MomentoのデータをDay Oneにインポートする

後の自動化の為にDay Oneに親しんでおこうと思います。これまではメモやあれこれの散逸を防ぐ為の保管場所にしか使っていなかった。

Momentoは各種SNSやRSSフィードからアイテムを集めてひとまとめにしてくれるiOSアプリです。起動して読み込んでおけばそれだけで1日のログができあがる優れもの。Momento自体もメモアプリとしての機能を持っています。こちらも中々優秀。

Momento (Diary/Journal)

バージョン: 2.7
カテゴリ: ライフスタイル, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 200円(サイズ: 10.2MB)
販売元: d3i Ltd
リリース日: 2009/12/23

iTunesで見る

ただし同期機能は無い。これだけがずっと不満です。エクスポート機能はあって、Day OneのMac版がMomentoのエクスポートファイルのインポートに対応しています。どうせ定期的にバックアップを取っているし、そのタイミングでDay Oneにインポートしておこうと思います。

Day One Ver.1.9
カテゴリ: ライフスタイル, 仕事効率化
現在の価格: 800円(サイズ: 12.7MB)

やり方

まずはMomentoのエクスポートから。公式のサポートページに解説があります。

ただしこれを実行する前にやっておくことがあります。iOS設定の一般→言語環境→書式を、英語→アメリカ合衆国に変更してからエクスポートしてください。

Momento2DayOne

設定はこのように。Date RangeがSince Last Exportになっていますが、初回はALLに変更してください。Text FileはOne Fileで。完了したらiTunesのファイル共有やiFunBox等でMomento Export …日付…ファイルをMacにコピーしておきます。上の設定通りにするとZIP形式になっているので解凍しておいてください。

完了したら書式の設定は元に戻して構いません。

次はDay Oneにインポート。こちらも公式のサポートページに解説があります。

ただしこれを実行する前にやっておくことがあります。Mac側もです。システム環境設定→言語とテキストの書式タブの地域をアメリカ合衆国に変更します。これをやっておかないとDay Oneが日付を判断できずエラーが発生します。

準備ができたらDay Oneのファイルメニューからインポートするだけです。数が多いと数時間かかるので注意してください。

こちらも完了したら書式の設定を元に戻して構いません。

次回からMomentoの設定Date RangeはSince Last ExportでOKです。書式設定を変更しないとエラーが出ることだけ覚えておいてください。

以上です。

あとがき

これ何年か前にやろうとしてMac側の書式設定を変更せずに失敗して放置してたんですよね。先日やった時に見たらトラブルシューティングに追記してありました。

手作業なのでそう頻繁にやるのは面倒です。隔月か四半期に一度ぐらいやろうと考えています。あとこのやり方だと画像まではインポートしてくれないのが残念。俺はMomentoでメモを取ることが無いので大して問題になりませんが。

Day OneにはCLI版もあり、これが後の自動化に役立つのですが、それはまた別の話。というかまだ調べていないのでさっぱりです。

ライフログを全てEvernoteに保存するようにしてみた – Blogtrottr仕様変更対応

Blogtrottrの仕様が変わった

Blogtrottrの仕様が変わり、Yahoo PipesとTwitter経由のフィードは、更新ごとではなく1日のダイジェスト版が送られるようになりました。以前から転送量制限されたりしていたので仕方ない。
Help! – Why are some feeds restricted to Daily Digests only?

その代わりBlogtrottr側でフィードのタイトルを変更できるようになりました。
以前書いた手順はPipesをタイトル変更の為だけに使っていたので、これで使う必要が無くなりました。

