オートコレクト機能をON/OFFするSBSetting用トグル「AutoCorrection」

iPhone / iPod touchの英語キーボードにはオートコレクト機能が搭載されていて、これが結構文字入力の邪魔になる事が多い。
設定から英語キーボードをオフにする事で回避できますが、現在は5-Row QWERTY Keyboardを使っているのでどうしたものかと思っていました。

AutoCorrectionは英語キーボードでのオートコレクト機能の有無を切り替えるSBSettings用のトグルです。

例のごとくJailbreak必須なので自己責任です。

インストールはCydiaでAutoCorrectionで検索を。SBSettingsを導入していない人は事前にインストールしておいてください。
詳しい事はSBSettingsを今更導入してみた « hal’s Playgroundでまとめています。

autocorrection01.jpg autocorrection02.jpg

インストール後SpringBoardの再起動を促されないので、自分でRespringしてください。

autocorrection03.jpg autocorrection04.jpg

左がオートコレクトオンで、右がオフです。インストール時はオンになっています。

特に説明するまでもありません。とても便利だと思います。

ちなみに、SBSettingsのテーマはDeep HUDでキーボードは5-Row QWERTY Keyboardです。
どちらもCydiaからインストールできます。

SBSettingsのアドオンを導入してみた – DateStamper

この記事はSBSettingsを今更導入してみたの続きです。引き続きSBSettingsのアドオンを追加していきます。

まずは導入のきっかけになったmoyashiさん作のアドオンからDateStamperを。

ひとりぶろぐ: [iPhone]i.softbank.jpドメインのメール着信通知時に着信音とバイブレーションを鳴動させる「SBankNotify」のインストールを参考にリポジトリを追加しておいてください。

DateStamper

現在時刻を示す文字列を辞書登録してくれるアドオン。
インストールはmoyashiさんの野良リポジトリから。

インストール後はSpringBoardの再起動が必要です。SBSettingsから実行しましょう。

sbs_addon_datastamper01.jpg

実行条件は日本語キーボードを使っていて、その後英語キーボードに切り替えた状態か、またはホーム画面に戻っている状態。

日本語キーボードを使用中、あるいは最後に使ったキーボードが日本語キーボードで、以降アプリケーションを終了していないなら、キーボードを表示させて英語キーボードに切り替えるか、Homeに戻る

引用元:ひとりぶろぐ: [iPhone][Jailbreak]SBSettings用Add-on DateStamper

SBSettingsを起動してDateStamperをタップ。
もし追加されていない場合は、MoreをタップしてSet TogglesからONにしてください。

DateStamperをタップするとロードアイコンが数秒程クルクル回ります。消えたら登録完了。
日本語入力可能なアプリケーションを起動します。この記事ではランドスケープモードが丁度良かったのでFiremailで説明します。

sbs_addon_datastamper02.jpg

フルキーボードの場合は”p−”と入力すると変換候補に先ほどコピーした情報がリストアップされます。

sbs_addon_datastamper03.jpg

テンキーの場合は”ら、”で。

sbs_addon_datastamper04.jpg

書式は2種類。年月日のみの書式も欲しかった。というより書式の編集ができたら最高です。
・YYYY-MM-DD hh:mm:ss
・YYYY年MM月DD日 hh時mm分ss秒

ローカルで管理しているメモにURNのtagスキームを識別子として使っているので、それの入力補助になったらいいなと思ってます。

SBSettingsのアドオンを導入してみた – JPMemoDic

この記事はSBSettingsを今更導入してみたの続きです。引き続きSBSettingsのアドオンを追加していきます。

まずは導入のきっかけになったmoyashiさん作のアドオンからJPMemoDicを。

ひとりぶろぐ: [iPhone]i.softbank.jpドメインのメール着信通知時に着信音とバイブレーションを鳴動させる「SBankNotify」のインストールを参考にリポジトリを追加しておいてください。

