2015年のまとめ

去年から決まっていた案件により、夏の終わりから多忙を極めておりました。ブログにまとめたい事も特に無かったんですが。

早いもので今年も今日で終わり。寒くなってきたなと思ったらもう終わりですよ。何なのこの速さ。この前、紅葉見に行けないな、とか残念がっていたのに。

2015年よく使ったアプリのまとめ

今年ははっきり言って不作でした。もう出尽くした感はありますが。これ凄い!欲しい!というアプリは一つも無かった。

Schemesは開発終了によりiPhone版も当然無くなりました。楽しみにしていたUlyssesのiPhone対応(ユニバーサル版)もリリース延期でがっかりです。Pythonistaの更新も無し。

Editorial Ver.1.2.1
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 1200円(サイズ: 57.4MB)

Python実行開発環境を搭載したメモアプリ。やはりこれ。これが無いとやってられない。詳しくはこのブログをEditorialで検索してください。

Ohajiki Webブラウザ – ランチャーモード搭載 Ver.2.2.0
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ユーティリティ
現在の価格: 720円(サイズ: 11.8MB)

ブラウザアプリ。検索アプリモードにより、MyFindみたいな検索アプリとしても使えます。今年購入したアプリで継続して使用しているのはこれだけです。

Fantastical 2 for iPhone – カレンダーとリマインダー Ver.2.5.3
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
現在の価格: 400円(サイズ: 22.6MB)

カレンダーアプリ。もはや定番。日本語での自然言語入力にも対応しました。

Sylfeed Ver.3.4.4
カテゴリ: ニュース, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 240円(サイズ: 8.9MB)

フィードリーダー。しばらくReederを使っていましたが、最新版がどうも合わないので、また使い始めました。やっぱり使いやすい。

以上です。TwitterはTweetbot 3をまだ使っています。4はどうしようかなと。フルに機能を使いたいなら公式アプリしか選択肢がないのが現状なんですよね。

ブログまとめ

今年のブログ更新件数はこの記事を含め40件でした。下半期はほぼ放置状態。やった事といえばEditorial関連と、注目しているアプリの更新情報をまとめたぐらいです。10月以降はそれもサボりましたが。

Editorial関連は相変わらず拙いコードを書いていますが、iOS+Pythonでやりたい事が出来るようになって楽しくなってきました。

新年はもっと色んな事をやりたい。

サッカーまとめ

今年もたくさんの試合を見ました。一番は女子サッカー。ワールドカップカナダ大会は準優勝でした。決勝戦はアメリカにしてやられました。日本を研究し尽くしたセットプレー。そして何よりあの逆光。なぜ反対側のピッチを選ばなかったのか。まあ考えても仕方ないんですが。

書いていたら長文になったのでばっさりカットしますが、一番感動したのは、決勝戦の散々なスタートからの修正です。壊れてしまった試合をあれほど見事に修正できる監督が世界に何人いるのか。本当に素晴らしかった。

グループリーグの選手起用に至っては史上初なんじゃないだろうか。3試合でGK含め全選手を起用して全勝で通過。まあ内容はイマイチでしたが。

正直に言うと、今大会はあまり期待していませんでした。前回大会からそれ程の上積みがあるとは思えなかった。宮間選手をボランチに置いて裏抜けを狙う戦術が好きじゃなかったのもあります。結局は決勝の連続失点以降上手くやれたのはこの戦術のおかげなんですが。カナダ大会は佐々木監督の手腕に驚かされるばかりでした。

女子サッカーといえば、覚悟はしていましたが、澤穂希選手が引退を発表しました。今年の皇后杯をもって現役を引退すると。

とうとうこの時が来てしまった。五輪まで続けるイメージがどうしても持てなかった。結婚を発表した時に、やっぱり引退するするのかな、と半ば確信してました。

澤選手といえばアトランタ世代ですよ。まだ十代の頃、ニュース番組か何かで澤選手の特集を見て知りました。何となく記憶には残っていたものの、再び名前を聞いたのはそれから10年以上経ってからです。それでもほとんど試合は見られませんでしたが。

