ListacularのInboxをiPhoneで整理する

タスク整理をiPhoneのみでやる時にこういうツールがあったら簡単でいいなと思っていました。設計だけして放置していたものをざっくりと作ったら案外便利。自分用ですが公開します。

やりたいこと

  • DraftsのDropboxアクションでInboxに追記
  • InboxファイルをLaunch Center Proで読み込んでMyScriptsの処理用スクリプトに送る
  • タスクを選択してDraftsへ送る
  • DraftsのDropboxアクションでファイルに追記。または新規作成してペースト
  • MyScriptsに戻る
  • 振り分けたタスクをクリア
  • Inboxにあるタスクを丸ごとクリア

こんな感じ。Inbox処理装置ということでInbox processor。略してInproと命名。

使うアプリ

以下の4つです。ListacularでなくTaskPaperがあればそちらでもかまいません。

Listacular for Dropbox – Rapid notes, lists and to-do’s with plaintext Ver.1.45
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 4.4MB)

Drafts – Quickly Capture Notes Ver.3.6
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 500円(サイズ: 10.6MB)

Launch Center Pro Ver.2.2.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 500円(サイズ: 18.2MB)

MyScripts Ver.2.5
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 400円(サイズ: 2.3MB)

準備

まずは必要なものをインポートします。以下の4つをすべてタップしてください。

インポートが終わったらMyScriptsスクリプトを少し編集します。長押しして編集をタップ。

IMG_0919

この3項目を変更します。

注:ファイルはTaskPaperフォルダにあるものとして作ってあります。違う場合はDraftsとLaunch Center Proアクションを編集してパスを変更する必要があります。

IMG_0920

使い方

注:インターネット接続必須です。Dropboxへアクセスできる環境を前提に作ってあります。

Launch Center ProでInproをタップ。Dropbox上のInboxファイルを読み込んでMyScriptsのInproへ渡します。

IMG_0924

Inproが開いたらタスクをタップしてボタンをタップするだけ。機能は以下の6つ。

  • メインファイルへの追記
  • チェックを外す
  • ファイル名を入力して新規作成
  • Inbox内のタスクをすべて削除
  • 選択したタスクをInboxから削除
  • アプリを起動

Listacular使用上の注意

Inboxをクリアした時、アプリ内でInboxファイルが更新されないことがよくあります。Dropbox側ではファイルが更新されているのでご注意ください。これはListacularの同期不具合です。

おまけ

DraftsからInboxに追記するアクション。

あとがき

出先でタスク整理するのに便利です。この前の出張で役立ってくれました。

テキストベースのタスク管理の弱点としてファイル間の移動が面倒(特にモバイル環境で)なのが挙げられます。他のアプリならタグやカテゴリ分けは簡単ですからね。Inproでその弱点を少しはカバーできたのではないかと思っています。

ListacularがTaskPaper形式に対応

タスク管理アプリのListacularがTaskPaper形式に対応しています。これまでのようなTaskPaperファイルでも読み込めるというだけでなく、TaskPaperの書式に対応しました。

Listacular for Dropbox – Rapid notes, lists and to-do’s with plaintext

バージョン: 1.41
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 4.4MB)
販売元: Andrew McKinney
リリース日: 2013/05/02

iTunesで見る

Photo

test.taskpaperファイルを読み込んだところ。プロジェクトは太字になり、タグも認識しています。タスクにチェックを入れるとdoneタグが付きます(日付は無し)。txtファイルの場合は従来通り-xになります。

URLスキームも充実しましたし、あとは検索だけですね。Mac版TaskPaperのようにタグがクリッカブルになって抽出できたら最高です。

TaskPaperにこんなにしっかり対応してくれるとは思っていませんでした。今後はMarkdown形式もサポートするようで楽しみです。

[Link] 2014-03-06

Listacular – Rapid lists, notes and to-do’s with Dropbox sync – App URL Scheme

Listacularの次回リリース版でURLスキームが実装されるようです。ファイル形式もMarkdownに対応するとか。楽しみです。

FIFA、メッセージ入りアンダーシャツ着用を全面禁止 – WSJ.com

リンク先で紹介されているイニエスタのダニ・ハルケへのメッセージはとても有名ですね。Jだとストイコビッチが「NATO STOP STRIKES!」というメッセージをアンダーシャツに書いて抗議したことがあります。

