ListacularのInboxをiPhoneで整理する

タスク整理をiPhoneのみでやる時にこういうツールがあったら簡単でいいなと思っていました。設計だけして放置していたものをざっくりと作ったら案外便利。自分用ですが公開します。

やりたいこと

  • DraftsのDropboxアクションでInboxに追記
  • InboxファイルをLaunch Center Proで読み込んでMyScriptsの処理用スクリプトに送る
  • タスクを選択してDraftsへ送る
  • DraftsのDropboxアクションでファイルに追記。または新規作成してペースト
  • MyScriptsに戻る
  • 振り分けたタスクをクリア
  • Inboxにあるタスクを丸ごとクリア

こんな感じ。Inbox処理装置ということでInbox processor。略してInproと命名。

使うアプリ

以下の4つです。ListacularでなくTaskPaperがあればそちらでもかまいません。

Listacular for Dropbox – Rapid notes, lists and to-do’s with plaintext Ver.1.45
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 4.4MB)

Drafts – Quickly Capture Notes Ver.3.6
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 500円(サイズ: 10.6MB)

Launch Center Pro Ver.2.2.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 500円(サイズ: 18.2MB)

MyScripts Ver.2.5
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 400円(サイズ: 2.3MB)

準備

まずは必要なものをインポートします。以下の4つをすべてタップしてください。

インポートが終わったらMyScriptsスクリプトを少し編集します。長押しして編集をタップ。

IMG_0919

この3項目を変更します。

注:ファイルはTaskPaperフォルダにあるものとして作ってあります。違う場合はDraftsとLaunch Center Proアクションを編集してパスを変更する必要があります。

IMG_0920

使い方

注:インターネット接続必須です。Dropboxへアクセスできる環境を前提に作ってあります。

Launch Center ProでInproをタップ。Dropbox上のInboxファイルを読み込んでMyScriptsのInproへ渡します。

IMG_0924

Inproが開いたらタスクをタップしてボタンをタップするだけ。機能は以下の6つ。

  • メインファイルへの追記
  • チェックを外す
  • ファイル名を入力して新規作成
  • Inbox内のタスクをすべて削除
  • 選択したタスクをInboxから削除
  • アプリを起動

Listacular使用上の注意

Inboxをクリアした時、アプリ内でInboxファイルが更新されないことがよくあります。Dropbox側ではファイルが更新されているのでご注意ください。これはListacularの同期不具合です。

おまけ

DraftsからInboxに追記するアクション。

あとがき

出先でタスク整理するのに便利です。この前の出張で役立ってくれました。

テキストベースのタスク管理の弱点としてファイル間の移動が面倒(特にモバイル環境で)なのが挙げられます。他のアプリならタグやカテゴリ分けは簡単ですからね。Inproでその弱点を少しはカバーできたのではないかと思っています。

ListacularがTaskPaper形式に対応

タスク管理アプリのListacularがTaskPaper形式に対応しています。これまでのようなTaskPaperファイルでも読み込めるというだけでなく、TaskPaperの書式に対応しました。

Listacular for Dropbox – Rapid notes, lists and to-do’s with plaintext

バージョン: 1.41
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 4.4MB)
販売元: Andrew McKinney
リリース日: 2013/05/02

iTunesで見る

Photo

test.taskpaperファイルを読み込んだところ。プロジェクトは太字になり、タグも認識しています。タスクにチェックを入れるとdoneタグが付きます(日付は無し)。txtファイルの場合は従来通り-xになります。

URLスキームも充実しましたし、あとは検索だけですね。Mac版TaskPaperのようにタグがクリッカブルになって抽出できたら最高です。

TaskPaperにこんなにしっかり対応してくれるとは思っていませんでした。今後はMarkdown形式もサポートするようで楽しみです。

リマインダーの完了履歴をDropboxに保存する

IFTTTネタです。iOSリマインダーでチェックを付けたアイテムをIFTTT経由でDropbox上のファイルに追記。完了したアイテムをListacularで閲覧できるようにしました。あとはTaskPaperでも処理できるようにタグをいくつか。