スウェーデンが強い時代とかありましたよね。ジェノアの会長がウチに欲しいとか褒めていたのを覚えています。にわか知識。

皇后杯、神戸は決勝まで勝ち進み、相手は上尾野辺めぐみのいる新潟。結果は神戸がCKから澤選手のヘディングで決勝点を決めて1-0で優勝しました。出来すぎです。神戸は試合内容でいえば準決勝の仙台戦後半がベストでしょうが、何だかもう決勝のあのゴールが全てを持って行ってしまいました。

出来すぎなのはドイツ大会で経験したので、澤選手らしいラストマッチともいえます。ドイツ大会はキャプテンとして臨んで優勝。この時も延長後半で追いついたゴールは澤選手。更には得点王とMVPも獲得。そのシーズンの世界最優秀選手になり国民栄誉賞まで受賞しました。ご都合主義な漫画にでもここまではやらない。

ドイツ大会決勝は素晴らしいヒールボレーばかり取り上げられますが、俺は延長後半のラストプレーで、タッチを割ろうとしていたボールを最後まで追う姿に感動しました。そんな事をTwitterでも書いた覚えがあります。

今季のリーグを見てきて、澤選手がまだやれるのは間違いないんですよ。全盛期のパフォーマンスはもう望めませんが、あの読みと展開力をもってすれば40歳まで続けられるんじゃないかと思える程です。

澤選手のプレー見るのは楽しかった。本当にお疲れ様でした。

今年も一年ありがとうございました

早いもので明日から2016年です。平成28年ですよ。そりゃ歳も取るってもんですよ。ちなみに来年は申年です。

来年はどんなアプリが出てくるのか。出尽くした感のある中でブレイクスルーが生まれるのか。楽しみにしています。

今年も一年ありがとうございました。新年もよろしくお願いします。

Drafts Ver.4.5.5 – 拡張キーからアクション実行

Draftsがアップデート。拡張キーボードからアクションを実行できる等、いくつかの機能追加・修正があります。

Drafts 4 – Quickly Capture Notes, Share Anywhere!

バージョン: 4.5.5
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 1200円(サイズ: 12.3MB)
販売元: Agile Tortoise
リリース日: 2014/10/15

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

引用元:App Store -Drafts 4 – Quickly Capture Notes, Share Anywhere!

バージョン 4.5.5 の新機能
#### Visit our blog for more detailed release notes: agiletortoise.com/blog

– [New] Apple Watch Complications! Keep up with your inbox from your watch face.
– [New] Apple Watch Glance with quick access to inbox information.
– [New] Keyboard command key types for toggling the visibility of the drafts and/or actions list and creating a new draft. Great for use in combination with external keyboard shortcuts.
– [Fix] Current cursor position could be lost if Drafts was sent to background.
– [Fix] Backup settings would not properly report error if Dropbox was not linked.
– [Change] Restore Google+ posting, which was temporarily disabled while working around upload issues.

Help & Support: info@agiletortoise.com
News and Tips: @draftsapp on Facebook and Twitter

Review and ratings are always appreciated!

拡張キーボードからアクション実行

拡張キーボード右端の鉛筆アイコン→+→Run Actionからアクションを追加。キートップのラベル名と、実行するアクション名。Voice Overは読み上げ用。キーボードショートカットは外部キーボード用です。

これで1タップでアクションを実行できるようになります。

拡張キーボードの追加コマンド

  • 新規ドラフト作成
  • ドラフト一覧を開く
  • アクション一覧を開く

が追加されました。これによりDrafts 3のような使い勝手に、なるのかわかりませんが。4でメニューを上部にまとめたのは何だったのかと思わなくもない。

その他

Apple Watch関連と不具合修正がされています。詳しくは公式サイトをどうぞ。

あとがき

拡張キーボードからアクション実行はリリース当初から欲しかった機能です。

Draftsはアクションと拡張キーそれぞれで使える関数が違うという仕様なので、まとめて一箇所で使えるようになったのは便利ですね。

例えば拡張キーでテンプレートを貼り付けて、本文を書いた後Evernoteに保存する。なんて事が画面遷移無くできるようになりました。カスタマイズ次第でEvernoteクラアイントにもなりますね。