変わり種では去年の年始にマン・シティ所属のジェコが「A HAPPY NEW YEAR」と書いて新年を祝ったりして話題になりました。同じくシティ時代のバロテッリの「WHY ALWAYS ME?」も記憶に新しいです。真偽は不明ですが、シティはこれらをスタッフがノリノリで作っているなんて話もありました。

その他家族の誕生日を祝ったり、ちょっと違いますが、中山雅史はユニフォームの下に三浦知良のユニフォームを着込んでいました。震災の時はたくさんの選手がメッセージを書いていたと思います。応援や祝福等ポジティブなものが多いんですよね。もちろんその逆もあったんでしょうが。

現在でもゴール後のパフォーマンスでユニフォームを脱ぐのは警告対象になっています。今回の変更も同じようにイエローカードが出されるのでしょう。レガースやスパイクやタトゥーなんかでもメッセージを発信することはできるわけで、これらが今後どうなっていくのか心配です。

[Link] 2014-02-04

Launch Center Proの新機能その2

先日アップデートがあったLaunch Center Pro。新機能がまだあったので書きました。

2013 in Review: Listacular and plain text lists | Phillip Gruneich

Listacularにリストを作るワークフロー。Launch Center Proでlinetemplateパラメータを使うのが一番簡単そうですね。

Facebookの「Paper」、同一名称アプリを提供するFiftyThreeが不満を表明

Paper by FiftyThree Ver.1.5.2
カテゴリ: 仕事効率化, エンターテインメント
現在の価格: 無料(サイズ: 56.6MB)

数日前までApp Storeで一番有名なPaperという名前のアプリはこれだったでしょう。Appleの2012年iPad App of the Yearに選ばれています。FacebookがPaperというアプリをリリースすると知った時に思い出しました。

Facebookに名前の変更を求めているようですが、でも名前がPaperなんですよね。この言い分は果たして通用するんだろうか。ちなみに同名のアプリはPaper by FiftyThree以前からあったりします。まあそういう事ではないんでしょうが。法的手段に訴えるとかいうきな臭い状況ではないようです。

ふんわり山盛りバターでカロリーオフ?

イージーバター バターフォーマーというキッチン用品。チョコやチーズでも使える。食洗器もOKです。面白そう。

昔似たようなので押し出すとにょろにょろ出てくるやつを持っていました。掃除が面倒な上に押し出す部分が折れてすぐ壊れました。

アプリ

Unread – An RSS Reader Ver.1.0
カテゴリ: ニュース, エンターテインメント
現在の価格: 300円(サイズ: 20.7MB)

RSSリーダーアプリ。Feedly、FeedWrangler、Feedbinとの同期に対応。今後対応サービスを増やしていくようです。Googleリーダー終了以降のRSSリーダーアプリということで購入してみました。

まだあまり使っていませんが、他のアプリとは少し毛色の違う感じです。全部読む前提で作られているというか。用途が定められていて合わない人には全く合わないでしょう。はっきり言うと俺には合わなかった。

詳しくは公式サイトのブログをどうぞ。

アプリ連携 – 買い物メモ編

問題。ここに買い物メモがあります。

合い挽き肉 500g
牛乳
いんげん
コーン缶(クリーム)
生姜

改行しただけの箇条書きのテキストファイルです。Dropboxの特定の場所に保存してあります。毎回同じファイルを書き換えるので、ファイル名はいつも同じです。

さてこれを1ボタンでListacularにタスクリストとして表示させるにはどうしたらいいでしょうか。使うのはiOSデバイスのみです。

答え

Launch Center Proでテキストファイルを読み込み、TextToolで整形して、DraftsからDropboxのListacularフォルダにアップロードしてListacularアプリを起動する。(他にもやり方はあります)

今回はこんな趣旨です。やっていきましょう。

準備する

こういうアプリ連携は逆から作っていくのが簡単です。まずListacularのURLスキームはdb-eo6dojwhn042lh2です。オプションはありません。

Listacular for Dropbox – Rapid notes, lists and to-do’s with plaintext Ver.1.10
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 5.2MB)

