[Link] 2015-01-19

【豆知識】次期iPhoneに搭載されると噂の「デュアルレンズカメラ」や「3D圧力センサー」ってなに? | iPhoneひとすじ! かみあぷ速報

普段カメラはメモ的にしか使っていないのでそれ程興味は無いのですが、中々凄いですねこれ。3D圧力センサーは新たなUIとして定着できるのか。まあ精度によるのでしょう。単純なタップ操作が2種類以上になるのはあんまり賛成できない。ゲームには使えそうですが。

ゲームに限りませんが、iOSデバイスのホームボタンが更に進化する可能性もあります。

ほんとかよこれ。というのが第一印象ですが、ホームボタンがせり上がってジョイスティックになるというもの。Appleが特許を申請しているそうです。指紋認証に使われたり機能を詰め込みすぎなんじゃないかと。特許を取得したとしても使われないものはたくさんあるので、これもその1つになるんだろうか。

ジョイスティック起動中にホームに戻ったり、スリープにしたらホームボタンは収納されるわけですよね。復帰したら即ポップアップしなきゃいけない。その度確認ダイアログを表示するんだろうか。ポップアップ状態でクリック、ダブルクリック、長押し、ダブルタップが使えないとこれまでの操作感を損なうわけですよ。ジョイスティックだから当然クネクネ動くわけで、なんだかもう考えれば考えるほどいらない。掃除にはいいかもしれない。

ネットでよく見る次世代iOSデバイス予想ではホームボタンが無くなるというのが主流だった気がしますが、これ見るとハードウェアボタンはまだまだ進化していきそうですね。

アプリ

Two New Options for Combining Screenshots – MacStories

スクリーンショット加工アプリ2つの紹介。縦に自動で繋げてくれるTailorと、いくつかのレイアウトを選んでマージできるLongScreen。ステータスバーはPythonistaで加工しています。

こういうのはしばらくPythonistaやEditorialでやっていたんですが、アプリも進化してますね。自動マージにはあまり良い思い出が無いのですが、Twitterのスクリーンショットを繋げてみた感じTailorの精度は高いようです。継ぎ目が全くわからなかった。

Tailor Ver.1.0.0
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
現在の価格: 無料(サイズ: 10.0MB)

無料だと下部にウォーターマークが入ります。アドオン購入で非表示にできる。

LongScreen Ver.1.1
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
現在の価格: 100円(サイズ: 715KB)

workflow-vcs.de

Workflowのワークフローを集めたサイト。アップデート履歴まで用意されていて、アップデートして上手く動かない時は前のバージョンに戻したりできます。公式アプリから見られるギャラリーがあるんですが、一向に数が増えないのでこういうサイトはありがたい。

Editorial Workflow — HTML to Evernote

Editorialワークフロー。Markdown文書をHTMLに変換してEvernoteへ送信するものです。Developer Token等諸々必要なのと、パスワード等はKeychainに保存するのでMaster Passwordも設定しておいた方が良いです。要はわかる人向けです。

Drafts 4用ですが、同じ事ができるアクションを以前作ったのでよかったらどうぞ。

Editorial Workflow — Create Multiple Folders

もう一つEditorial用ワークフロー。フォルダを作成するワークフローです。Editorialはデフォルトのアクションでフォルダを作成できないのでRun Python Scriptでコードを書く必要があります。これをサブワークフローに使えば楽ですね。Dropboxにフォルダを作る場合はコードの書き換えが必要です。

4 Reasons to Love the New Due 2.0 – Productivity and Workflows – Geeks With Juniors

先日メジャーバージョンアップしたDueのレビューと、Launch Center ProWorkflowで使うユーティリティを公開しています。自然言語入力を利用していたり、URLエンコードにLaunch Center Proを利用していたりと、色々参考になるかと。Workflowは変数をいい感じに自動でエンコードしてくれるのでいらない気がしますが。

サッカー

インフォメーション 永井謙佑選手、名古屋グランパスへ完全移籍のお知らせ | 名古屋グランパス公式サイト

昨季はベルギーのスタンダール・リエージュからのローンでした。今季からは完全移籍で名古屋に復帰します。FWではもう一人、以前から噂のあったノヴァコヴィッチの加入が発表されています。ケネディと自分を比べて、自分の方が動き出しが速いし点を取ると言っているそうです。ケネディは腰を痛めてから奮わなかったものの、以前は2シーズン連続得点王にまでなった選手。そんなに言うなら期待してみます。