アップデートを重ねるごとにごちゃごちゃしてきた感はありますが、シンプルにも複雑にも使えるのは相変わらずです。

iTunes Storeの音楽URLを直接iTunes Storeアプリで開く

ちょっとわかりにくいタイトルですが。

Apple Musicがスタートしてから、対応バージョンでiTunes Storeの音楽URLをミュージックアプリで開くようになりました。それを直接iTunes Storeアプリで開く方法です。

URLの後ろにapp=itunesを付けるだけ

以下はそれぞれミュージックとiTunes Storeアプリで開きます。

あとがき

これ知らなかった。Apple Musicで開いても取り扱いが無いと表示されるのが煩わしかったんですよね。今後使い分けようと思います。

BONNIE PINK – Spin Big

IMG

BONNIE PINK久しぶりの新曲となるSpin Bigが配信限定でリリースされています。

この曲は先日YouTubeで視聴動画が公開されて楽しみにしていました。

ここ数年はライブや他アーティストの楽曲への参加のみで、個人ではリリースがありませんでした。BONNIE PIGのLINEスタンプなんてのはありましたが。

昨日は20年前に1stアルバムBlue JamがリリースされたBONNIE PINKのデビュー日でした。20周年の記念ライブがあり、そこで発表されたのがSpin Bigの配信開始と、4月に結婚した報告だったようです。

久しぶりのリリースに結婚。めでたい。本当におめでとうございます。

思えば20年聴き続けているんだなと思うと感慨深いものがあります。1stシングルのオレンジなんて今でも聴いてますよ。今後も続いてほしいものです。

年内にアルバムのリリースが予定されていましたが、こちらはどうやら来年に延期のようですね。なんだかもう余裕で待てそうです。

Workflow Ver.1.3.1 – 4つのアクション追加と不具合修正

Workflow: Powerful Automation Made Simple

バージョン: 1.3.1
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 600円(サイズ: 38.4MB)
販売元: DeskConnect, Inc.
リリース日: 2014/12/11

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

引用元:App Store -Workflow: Powerful Automation Made Simple

バージョン 1.3.1 の新機能
Workflow 1.3.1 includes a large pile of bug fixes, along with a couple of new actions (Comment, Detect Language, Get Halfway Point, and Search Web)! See the full list of changes at workflow.is/whatsnew.

Love Workflow? Write us an App Store review!

Have an idea? Something not working? Shoot us an email at support@workflow.is. Also, check out our subreddit community at workflow.is/community.

Workflowがアップデート。新たに4つのアクションが追加されています。簡単に説明します。

Comment

コメントを書いておくだけのアクションです。実行しても何も影響しません。長いワークフローだとメモがあると便利ですね。共有する時も説明用に役立つでしょう。

Detect Language

[Input]テキストの言語を判定して、結果をテキストで返します。返されるテキストはおそらくデバイスの言語設定依存で、日本語環境なら「日本語」「英語」等と返します。

テキストでなく数値なら条件分岐に使えるんですけどね。

Get Halfway Point

2つの地点の中間を検索します。愛知と東京なら山梨辺りが出てくる。折り返し地点を調べるものなんでしょうが、アバウトな住所しか出てこないので、いまいち使い所がわからない。

Search Web

[Input]テキストを検索します。検索サイトは選べるようになっています。

その他

不具合が修正されています。結構重要度の高いものもあるようです。詳しくはWhat’s Newを参照してください。

あとがき

アップデート感覚が短い時は大体不具合修正がメインですね。コメントアクションみたいな何もしないけどテキストを残しておけるアクションは前から欲しかった。

Workflow Ver.1.2.3 – Todayウィジェット・ワークフローの同期対応

Workflow: Powerful Automation Made Simple

バージョン: 1.2.3
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 600円(サイズ: 31.3MB)
販売元: DeskConnect, Inc.
リリース日: 2014/12/11

iTunesで見る + iPhone/iPadの両方に対応

引用元:App Store -Workflow: Powerful Automation Made Simple

バージョン 1.2.3 の新機能
Workflow 1.2.3 includes bug fixes and accessibility improvements.

See the full changelist at workflow.is/whatsnew. Syncing workflows between devices is coming soon!

