MacとiPhoneのメモ帳環境を考えた

簡単なテキストの受け渡しや、すぐ見る為の一時的なメモ書き。こういうのはこれまでATOK Pad(Mac・iPhoneとも)でEvernote同期してきた。ただちょっと不満があったので見なおしてみたまとめ。

不満

いくつかある不満を挙げてみた。

  • Evernote同期は遅い(共通)
  • 使っているテキストエディタで編集できない(共通)
  • 大半が一時的なものなのでEvernoteに保存したくない(共通)
  • ノートのコンフリクトが結構ある(iOS)
  • URLスキームで追記とかできない(iOS)
  • ATOK Padのコピペバルーン表示の仕様が嫌いだ(iOS)

要はスピードです。1アクションですぐ書けるようにしたい。

解決する

答えは既に出ている気もしますが、考えた。

共通の不満

まずは共通の不満から。これはもうEvernote同期をやめるしかない。他の案としては、

  • Dropbox
  • iCloud
  • その他

これぐらい。その他は専用のサーバで同期するもの。Simplenoteとか他多数。LAN内でWifi同期は外した。

まずはDropbox。同期は早い。エディタ選び放題。これは良い。
次にiCloud。同期はDropboxより早い。エディタは少ないし組み合わせが限られる。微妙。
最後にその他。これだとエディタが限定されるので却下。

考えるまでもなくDropboxです。iCloudは再考の余地ありですが、新たにアプリを購入する気はないので今回は却下。ちなみにiCloud同期ならByword(iOS,Mac)を考えていました。

iOS側の不満

次はiOS側の不満。これもEvernote同期を使わない時点でATOK Padも使えないので、URLスキームの実装されたDropbox同期アプリから選ぶことになる。そういうのなら無駄にいっぱい持ってる。

Dropbox内に保存できたらいいだけなので、作成は考えなくてもいい。Textforceならブックマークですぐ呼び出せるし。検索まで考えたらNotesyがいいか。

使うアプリを選ぶ

何を使うかなと思っていたらこんな記事を見つけた(英語)。
James’ Ubiquitous Blog – Journal – Using Dropbox to sync notes between nvALT & Notesy

Mac用アプリのnvALTとiOSアプリのNotesyをDropbox同期して使うという内容。nvALTはSimplenoteと同期するアプリだけど、作業フォルダをDropboxフォルダ内にすればそりゃいけるよなーと感心した。同じやり方で、不完全だけどiCloud同期もできたりする。

nvALTは同期機能があるので、他の環境でファイルを操作した時の挙動がちゃんと用意されています。Notesy側でファイルを削除したら、nvALT側でファイルを復旧するかとか聞いてくれる。これは安心。

nvALTは軽いしメニューバーに常駐させてホットキーで呼び出す使い方もできる。Markdownプレビューができるし、作成するファイルタイプを指定できる。外部エディタを指定したら他のエディタで編集もできる。URLはクリッカブル。

Notesyは作業フォルダ内の全ファイルをキャッシュしてくれる。その後の操作が早いし、全文検索もできる。URLスキーム対応は万全。画像やPDFや音楽や動画ファイルを表示してOpen inで渡せたりもします。そんな使い方する人はいないでしょうが。

ということでMac側はnvALT、iOS側はNotesyを使う事に決定。

やり方

Notesyは特に変更する必要がありません。nvALTは設定が必要です。説明は上記のリンク先にありますが、ここでも書いておきます。

nvalt_settings01

まずは作業フォルダを変更します。nvALTの設定からNotesタブを開きます。Other…をクリックするとファイルダイアログが開くので、Dropboxフォルダ内のnotesyフォルダを選択する。違うアプリを使う人はそのフォルダに。

nvalt_settings02

それから、その下にあるStorageタブをクリック。保存方法が選択できるのでPlain Text Files *を選択してください。

その下にExtensionという一覧があるので、nvALTのファイル一覧に表示したいファイルの拡張子を追加してください。ここにない拡張子のファイルは非表示になります。

追加ボタンが非表示になっていますが、 – の左隣をクリックすると追加できます。一覧から拡張子を選択してチェックマークのボタンクリックで、作成するファイルのデフォルト拡張子を設定できます。Notesy側も変更したい時は、Notesyの設定→AdvancedからDefault File Extensionを変更してください。

同期設定は以上です。以下はお好みで。

nvalt_settings03

俺はメニューバーに常駐させてホットキーで呼び出したいのでGeneralタブの設定も変更しました。あとは、ウィンドウを閉じてもアプリが終了しないようにチェックを外した。ホットキーはとりあえずF2に設定。

注意点

nvALTは元々ローカルのみか、Simplenoteと同期して使うように作られています。その為仕様が合わせられており、フォルダ分類せずにタグで分類します。notesyフォルダ内に作成したフォルダはnvALTの一覧に表示されません。

Notesy側ではnvALTで付けたタグが使えません。

ただ、これらを逆に利用することもできます。古くなったファイルはアーカイブ用のフォルダを作って入れておけばファイル一覧がスッキリします。Mac版だけタグで分類しても十分役に立ちます。
(注: nvALT・Notesy共にファイルの移動機能はありません)

あとがき

このやり方に変えて2日経ちました。かなり快適です。nvALTは速攻で起動するし、iPhone側なら作成はNotesyでなくてもいいので、即メモ環境を作るのは簡単です。どちらも書くまでの待ち時間がほぼ無いので快適になりました。

MacとiOSの同期だけ考えたらiCloudが一番楽だし早いですが、好きなエディタを使いたいのでこんな面倒くさいことに。一度環境を作ってしまえば後が楽なのは俺好みです。

広告