以下手順の変更点だけまとめています。ライフログを全てEvernoteに保存するようにしてみたと比較してご覧ください。

手順

一番面倒なPipesが必要なくなった。前より楽になった上、Pipesを通さないので遅延も減ると思います。

  1. RSSのURLを調べる
  2. Evernoteにノートブックを作る
  3. Blogtrottrに登録する
  4. Gmailのフィルターを設定する

この中のBlogtrottrに登録する項が変わりました。

Blogtrottrに登録する

以下画像クリックで拡大します。

btc_01t.jpg

btc_02t.jpg

トップページから登録できますが、後の事も考えてアカウントを作成しておくと便利です。Signupから作成できます。メールアドレスはメールを受信するアカウントにします(後から変更可能)。
既にPipesを通したRSSを登録している場合も、アカウントを作成してFeed titleの一覧から削除した方が楽です。

btc_03t.jpg

My SubscriptionsからSubscribe to a new feedをクリック。RSSのURLを入力してFEED MEボタンをクリック。Your subscription to ‘フィードのタイトル’ was successful.と表示されたら完了です。

タイトルを変更する

次に送信するメールのタイトルを編集します。My SubscriptionsからFeed titleをクリック。編集ページが開きます。

btc_04t.jpg

予約語が2つあります。{feed_title}と{item_title}。名前の通りフィード(RSS)のタイトルと、個別のタイトルです。
例えば{feed_title}: {item_title} @my blogとした場合以下のような件名でメールが送られてくる。

hal’s Playground: ライフログをEvernoteに集約するメモ – Blogtrottr仕様変更対応版 @my blog

俺はノートブックを分けているので、記事のタイトルとノートブック名だけの {item_title} @ノートブック名 にしました。

以上です。他の設定が済んでいない人は以前書いたライフログを全てEvernoteに保存するようにしてみたにまとめてあるのでご覧ください。

あとがき

管理用ページができて楽になりましたね。以前書いた時は作りかけだった。振り分け用に件名の編集まで実装してくるとは思わなかったのでこれは嬉しい。

今の所全ユーザーがそうだと思いますが、現在ベータテスターとしてアカウントプランがプロ用になっています(Account Settingsにそう書いてある)。なのでいくつかの機能は今後有料になる可能性があります。

ライフログを全てEvernoteに保存するようにしてみた

2011年8月5日追記

既にお気づきの方がいると思いますが、Blogtrottrの仕様が変わっています。Pipesを経由する以下の手順だと問題があるので、これを見てもやらないようにしてください。

詳しくはまた新たに記事を書くことにします。以下の手順よりずっと楽になった。

ことの起こり

MomentoというiPhoneアプリがあります。SNSやブログ等の投稿を日毎にまとめてくれる。いちいちそれぞれのサイトを見に行かなくても、その日自分の書いたものがひとまとめになって見られる。なんか嬉しい。

Momento (Diary/Journal) 2.1.1(¥350)

Momento (Diary/Journal) 2.1.1
ライフスタイル
価格: ¥350
2011/03/03
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1 以降が必要

そんなわけでとても気に入っているわけです。買って良かった。ただこのアプリ、エクスポートが弱い。テキスト形式でエクスポートできるけどそれだけだ。せめてメールで送れるようにしてほしい。Evernoteと同期できたら最高だ。でもできない。残念。

いつか同期機能を実装してくれるかもしれない。でも今はできない。だったらできるようにしよう。Evernoteに自分のライフログを集約するんだ。

ということでやり方をまとめました。

手順

この順番で説明していきます。色々準備や設定があるので、はっきりいって面倒です。

  1. RSSのURLを調べる
  2. Yahoo!Pipesでタイトルを変更する
  3. Evernoteにノートブックを作る
  4. Blogtrottrに登録する
  5. Gmailのフィルターを設定する

もう一つ、Blogtrottrが止まってしまった場合を想定してfeedburnerを使う手順もまとめました。

RSSのURLを調べる

まずはここから。Evernoteに保存したいもの全てのRSSのURLを控えておきましょう。SNSなら自分のページに大体RSSアイコンがあるのでURLをコピーしていきます。無ければPage2Feed等のウェブページからRSSを生成してくれるサービスを利用します。

Twitterの場合

TwitterのRSSはお気に入りに入れたツイートしか無いので、twt2srcというサービスを使います。

TwitterのOAuth認証でログインして、自動投稿タブからEvernoteの設定をします。ノートブックも選択できるので、Twitterに関してはこれで完了です。