名古屋が3万人規模新スタジアム構想 – J1ニュース : nikkansports.com

いつになるのか、実現するのかも未定な話。遠いし名古屋でもない豊田スタジアム。トイレ待ちの瑞穂陸上競技場。鳴り物を自粛している港サッカー場等、ホームでやるスタジアムはいくつかあるのですが、名古屋市内に専用スタジアムは欲しい。瑞穂に思い入れはありますが、陸上トラックの無いサッカー専用スタジアムってやっぱり良いんですよ。

ニュース : 鮫島彩選手、チャンスルギ選手 2015シーズン加入のお知らせ – INAC神戸 レオネッサ

これも噂通りです。仙台を退団していた鮫島選手のINAC加入が発表されました。これにより左は鮫島、右は近賀と、なでしこジャパンの両サイドバックが同じチームでプレーすることになります。これは楽しみ。

チャンスルギ選手の事は全然知りませんが、将来有望な韓国の若手のようですね。「先輩選手からINACのことを聞いてよく知っていた」とのこと。先輩選手とはおそらくチ・ソヨンの事でしょう。彼女の抜けた穴は今でも大きく感じますが、今季のINACはベテランを揃えて豪華な顔ぶれとなりました。

個人的にはINACというより澤選手のファンなので、もう一度女王に返り咲いてほしいものです。

あとがき

というか日記。プレミアリーグ、アーセナルがエティハド・スタジアムでマンチェスター・シティに2-0の勝利。ポゼッション35:65やコーナーキックの回数3:16など、スタッツを見るとかなり押し込まれている印象ですが、案外安心して見ていられました。それぐらいアーセナルがしっかり守っていたし、逆にシティは良くなかった。

復調したカソルラや復帰したコクランが素晴らしかった。試合開始25時という、社会人にはとてもきつい時間でしたが起きてて良かった。今季マン・シティ戦はコミュニティー・シールドで勝利、リーグでは1勝1分と勝ち越し。この調子でチェルシーやマン・ユナイテッドにも勝ってくれるといいんですけどね。特にユナイテッド。

Launch Center ProがIFTTTに対応

中々面白そうなので使い方を簡単にご紹介。何か面白いレシピが出てくるといいな。

Launch Center Pro Ver.2.3
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 500円(サイズ: 29.5MB)

IFTTT Ver.2.0.0
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 19.5MB)

アカウント作成&チャンネルをアクティベート

まずはこれ。IFTTTアプリからLaunch Center Proチャンネルを選んでTriggerをタップすると、初回はチャンネルのサインイン画面が表示されます。SNS連携ならそのまま認証を済ませるだけ。

Photo

2014-06-16追記:
メールアドレスで認証するとプッシュ通知の許可ができず、通知が届かないようです。Twitterアカウントで認証すると上手く行きました。サーバ側の不具合だと思うのでその内修正されるかもしれません。

メールでアカウントを作成する場合は、サインインボタンのすぐ下にRegisterリンクがあるので、タップしてからアドレスとパスワードを入力。すぐに登録メールアドレスに確認メールが届くのでリンクをタップしてベリファイします。

アカウントの作成が済んだらもう一度IFTTTでレシピを作成。Launch Center Proチャンネルを選んでTriggerをタップするとチャンネルの認証画面が表示されるのでサインインして認証。そのままレシピを作りましょう。

レシピ作成

Trigger Nameの入力欄が表示されるので好きな名前を付けてNextをタップ。好きなアクションを選んでレシピ作成を完了します。IFTTT側は名前を付けてアクションを設定。これだけです。

俺は試しにリマインダーを作成するアクションを設定しておきました。

Photo

Value 1という変数がセットされているのを覚えておいてください。

Launch Center Proのアクションを作成する

Action Composer→System ActionsにIFTTT Triggerが追加されています。

Photo

下のwith Valuesはパラメータを付けてIFTTTに送るもの。今回はこちらを選択。

NameはLaunch Center Proアクションの名前。Trigger Nameは先ほどIFTTTで付けたのと同じものを入力。その下にValue 1〜5まであります。ここではValue 1にプロンプトからの入力を指定しました。

さっきIFTTTで作成したリマインダーのアクションにはValue 1がセットされていました。Launch Center Pro側からValue 1を指定してテキストを送ってやると、IFTTT側のValue 1がLaunch Center Proの入力テキストと置き換わるわけです。

使う

準備が終わったので使います。Launch Center Proで作成したアクションをタップ。初回はサインインが求められます。

先ほどプロンプトを指定したのでプロンプトにテキストを入力してLaunchボタンをタップ。これでIFTTTに送られました。IFTTT側でレシピが実行されると下のようにリマインダーに登録されます。