次にDraftsからDropboxのListacularフォルダにアップロードするアクションを作ります。こんな感じ。ファイル名にタグを使って日毎にファイルを分ける時もWriteはReplace設定にしてください。後から修正があった時にも対応できます。

groceries_list_01

URLを組み合わせるとこうなる。便宜的にエンコードする部分を{{}}で囲ってあります。実際にDraftsでは{{}}内はURLエンコードされますが、後々ややこしくなって思わぬエラーの元になりがちなので、こういういくつもアプリを連携する時はあまり使わない方がいいかもしれません。慣れたら無駄にエンコードしなくて済むので助かりますが。

  • drafts://x-callback-url/create?text=&action={{買い物リスト作成}}&afterSuccess=Delete&x-success={{db-eo6dojwhn042lh2:}}
Drafts Ver.3.5.9
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 300円(サイズ: 10.6MB)

次にTextToolで整形します。Listacularでタスクとして認識させるには行頭に-を付けてやればいいので、

  • texttool://x-callback-url/transform?text=&method=affix&prefix=-%20&suffix=&scope=lines&clipboard=0

こうなる。suffixは空ですが必須です。こうしないと行末に(null)がセットされます。これもとりあえずtextは空で。TextToolのアウトプットは[[output]]に格納されます。先ほどのDraftsと組み合わせて、

  • texttool://x-callback-url/transform?text=&method=affix&prefix=-%20&suffix=&scope=lines&clipboard=0&x-success=drafts%3A%2F%2Fx-callback-url%2Fcreate%3Ftext%3D%5B%5Boutput%5D%5D%26action%3D%25E8%25B2%25B7%25E3%2581%2584%25E7%2589%25A9%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25A2%25E4%25BD%259C%25E6%2588%2590%26afterSuccess%3DDelete%26x-success%3Ddb-eo6dojwhn042lh2%253A

こうなります。

TextTool Ver.1.0.2
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 500円(サイズ: 2.8MB)

最後にLaunch Center ProでDropbox上のテキストファイルを読み込みます。dropbox-text:の後にファイルのパスを書くだけ。これを先ほどのTextToolのtextに入れる。

  • [dropbox-text:path/to.txt]

最終的にできあがったのがこちら。

  • texttool://x-callback-url/transform?text=[dropbox-text:path/to.txt]&method=affix&prefix=-%20&suffix=&scope=lines&clipboard=0&x-source=Drafts&x-success=drafts%3A%2F%2Fx-callback-url%2Fcreate%3Ftext%3D%5B%5Boutput%5D%5D%26action%3D%25E8%25B2%25B7%25E3%2581%2584%25E7%2589%25A9%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25A2%25E4%25BD%259C%25E6%2588%2590%26afterSuccess%3DDelete%26x-success%3Ddb-eo6dojwhn042lh2%253A

このURLをLaunch Center Proのアクションに登録します。そのままだとTextToolのアイコンになるのでListacularのものに変更しました。Listacularアイコン

groceries_list_02

Launch Center Pro Ver.2.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 500円(サイズ: 15.8MB)

これで完成です。

  1. Launch Center Proで作成したアクションをタップ
  2. Dropbox上のテキストファイルを読み込んでコピー
  3. TextToolに渡して行頭に-を追加
  4. Draftsに渡してListacularの同期フォルダに保存
  5. Listacularアプリを起動

さすがの俺もこれなら面倒じゃない。家で買い物メモを作成して保存しておけば、あとはiPhoneで1タップするだけ。

あとがき

この買い物メモ作成ワークフローは、実際に使っているものかといえばそんな事はありません。さっき思いついて作りました。こんなのは最初からリストを作ってListacularフォルダに保存したらいいだけですからね。

ソースになるテキストを取得して望む書式に編集して使う、というのはよくあるパターンです。MyScriptsPythonistaではそういうスクリプトがたくさん公開されています。今回は簡単なのでTextToolで済ませました。

Launch Center ProはDropbox機能とx-callback-url対応でさらに用途が広がりました。ランチャーは他のアプリを使っていますが、連携を考えると外せないアプリです。