Instagramの場合

InstagramはRSSを発行していません。3rd Partyのサービスを利用します。Instagram popular photosのHELPページで、自分が投稿したInstagramのURLを入力すると、今までの画像一覧ページが開きます。そこにRSSのURLがあるのでコピーしましょう。

URLはInstagramアプリで自分の投稿した画像の[・・・]ボタンをタップするとURLがコピーできます。

LlPTEN_110417_13 LlPTEN_110417_14

このやり方だと取得できるのはタイトルと画像だけです。日付、コメント、使用したフィルター等は取得できません。できる人はWEBSTAGRAM等のWebから見られるサイトをスクレイピングして強引にRSS化してしまうとかやり方はあると思います。試してみたらうまくいきませんでしたが。

このようにしてRSSを集めておきます。

Yahoo!Pipesでタイトルを変更する。

一番ややこしい所です。まずはYahoo!Pipesにアクセスしましょう。日本のYahoo!アカウントではログインできません。アメリカのYahoo!でアカウントを作りましょう。無い人はGoogleやFacebookのアカウントでもログインできるようです。

ログインが済んだらややこしい事は抜きにしてCreate pipeです。以下のような画面が開くのでそれぞれ設定して保存します。

あまり詳しくないのですが、やる事だけ簡単に説明します。まずは左からSources→Fetch Feedを右にドラッグして話します。+をクリックでもいいです。次にOperators→Regexも同じように右に持ってきます。

下の画像のように◯同士を繋ぎます。◯をドラッグするとびよーんと伸びますよ。
以下画像クリックで拡大します。

LlPTEN_110417_12.jpg

画像でも説明していますが、Fetch Feedに調べたRSSを入力します。Regexは置換するものだと思ってください。Rulesの+をクリックすると入力欄が増えます。

Inをitem:titleにして(右端をクリックすると一覧が出てくるので選択する)、replaceをそれぞれ入力。一番下のreplaceが$になっている行のwithにノートブック名を@付きで入力します。タイトルの行末に@ノートブック名を追加する設定です。

LlPTEN_110417_01.jpg

それが終わったら左上のPipesのロゴの右にuntitled*というのがあるので、クリックするとPipesのタイトルが変更できます。

Pipe Outputをクリックすると下にプレビューが出てくるので、タイトルに@ノートブック名が付いていたら成功です。必ずSaveをクリックして保存してください。Run Pipe…と出てくるのでクリックすると。今作ったPipeが実行されてListに並んでいるはずです。Get as RSSのURLをコピーして控えておきましょう。それが今作ったPipeが生成するRSSのURLです。

以上の手順で、前項で集めた全てのURL(Twitter以外)でPipeを作ります。Cloneで複製してURLを変えるだけなので後は面倒なだけで簡単です。

Evernoteにノートブックを作る

振り分けるノートブック名が決まっているはずなので、Evernoteにノートブックを作成しておきます。できたらスタックにまとめておくとスッキリしますよ。

Blogtrottrに登録する

できあがったPipesのURLをBlogtrottrに登録します。RSSと、送り先のメールアドレスを入力してFEED MEをクリック。

LlPTEN_110417_02.jpg

程なくして認証メールが届くので、URLをクリックしたら完了です。

登録解除には3つ方法があります。

  • Blogtrottrからのメール(認証メールではなく)にUnsubscribe from this feedというリンクがあるので、それをクリックすると登録解除の確認メールが届く。
  • BlogtrottrトップページのManage your Subscriptionsでメールアドレスを入れると、そのアドレスで購読しているRSSの一覧が届くので、そこから登録解除できる。
  • My Subscriptionsからアカウントを作成して(メールアドレスは登録に使ったものを使う)、ログインすると購読しているRSSの一覧があり、そこから登録解除できる。