必要なアプリ、サービス

閲覧するアプリはテキストファイルが開けたら何でもOKです。俺はiPhoneではListacular、MacではTaskPaperアプリを使います。

Listacular for Dropbox – Rapid notes, lists and to-do’s with plaintext Ver.1.10
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 5.2MB)

TaskPaper Ver.2.3.2
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 1000円(サイズ: 1.2MB)

設定

IFTTTにレシピを登録するだけです。レシピを共有しようかと思いましたがフォーマットが人によって違いすぎるでしょうからやめました。俺は以下のように設定しています。ListacularもTaskPaperも使わない人はGoogleスプレッドシートに追記していくのもいいかもしれません。

ifttt_rm2db

先頭を*にしたのはListacularではリスト、TaskPaperではテキストと認識させる為です。お好みで変更してください。右端の+をクリックするといくつかの要素が用意されています。

これで設定は完了です。あとは普段通りにリマインダーを利用すれば、完了したアイテムが追記されていきます。ファイル名にはいくつかの要素が使えるのでリストごとにファイルを分けるのも良いですね。

あとがき

iOSリマインダーとDropboxを連携させる最近よく見るレシピです。このレシピも元々他の人がシェアしたものを書き換えただけだったりします。

IFTTTはiOSアプリが出て自由度が格段に上がりました。ログを残す為のツールの1つとして考えるとこういうことができます。同じようにDropboxにログを貯めて、ローカルでスクリプトを走らせて一日分にまとめる。

また何か思いついたら書こうと思います。

TaskPaperからListacularへ移行する

残念ながらTaskPaperのiOS版は開発が終了しました。週末にはApp Storeから削除されることになっているようです。

そんなこと急に言われてもTaskPaperユーザーの俺はどうすればいいの?というのもリンク先には書いてあり、おすすめされているのがListacularというアプリ。同じくテキストベースの、TaskPaper iOS版をシンプルに進化させたようなアプリです。

事前に書いておくと、Listacularはシンプルで使いやすいアプリです。TaskPaperをヘビーに使い倒していたユーザーは全く満足できないでしょう。そういう人には閲覧専用アプリになると思います。実際それはTaskPaperのiOS版と同じ位置付けなので移行をおすすめしたい。

Listacular for Dropbox – Rapid notes, lists and to-do’s with plaintext

バージョン: 1.10
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 5.2MB)
販売元: Andrew McKinney
リリース日: 2013/05/02

iTunesで見る

使い方はシンプルで迷うことは無いと思います。左右スワイプや長押しに機能が割り当てられています。無料で扱えるファイルは3つまでで、それ以上はアドオンを購入する必要あり。現在は300円でした。

移行する

ListacularにはDropbox同期機能があります。フォルダ名はListacular。同期フォルダは変更できます。またTaskPaperファイルをそのまま読み込めます。

注意したいのはTaskPaperファイルをListacularに読み込むとファイルが複製され、拡張子が.txtな同名ファイルが新たに作られる所。以降の同期はtxtファイルとされます。読み込んだ時点で.taskpaperファイルはお役御免です。

Photo

TaskPaperファイルをそのまま開いたもの。プロジェクトを判定していた末尾の:はListacularでは解釈されないのでただのテキストとして表示されます。-は同じくタスクに。*はリストとして表示。タグは@due以外使われないのでそのまま表示されます。

大きな違いが2つあります。完了したタスクは-xになります。@doneタグは付きません。

もう一つ、@dueタグはListacularでは日付として扱われるので表示されません。@due(2014-01-08 10:00)とスペース区切りで日時を入力しないと正しく処理されない。

移行先として勧めるだけあって、特に何もせずに移行できました。

以下TaskPaperと比較してのメリットとデメリットのメモ。参考程度にどうぞ。

メリット

  • 日時の設定が容易
  • アラーム機能
  • ファイル毎のタスク数がわかる
  • 全ファイルのタスクを一覧化できる
  • TaskPaperファイルを変換無しに読み込める