リマインダーの完了履歴をDropboxに保存する

IFTTTネタです。iOSリマインダーでチェックを付けたアイテムをIFTTT経由でDropbox上のファイルに追記。完了したアイテムをListacularで閲覧できるようにしました。あとはTaskPaperでも処理できるようにタグをいくつか。

必要なアプリ、サービス

閲覧するアプリはテキストファイルが開けたら何でもOKです。俺はiPhoneではListacular、MacではTaskPaperアプリを使います。

Listacular for Dropbox – Rapid notes, lists and to-do’s with plaintext Ver.1.10
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 5.2MB)

TaskPaper Ver.2.3.2
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 1000円(サイズ: 1.2MB)

設定

IFTTTにレシピを登録するだけです。レシピを共有しようかと思いましたがフォーマットが人によって違いすぎるでしょうからやめました。俺は以下のように設定しています。ListacularもTaskPaperも使わない人はGoogleスプレッドシートに追記していくのもいいかもしれません。

ifttt_rm2db

先頭を*にしたのはListacularではリスト、TaskPaperではテキストと認識させる為です。お好みで変更してください。右端の+をクリックするといくつかの要素が用意されています。

これで設定は完了です。あとは普段通りにリマインダーを利用すれば、完了したアイテムが追記されていきます。ファイル名にはいくつかの要素が使えるのでリストごとにファイルを分けるのも良いですね。

あとがき

iOSリマインダーとDropboxを連携させる最近よく見るレシピです。このレシピも元々他の人がシェアしたものを書き換えただけだったりします。

IFTTTはiOSアプリが出て自由度が格段に上がりました。ログを残す為のツールの1つとして考えるとこういうことができます。同じようにDropboxにログを貯めて、ローカルでスクリプトを走らせて一日分にまとめる。

また何か思いついたら書こうと思います。

TaskPaperからListacularへ移行する

残念ながらTaskPaperのiOS版は開発が終了しました。週末にはApp Storeから削除されることになっているようです。

そんなこと急に言われてもTaskPaperユーザーの俺はどうすればいいの?というのもリンク先には書いてあり、おすすめされているのがListacularというアプリ。同じくテキストベースの、TaskPaper iOS版をシンプルに進化させたようなアプリです。

事前に書いておくと、Listacularはシンプルで使いやすいアプリです。TaskPaperをヘビーに使い倒していたユーザーは全く満足できないでしょう。そういう人には閲覧専用アプリになると思います。実際それはTaskPaperのiOS版と同じ位置付けなので移行をおすすめしたい。

Listacular for Dropbox – Rapid notes, lists and to-do’s with plaintext

バージョン: 1.10
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 5.2MB)
販売元: Andrew McKinney
リリース日: 2013/05/02

iTunesで見る

使い方はシンプルで迷うことは無いと思います。左右スワイプや長押しに機能が割り当てられています。無料で扱えるファイルは3つまでで、それ以上はアドオンを購入する必要あり。現在は300円でした。

移行する

ListacularにはDropbox同期機能があります。フォルダ名はListacular。同期フォルダは変更できます。またTaskPaperファイルをそのまま読み込めます。

注意したいのはTaskPaperファイルをListacularに読み込むとファイルが複製され、拡張子が.txtな同名ファイルが新たに作られる所。以降の同期はtxtファイルとされます。読み込んだ時点で.taskpaperファイルはお役御免です。

Photo

TaskPaperファイルをそのまま開いたもの。プロジェクトを判定していた末尾の:はListacularでは解釈されないのでただのテキストとして表示されます。-は同じくタスクに。*はリストとして表示。タグは@due以外使われないのでそのまま表示されます。

大きな違いが2つあります。完了したタスクは-xになります。@doneタグは付きません。

もう一つ、@dueタグはListacularでは日付として扱われるので表示されません。@due(2014-01-08 10:00)とスペース区切りで日時を入力しないと正しく処理されない。

移行先として勧めるだけあって、特に何もせずに移行できました。

以下TaskPaperと比較してのメリットとデメリットのメモ。参考程度にどうぞ。

メリット

  • 日時の設定が容易
  • アラーム機能
  • ファイル毎のタスク数がわかる
  • 全ファイルのタスクを一覧化できる
  • TaskPaperファイルを変換無しに読み込める