Photo

以上です。基本的にはIFTTTアプリを起動しておく必要はありませんが、リマインダー等、iOSの機能にアクセスするアクションの場合はアプリを起動しないと処理が実行されないので注意してください。そういうレシピは通知をオンにしておくといいかもしれません。

あとがき

送信さえしておけば後はIFTTTがやってくれるので楽で良いですね。今回Launch Center Proをトリガーにしか使っていませんが、アクション側でも使えるので試してみてください。こっちの方がアイデアは浮かびやすいかもしれません。

DropboxだけならLaunch Center Proだけでいいですが、IFTTTアクションを使えばEvernoteやGoogle Driveなんかとも連携できるようになります。

ListacularのInboxをiPhoneで整理する

タスク整理をiPhoneのみでやる時にこういうツールがあったら簡単でいいなと思っていました。設計だけして放置していたものをざっくりと作ったら案外便利。自分用ですが公開します。

やりたいこと

  • DraftsのDropboxアクションでInboxに追記
  • InboxファイルをLaunch Center Proで読み込んでMyScriptsの処理用スクリプトに送る
  • タスクを選択してDraftsへ送る
  • DraftsのDropboxアクションでファイルに追記。または新規作成してペースト
  • MyScriptsに戻る
  • 振り分けたタスクをクリア
  • Inboxにあるタスクを丸ごとクリア

こんな感じ。Inbox処理装置ということでInbox processor。略してInproと命名。

使うアプリ

以下の4つです。ListacularでなくTaskPaperがあればそちらでもかまいません。

Listacular for Dropbox – Rapid notes, lists and to-do’s with plaintext Ver.1.45
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 4.4MB)

Drafts – Quickly Capture Notes Ver.3.6
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 500円(サイズ: 10.6MB)

Launch Center Pro Ver.2.2.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 500円(サイズ: 18.2MB)

MyScripts Ver.2.5
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 400円(サイズ: 2.3MB)

準備

まずは必要なものをインポートします。以下の4つをすべてタップしてください。

インポートが終わったらMyScriptsスクリプトを少し編集します。長押しして編集をタップ。

IMG_0919

この3項目を変更します。

注:ファイルはTaskPaperフォルダにあるものとして作ってあります。違う場合はDraftsとLaunch Center Proアクションを編集してパスを変更する必要があります。

IMG_0920

使い方

注:インターネット接続必須です。Dropboxへアクセスできる環境を前提に作ってあります。

Launch Center ProでInproをタップ。Dropbox上のInboxファイルを読み込んでMyScriptsのInproへ渡します。

IMG_0924

Inproが開いたらタスクをタップしてボタンをタップするだけ。機能は以下の6つ。

  • メインファイルへの追記
  • チェックを外す
  • ファイル名を入力して新規作成
  • Inbox内のタスクをすべて削除
  • 選択したタスクをInboxから削除
  • アプリを起動

Listacular使用上の注意

Inboxをクリアした時、アプリ内でInboxファイルが更新されないことがよくあります。Dropbox側ではファイルが更新されているのでご注意ください。これはListacularの同期不具合です。

おまけ

DraftsからInboxに追記するアクション。

あとがき

出先でタスク整理するのに便利です。この前の出張で役立ってくれました。

テキストベースのタスク管理の弱点としてファイル間の移動が面倒(特にモバイル環境で)なのが挙げられます。他のアプリならタグやカテゴリ分けは簡単ですからね。Inproでその弱点を少しはカバーできたのではないかと思っています。

Day Oneがペーストボードからの画像添付に対応

今回のアップデートでペーストボードからの画像添付に対応しました。

Day One (日誌 / 日記)

バージョン: 1.14
カテゴリ: ライフスタイル, 仕事効率化
現在の価格: 500円(サイズ: 24.4MB)
販売元: Bloom Built, LLC
リリース日: 2011/03/02

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

やり方

ブラウザや写真アプリ等で画像をコピーしておきます。Day OneのメインメニューからカメラアイコンをタップするとメニューにPaste from Clipboardの項目があるのでタップするだけ。

IMG_0829

これだけではイマイチ使えない。URLスキームに専用のアクションが追加されたので、Launch Center Proで画像を選択してからDay Oneを起動して貼り付けまでを自動化します。

IMG_0828

画像の通りカメラやライブラリ等から選択できるようになっていますが、URLのattach=photoの部分を書き換えると、例えば一発でカメラを起動できたりします。

あとがき

Day Oneはエントリーの共有機能が追加されたり進化を続けていますね。コールバックに対応していないので自動化とはいきませんが、画像ログを作るのが楽になりました。

[Link] 2014-03-22

Updating Updates ― johnny knittle. music.