最後のはできたばかりのβ版なのでURLが変わるかもしれません。

2011/04/18追記:まだログインしても購読リストは表示されないようです。もう少し待ちましょう。

Gmailのフィルターを設定する

:Gmailで説明していきますが、受信メールの振り分けと自動転送ができれば何でもいいです。

設定からフィルタータブをクリック。フィルタ条件の件名にノートブック名を入力します。@は無視されるので入れなくていいです。Blogtrottrからのメールはbusybeeあっとblogtrottrどっとcomから送られてくるので、Fromに入れるのもいいかもしれません。入力したら次のステップへ。

LlPTEN_110417_03.jpg

次のアドレスに転送する: にEvernoteのメール投稿アドレスを、迷惑メール判定に引っかからないように迷惑メールにしないにチェックを入れます。その他はお好みで設定してください。俺の設定は下の画像の通りです。Gmailの受信トレイに溜まっていくのは嫌なので、ラベルを付けて既読にしてアーカイブするように設定しました。

LlPTEN_110417_04.jpg

設定は以上です。新たに投稿があったら自動的にEvernoteの指定のノートブックにログが溜まっていきます。お疲れさまでした。

あとがき

記事を作成するにあたり、以下のブログを参考にさせて頂きました。

と、ここで終わりなのですが、これを準備していた頃はBlogtrottrが止まっていた。Twitterで検索した所、Blogtrottrの管理者にメールで質問された方がいました。どうやらPipes側でBlogtrottrに速度制限がされていたとの事。(via @clevererfield)
現在は復旧しています。

今後また止まらないとも限らないので、Blogtrottrを使わない方法も一つ用意する事にしました。ざっと説明していきます。

feedburnerのメールマガジンを使う

feedburnerという、RSSの購読管理や広告挿入ができるサービスがあります。RSSをメールマガジンにする機能があるので、これを使う事にします。
普段は配信を停止しておいて、Blogtrottrが止まっている時だけ配信を再開すればいい。
Gmailのフィルター設定を件名だけにしておけば、Gmail側の設定を変更する必要ありません。

Blogtrottrと比べると、タイトルが固定になってしまうというデメリットがあります。個別のタイトルは本文に入るので検索には問題ありませんが、一覧から探す事ができなくなります。

それでは設定しましょう。feedburnerにログインしてPipesで作ったRSSのURLを入力して次へ。

LlPTEN_110417_05.jpg

フィードの登録。ここでフィードタイトルの後ろに@ノートブック名を入力しておきましょう。後から変更もできます。アドレスの変更もできます。終わったら次へ。

LlPTEN_110417_06.jpg

登録完了。フィード管理画面へ進むをクリック。次へをクリックすると有料プランの説明等があります。

LlPTEN_110417_07.jpg

管理画面に移りました。上部のタブから集客支援をクリック。サービスの一覧からフィード・メールマガジンをクリック。

LlPTEN_110417_08.jpg

フィード・メールマガジンの設定。有効にするをクリックするだけです。Blogtrottrが動いている時はここから無効にして配信を停止する事ができます。

LlPTEN_110417_09.jpg

有効にするをクリックした後。宣伝用のHTMLコードが並んでいます。その中のリンクコードの部分にPreview…というリンクがあるのでクリック。ウィンドウがポップアップで開きます。ポップアップブロックを設定していると、もしかしたら開かないかもしれません。

LlPTEN_110417_10.jpg

ポップアップウィンドウ。メールマガジンを送ってほしいメールアドレスを入力してCAPTCHAの文字を入力してボタンをクリック。

LlPTEN_110417_11.jpg

入力したメールアドレスに認証メールが届くので、URLをクリックして認証します。これで完了。Blogtrottrが動いているならフィード・メールマガジンの設定を無効にしておきましょう。
これを全部のRSSで繰り返します。

最後に

以上で設定が完了しました。Blogtrottrとfeedburnerの2本立て。feedburnerの配信再開がちょっと面倒ですが、2つ用意しておけば安心でしょう。どちらかがサービス終了してしまったら、また新たに一つRSSをメールするサービスを見つけてきて設定する事にします。