この5点でしょう。アプリの動作が安定しているというのは置いておきます。

まずは日付の設定。TaskPaperでこれをやろうとするとタグに @due(2014-01-08)とか@start(19:00)なんて書いて、アラームはカレンダーアプリ等へ別途登録する必要があった。それ用のスクリプトなんかもありましたが。

ファイル毎にタスク数がわかるのもTaskPaperには無かった機能です。TaskPaperは全体のタスク数をバッジ表示するのみでした。しかも一度ファイルを開かないといけない。

Photo

便利なのが全ファイルのタスクを一覧化できる機能。これは欲しかった。

TaskPaperファイルを変換無しに読み込めるのはフォーマットが似ているからです。この辺りはテキストベースの強みですね。アイコンもTaskPaperドキュメントのものが表示されます。

デメリット

TaskPaperとListacularは別の作者の別のアプリです。これらはあくまでTaskPaperから乗り換える場合の話がほとんどです。何度も書きますがListacularはシンプルで良いアプリだと思います。

  • タグ機能が無い
  • プロジェクトの概念が無い
  • 単純にグループ化ができない
  • 優先度が設定できない
  • 完了日が記録されない
  • 検索機能が無い

タグは日時の設定に使っているだけで、TaskPaperのようには扱えません。この時点でTaskPaperライクな使い方は実現できない。

プロジェクトは見出し単位で分ければいい。グループ化できないのは不便です。まとめて移動できないし、上位のタスクを完了にしても下位のタスクはそのまま残る。タスク管理アプリとしては非力です。

優先度の設定はTaskPaperにも無いのですが、タグによって実現できていました。必要無い人もいるでしょう。タグやプロジェクトを利用した抽出方法も無いのでこれは仕方ありません。移動によって上位から優先度付けをすることにします。

完了日が記録されないのも面倒です。TaskPaperには完了タスクの末尾に@done(2014-01-08)と自動入力する機能があります。この@doneタグが完了のフラグになっていました。

Listacularは完了したら頭の-xに変わるだけです。また、完了したタスクをひとまとめにする機能もありません。一応完了タスクを下に移動する機能はありますが、上記の通りプロジェクトの概念が無いので、何のタスクか判別するのが面倒です。

最も不便なのは検索機能が無い所。全ファイルを横断してタスクを一覧化までできるなら検索機能も付けてほしかった。

あとがき

正直言ってiOSのTaskPaperアプリは質が低かった。同期の信頼性が低く、よくコンフリクトを起こしていました。ほとんど閲覧と完了処理専用で、追加は他のアプリでやっていました。DraftsのDropbox Action機能とか。

Listacularは既にダウンロードしていて、こちらはタスク管理アプリとしては非力で使っていませんでした。これを機に使っていこうと思います。

この3アプリは今週中に削除されることになっています。どれもバグがあったりしますが必要な人はお早めに。全て無料になっています。PlainTextはもう一度アップデートされる予定ですが、その後のアップデートは当然ありません。

TaskPaper ― Simple to-do lists Ver.2.3.4
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 3.4MB)

WriteRoom Ver.3.2.8
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 2.9MB)

PlainText – Dropbox text editing Ver.2.1.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 4.6MB)

開発の遅さもあってイマイチ評価の上がらないHog Bay Softwareですが、俺にとっては好きなアプリばかりでした。開発者が一人になってしまいiOSアプリの開発を終了せざるを得なかったそうです。

TaskPaperのタグ機能を利用したツールをたくさん使っていたので、これから管理方法を変更する必要があります。制作中のツールも無駄になってしまった。まあ過ぎた事だと割りきります。これからはMacではTaskPaper、iPhoneではListacularを使うことにしました。まだiOSのTaskPaperも使えますけどね。

今後はMacアプリ、特にFoldingTextの開発に注力していくのでしょう。TaskPaperのアップデートも楽しみです。多くのコードや機能がFoldingTextと共有されるそうで、両者の位置づけがどうなるのかも楽しみです。