この5点でしょう。アプリの動作が安定しているというのは置いておきます。

まずは日付の設定。TaskPaperでこれをやろうとするとタグに @due(2014-01-08)とか@start(19:00)なんて書いて、アラームはカレンダーアプリ等へ別途登録する必要があった。それ用のスクリプトなんかもありましたが。

ファイル毎にタスク数がわかるのもTaskPaperには無かった機能です。TaskPaperは全体のタスク数をバッジ表示するのみでした。しかも一度ファイルを開かないといけない。

Photo

便利なのが全ファイルのタスクを一覧化できる機能。これは欲しかった。

TaskPaperファイルを変換無しに読み込めるのはフォーマットが似ているからです。この辺りはテキストベースの強みですね。アイコンもTaskPaperドキュメントのものが表示されます。

デメリット

TaskPaperとListacularは別の作者の別のアプリです。これらはあくまでTaskPaperから乗り換える場合の話がほとんどです。何度も書きますがListacularはシンプルで良いアプリだと思います。

  • タグ機能が無い
  • プロジェクトの概念が無い
  • 単純にグループ化ができない
  • 優先度が設定できない
  • 完了日が記録されない
  • 検索機能が無い

タグは日時の設定に使っているだけで、TaskPaperのようには扱えません。この時点でTaskPaperライクな使い方は実現できない。

プロジェクトは見出し単位で分ければいい。グループ化できないのは不便です。まとめて移動できないし、上位のタスクを完了にしても下位のタスクはそのまま残る。タスク管理アプリとしては非力です。

優先度の設定はTaskPaperにも無いのですが、タグによって実現できていました。必要無い人もいるでしょう。タグやプロジェクトを利用した抽出方法も無いのでこれは仕方ありません。移動によって上位から優先度付けをすることにします。

完了日が記録されないのも面倒です。TaskPaperには完了タスクの末尾に@done(2014-01-08)と自動入力する機能があります。この@doneタグが完了のフラグになっていました。

Listacularは完了したら頭の-xに変わるだけです。また、完了したタスクをひとまとめにする機能もありません。一応完了タスクを下に移動する機能はありますが、上記の通りプロジェクトの概念が無いので、何のタスクか判別するのが面倒です。

最も不便なのは検索機能が無い所。全ファイルを横断してタスクを一覧化までできるなら検索機能も付けてほしかった。

あとがき

正直言ってiOSのTaskPaperアプリは質が低かった。同期の信頼性が低く、よくコンフリクトを起こしていました。ほとんど閲覧と完了処理専用で、追加は他のアプリでやっていました。DraftsのDropbox Action機能とか。

Listacularは既にダウンロードしていて、こちらはタスク管理アプリとしては非力で使っていませんでした。これを機に使っていこうと思います。

この3アプリは今週中に削除されることになっています。どれもバグがあったりしますが必要な人はお早めに。全て無料になっています。PlainTextはもう一度アップデートされる予定ですが、その後のアップデートは当然ありません。

TaskPaper ― Simple to-do lists Ver.2.3.4
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 3.4MB)

WriteRoom Ver.3.2.8
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 2.9MB)

PlainText – Dropbox text editing Ver.2.1.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 4.6MB)

開発の遅さもあってイマイチ評価の上がらないHog Bay Softwareですが、俺にとっては好きなアプリばかりでした。開発者が一人になってしまいiOSアプリの開発を終了せざるを得なかったそうです。

TaskPaperのタグ機能を利用したツールをたくさん使っていたので、これから管理方法を変更する必要があります。制作中のツールも無駄になってしまった。まあ過ぎた事だと割りきります。これからはMacではTaskPaper、iPhoneではListacularを使うことにしました。まだiOSのTaskPaperも使えますけどね。

今後はMacアプリ、特にFoldingTextの開発に注力していくのでしょう。TaskPaperのアップデートも楽しみです。多くのコードや機能がFoldingTextと共有されるそうで、両者の位置づけがどうなるのかも楽しみです。