Launch Center Proで追記型メモ。下に動画があるのでまず見るとわかりやすいです。リスト機能を利用して1つのアクションで保存先を選べるようになっています。その後メールに貼り付けるアクションで書いたメモを利用する流れ。

DraftsでAppendNoteという似たようなアクションを以前作りました。Draftsでもリストで選択できるようになると便利ですね。現状はアクションを分けたり一行目にファイル名を書いたりMarkdownプレビューでJavaScriptで分岐とか。Launch Center Proに投げてリスト機能を使うのが早そう。

Markdownをもっと書きやすくするTextwellアクション MarkdownTools – W&R : Jazzと読書の日々

TextwellのアクションでMarkdownユーティリティ。これに限らずこの人のアイデアが凄い。wri.peとの連携とかSwitchTextとか便利なものがたくさんあります。

元ブラジル代表リバウドが現役引退発表 日韓W杯でV貢献 (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

とうとう引退ですか。お疲れ様でした。96年アトランタ五輪で初めて見た時の衝撃は忘れません。マイアミの奇跡で有名な日本戦。リバウドからはボールを取れる気がしなかった。

ピークはやはりバルセロナ時代だろうか。リーガで連覇。バロンドール受賞。CL出場権をかけた大一番でのハットトリックはよく覚えています。この時期代表でもコパ・アメリカで優勝・得点王、ワールドカップ日韓大会でもそうそうたるメンバーの中で10番を背負い優勝しています。

あとがき

3年ぶりぐらいにポテトチップスを食べたら旨すぎて感動しました。のりしお味。特に制限していたつもりは無いんですが買わなくなって食べる機会も無かった。最後にポテチを食べたのはいつだろと思ったらTwitterにログが残っていた。3年前に京都の土産でもらった七味味と柚子胡椒味。

ちなみにTwitterで最初のツイートを調べるページができていました。

俺の最初のツイートはこちら。これ木曜日にも同じことを考えてましたよ。

Launch Center Proを使ってDay Oneテンプレートを作成する

最近少し流行っているようなのでご紹介。Launch Center Proのリスト機能を使ってDay Oneのテンプレートを用意し、テーブル組み等のノートを簡単に作成する仕組みです。

多分ここが最初だと思いますが、飲んだコーヒーのログをDay Oneに貯める為のものです。順番に答えていくだけでログができあがり。少し書き換えてDrafts→Evernoteなんてやるのもいいかもしれません。送り先か元のアプリがMultiMarkdownに対応している必要があります。

こっちは飲んだビールのログ用。

こちらは日記やその他様々。

Launch Center Pro Ver.2.2.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 500円(サイズ: 18.2MB)

Day One (日誌 / 日記) Ver.1.12
カテゴリ: ライフスタイル, 仕事効率化
現在の価格: 500円(サイズ: 20.7MB)

PythonistaでMarkdown形式の表を作成する

これは便利。スペースの数で空セルも作れる

Pythonista Ver.1.4
カテゴリ: 仕事効率化, 教育
現在の価格: 700円(サイズ: 39.4MB)

あとがき

Launch Center Proのリスト機能が人気ですね。先日紹介したSafari Action Menu In Launch Center Proとか色んなアイデアが出てきています。

[Link] 2014-02-06

TAKE ACTION – Action menu generator for Launch Center Pro

昨日紹介したSafari Action Menu In Launch Center Pro – MacStoriesのブックマークレットジェネレーター。

CSS入門 (全18回) – プログラミングならドットインストール

ドットインストールのCSS入門がリニューアル。ボックスモデルの解説等が改善されているそうです。

ベッカム氏、マイアミにMLSのクラブ設立を発表 (AFP=時事) – Yahoo!ニュース

以前からベッカムは引退後アメリカでサッカークラブを設立するという噂がありました。本当にやってしまうとは凄い。

MLSにはアンリがいるのでたまに動画で活躍を見る程度でした。相変わらず上手い。今はピークを過ぎた名選手の第2の活躍の場にもなっているようですね。調べたらこれまでにマイアミ・フュージョンとタンパベイ・ミューティニーの2クラブが撤退していました。タンパのクラブには元コロンビア代表のバルデラマがいたのを覚えています。と思ったらマイアミにも所属していた。