TaskPaperへのタスク登録を支援するMyScripts用スクリプトを作った

昨日のTaskPaperのURLスキームの続き。

案外簡単にできた

昨日こんな事を書きました。

何かでタスク入力→MyScriptsに渡してから、追加したいtaskpaperファイルを取得して解析→タスク追加→何かでファイルを上書きすればもう少し細かいこともできそう。ただの想像なので試してませんが。

これ作れるよなーと思って、昨晩サッカーを見ながらiPhoneでチマチマ書いていたら完成。MyScriptsとTextfocreが必要です。

Add to TaskPaper

MyScripts用スクリプト「Add to TaskPaper」のインストールはこちら。

Add to TaskPaper

何かでタスクを入力(後述します)して、MyScriptsで処理して、URLスキームでTextforceからTaskPaperドキュメントを上書きするスクリプトです。

addtotaskpaper_01

こんな感じで動きます。以前のNebulous Notesで追記する方法と違うのは、プロジェクトが複数ある既存のTaskPaperドキュメントにタスクを追加できる所。

設定する

まずはTaskPaperドキュメントのURLを取得します。Dropboxアプリで該当ファイルを開いて、左下のアクションメニューからリンクをコピーをタップ。

addtotaskpaper_02

というURLがコピーされます。これのwwwをdlに書き換えてください。

このURLは他の人でもアクセスできるので人に教えないでください。DropboxサイトでURLを削除することもできます。

MyScriptsを起動してAdd to TaskPaperを長押し→編集をタップ。編集画面を開くと、変数が4つ並んでいます。""内を書き換えてください。

  • さきほど取得したURLを入力
    var source = getSrc("ここにURLを入力");
  • 上書きするファイルのパス(例: /TaskPaper/テスト.taskpaper)
    var owfile = "上書きするファイルのパス";
  • タスクを追加するプロジェクト名( : コロンはいりません)
    var project = "プロジェクト名";
  • エラーの場合に戻るアプリのURL。特に無い時はそのままか、""に
    var callback = "エラーの場合に戻るアプリのURLスキーム";

これで設定は完了です。ちなみに、成功した場合はTextforceへ移動するので戻る手段がありません。

タスクを追加する手段

スクリプト自体はタスクを入力する手段を持ちません。テキストをコピーしてから実行か、他のアプリからの入力のみです。

一番簡単なのは、テキストをコピーしてAdd to TaskPaperを実行することです。他にもLaunch Center Proのプロンプトを使ったり、MyShortcuts経由で、プロンプトにタスクを入力してからAdd to Task Paperを実行するブックマークレットでもいい。それぞれURLスキームを用意したのでご利用ください。Launch Center Pro用はコピペで、MyShortcuts用はタップするとインストールされます。

注意

At your own risk. です。データ取得完了&ステータスコード200の時しか上書きにいかないようになっていますが、何が起こるかわからない時代なので自己責任で使ってください。

不具合があった場合は、Dropboxサイトでファイルを復元できます。

記事中に出てきたアプリ

TaskPaper — Simple to-do lists 2.2
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 450円(サイズ: 2MB)

MyScripts 2.5
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 350円(サイズ: 2.3MB)

Textforce – Dropbox text editing 2.9.0
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
現在の価格: 350円(サイズ: 2MB)

あとがき

ごり押しです。最初はDropboxにログインして…とか色々考えたものの、これが一番簡単でした。

今回のようにデータを読み込んでエクスポートする手法は他にも使えそうですね。テンプレート呼び出しとか。また何か思いついたら小ネタとして紹介します。

TaskPaperのURLスキーム

検索したらサクっと見つからなかったのでメモ。

TaskPaperのURLスキームはtaskpaperです。ランチャーアプリにtaskpaper:と入れておけば起動できます。Dueだと後ろに何か付けないとURLと認識してくれないのでタイトル taskpaper://aと入れておけばOK。今の所パラメータは特に無く起動するのみ。フォーラムを見ると議論はあったようです。開発が難航してそうですが。