JPMemoDic

メモアプリに書式に沿って入力した単語を辞書登録してくれるアドオン。
インストールはmoyashiさんの野良リポジトリから。

インストール後はSpringBoardの再起動が必要です。SBSettingsから実行しましょう。

sbs_addon_jpmemodic01.jpg sbs_addon_jpmemodic02.jpg

再起動が済んだらメモアプリを起動しましょう。
1行目にJPMemoDicと入力して改行。大文字小文字も正しく。

2行目から変換候補を入力していきます。書式は、
登録したい単語◉よみ
です。改行して続けて入力ができます。
◉はiPhone / iPod touch上で「まる」と入力すると出てきます。
Mac/PCでの入力方法はわかりませんでした。というか、こんな記号初めて見ました。◉ฺとも違うし(特殊文字コード表)。

以前のJPDicManと要領は一緒です。JPDicManのGUI版を製作中との事でしたが、これがその代替になるでしょうか。

登録したい単語には、
\n -> 改行
\t -> タブ
\bq -> バッククオート(`)
の入力が可能。

入力が済んだら保存して、SBSettingsを起動してJPMemoDicをタップ。
もし追加されていない場合は、MoreをタップしてSet TogglesからONにしてください。

JPMemoDicをタップするとロードアイコンが数秒程クルクル回ります(登録件数による)。消えたら登録完了。
日本語入力可能なアプリケーションを起動します。この記事ではランドスケープモードが丁度良かったのでFiremailで説明します。

sbs_addon_jpmemodic03.jpg

これは嬉しい。iPhone / iPod touchのみで辞書登録できる世界初のアプリケーションです。って未確認ですが。

登録可能な単語は199個。普通に文字入力しているとところてん方式で古い単語が押し出されて消えるので、実用できるのは100個ぐらいとのこと。
まめにJPMemoDicを起動しておくといいですね。

PalmのTrainTimeみたいな感じの仕組みだそうです。学生の頃CLIEと携帯電話で使ってました。
TBL形式の時刻表データの中身はカンマ区切りのCSVデータで、Train TimeやNEXT TRAINにそれを読み込んで時刻表を表示するアプリケーションです。
想像してみると確かに近いものを感じます。仕組みはわかりませんが。

JPMemoDicに関しては併せてチェックしておきたいのがiPodayさんのこの記事。
JPMemoDic – Sbsettings toggle – iPoday
Mac / PCで単語データを編集してiPhone / iPod touchのメモアプリにペーストする手順が説明されています。
Windowsで◉が出ないような。。とありますが、Macでも入力方法がわかりません…

SBSettingsのアドオンを導入してみた – LastVisitURL

この記事はSBSettingsを今更導入してみたの続きです。引き続きSBSettingsのアドオンを追加していきます。

まずは導入のきっかけになったmoyashiさん作のアドオンからLastVisitURLを。

ひとりぶろぐ: [iPhone]i.softbank.jpドメインのメール着信通知時に着信音とバイブレーションを鳴動させる「SBankNotify」のインストールを参考にリポジトリを追加しておいてください。

LastVisitURL

MobileSafariで最後に閲覧したページのタイトルとURLを辞書登録してくれるアドオン。
インストールはmoyashiさんの野良リポジトリから。
インストール後はSpringBoardの再起動が必要です。SBSettingsから実行しましょう。

sbs_addon_lastvisiturl01.jpg sbs_addon_lastvisiturl02.jpg

再起動が済んだらMobileSafariを起動してページを開きましょう。そしてSBSettingsを起動してLastVisitURLをタップ。
もし追加されていない場合は、MoreをタップしてSet TogglesからONにしてください。

LastVisitURLをタップするとロードアイコンが1秒程クルクル回ります。消えたらコピー完了。
日本語入力可能なアプリケーションを起動します。この記事ではランドスケープモードが丁度良かったのでFiremailで説明します。

sbs_addon_lastvisiturl03.jpg

フルキーボードの場合は”p−”と入力すると変換候補に先ほどコピーした情報がリストアップされます。

sbs_addon_lastvisiturl04.jpg

テンキーの場合は”ら、”で。

sbs_addon_lastvisiturl05.jpg

書式がいくつかあります。4種類あるという事ですが、3種類しか出てきませんでした。

これはかなり便利。Evernoteで新しいNoteを書く時に重宝します。

SBSettingsのアドオンを導入してみた – NowPlaying

この記事はSBSettingsを今更導入してみたの続きです。引き続きSBSettingsのアドオンを追加していきます。
まずは導入のきっかけになったmoyashiさん作のアドオンからNowPlayingを。