Love Workflow? Write us an App Store review!

Have an idea? Something not working? Shoot us an email at support@workflow.is.

Looking for more workflows? Visit our subreddit community at workflow.is/community!

Workflowがアップデート。新たに11のアクションが追加。Todayウィジェットからワークフローの実行。ワークフローの同期機能が追加されました。簡単に説明します。

Todayウィジェットに対応

今回メインの機能の一つ。Todayウィジェットに対応しました。ウィジェットからワークフローを実行できます。URLを開く程度ならWorkflowアプリを介さず直接起動するようです。

使い方はワークフローのオプションを開いて、ワークフローの種類をToday Widgetにするだけです。Today WidgetとAction Extensionは両方選択できるようになっています。

簡単に言えばウィジェットランチャーです。Launcherが再リリースされたり、類似アプリもたくさん出ているので目新しさはありませんが、Workflowをアプリランチャーとして使っている人は多いでしょうし、あると便利な機能ですね。

ワークフローの同期機能を追加

今回メインの機能二つめ。ワークフローの同期ができるようになりました。アカウントを作成して専用サーバと同期します。アカウント作成にはメールアドレスが必要です。

他デバイスでも使っている人にはかなり便利な機能でしょう。

Share with Transmit

[Input]をTransmit iOS: FTP, SFTP, S3, WebDAV 転送クライアントアプリに渡します。

Get Current IP Address

IPアドレスを取得します。オプションでローカル/グローバルIP、IPv4/v6を切り替えられます。

Get Network Details

ネットワークの詳細を取得します。オプションでWiFiかセルラーを選択して、それぞれいくつかの情報を取得できます。

Continue Workflow in App

Apple Watchとの連携用アクション。以前追加されたContinue on iPhoneアクションと同じものなのかな。Apple Watchが無いので試せません。

ヘルスケア関連

ヘルスケアアプリと連携するアクションが追加されています。以下の4つ。

  • Log Workout
  • Log Health Sample
  • Find Health Samples
  • Get Details of Health Samples

Calculate Statistics

Average(平均)やSum(合計)等、いくつかの関数を使って計算するアクション。

Show in BlindSquare

[Input]を視覚障碍者向け支援アプリBlindSquareに送ります。よくわかっていませんが、Foursquareみたいな感じなのかな。

Get My Workflows

アプリに登録しているワークフローを全て取得します。ZIPファイルにまとめてバックアップするまでを1タップで完了できます。サンプルを作ったのでどうぞ。

こうなるとレストア用ワークフローも欲しくなりますね。

その他

不具合修正の他、既存アクションの機能が改善されています。オプションが追加されているので詳しくはWhat’s NewのUpdated Actions以降を参照してください。

あとがき

Todayウィジェットからのワークフロー実行はワークアウトで使用するのに便利でしょう。このジャンルには手を出していないので使用感はわかりませんが。

涼しくなってきたのでそろそろジョギングを再開せねば。30歳になる時、友達と「何歳まで割れた腹筋でいられるか」勝負を始めたのですが、早くも脱落者が出ています。

Editorialにdateutilモジュールをインストールする

力技で。

インストール

アンインストール

site-packagesフォルダの中のdateutilフォルダを丸ごと削除してEditorialを再起動するだけです。

使い方

インストール後実行するだけです。python-dateutilをダウンロードしてローカルのsite-packagesフォルダにインストールします。フォルダが無ければ作成します。

インストールフォルダのsite-packagesはパスが通っているのでそのままインポートして使えます。dateutilモジュール自体についての説明は公式サイトをどうぞ。

Editorial Ver.1.2.1
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 1200円(サイズ: 57.4MB)

他のWorkflowは以下にまとめてあります。

あとがき

TaskPaper関連のワークフローを作っている時に欲しくなったので作りました。

インストールはshellistaを移植したい所ですが、パスの書き換え箇所を探すだけで心が折れそうです。

Python 2.7.9にはデフォルトでpipが入っているみたいですが、EditorialやPythonistaもアップデートでバージョンが上がったら使えるようになるんだろうか。どちらも現在Ver.2.7.5です。