2014-02-05追記
訂正。オプションがいくつかありました。

新規 taskpaper://create?body=テキスト
開く taskpaper://open/ファイル名
検索 taskpaper://search/検索語

中身はただのテキストファイルなので、Dropbox同期対応のテキストエディタからURLスキーム経由でタスク追加は可能です。以前ブログに書いたので参考にしてください。

Nebulous NotesでURLスキーム経由の追記についてはこちら。拡張子を.txtにしていますが、.taskpaperでも同様です。Textforceでも同じことができます。設定のファイル拡張子にtaskpaperを追加しておけば、TaskPaperドキュメントも開ける。

ということで、今は起動のみか、他のアプリから簡易的なタスク追加しかできません。何かでタスク入力→MyScriptsに渡してから、追加したいtaskpaperファイルを取得して解析→タスク追加→何かでファイルを上書きすればもう少し細かいこともできそう。ただの想像なので試してませんが。

2013-01-07追記
試したら一応できました。
TaskPaperへのタスク登録を支援するMyScripts用スクリプトを作った

内部的にプロジェクト、タスク、ノート等の概念があったり、このファイルのこのプロジェクトに(前方/後方)追加できる必要がある。プロジェクトを作ってタスク追加とか。どう実装するのか楽しみです。更新の早いデベロッパではないので気長に待ってます。

記事中に出てきたアプリ

TaskPaper — Simple to-do lists 2.2
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 450円(サイズ: 2MB)

Nebulous Notes (for Dropbox) 6.0.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 450円(サイズ: 10.8MB)

Textforce – Dropbox text editing 2.9.0
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
現在の価格: 350円(サイズ: 2MB)

あとがき

新年会の余興でリフティングを213回やったら「長い」と一蹴されました。

<

p>今日で連休は終わり。今回は遊びを控えめにして、よく寝てよく食べました。明日から徐々に本気だす。

Nebulous NotesとLaunch Center Proで簡単にTaskPaperへ登録する

Nebulous Notesが先日のバージョンアップでURLスキーム経由のテキスト追加に対応しました。それとLaunch Center ProのPrompt機能を使ってTaskPaperへTodoを登録します。これがかなり楽。

アプリを3つとも使っている人はかなり少なそうですが一応メモ。

なお、この記事には元ネタがあります(英語)。

やり方

TaskPaperは自由度の高いアプリなので様々な使い方があると思いますが、俺はInbox用のファイルを作ってとにかく追記しています。それから整理。

  1. まずはTaskPaperを管理しているフォルダ(デフォルトはTaskPaper)にInbox.txtを作成します。
    nn-lc_tp_01
  2. 作成したらNebulous Notesで開きます。開くだけでOKです。すぐに閉じて構いません。
  3. Launch Center Proに以下のURLを登録します。作業フォルダを変更している人は書き換えてください。
    nebulous://TaskPaper/Inbox.txt?prepend=%2d%20[prompt]
    nn-lc_tp_02

使い方

nn-lc_tp_03

Launch Center Proを起動。上記で作ったアクションをタップするとプロンプトが表示されるので、タスクを入力してGoをタップするだけ。Nebulous Notesが起動してInbox.txtに追記されていれば成功です。

nn-lc_tp_04

Twitterで見かけてからこの方法を使っています。Launch Center Proをドックに置いているのでとても便利。

URLのPrependは前方追加。後方追加にしたい時はappendに書き換えてください。TaskPaper for MacのQuick Entry Windowと合わせて- は事前にURLに含めました(%2d%20がそれ)。必要無ければ削除してください。

あとがき

これまでは追記できるEvernote補助アプリを使っていましたが、直接TaskPaperで見るファイルに追記できるのでこっちの方が楽です。

説明は省きますが、TextforceでもNebulous Notesと同じことができます。

Nebulous Notes (for Dropbox) 6.0
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 450円(サイズ: 10.8MB)
Launch Center Pro 1.0.4
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 250円(サイズ: 18.2MB)
TaskPaper — Simple to-do lists 2.1.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 850円(サイズ: 4.9MB)