ひとりぶろぐ: [iPhone]i.softbank.jpドメインのメール着信通知時に着信音とバイブレーションを鳴動させる「SBankNotify」のインストールを参考にリポジトリを追加しておいてください。

NowPlaying

再生中の曲のタイトル,アーティスト名,アルバム名を辞書登録してくれるアドオン。
インストールはmoyashiさんの野良リポジトリから。
インストール後はSpringBoardの再起動が必要です。SBSettingsから実行しましょう。

sbs_addon_nowplaying01.jpg sbs_addon_nowplaying02.jpg

再起動が済んだら何か音楽を再生しましょう。そしてSBSettingsを起動してNowPlayingをタップ。
もし追加されていない場合は、MoreをタップしてSet TogglesからONにしてください。

NowPlayingをタップするとロードアイコンが1秒程クルクル回ります。消えたらコピー完了。
日本語入力可能なアプリケーションを起動します。この記事ではランドスケープモードが丁度良かったのでFiremailで説明します。

sbs_addon_nowplaying03.jpg

フルキーボードの場合は”p−”と入力すると変換候補に先ほどコピーした情報がリストアップされます。

sbs_addon_nowplaying04.jpg

テンキーの場合は”ら、”で。

sbs_addon_nowplaying05.jpg

書式がいくつかあります。書式が4種類あるという事ですが、3種類しか出てきませんでした。
もう一つの書式はBGM:曲名 / アーティスト名 from アルバム名だと思います。

コピーはiPhone / iPod touchのiPod機能で再生した曲に限られます。動画も可。
Youtubeアプリで試してみたらコピーできませんでした。mxtubeでDLした動画も同じ。

これを使うシーンは想像できるけど、俺はtouchユーザーなので使う機会は無いかもしれません。

SBSettingsを今更導入してみた

SSHのON/OFFがネックでBossPrefsからの移行を躊躇していましたが、とっくに修正されています。
最新のバージョンでは安定もしているようなので早速移行。以下導入メモ。今の所はBossPrefsも併用しています。
アドオンは把握しきれていないので使ってから書きます。また次回。
wikisrvdのトグルは用意したい所。

SBSettingsはBossPrefsの後継ツールです。製作者も同じ。いずれ置き換わるものなので、この機会に移行しましょう。
その前に注意書きテンプレートを。

注意:まずは以下を読んでください。

SBSettingsはapp storeでダウンロードできるAppleの認可を受けたアプリケーションではありません。
使うにはJailbreakが必要です。Jailbreakをする事によってAppleやSoftBankのサポートが受けられなくなります。
また、使い方によってはセキュリティリスクを増やす事になります。操作を誤ると簡単に壊れます。
私はJailbreakする事を薦めませんし、これから説明する手順を実行した際のいかなる問題にも責任を持ちません。

インストール

Mobile Substrateが必要なので事前にインストール。
リポジトリの追加は必要無いので、Cydiaで検索すれば見つかります。
WinterBoardを使っている人は既にインストールしているでしょう。

SBSettingsも同様にリポジトリの追加は必要ありません。
Cydiaで検索するか、Home→Featured PackagesのFree Extensionsからインストールしましょう。
この記事を書いている時点の最新バージョンは1.0.7-1です。

SBSettings_001.jpg SBSettings_002.jpg
SBSettings_003.jpg SBSettings_004.jpg

インストール後SpringBoardを再起動。ホーム画面に戻ってもSBSettingsのアイコンはありません。
SBSettingsはステータスバーをフリックするか左右にフリックする事で起動します。
他のアプリ起動中でも使えるので、設定関係以外に色々な使い方ができるのが利点。

