょうが。
とりあえずEee PCにCLIE Palm Desktopをインストールしました。

Wiki2TouchをFirmware 2.2.1で使う方法(暫定版)

Firmwareを2.2.1にアップデートしてJailbreak完了。
あれ?Cydiaにwikisrvdが無い…さっきはあったのに…

Cydiaにwikisrvdがある場合

Wiki2TouchをFirmware 2.1で使う方法 « hal’s Playgroundの手順を実行。

Cydiaにwikisrvdがない場合

Wiki2TouchをFirmware 2.0で使う方法 – ローカル環境でWikipedia閲覧 « hal’s Playgroundの手順を実行。

ご利用は自己責任でどうぞ。

インストールが終わったら、Mac / PCにバックアップしておく事をおすすめします。