SBSettings_005.jpg SBSettings_006.jpg

最初は明るさの設定とSSHとWiFiのトグルがあります。iPhoneだと3Gのトグルもデフォルトで表示されているでしょうか。
中段のMoreをタップするとBossPrefsでもお馴染みの設定の他に、SBSettings固有の表示設定ができます。

SBSettings_007.jpg SBSettings_008.jpg

初回起動時にはWelcomeのダイアログ。BossPrefsでも表示されました。
右は設定画面。順番に説明していきます。

Manage Themes

SBSettings_009.jpg

SBSettings_016.jpg

Manage ThemesをタップするとSBSettingsのテーマを変更できます。矢印アイコンをタップするとプレビューが表示される。
変更してホームボタンクリックでSpringBoardが再起動される。

テーマはCydiaからDLできます。インストール先は以下に。
/private/var/mobile/Library/SBSettings/Themes

詳しくはSBSettings Themes | iPhone News, Help and Guidesをどうぞ。
テーマを自作する時は既存のテーマをベースにファイルを置き換えて作る方が簡単です。先駆者に感謝しつつ、恩恵に与りましょう。

Settings

SBSettings_010.jpg

まずはSet Toggles。SBSettingsに表示させるトグルのON / OFFができます。

SBSettings_011.jpg

次はDock Applications。中段のDockに表示するアプリを設定します。ここを上手く使うとiPhone / iPod touchがとても便利になる。
デフォルトでは全てOFFになっています。

SBSettings_012.jpg

次はHide Icons。BossPrefsにも同じ機能があります。
ホーム画面のアイコンの表示非表示を切り替える。

SBSettings_013.jpg

最後にExtras。これもBossPrefsに同じ機能があります。
メールアプリが起動しなくなったりした時にはFix User Dir Permissionsを。要はパーミッションを規定値に戻してくれる機能。本当に困った時だけ使いましょう。
Enable Numeric Batteryはバッテリー残量をアイコンから数値化表示に変更する機能。タップしてSpringBoardを再起動すると変更されます。
Disable Apple App Killswitchは以前話題になったキルスイッチ関連。詳しくはGoogleで”apple iphone killswitch”を検索してねとのこと。

SBSettings_014.jpg SBSettings_015.jpg

他はHelpとAbout。SBSettingsの下部には広告が表示されます。

SBSettings_017.jpg

SBSettingsの下段にはいくつかの情報が表示されます。

WifiのIPアドレスと、Data IPは3G回線だろうか。OFFならN/Aと表示。
他にはHDD Freeなんてありますが/var以下の空き容量。Available Memoryはメモリの空き容量。

説明は以上です。
要はインストールするだけで使えるようになります。
Moreから設定すればDockをタップしてアプリのランチャーにもなるし、アドオンを追加する事で便利な使い方ができる。この辺りは次の機会に書きます。

BossPrefsでできた事はSBSettingsでも可能です。
SSH関連のトラブルは修正されました。OFFにしたのにいつのまにかONになっていたり、切り替える時にしばらくフリーズしたりする事はもう無いようです。

2010/6/29追記
moyashiさんのブログが移転しています。それに伴いリポジトリも移転しました。

実はSSH切り替えのバグがクリティカルで、しばらくの間無視していました。
導入の決め手はmoyashiさん製作のSBSettings用アドオンのリリースラッシュ。
リポジトリを追加しておく事をおすすめします。
http://homepage3.nifty.com/moyashi/cydia/
詳しくはひとりぶろぐ: [iPhone]i.softbank.jpドメインのメール着信通知時に着信音とバイブレーションを鳴動させる「SBankNotify」のインストールをどうぞ。

アドオン情報

アドオン関係の記事を追加しています。

  • NowPlaying – 再生中の曲情報を辞書登録
  • LastVisitURL – Safariで閲覧したページのタイトルとURLを辞書登録
  • JPMemoDic – メモアプリに入力した単語を辞書登録
  • DateStamper – 現在時刻を辞書登録
  • AutoCorrection – 英語キーボードのオートコレクト機能をON/OFFする

随時追加予定です。